« 2017年1月29日 - 2017年2月4日 | トップページ | 2017年2月12日 - 2017年2月18日 »

ホストを操りゾンビ化する寄生生物『ゾンビ・パラサイト』

 映画『エイリアン』に、人の腹腔内に卵を生みつける生物が登場する。孵った幼生が胸部を食い破り、悲鳴のような産声とともに飛び出してくるシーンは、ショッキングの極みだった。

 その直前で、忘れられない台詞がある。幼生が体内にいるとも知らず、目覚めた男は、腹が減って仕方がないとぼやく。おそらく、幼生が胃腸に残る消化物を食べてしまったのだろう。外に出るくらい成長したことのトリガーとなるのは、男が摂った食事になる。飲食物が入ってきたことで、潮時だと判断したのではないだろうか。

 これと同じことが、わたしの体内で起きていると考えることがある。体内にエイリアンが巣食っている妄想ではなく、腸内を中心として「わたし」と共生する微生物(マイクロバイオーム)のことだ。この微生物群の働きが、体調や機嫌と呼ばれる「気分」を左右しているのではないか、と考える。

 つまりこうだ。ヒトは食べたものを吸収しているだけでなく、「ヒトが食べたもの」を食べる微生物の代謝物をも栄養としている。ヒト単体での生成が難しいドーパミンや短鎖脂肪酸、各種のビタミンを合成しているのは、腸内の微生物群である。生体リズムや睡眠に重要なセロトニンは、脳よりも腸で生成されるほうが多いと聞く。

 こうした微生物の活動は、栄養や気圧といった環境変化により左右され、結果、ホストである人の体調や気分に反映されているのではないか。昔からある「腹の虫が好かない」は案外ほんとうなのかもしれぬ。「今日はあっさりしたものが食べたいな」とか「なんだかイライラする」といった気分に近いものは、身体と微生物の相互影響によると仮説する。なんでも脳に答えを求めようとする限り、絶対に出てこない発想である。

 この仮説(妄想?)は、『ゾンビ・パラサイト』を読むとさらに加速する。ホストを操りゾンビ化する寄生生物たちのメカニズムや生態を紹介している。

 このホストをゾンビ化する能力は、「パラサイト・マニュピレーション(parasitic manipulation)」と呼ばれ、原生生物から菌類、線虫、昆虫など、系統を隔てた生物界、門をまたがって見られる。そのホストも多岐に渡る。寄生という生存戦略を採用したことにより「ホストを操る」形質が進化上有利だったのであり、同じような適応が平行的に起こったのだと指摘されている。

 『エイリアン』そっくりの蝿が登場する。ゾンビ蝿(zombie fly)というおぞましい名が付けられており、ミツバチにしつこくつきまとい、隙を見て胸部に取り付き、一瞬の早業で産卵管を挿入する。体内で孵化した幼虫は、ホストを殺さない程度に組織や体液を餌として育ち、ある日突然、ホストの体を突き破って脱出する。

 ダイクアリに感染するO.ユニラテラリス菌も凄まじい。感染したアリは衰弱し、体の自由を失う。死期が近づくと、アリはよろよろと枝や茎を上り、地上25cmくらいの高さにたどりつく。そこは温度・湿度ともに菌の増殖にとって都合のよい場所である。そこでアリは葉脈に大あごで食いつく。数時間後に絶命するが、大あごの周りの筋繊維が収縮するため、つかんだ葉脈を離さなくなる。いわば苗代となるわけだ。

 感染してから最後の一噛みまでの一連の動きは、グアニジノ酪酸とスフィンゴシンという化学物質を通じ、菌がアリの脳を操作していると考えられている。菌は寄生したアリの体を乗っ取り、自らの乗り物として動かしているというのだ。

 そこでプレステのゲーム"The Last Of Us"を思い出したあなたは鋭い。謎の菌に寄生され、キノコ状の頭部を持つ怪物がうごめく世界でのサバイバルホラーゲームだ。開発者たちは、BBCのドキュメンタリーでO.ユニラテラリス菌の生態を知り、インスピレーションを得たという。

