« 2018年5月20日 - 2018年5月26日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »

最も危険な読書会(B&Bでブックハンティング)

 下北沢にあるビールが飲める書店「B&B」で読書会をしたので報告する。結論から述べると、積読山がさらに高くなっただけでない。本を通じて知らない人と友になり、友人とはもっと親しくなる、素晴らしい読書会だった。B&B マジおすすめなので、松丸本舗難民は皆行くように。

『別冊 諸星大二郎』が大幅に!
Bbb001

 ふつうの読書会は、ある一冊の本を決め、参加者はあらかじめ読んできて、その本について批判や議論を展開する。スゴ本オフは、あるテーマを決め、それに沿った本を持ってきて、お薦めポイントや作品への愛を語る。だが、今回やったブックハンティングは、書店の棚を皆で巡り、気になる作品やお薦めを、互いに紹介しあうのである。

日曜の朝から女性器とか巨乳について語り合う
Bbb002

 本が好きな人は、孤独な狩人である。静かに書店を巡回するのが常である。それが、店を借り切り、皆でワイワイおしゃべりしながら宝探しする。いつもなら見過ごしていたジャンルや、スルーしていた棚に、実はストライクゾーンど真ん中の作品が潜んでいることを教えてもらう。

棚ごと欲しい(その1)
Bbb004
棚ごと欲しい(その2)
Bbb006
棚ごと欲しい(その3)
Bbb17

 ふつうの読書会なら一冊だけ、スゴ本オフでも数冊という限界が、「書店全部」に拡張される。さらに、ただでさえ面白そうな本がセレクトされている B&B ですると、お財布がトンでもないことになる。ブックハンティングが、「最も危険な読書会」と呼ばれる理由は、おわかりいただけたであろうか。

水声社の充実度が素晴らしい
Bbb003
何度も挫折している2冊
Bbb007
これも何度も挫折している(難しい)
Bbb008

 まだ松丸本舗があった頃、[松丸本舗でブックハンティング]して「6時間ぶっ通し書棚巡り」なんてムチャもしていたが、今回は2時間に限定した。一瞬だったので、隣のサイゼリアで延長してブックトークしてきた。

これは読むだけでなく「使う」本
Bbb005

 これは読みたい! と強烈に思ったのが『別冊 諸星大二郎』なり。2011年発行されたムックに100頁の新規掲載を加えマシマシ状態となっている。「暗黒神話」「孔子暗黒伝」「妖怪ハンター」「マッドメン」「西遊妖猿伝」「栞と紙魚子」「諸怪志異」など、55作品を徹底解説、全351作品リストも最新化されている。しかも、いま銀座の[スパンアートギャラリー]で原画展をやっていて、6/10までなので、早々に行かないと(紹介したOさんはこのあと銀座に向かった)。

 何度もお薦めされ、読もう読もうと思ってて、今回も強力にお薦めされたのがダニエル・エヴェレット『ピダハン』。ピダハンはアマゾンの奥地に暮らす少数民族で、そのユニークな言語と認知世界を描き出したノンフィクション。ピダハンの文化には「左右」「数」「比較」の概念がない。伝聞もなく、すべては自分の経験として語られる。面白いだけでなく、私たち常識だと思うものが「無い」のではなく、別の概念で世界が成り立っているのだという気付きも得られる。ところどころで言語学者チョムスキーをディスってて、そこも読みどころだという。

狩りの獲物
Bbb009
『星の王子さま』とゲイの共通点は......
Bbb010
ボレスワフ・プルス『人形』は端的に言って鈍器
Bbb011
『陰影礼讃』の写真集!
Bbb012
『うちは精肉店』は素晴らしい
Bbb013
『ブッチャーズ・クロッシング』は傑作
Bbb16

