« 2018年8月12日 - 2018年8月18日 | トップページ | 2018年9月2日 - 2018年9月8日 »

ボランティア奴隷は作れる『自発的隷従論』

 習慣化された奴隷は、自ら支配されたがると喝破した小論。ボランティア奴隷の作り方も書いてあるのでJOCや為政者は必携やね。

 著者はエティエンヌ・ド・ラ・ボエシ、モンテーニュの無二の親友だったという。500年前の文章なのに、いま見てきたように生々しい。というのも、いまの日本の政権や2020オリンピックのボランティア奴隷のみならず、君主制、民主制、共和制、独裁制どれにでも当てはまる。なぜなら、焦点が当たっているのは、政治制度ではなく、その下で積極的に奴隷になる民衆たちだから。

 著者はいう、民衆自身が、抑圧されるがままになっているどころか、あえて自らを抑圧させているのが現実になる。隷従をやめるだけで圧政者は屈するのに、わざわざ悲惨な状況を求め、軛を差し出しているという。そして、身にまとう軛を自慢し、父祖からそうしてきたことを誇る、いわゆる「奴隷の鎖自慢」をするのは、なぜかと問いかける。

 そして、2つの側面からこれに答えようとする。一つは、圧政者の詐術から。そしてもう一つは、民衆の本性から。

 まず圧政者の詐術について。圧政者は単独かもしれないが、取り巻きや臣下、ひいては民衆を飼いならすことで独裁的に振舞うことができる。その方法として、遊戯、饗応、称号、自己演出、宗教心の利用が紹介されている。民衆には遊戯が有効らしく、不満のガス抜きには公共の賭博場や居酒屋、管理売春が役に立つそうな。

 次に民衆の側から。民衆というより、むしろ人間の本性の話になる。人が自発的に隷従する理由は、生まれつき隷従していて、しかも隷従するようにしつけられているからだという(どうあがいてもこのループ抜けられないんじゃ...…)。「人間は習慣の奴隷である」人間観はモンテーニュ、パスカルに引き継がれるのだが、500年経っても変わらないところを見ると、どうやら人の定義に入れてもよさそうなり。

 本書から得られた知見によると、2020オリンピックのボランティア奴隷を増やすには、オリンピックに限らず「ボランティア」をもっと一般化することが有効かもしれぬ。つまり、無償のボランティアを募るために金を惜しまず、「〇〇のボランティアが足りません」と告知し、キャンペーン広告を打ち、様々な媒体でニュースにするのである。

 「オリンピック・ボランティア」のセンテンスと、「ボランティア=無償」の公式を民衆のアタマの中に作り上げることが重要である。短い言葉を繰り返すことが、民衆の記憶の定着に有効だろう。こうすることで、民衆は自発的に奴隷になってくるに違いない。

 無償ボランティアを強要する「空気」を疑問視しながらも、ボランティアの地獄自慢がネットに溢れる未来予想図が嫌すぎる。だが、『自発的隷従論』から見える未来はこれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

リアル読書会の良いところ4つ(リチャード・パワーズ『舞踏会へ向かう三人の農夫』読書会)

 やはりリアルの読書会が面白い。

 もちろん、ネットだとつながりやすいし時空間の制約もない。ハッシュタグや検索文字で、新しい書物や読者との出会いも可能だ。だが、現実で本を片手に丁々喧々するのが楽しい。辛辣な批判から最大限の賛辞まで、感情を共有できるし、顔をつきあわせているから炎上ネタもフォローしやすい(顔色・声色・身ぶりは大事)。ネットだと絶対いえないことも、でっかい声で言える(ヒンシュクは買うが)。

 リチャード・パワーズのデビュー作にして傑作の、『舞踏会へ向かう三人の農夫』。実はこれ、ずーっと積読山に刺さってたんだよね。出たばかりのころ、読んだ人が絶賛しまくっていたので、我もと手を出したのはいいけれど、読み進められず放置プレイのまま幾年月。

 なぜなら、ストーリーラインが複数あって、追いかけるのが大変だったから。時間も空間も異なる3つのストーリーが、表紙の「三人の農夫」の写真を軸に、ズレがだんだんと重なり合い、ゆらぎながら再現させる構造になっている(そこに気づく前に投げていた)。