 人間に寄生してゾンビ化する菌類はまだ見つかっていないが、可能性は考えられる。白癬菌は、ヒトにとって水虫やタムシの原因となっているが、もとは土壌中にいたケラチンを分解利用できる菌が、動物の皮膚角質層に寄生するよう進化したと考えられている。痒みを引き起こし、掻いてもらうことで感染を拡大する策略は、「ホストを操っている」と言えるだろう。

 全人類の3割(20-25億人)に寄生していると推測される「最も繁栄したパラサイト」トキソプラズマの話が興味深い。エイズやがん治療、妊娠中の女性を除き、あまり問題になることはなかったという。

 ところが、最近の研究により、パラサイト・マニュピレーションを、トキソプラズマも行っているのではないかという疑いが持たれている。たとえば、トキソプラズマに感染したネズミが、天敵であるネコに警戒心を持たなくなり、ネコに捕食されやすくなるという。トキソプラズマにとっては、終宿主にたどり着くチャンスが増えることになる。

 また、トキソプラズマ感染者はそうでない人に比べ、2.6倍も交通事故を起こしやすいことが報告されている。トキソプラズマが、ホストの性格や行動に何らかの影響を及ぼすという仮説は、わたしの妄想をさらに加速してくれる。

 そして、この妄想をみごとに結晶化したのが、『恋する寄生虫』になる。失業中の青年と不登校の少女の、実に奇妙な出会いと触れ合いを描いたラブストーリーだ。青年は極度の潔癖症で、少女は視線恐怖症といった悩みを抱え、その対人的な悩みゆえに惹かれあうことになる。

 会社や学校に上手く適応できず、生き辛さを感じている人が読んだら、共感と不安がない混ざった、不思議な感覚にとらわれるだろう。それと共に、わたしの妄想は、いくばくかの真実を含んでいることに同意してくれるかもしれぬ。

 私という身体が「私」単体でないように、私の自由意志は、「私」単体でないのかもしれぬ。そして、たとえわずかでもこの考えを受け入れられるのであれば、ずっと楽に生きることができる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読書猿『アイデア大全』はスゴ本

 アイデアとは、新しい世界の見方である

 既知から離れて/組み替えて/類推して/拡張して、異なる認識のやり直しをする、それがアイデアを生み出すということだ。だから、アイデアを創出する新しいツールを手に入れるということは、いわば新しい目を手に入れることだ。

 『アイデア大全』には、創造力とブレイクスルーを生み出す42のツールが紹介されている。本書を読むことで、いわば42の新しい目を手に入れることになる。本書が類書と違うのは、「アイデアの求められ方」によってツールを使い分けている点にある。

 すなわち、「0を1にする」プロセスと、「1をnにする」プロセスを分けている。更地の、何もないところから生み出す方法と、所与のコアから展開していくやり方と、明確に分けて構成されている。おかげで、抱えている問題について、どれくらい把握しているかによって、アプローチを切り替えることができる。アイデアツールは沢山あるが、闇雲に試行錯誤するより、ずっといい。

 さらに面白いのは、アイデアを生むノウハウだけでなく、その基底にある心理プロセスや思想的な背景にまで踏み込んでいるところ。認知科学からの裏づけや歴史的経緯を説明することで、「新しい目」の(科学的・歴史的)位置づけと方向性が見えてくる。

 つまり、いま抱えている問題について、「どうすべきか」という答えだけでなく、答えを導くアプローチを通じて、どう位置づけられ、「どうあるべきか」までを省みさせる目論見を垣間見ることができる。役立つだけでなく、ものすごく志の高いガイドブックなのだ

 いちばん嬉しかったのは、自分がやってきたことに「名前」があることを教えてもらったこと。

 たとえば、インキュベーションの仕込みとして「獺祭」という手法が紹介される。かわうそが捕まえた魚を自分の周囲に並べるのを、ちょうど神に供えているように見えるとして「獺祭魚」と呼び、転じて詩文を作るときに書を広げ散らかしながら想を練ることを「獺祭」というそうな。