 全く知らない、でも凄いのに出会えたと確信を持ったのが、シオドーラ・クローバー『イシ』だ。北米最後のインディアンを描いたノンフィクションである。白人の迫害から逃れ,山中に隠れ住んでいた一人の男が、文明社会に姿を現わす。文化人類学者のアルフレッド・クローバーは、自分の名前を明かさない彼の面倒を見て、友達になろうとする。このアルフレッドと、著者シオドーラが結婚してできた子が、アーシュラ・ル=グウィンといったら話ができすぎだが、本当のことである。真の名を明かすことは本質を捉えられることだとしたゲドの物語とつながってくる。

 ピピピッと来て衝動買いしたのがスチュアート・ダイベック『シカゴ育ち』である。ユーモアにあふれ、美しく、温かく、緩急自在の7つの短編集とのこと。紹介するTさんが本当に嬉しそうに熱っぽくお薦めするのと、訳した柴田元幸さんが「これまで訳したなかでいちばん好きな本」と断言してるので、これは読まねばと即決した次第。人生初のレイモンド・カーヴァーやポール・オースターと同じ印象を受けたのだが、こういう直感はたいてい当たる。楽しみなり。

わたしの獲物
Bbb015

 わたしが選んだのは、山本貴光『文学問題(F+f)+』である。世に出た瞬間、手にする前からスゴ本だと思っていたが、積読山に埋もれさせるのが嫌で買わなかった。だが、買わないと読まない本だということが分かったので、この機に背伸びする。文学とは何ぞや? それは、F(観念)+f (情緒)であるという漱石の議論を下地に、古今東西の文学論を総ナメし、これからの文学を語る。通読するだけでなく、読んだ後は「引く」ように利用するのが、正しい使い方じゃないかしらん(学習参考書のように)。しゃぶりつくしてみよう。

 あっという間に終わってしまい、足りないブックトークは隣のサイゼリアで続ける。これ、サイゼ飲みと組み合わせたら、B&B でブックハンティング→サイゼで休憩を組み合わせて無限に本屋で遊べるぞ(そして我が財布が最大のピンチに陥るのだった)。

 参加いただいた皆さま、B&B さん、ありがとうございました! またやりましょう~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

お尻の穴から世界を見る『アナル・アナリシス』

 お尻の穴から世界を見ると、もっと自由になれる。わたしの「常識」に一撃を喰らわせる一冊。

 お尻とは、好奇心の入口であり、美の象徴であり、煩悩の出口でもある。液・固・気体を自動識別する外界とのエアロックであり、巧妙精緻なインターフェースを備えた器官でもある(お尻の偉大さについては[お尻を理解するための四冊][女は尻だ、異論は認めん。]に書いた)。

 これほど重要であるのもかかわらず、日常会話では「無いこと」「意識させないこと」として扱われている。直立した人体の下方に位置するが故に、底辺(bottom)と同義とされたり罵倒句(**s hole!、ケ■を舐めやがれ!)になる気の毒な存在でもある。

 だが、反対にお尻の穴を中心として考えることで、自分が狭い了見に囚われていたかに気づく。BL や LGBT(うち、特にゲイ)に抱いていた考え方も、男根主義の影響を受けていることが分かる。それが本書、『アナル・アナリシス』である。

 『アナル・アナリシス』は、文字通りアナル(お尻の穴)からアナリシス(分析する)試みだ。文学作品や絵画、映画の解釈を通じ、そこでアヌスがどのように描かれているかを分析、その「描かれ方」が何に基づき、どのような影響を受けているかを深堀りする。本書ではこれを、アヌスから読み解く「アナル読み」と定義し、わたしの「常識」に挑戦する。

 たとえば、同性どうしで愛し合う際の役割として、タチとネコ(攻めと受け)がある。これは、主導権を握り積極的に攻めるほうがタチで、支配され受け入れるほうがネコだと考えていた。BL の場合、ペニスを挿入するほうがタチで、されるほうがネコになる。

