« 2018年4月8日 - 2018年4月14日 | トップページ | 2018年4月22日 - 2018年4月28日 »

デュレンマット傑作選『失脚/巫女の死』が面白い

 身に降りかかった不幸に因果を探すけれど、それは自分を慰めるため。

 「仕方がなかったんだ」という結論に持っていきたくて、大きな物語とか運命論を持ち出して、それでもって物語のフレームをつくろうとしても、もはや自分自身が信じていない。「世界は合理的であり、因果に基づいて整合的にあろうとする」なんて流行りの認知バイアスの一つだから。

 しかし、それ故に面白い。世界はもっと複雑であるが故、単純な出来事でたやすく変転する。こんなシンプルな真実は、渦中に居るときには気付きにくいが、こうして短編小説の形で見せてくれると分かる。グロテスクな哄笑を伴いつつ、ヒリヒリする焦燥感に背中を焼かれながら思い知る。スイスの劇作家、フリードリヒ・デュレンマットの短編集『失脚/巫女の死』がまさにこれ。

 「トンネル」の一行目から引き込まれた。こうだ。

二十四歳の太った男がいた。太っているのは、自分の目にする舞台裏の嫌なものが(それを見る才能が彼にはあったし、おそらくはそれが彼の唯一の才能だったが)自分のほうにあまりにも近づきすぎることのないようにするためだったが、彼はさらに、自分の肉体にある穴をふさぐことを好んでいた。

 まさにわたし好みの入り口である。この太った男が大学に通うために利用する、いつもの列車がスピードを上げてゆき、トンネルに入ってゆく。日常が非日常に変貌するのだが、それが、いつ、どのようにそうなったのか、分からない。人がたやすくそうなるのか、世界が簡単に非合理になるのか、どっちにもとれるし、どっちにとっても面白い。

 「失脚」は、粛清の恐怖に囚われた官僚たちの高度な心理戦を味わえる。ぱっと見、とある共産主義国家を彷彿とさせるが、虚構としての革命を演じ続けなければならないという意味ならば、どこの独裁体制にもあてはまる。

 その普遍性を後押ししているのが、登場人物には名前が出てこないところ。固有名詞の代わりに、A、B、Cとある。Aは国家と党のトップ、Bは外務大臣、Cは秘密警察庁長官…とPまで続く。Aは巧みに皆を疑心暗鬼に陥らせ、互いに監視しあうのだが、その役柄が立場まんまを反映していて面白い。

 ナントカ大臣という肩書きは、行政を運営する立場に過ぎぬ。だが、立場が人を乗っ取った結果、驚くべき結末に至る。権力を掴んだ人が、権力に乗っ取られるカリカチュアなのかもしれぬ(だから、人名すら不要になるのかも)。

 「故障」が白眉である。著者は冒頭からして物語の可能性について疑義を投げかける。神や正義で代替された大きな物語に包まれた因果関係を順につむいだり、あるいは逆につないだりしても、語るに足るほどのお話は既に尽くされているという。

 むしろ、後付けて整合性をとための神や正義よりも、ちょっとした事件やきまぐれな事故こそが、これまで正常だと思われてきた人生が実はフェイクだということを暴いたりする。そうあるべく生きてきた"常識"こそが、本当は所与の立場によって作られたものだと気づいたとき、どう行動するか? これは見ものである。

 「立場が人を作る」有名な話として、スタンフォード監獄実験がある。普通の人に、囚人と看守の役を割り当てたら、囚人はいかにも囚人らしく、看守は看守のように振る舞いだし、その「演技」が次第にエスカレートしていくという話である。演技が人を乗っ取ったとき、乗っ取られる前の人生がどう見えるか? と考えると面白い。

 「巫女の死」は有名な神話が、伏線だらけのミステリーとして化ける様を味わえる。父を殺害し、母を姦淫するという神託を知らぬままに実行してしまうオイディプス伝説を下地に、その神託を行った巫女、謎かけするスピンクス、母であり妻であるイオカステという女たちの口を借りながら、一つの事実が何度も何度もひっくりかえる。

 それはあたかも、芥川の藪の中の逆を行くようである。あれは、一つの事実に複数の解釈を語ったものだが、「巫女の死」は一つの解釈(伝説)が複数の事実によって支えられており、たまたま残った一つについてわれわれが悲劇として読んでるに過ぎないことが分かる。

