« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月18日 - 2018年3月24日 »

子宮を取り戻す『妊婦アート論』

 妊娠するラブドール、マタニティフォト、妊娠小説、妊娠リカちゃん人形を軸に、「妊娠する身体」を取り巻く社会的な抑圧や、隠された規範を炙り出す、たいへん刺激的な論考集。

 妊娠を生物現象としてみるならば、女性が子どもを身ごもることである。受精卵が子宮に着床し、母体と連絡する胎盤を生じて発生が進み、一定の期間を経て胎児が分娩されるプロセスになる。

 一方、社会現象としてみるならば、妊娠にまつわるイメージ(妊娠表象)が社会でどのように作り出され、機能してきたのかを振り返る必要があるという。わたしたちが目にする「妊娠」というイメージの背景に、欲望の喚起や政治的誘導があることを掘り起こす。すなわち、妊娠表象のなかに潜む「こうありたい」「こうすべき」なにかを指摘し、それを見える化したのが本書になる。

 まず、ディストピアとしての妊娠を提起したのが、「妊娠するアンドロイド」の考察である。ラブドールが妊娠するという架空の設定のアートプロジェクト「ラブドールは胎児の夢を見るか?」(表紙)を紹介する。オリエント工業の協賛のもと、腹部を膨らませて妊婦の姿に改造したセックスドールは、わたしの「常識」に揺さぶりをかけてくる。

 かつて物議を醸した「産む機械」に象徴されるように、家父長制の生殖システムでは、女性の身体機能をコントロールすることが必要だという。そのために、理想化された妊婦像や母像が生産され、「望ましい妊娠」がイメージとして教化されてきた。

 これに対し、女性たちは、自分の身体を取り戻し、「望ましい妊娠」を再読・転覆しようとしてきたという。この試みは、安定的な生殖管理システムでは、規範を揺るがす脅威となる。この、理想化された妊娠イメージの支配から逃れようとする妊娠ディストピアの観点から、さまざまな作品を読み直しているのが刺激的だ。

 たとえば、男性が人造人間の美女に恋をする話の原型としての神話「ピグマリオン」を筆頭に、時計仕掛けの女をテーマにした物語が紹介されている。リラダン『未来のイヴ』や、ラング『メトロポリス』、押井守『攻殻機動隊』を挙げながら、アンドロイドやセクサロイドの支配・被支配の関係の逆転を考察する。これに、妊婦の異能力の軍事利用を描いた白井弓子『WOMBS』があるとさらに深いかも(”妊娠ディストピア”が最も嵌る作品なのかもしれぬ)。

 また、マタニティ・フォトをテーマにした、「社会は妊娠をどのように捉えるか」の考察が面白い。

 その嚆矢は、デミ・ムーアになる。マタニティ・セミヌードで“VANITY FAIR”(1991 August)の表紙を飾った彼女に対し、賛否両論が集まった。自信に満ちた女性の美を讃える声が寄せられる一方、妊婦がヌードを公開するのは猥雑だと非難する声も上がり、書店ではビニール袋に入れられて(つまりポルノ誌と同じ扱いで)販売されたらしい。日本では、hitomiの写真集『LOVE LIFE 2』や神田うのが『an・an』(2011.11月号)の表紙を飾ったあたりから、表立つようになったという。

 マタニティ・フォトは、女性のカメラマン、プロのヘアメイクによるスタイリング、コーディネーターによる妊婦の体調への配慮といったサービスが提供される。

 撮影された画像には、肌の黒ずみや正中線や妊娠線を目だたなくさせるよう補正やレタッチが行われ、「美しく」仕上げられる。被写体となる妊婦たちは、自らの妊娠・出産の記録としてだけでなく、妊婦である自分を演出し、理想化した姿を記念に残すことを求めているのだという。

 この「理想化した妊婦」のイメージは、記念写真としてなら自然に見える。撮影の前にちょっと髪を直すところから始まって、証明写真の「修正」やsnowの「盛り」のように、どこまで演出するかはそれぞれだろう。だが、本書では、タレントが産後に仕事に復帰する場合、産前と変わらないプロポーションに戻っているか、容姿に注目が集まっているという。メディアに登場するマタニティ・フォトこそが、女性の容姿に対する意識を形作っているという指摘は鋭い。