 わたし自身、畳の上に座り込み、自分を中心にぐるりと資料を並べ、あれこれ入れ替えてるうちに想を得ることが多くある。散らかした資料の上を、物理的に転げ回ることで、アイデアがつながる。ディスプレイ上ではなく、手と目を動かしてまみれるこの手法は、ちゃんと謂れがあったのだと思うと嬉しい。純米大吟醸だけじゃなかったんだね。

 あるいは、人生の師匠/メンターを決めておき、行き詰まったときに召喚する「ルビッチならどうする?」がある。映画監督ルビー・ワイルダーにとっての師匠エルンスト・ルビッチから命名された手法である。凄いのは、そこから孟子にとっての師匠「孔子ならどうする?」につなげ、「私淑」の具体的な方法論に展開しているところ。

 いま、ワイルダーと孟子を串刺しで発想できる人は、まずいない。この発想は、本書の第9章「アナロジーで考える」にまとめられているが、それだけ読書猿さんは自家薬籠にしているんだね。

 わたしの場合だと、河井継之助になる。この幕末の越後長岡の風雲児は、司馬遼太郎『峠』で知った。以後、憑かれたように陽明学を漁り、思想を行動で貫く原理を目指したことがある。何を知り何を成すか詰まったとき、「良知」を信じて実行せよと何度も背中を押してもらった。

 「私淑」は仕込みに時間がかかるが、守護霊のように頼りになる。ヒカルの碁にとっての佐為のように、オデュッセウスにとってのアテナのように、強力な守護者となる。本書を利用して、もっと意識的に「私淑」を拡張してみよう。

 まったく知らなかった「新しい目」も沢山得られた。なかでもすぐに役に立ったのが、「コンセプト・ファン」だ。真ん中に問題を書いて、解決策を並べていく手法は何度も使ってきたが、すぐに思いつかなくなるのが悩みの種。

 「コンセプト・ファン」はそこを改良し、最初の問題の左側に「その問題が生じたのはなぜか?」の答えとなる原因や背景を書けというのだ(ステップバック)。そして、ステップバックした問題の右側に、それに応じた解決策を並べていく。これをくり返し、より根源的な視点から解決策を洗い出せるのが利点だ。おかげでレポートテーマの案出しが普段より数多く出せた。

 わたし自身もよく使っている強力なツールも数多く紹介されている。知の充填「抜書き」や、言換えによる模索「シソーラス・パラフレーズ」、問題のドラスティックな構造化「対立解消図」などは、一生モノの技法なり。わたしの場合、「抜書き」については、[本ばかり読んでるとバカになる]、「対立解消図」は、[わたしの7つの「ふりかえり」]の「わたしたち vs 問題」にまとめた。

 特に「わたしたち vs 問題」は仕事だけではなく、夫婦の諍いにも有用である。

 妻が何らかの不満をぶちまけるとき、その「問題」に直接取り組んではいけない。問題を分解し、原因を特定し、「あるべき姿」を提案し、そのギャップを洗い出し……などとお馴染みの手法を駆使しても、効果はないどころか逆効果になる。むしろ、原因特定の際、妻自身のふりかえりが求められ、感情的な展開になるおそれがある。

 このとき、最も避けるべきは「妻vs夫(問題)」の構造である(夫から見ると「夫vs妻(問題)」になるのがミソ)。つまり、「問題」は相手にありとして、互いにそれを証明しあうことになるからだ。しかも理詰めで追い詰めるような馬鹿な真似をする奴は、殺されても仕方なかろう。

 このとき、対立しあう問題の前提に着目し、「それは何のためか?」と問いかけ、両者がともに実現したいものを模索する(抽象度を上げると上手くいく)。ジレンマが成り立っている状況を俯瞰し、より大きな「問題」として示す。