 グロテスクかつ計算され尽くした語りのデュレンマットに知り合えて感謝。戯曲『物理学者たち』が一番面白いらしい、探してみよう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

『秒速5センチメートル』、『細雪』、成長期限定アイドルなど、「さくら」をテーマにした読書会

 お薦め本を持ち寄って、まったり熱く語り合う読書会、それが[スゴ本オフ]

 本に限らず、映画、音楽、ゲームなんでもあり。物理本、電子本、CD、DVD、Blu-ray、youtubeを流しながら、好きな作品を、好きに語る。本の趣味は人の趣味だから、”好き”が重なる人とは合いそうだ。そんな人を見つけ、その人が薦める「わたしの知らない作品」を見つける。本を介して人を知り、人を介して本に会う。

 今回は、「さくら」がテーマ。カードキャプターからスクールアイドル、花や人名、イメージや象徴されるものまで、様々な「さくら」の作品が集まったなり。折しも、午前中のセガフェスで[新サクラ大戦]が発表されたのが面白い(完全新作だそうな)。

Sakura11

「さくら」といえばカードキャプター

 まず、わたしのイチオシは、『葉桜と魔笛』。太宰治の最高傑作といえばこれ。余命わずかな妹と、それを思いやる姉の話。

 恋いも男も知らないまま、妹は死んでいくのか? 不憫に思っていたら、恋文の束が出てくる。それは、見知らぬ男から妹へ宛てたラブレターだった。それだけでなく、二人の関係はドロドロとした深い仲で、別れ話まであった。姉は、手紙の束を焼き捨てた後、偽の手紙を書くのだが……

Sakura13

「さくら」お握りが可憐すぎて食べるのがもったいなかった(でも食べた)

 傑作の理由は、これが姉の昔語りという枠物語になっているところ。「誰が嘘をついているのか」を替えると、二重底にも三重底にも化けるのがすごい。妹への羨望と心配がないまぜになった姉の心情と、少女の性愛への憧れと欲望がムラムラと滲み出ていて良い。青空文庫で無料で読めるが、ここは美麗なイラスト入りの立東舎を推す。

Sakura16

『秒速5センチ』は、映画→小説→漫画の順が鉄板

 もう一つは、新海誠『秒速5センチメートル』なり。映画、小説、漫画とあるが、この順がいい(理由は後述)。これは、あまりにも完璧な初恋に呪われた男の話。

 映画は3編にわたるオムニバス形式で、初恋が記憶から思い出となり、思い出から心そのものとなる様を、驚異的なまでの映像美で綴る。初恋の痛みと「ここじゃない」感を引きずっている人、仕事で磨耗している人が観ると、大ダメージを受ける、危険なアニメである。映画のラストがあまりにも…あまりにであり、山崎まさよしの主題歌を聞くだけで涙ぐむという呪いにかかる。

 この呪いを解くために、小説を読むと、ラストで少し救いがある。さらに漫画を読むと、驚愕の後日談で、さらに救われる(じっさい、わたしが救われた)。強力にお薦めする(これは、[はてなブックマーク]の iishun さんのコメントで知った、ありがとうございます!)なお秒速5センチメートルとは、「桜の舞い落ちるスピード」。

Sakura12

「さくら学院」とガルシア=マルケスを結ぶもの

 読みたい! と思ったのはズバピタさんが紹介した、ガルシア=マルケス『わが悲しき娼婦たちの思い出』なり。いきなりマルケスに行くのではなく、まず「さくら学院」を紹介する(テーマでもあるからね)。日本には珍しく、ファンとの接触(握手会など)は一切無いという。物理的に触れることができない「成長する偶像」がさくら学院の持ち味らしい。

 そこから、リビドーが満載なのに、徹底的なプラトニックラブを貫く『わが悲しき娼婦たちの思い出』を持ってくる。老いてなお女を求め、14歳の処女を買う男の話なのだが、(絶倫なのに)行為に及ぶことなく、その成長をこっそり見守る……

 おや? これ、全裸で横たわる生娘と添い寝する『眠れる美女』(川端康成)そっくりやん、とツッコミを入れると、あにはからんや、『わが悲しき』の扉にその冒頭が書かれている! マルケスは川端に触発されてこれを書いてたんだ。たしかにこれは、若さとか、桜の盛りといったループする「触れられない偶像」の話ですな。