 さらに、妊娠した人形の切り口からジェンダーの歴史を振り返る論考が興味深い。

 たとえば、リカちゃん人形が妊娠・出産するという設定で、2001年に発売された「リカちゃんがママになりました!こんにちはあかちゃん」が紹介される。マタニティファッションに身を包んだリカちゃんの身体には、別パーツで腹部が付いている。同梱のハガキを返送すると、鍵と赤子、母子手帳が送られ、その鍵で腹部を外す仕掛けとなっている。商品そのものよりも、商品の「物語」の中での男性の影が薄いほうが気になる。

 あるいは、「メディチ家のヴィーナス解剖模型」(1780)が紹介される。フィレンツェで製作された蝋細工の「ヴィーナス」で、パーツに分けられた臓器を取り外すことで、女性の内臓の子細な観察ができる。全部で七つの層から成り立ち、最後の層を取り外すと子宮内の胎児が出現する仕掛けとなっている。まさに、「見る」ための模型だという。

 一方で、「診る」ことを目的とした産婆教育の中で利用された「胎盤人形」が紹介される。明治時代、妊娠した女性身体に胎児を内蔵した胎盤人形は、エロティックな関心を引き起こす見世物だったという。球体関節の人形が精緻であればあるほど、それが美術なのか医学なのか、あるいは孕む身体の見世物化なのか分からなくなる。

 他にも、斎藤美奈子『妊娠小説』や内田春菊『ファザー・ファッカー』を引きながら、小説における妊娠のイメージが男性著者から女性著者に「奪回」されていることを指摘したり、クリムト『希望I』(1903)が妊婦のヌードが芸術と道徳に背くポルノグラフィックであった状況を解説する。妊娠そのものは自然現象だが、その「受け止められかた」によって、権力に寄り添うものになったり反社会的なものになったりするのが面白い。

 同時に、この「妊娠」を奪回する、すなわち子宮を取り戻す試みに、一抹の懸念がある。あとがきでも指摘されているこれだ。

流用アートの宿命として、それが持つパロディー性が誤読または無視されてしまう危険を孕んでいる。日本女性の理想的な美しさを持つラブドールたちは、グロテスクどころか、完璧な身体美を備えている。その「妊娠美」が、普通のヌードにはないポルノグラフィックな魅力を放つものとしてクリムト的なまなざしに鑑賞されることも実際には可能だろうし、あるいは、「美しく妊娠したい私」という女たちの願望をそそることで古くて新しい母性主義に奉仕してしまうことさえるかもしれない。

 本書の表紙がまさにそれで、最初に見たとき、「妊婦ヌードにしては変だ」と感じた。シワもシミも妊娠線もない、つやつやとした肌感が完璧すぎて、フォトショの力を借りたのかと思った。

 これは、ラブドールという男の欲望を体現したモノを用いているから成り立つが、仮にこれを「完璧な妊婦」としての理想像と「誤読」されてしまうと、まさにこの試みが目指す真逆の動機付けを起こすことになってしまうのだから。

 社会生殖システムとしての妊娠を様々なテーマから炙り出し、そこに潜む女性身体の搾取を批判する、たいへん挑発的な一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

恐怖の報酬は快感!? 「ホラーのスゴ本オフ」

 オススメを持ちよって、まったりアツく語り合う読書会、それがスゴ本オフ。

見てくれこのホラーのラインナップ

02

 テーマに合った推し本を、5分くらいでプレゼンする。ストレートに作品の魅力を伝えるもよし、お気に入りの一節を朗読するのもよし、その一冊がどう人生を変えたのかを物語るのも楽しい。本に限らず、映画、音楽、ゲームなんでもあり。ボードゲームや演劇、博物館のイベントを紹介した方もいましたな。詳しくはfacebook[スゴ本オフ]をどうぞ。

 ところで、「スゴ本オフの存在は知っているけど、なんだか敷居が高くて」という噂を耳にした。意識高い読書家がマウンティングしあう会だと思ってる方がいるらしい。ちがうから! 昼からビール片手に好きなモノについてゆるゆる話す会だから。