 すると、「妻vs夫」という構造が、「わたしたちvs問題」の形になる(ホワイトボードやノートを使って空中戦にしないことが重要である)。この手法で、「休日はゆっくりしたい」vs「休日は充実させたい」という意見対立を、「休日の朝食だけ別々にする」で解決したことがある。

 このように、普段からわたしが頼りにしているやり方だけでなく、名前すら知らず使ってきた手法、新たに学ぶことができた方法など、物凄い数になる。最初に「42のツール」と言ったが、あれは嘘だ。巻末の索引で数えたら、163個あった。これを42章にまとめているので、本書から得られる世界の見方/新しい目は163あるといっていい。

 『アイデア大全』は、単なるアドホック的なアイデア・フレームワークのまとめに留まらず、計画的に問題解決をクリアしていくことによって、あるべき世界を目指すための、教養そのものだといえる。だから読んで終わりではなく、人生で使ってほしい。学業のため、仕事のため、夫婦和合のため、何よりもよく生きるために。読書猿さん、素晴らしい本を出していただき、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

読んだことを後悔する劇薬小説まとめ

 たくさん本を読むほどに、井の中の蛙になる。

 読書の理由を、「知らない世界を知るために」と言ってるくせに、似たような本しか読まない。ジャンルを絞り、作家を決めて、その中で同じような「物語」を消費する。それは、知らない世界を知る読書ではなく、知ってる世界を確認して安心する自慰にすぎぬ。「わたし」の周りに既読本を積み上げて、その壁の中で王様になる。

 それが、わたしだった。

 確認読書だから、知識が増えても何も変わらない。「わたし」というフレームに合わないものは、そもそも選ばない。うっかり読んだとしても、フレーム内を通る言葉だけを消費して「読んだ」ことにする。純文から哲学、SFから数学と拡張できるのに、城から出るのが怖くて穴を掘る。古典やマイナーを掘り当てて、王様はますます蛙になる。

 そんな読書で、楽しいか?

 自問していたとき、カフカの言葉に出会った。「どんな本でも、僕たちの内の凍った海を砕く斧でなければならない」。××というジャンルは、一生かけても終わらないほど深くて広くて面白い。さらに「××に詳しい」と偉そうな顔ができる。そんな顔に、カフカの一撃は、深々と刺さった。全文はこうだ。

要するに、僕たちは、僕たちを咬んだり刺したりする本だけを読むべきだと思う。

もし、読んでいる本が、脳天への一撃のように僕たちを揺すり起こすのでなければ、そもそも何故、わざわざそれを読むのか。君が言ったように、愉快な気分になるためか。

ああ、僕たちは、全く本がなくても、同程度に愉快であろうよ。必要とあらば、自分に向けて、愉快になれるような本を書いてやったらいいんだ。

僕たちが必要とするのは、非常に痛ましい不運のように、僕たちを打ちのめす本だ。自分よりも愛する人が死んだときのように。そう、まるで全く人の気配がない森に放逐されたように感じさせる本だ。自殺のように。

どんな本でも、僕たちの内の凍った海を砕く斧でなければならない。僕はそう信じている。

フランツ・カフカからオスカー・ポラックへの手紙 1904.1.27

 顔が吹き飛ぶぐらいの恥ずかしさを覚え、穴から這いだし、積み上げた本の壁を崩し、外へ出た。以後、ジャンルオーバーに自覚的になり、ショック療法として、常識外の作品を試すようになった。

 「泣ける」「心温まる」なんて糞くらえ。「感動する」ために読む本の薄いこと薄いこと。感動オナニーの需要をあてこんだ、感動をバーゲンセールする新刊を消費してる人には、凶器になる。読んだことを後悔するような、読書が毒書になるような、エグい劇薬を選んだ。

 もちろん、こういう不愉快になるような本を、わざわざ選ぶのは正気の沙汰ではないし、こうした毒書が推奨されるべくもない。だが、一読すれば常識を疑い、自分が揺さぶられ、船酔いのような吐き気を催すことだろう。書店や図書館のどの領域からもこぼれ、隠されている世界があることに気づくだろう。