1. 必ず読める

 だが、読書会の課題図書ともなれば積んどくわけにもゆかぬ。期日という締め切りにあわせて、手に取らねばならぬ。もともと読むつもりでいたのだから好都合なのだが、「いつでも可」だとなかなか始めることもかなわない。そういう、お尻を押してくれる意味でも、ありがたい。

 あちこちに散らばる、似たような名前、セリフ、言葉遊びに気づくと、「あッ」「わッ」と小さく叫びながらの読書になる。あるところで、ストーリーと語り口(ナラティブ)と物語構造がハマり、一気に眼前が広がり、「そうだったのかッ!」と立ち上がりたくなる瞬間がくる(ここがパワーズの醍醐味)。

 それも束の間、完璧な瞬間は別のナラティブに飲み込まれ、物語は完全には成立しない。解釈の余地を残しつつ、三人の農夫を「見る=見られる」関係が、この小説の「読む=読まれる」関係に引き継がれ、物語るというバトンは読み手に委ねられる。この「読み」は、[『舞踏会へ向かう三人の農夫』はスゴ本]にまとめたが、これこそが「正しい読み」だと確信し、勇んで参加する。

2.ネットだと炎上ネタがOK

 ところが、どこにも「正しい読み」なんてないことを思い知る。

 わたしが読んだリチャード・パワーズは、『三人の農夫』と『囚人のジレンマ』だけである。だが、他の作品を読んでいる人からは、「若書きで荒削りで、(意図せざる)ミスリーディングを引き起こしている?」という疑いや、「仕入れた知識を喜々としてひけらかす大二病が痛い」、「話が飛びすぎて追えない箇所がある」、あるいは「ピンチョンに似せているけれど、ピンチョン度が足りない」という発言に出会う。辛辣なり。

 わたしが「これだ!」と思ったところは、実は穿ちすぎだった可能性もある。良かった、すばらしかったという他人の評価をありがたがるというわたしの悪癖から、そういう目で読み始めてしまう。しかし、リアル読書会に参加する人は違う。どんなに評判が良くても、「私に合わないから合わない」とダメ出しをする。分かったフリをせず、むやみにありがたがらない。ネットでやると炎上しそうな発言も、リアルならできる。そういう意味で、村上春樹について色々と話し合えて、よかったナリ。

3.ネタバレOKどころか歓迎

 さらに、全く別の観点からの「読み」のヒントがもらえる。『三人の農夫』の隠れたテーマとして、「プリントとオリジナル」がある。ベンヤミン『複製技術時代の芸術』をネタに、写真のプリントと絵画のオリジナリティについて考察をしている。あちこちに「プリント」のヒントが埋まっているが、わたしが気づかなかった視点を教えてもらえた。それは主人公の一人、ピーター・メイズが編集している雑誌である。半導体技術の業界紙であることは知っていたが、「半導体はプリント技術である」ということまで考えが及ばなかった! 言われてみれば確かにそうで、これを念頭に再読すると、また印象が違ってくるだろう。

 こうした読みのヒントが得られるのは嬉しい。同様に、「この物語を妄想しているのは誰か?」を登場人物の中に求めると、さらに驚くべき読みができることを教えてもらう(アリスンに空目した富豪の爺さんの妄想だったり、強制収容所で正気でいるために妄想した世界だったり、いわゆる「ゾーンに入る」やつ)。わたしも似たようなことを考えたが、それが構成として作られたものなのか、あるいは作者の力量が届かず半端になっているかは議論の余地があるが、面白い。さすが読みの猛者、「面白く読む」ことに貪欲になるためのネタが容赦なく出てくる。みんな読んできているから、ネタバレOKどころか歓迎だからね。

4.「この一冊」という軸がある

 他にも、「20世紀は暴力とメディアの世紀であり、メディアは戦争によって成長した」というメディア論や、「銀塩写真が高価だった100年前とは異なり、今は好きなだけ撮ってネットで共有する時代だから、また別の”複製技術時代の芸術”論ができるのでは? GoProとか実況とか」などなど、作品から引き出される様々な発想が出てくる。一つの作品という基盤があるから、どんなに広がってもそこへ戻って収束できる。

 そして、一冊が決まっているから、それを基準にお薦めが広がる。戦争文学に振れるならカロッサ『ルーマニア日記』だし、20世紀を概説するポストモダン文学に振るならパトリク・オウジェドニーク『エウロペアナ』、科学や歴史といった幅広エピソードの堆積を限界まで進めるならピンチョン全般など、「それが好きならこれなんてどう?」といった形で世界が広がる。課題図書という軸があるから、一人で彷徨うよりも確かである。まさに、わたしが知らないスゴ本を読んでるみなさんから直接オススメを受け取れる。