 わたし自身、さまざまな読書会に参加してきたから断言できる、スゴ本オフはフリーダムすぎる読書会なり。ふつう課題本が決まってて、それを読了して語り合うのだが、課題本なんて無い(唯一あったのが、[漱石『こころ』を読んだ人にオススメする本])。また、読みたい本を投票で決めるビブリオバトルのように順位付けもない。さらに、猫町倶楽部のような巨大サークルを目指したりもしない。

 スゴ本オフは、幼児からオトナまで、好きな作品を好きに語る会なのだ。

 もし、「人前で話すのが苦手で……」というなら、後半に来るといい。別の話を始める人、酔いが回って寝ちゃう人、遊びまわる子どもたちでカオスだから。ちゃんと聞いてもらえないかもしれないが、伝えたい熱が伝わる人からは、ちゃんと反応があるはず。

 能書きさておき、本題へ。今回は「ホラー」をテーマに、皆さんのオススメがあつまった。過去分としては、「この本が怖い! ホラーのスゴ本オフ」(2012.8)「善人こそ救われない”闇”のスゴ本オフ」(2014.6)があるが、今回は、エンタメ寄りが豊作なり。「怖いのを楽しむ」ためのホラーなり。

 面白かったのは、ハルカさんお薦めの『包帯少女哀話』(こはく那音)。恨み辛みを晴らすために超法規的存在に「願い」を託す話で、『地獄少女』『ショコラの魔法』が思い浮かぶ。ユニークなのは、「願い」をかなえる立場にいるはずの包帯少女が悪意を持っているところ。人を呪わば穴二つどころか、そもそも「願い」を抱いたのが罪ともいうべきオチが待っているらしい。それが現実と言わば言えるが、少女コミックで描いているのがやるせない。

 嬉しいことに、初参加のまぐろどんさんが、アンソロジー『厭な物語』を推してきた。タイトルどおり、生理的にイヤぁな気分にさせてくれたり、感情を逆なでしてくれたり、はたまた読み手の価値観をぐらつかせたり、とにかく読んだことを後悔させてくれる作品がいっぱい(わたしのレビューは、[どくいり、きけん短篇集『厭な物語』])。ピカイチが『赤』だというのも一緒だね。わずか4ページの、ごく短い話で、わけのわからない状況を読まされるが、何が起きているのか分かった瞬間、血の気が引くという構造。悪趣味が合うとはまさにこのこと。

本気でジェンガするとドキドキ感ハンパない

01

 懐かしかったのが、おやじどんさんお薦めの、楳図かずお『赤んぼ少女』『へび女』。楳図ワールド特有の、緻密なグロテスクといえば『14歳』や『わたしは真悟』を思い出すが、これ少女マンガだったんだね…... 目の焦点が合っていないキラキラした瞳をした「なにか」に追いかけられるという、悪夢を読む感覚。子どもが読んだら一生のトラウマになるような伝説のトラウマンガといってもいい(今なら禁書モノだろうが、最近復刻された)。本の交換会では、「へび少女」の食玩というレアグッズと一緒に放出してくれました。

 ミステリやホラー、怪奇モノなど、エンタメ寄りの中、わたしが選んだテーマは、「最も怖いものとは何か?」について。情動の科学から心理学、脳科学、さらには意識のハードプロブレムまで深堀りした戸田山和久『恐怖の哲学』を種本に、スライドまで作ってプレゼンしたぞ[最も怖いものとは何か?]

Photo

 かいつまんでいうと、恐怖とは生命にとっての脅威を避ける感情のこと。ヘビや猛獣など、「恐怖を引き起こす存在」を怖がるおかげで人は生き延びることができた。恐怖を引き起こす存在がもたらす苦痛や闘いに備えて、脳から快楽物質(ドーパミン等)が放出される。この身体システムを逆手に取った娯楽がホラーになる。身体を騙すことで安全に怖がることができる。恐怖の報酬は快楽というわけなのだ。