 既読だが面白い! と思ったのは、すぎうらさんの『推定少女』と『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』のご紹介(著者が「桜」庭一樹だからという発想もオモシロイ)。型にはめよう、従わせようとする大人社会に対し、それに抗い、闘いを挑む少女の構図だ。共感して、「分かっている大人もいるんだよ」という視点でみるけど、この作品はそれらすべてを拒否するのが凄い。

 子どもが生き延びるためには大人になる必要がある。だが、それは勝利なのか。わが娘を大人に育てるのが親の目的ならば、すなわち、「子ども」を「子どもでない存在」にするのが親の目的だとするならば、それを否定したかった主人公の父親は、娘を××せざるを得ないのではないか……と腑に落ちる。

Sakura14

谷崎『細雪』は厚いけど上善如水です

  • 『新 日本の桜』写真/木原浩 解説/大場秀章・川崎哲也・田中秀明(山と溪谷社)
  • 『山と食欲と私 第7巻』信濃川日出雄(新潮社 バンチコミックス)
  • 『葉桜と魔笛』太宰治(青空文庫、立東舎ほか)
  • 『秒速5センチメートル』新海誠(映画/小説/漫画)
  • 『桜の森の満開の下』坂口安吾/近藤 ようこ(青空文庫、講談社、岩波ほか)
  • 『梶井基次郎全集 全一巻』梶井基次郎(ちくま文庫)
  • 『推定少女』桜庭一樹(角川文庫)
  • 『砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない』桜庭一樹(角川文庫)
  • 『君がここにいるということ: 小児科医と子どもたちの18の物語』緒方高司(草思社)
  • 『薄桜記』五味康祐(新潮文庫)
  • 『わが悲しき娼婦たちの思い出』G・ガルシア・マルケス(新潮社)
  • 『細雪』谷崎潤一郎(中公文庫)
  • 『めぞん一刻』高橋留美子(小学館)
  • 『がっこうのおばけずかん』斉藤洋・作 宮本えつよし・絵(講談社)
  • 『さくらひらひらとんぴんぴん』わたりむつこ/ましませつこ(福音館書店)
  • 『カードキャプターさくら』CLAMP(講談社)
  • 『さくら学院祭☆2017』さくら学院(Blu-ray)
  • 『眠れないほどおもしろい恋する古文』板野博行(三笠書房)
  • 『眠れないほどおもしろい百人一首』板野博行(王様文庫)
  • 『ニューヨークで考え中』近藤聡乃(亜紀書房)
  • 『A子さんの恋人』近藤聡乃(亜紀書房)
  • 『進む、書籍PR! たくさんの人に読んでほしい本があります』奥村知花(PHP研究所)
  • 『女系家族』山崎豊子(新潮文庫)
  • 『楽園 Le Paradis 第26号』楽園編集部
  • 『悪童日記』『ふたりの証拠』『第三の嘘』アゴタ クリストフ(ハヤカワepi文庫)
  • 『冗談』ミラン・クンデラ(岩波文庫)
  • 『不滅』ミラン・クンデラ(集英社)
  • 『存在の耐えられない軽さ』ミラン・クンデラ(集英社)
  • 『ゲーデル、エッシャー、バッハ』ダグラス・ホフスタッター(白揚社)

Sakura15

『楽園 Le Paradis』が収穫でした。幾花にいろ先生は神!

 次回のテーマは、「のりもの」。

 クルマやバイク、飛行機といったエンジンのついたものが思いつくが、話していくうち発想が広がる。絨毯を「のりもの」としたファンタジーがあるし、船が「のりもの」なら、湯船だってそうだ。もっと広げると、この大地だって、宇宙「船」地球号になる。

 音楽に「ノッ」て気分を上げるならお気に入りのプレイリストを紹介すればいい。サーフボードやスキーに「乗る」ならスポーツになるし、「賭るか反るか」ならバクチになる。わたしのような助平は「男に乗る」「女に乗る」で艶談に引き込みたい。時流に乗っても、相談に乗っても、新聞や雑誌に「載る」のだってアリ。あなたのお薦めの「のりもの」、ぜひ教えてくださいませ。

 最新情報は、[スゴ本オフ]をどうぞ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2018年4月8日 - 2018年4月14日 | トップページ | 2018年4月22日 - 2018年4月28日 »