まとめ

 積読していた本に手を伸ばさせ、ネタバレも炎上ネタも歓迎され、辛辣な意見も直接フィードバックできるリアル読書会、たいへん面白かった! 二次会は、とても大事なことを一生懸命しゃべっていたような気がするのだけれど、ネパールビールでほとんど覚えていないのが辛い(確か……文学の救済について?)。読みたい本がぐんと増えたけれど、なかでもフラナガン『奥のほそ道』はぜひとも読みたい。

 主催のおおたさん、参加された皆さま、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

NO BOOK, NO LIFE 良い本で、良い人生を

 人生に本はつきものであり、本のない人生はありえない。

 タワレコの ”NO MUSIC, NO LIFE” もそうだが、「本」も然り。そして、ジャンルやカテゴリーに囚われることなく、「好きな作品」を増やしていく。そうやって「好き」を増やすことが、世界を拡げることになり、結果、人生の中を愛すべきもので一杯にする。「本は人生を豊かにする」本質はここにある。

 だから、「ジャンル読み」と称して、「その分野の本しか読まない」と決め打ちするのはもったいない。いわゆる「プロの書評家」に見かけるが、ジャンルを絞ることで、「好き」を減らし、世界を狭め、最近は小粒ばかりと嘆く、井の中の蛙の大将となり果てているのを見ると、気の毒になるとともに、反面教師として合掌したくなる。

 そして、具体的にどう「反面」するかというと、たとえばノージャンルの「本の本」に出会いを求める。『NO BOOK, NO LIFE』は、そんな出会いにうってつけである。

 よくある海外文学とかSFといったジャンル別ではなく、「本を手にするときの気分」や、「人生にどんな栄養や影響を与えたか」といったテーマ毎に、それぞれのイチオシが紹介されている。

 しかも、書店員や編集者といった本のプロが本気で選んだものだから、絶版になっているものもある。「なぜそれか」という熱量がすごいので、図書館や古本屋を探してまでも読みたくなる。

 いくつかテーマをピックアップしてみよう。あなたの気分や好みに合うものが、きっと見つかるはず。既読が出てきたら嬉しいし、未読が出てきたらもっと嬉しい。
 

  • 3回読んで3回とも泣いてしまった本
  • 電車の中でうっかり声をだして笑ってしまった本
  • 完全に騙された、まさかの結末に驚愕した本
  • 人生を変えた運命の一冊
  • ボロボロになるくらい擦り切れても何度も読み返したくなる本
  • 企画・アイデアが斬新すぎる、こんな本は今までに無かった本
  • 50年後も「紙」で読みたい本
  • 絶対に会いたくない悪人に出会える本

 たとえば、「電車の中でうっかり声をだして笑ってしまった本」として、三島由紀夫『不道徳教育講座』が紹介されている。「弱い者をいじめるべし」「友人を裏切れ」「痴漢を歓迎すべし」など、良識に反するタイトルがならんでおり、鋭い知性から吐き出された「毒」がその理由を裏付ける。世間に横行する、鼻持ちならない偽善に対するカウンターがいちいち刺さる、ユーモアと機知に溢れたエッセイ集なり。

 あるいは、「50年後も「紙」で読みたい本」としてミヒャエル・エンデ『はてしない物語』が紹介されている。わかる! あれは物語に出てくる、あかがね色の表紙の「はてしない物語」という本が重要な役割を果たしているのだから(したがって、あかがね色のハードカバー版が絶対であり、後に上下版になった文庫版は却下だ却下、なんで出したんだろうかねぇ……)。モノとしての本が、これほど人生に影響を与えるのかを考える上で最良の例かもしれぬ。

 自分の好みや気分に合わせ、パラりとめくってみて欲しい。落ち込んだ自分を元気づけてくれたり、価値観を180度変えたり、知らない世界への扉を開いたり、あるいは人生そのものを変えてしまったりする本に出会えるかもしれぬ。

 人生に本はつきものであり、本のない人生はありえない。NO BOOK, NO LIFE、良い本で、良い人生を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月12日 - 2018年8月18日 | トップページ | 2018年9月2日 - 2018年9月8日 »