 しかし、同性どうしの愛を描いた作品を「アナル読み」すると、そこに異性愛を規範とする社会影響が見て取れるという。すなわち、ペニスを挿入する男性が支配権を握り、それを受け入れるヴァギナを持つ女性の組み合わせが「ノーマル」とされる家父長制の支配構造が投影されているというのだ。

 本書の「アナル読み」は、いったんこの「ノーマル」を取り払うことを促す。すると、同性どうしの愛は自身のセクシュアリティに深く結びついており、決して単純なものではないいことが分かる。本書では BL 小説を用いながら、ネコであることは自身のアイデンティティの再発見である例を示す。

 男性どうしのロマンスを描いた作品だと、映画にもなったアニー・プルー『ブロークバック・マウンテン』が有名だが、目新しくもなければ斬新でもないという。アメリカで生まれた物語にはいたるところにホモセクシュアリティの性的葛藤がみられ、本作はその長い伝統の一端に過ぎないらしい。

 むしろ『ブロークバック・マウンテン』の意義は、『白鯨』や『ハックルベリー・フィンの冒険』のようにジャンルの枠を超え、アメリカ文学に根付くクィア性をこれ以上ないくらい明確にしたことにあるという。

 さらに、「アナル読み」により、この「攻め・受け=支配・被支配構造」は様々な作品に見出すことができるという。アジア人が出演する北米のポルノ作品のほとんどは白人優位であり、アジア人はネコの役割を与えられているという。「アジア人とアヌスは同一視されているのだ」という表現は過激だが、これはペニスによる支配・被支配構造を投影したものなのだろう。

 反対にこの構造を逆転させたのがケント・モンクマンの絵画で、カナダの入植者の尻を叩く先住民を描いた『クリー族の長』を例に挙げている。人種問題として「攻め・受け」を分析した「アナル読み」により、問題の根深さを知ることができる。

 「ヴァージニティ」の議論も興味深い。ヴァージニティの喪失という概念は、異性愛を規範とする家父長制の文化を反映していると説く。男性はヴァージンの女性からヴァージニティを奪う立場と考えられ、結果、ヴァージニティは女性の問題とみなされる。

 だが、異性愛的規範から考えると、まるで様相が変わってくる。レズビアン、ゲイ、トランスジェンダー、バイセクシュアル、誰もがヴァージンという言葉を違う意味で使っているというのだ。

 たとえば、ゲイはどうやってヴァージンを失うのか。挿入する側か、挿入される側か、もしくは両者か。レズビアンがヴァージニティを失うにはペニスバンドを使わねばならないか。

 あるいは、オーラルやアナルなどの性体験は豊富でも、ヴァギナに挿入されたことのない女性のことを「テクニカルヴァージン」というが(本書で初めて知った!)、そのヴァージニティは何に由来するのか。こうした疑問を考えるには、これまで共通認識と思い込んできた性の枠組みを、いったん離れなければならない。

 本書は、こうした男根中心主義に支配された社会規範に真っ向から挑み、挿入する側が攻め、される側が受けという単純な図式にあてはまらないケースが沢山あることを指摘する。挿入されるからといって男性としてのアイデンティティが失われるわけではなく、お尻の穴を通して自分のセクシュアリティを自覚し、新たにアイデンティティを構築するのだと主張する。

 確かにその通り。本書で展開したまさに同じ話が、わたしの少ない BL 経験の中で裏打ちされている。最近なら、のばらあいこ『秋山くん』だ。美形・細マッチョでケンカも強い秋山くんに勢いで告白してしまう普通の男の子の話だが、「強い男=秋山くん」がネコなので虚を突かれる。では、「愛の強さ=タチ」かと考えると、そうでもない。主導権を握っているのは秋山くんなので、「挿入するほう=支配役」でもない。わたしの「常識」こそが時代遅れなのかもしれぬ。

 お尻の穴から世界を見ると、慣れ親しんだ「常識」が揺らいでくる。その分だけ、常識から自由になれる一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月20日 - 2018年5月26日 | トップページ | 2018年6月3日 - 2018年6月9日 »