雨月物語を読むと、怖がるべきは幽霊じゃなくて、
生きてる人だと分かる

03

 紹介された作品のラインナップは次の通り。かっこ()内は、オススメしている人の一言をかいつまんだので、あなた向けの「ホラー」を探す縁にどうぞ。

  • 『赤んぼ少女』『へび女』楳図かずお/小学館(美と恐怖が表裏一体だと感じさせてくれます)
  • 『贈る物語terror』宮部みゆき編/光文社文庫(宮部みゆき編のホラー入門者向けアンソロジー)
  • 『恐怖の哲学』戸田山和久/NHK出版新書(ホラーで人間を理解する素晴らしい哲学書)
  • 『雨月物語』上田秋成・石川淳/ちくま文庫(生きている人間こそが一番怖いことを思い知らされる)
  • 『大学で何を学ぶか』浅羽通明(社会にとっては教養こそがホラーになる)
  • 『首無の如き祟るもの』三津田信三/講談社(横溝正史テイストの因習渦巻く本格ミステリとホラーの魅力が融合した傑作)
  • 『高慢と偏見とゾンビ』ジェイン・オースティン セス・グレアム=スミス/二見書房(オースティンの元テキストほとんどそのままにゾンビ&カンフー要素をねじ込んだマッシュアップ)
  • 『邪眼 うまくいかない愛をめぐる4つの中編』ジョイス・キャロル・オーツ/河出書房新社(帯の惹句「死ね、死ね、マイ・ダーリン、死ね」(メタリカの歌詞))
  • 『ミッドナイト・ミートトレイン』クライヴ・バーカー/集英社(単なるスプラッターでは終わらない)
  • 『丘に、町が』クライヴ・バーカー/集英社(圧倒的な映像喚起力)
  • 『皮剥ぎ人』ジョージ・R・R・マーチン/早川書房(素晴らしき完成度)
  • 『オレンジは苦悩、ブルーは狂気』デイビッド・マレル/新潮社(奇妙な味)
  • 『他人事』平山夢明/集英社(読んで本気で後悔した)
  • 『玩具修理者』小林泰三/角川ホラー文庫(読んで本気で後悔した)
  • 『厭な物語』アンソロジー/文藝春秋(今まで読んだなかで一番キレのいい掌編が収録されている)
  • 『包帯少女哀話』こはく那音/小学館ちゅちゅコミックス(全く救いというものがなく、読んでいてつらくなってくる)
  • 『ススムちゃん大ショック』永井豪/トクマコミックス(伝説のトラウマンガ(トラウマ+マンガ)。『デビルマン』に勝るとも劣らない衝撃のラスト)
  • 『イラストに見る恐竜の驚異と神秘』Mark Hallettほか/学習研究社(デイノニクスがテノントサウルスを狩るところが恐ろしい!)
  • 『連続殺人鬼カエル男』中山七里/宝島社(殺人の残虐性。幼稚なメモを残す犯人像。犯人を追い詰める所のゾワゾワ感。最後に恐ろしい殺意)
  • 『不死症アンデッド』周木律/実業之日本社文庫
  • 『死の棘』島尾敏雄/新潮文庫(罵られ続けるのです。逃げられないのです。自分が原因なのです。めっちゃ怖いです)
  • 『死神の浮力』伊坂幸太郎/文春文庫(怖いのは死神よりもサイコパス)
  • ミュージカル『黒執事 Tango on the Campania』
  • 映画『エンゼル・ハート』/ミッキー・ローク、ロバート・デ・ニーロ出演(痩せたミッキー・ロークがイカス)
  • 映画『シャイニング』/スタンリー・キューブリック監督(原作と違う!)
  • 映画『ソンビランド』/ルーベン・フライシャー監督(全人類必見)
  • 映画『女優霊』/中田秀夫監督(日本最恐ホラー)
  • 映画『二重生活』ロウ・イエ/アップリンク(急成長する中国のラブミステリー。都市と農村の格差と経済的な成長が生み出した、歪な人間模様は、まさにホラー)
  • 雑誌『BRUTUS 特集 危険な読書』(あまり危険じゃないヌルい選書)

 次回は4月上旬、「さくら」をテーマにやります。桜花、桜餅、桜肉、桜貝、桜海老、桜鯛、偽客などが思い浮かぶけれど、カードキャプターから帝国華撃団まで、沢山ありそう。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年2月25日 - 2018年3月3日 | トップページ | 2018年3月18日 - 2018年3月24日 »