 ただ、ここは、わたしのブログではないため、レギュレーションをかけている。大好物ですまだまだイケまっせ、という奇特な方は、[わたしが知らないエロ本は、きっとあなたが読んでいる]に、リミッターカット版をそろえておくのでどうぞ。また、タイトルは「劇薬小説」としたが、小説に限定していないのでご注意のほどを。

 そして、ぬるい、あまい、やわらかい、という方がいらしたら、是非、ご教授お願い申し上げる。


隣の家の少女

ジャック・ケッチャム

 自分の肉体を強烈に自覚する手っ取り早い方法は、ナイフで切り裂いてみることだ。傷つき、血があふれ、痛みを感じたところが「肉体」だ。同様に、心がどこにあるか知りたいなら、『隣の家の少女』を読めばいい。痛みとともに強烈な感情――吐き気や罪悪感、汚されたという感覚、ひょっとすると快楽――を生じたところが、あなたの「心」だ。

 あらすじは単純だ。主人公は思春期の少年。その隣に、美しい姉妹が引っ越してくる。少年は姉のほうに淡い恋心を抱きはじめるのだが、実は彼女、虐待を受けていた……という話。少年は目撃者となるのだが、「まだ」子ども故に傍観者でいるしかない。しかし、「もう」おとな故に彼女が受ける仕打ちに反応する。

 その反応は、罪悪感を伴う。「読むのが嫌になった」「恐ろしくなって頁がめくれない」が"正常な"反応だろう。だが、背徳感を覚え始めたところが、彼の、そして読者の心のありかだ。そして、その感覚に苛まれながら、生きていかなければならなくなる。

 読書が登場人物との体験を共有する行為なら、その「追体験」は原体験まで沁み渡る。地下室のシーンでは読みながら嘔吐した。その一方で激しく勃起していた。陰惨な光景を目の当たりにしながら、見ること以外何もできない"少年"と、まさにその描写を読みながらも、読むこと以外何もできない"わたし"がシンクロする。見る(読む)ことが暴力で、見る(読む)ことそのものがレイプだと実感できる。この作品を一言で表すなら「読むレイプ」だ。

 見ることにより取り返しのつかない自分になる。文字通り「もうあの日に戻れない」。しかし、既に読んで(見て)しまった。それどころか、出会いそのものを忌むべき記憶として留めておかなければならない。わたしたちは、読むことでしか物語を追えない。作者はそれを承知の上で、読むことを強要し、読む行為により取り返しのつかない体験を味わわせる。ここが毒であり、「最悪の読後感」である所以。

 さらに、これは終わらない。酷い小説を読んで気分が悪くなった。でも本を閉じたらおしまいで、現実に戻れる?待てよ、現実のほうが酷いんじゃないのか? そもそもこれ、実際に起きた[バニシェフスキー事件]を元に書かれたものだ。ゲームが陰惨化し、陵辱がどんどんヒートアップし、最後には……という実話は、恐ろしいことに、珍しいことではない。


デス・パフォーマンス

スチュアート・スィージィー

 命がけのオナニー・レポート。

 冒頭、いきなり警告がつきつけられる。

【警告】 本文で紹介されたボディーモディフィケーション(身体改造)および性的行為を実践してはならない。もしここにあるような危険行為の衝動に駆られた場合は、セラピストの診療を受けて欲しい。論文寄稿者、編集者、および出版社は、読者が記述内容を実践した場合の責任を一切負わない。

 「危険な自慰」や「身体改造」を追求した結果、死亡したり重い後遺症になった事例を、検証写真つきで再現している。もとはメディカルレポートや検死報告を元にしており、淡々とした筆致が異常性を際立たせている。

 快楽を追求するあまり自慰死に至った話は、おぞましく、こっけいで、かなしい。たとえば、32歳の男性。3児の父で、ベッドの上で死亡しているのを11歳の娘が見つけた事例だ。発見時、ストッキングと女物のセーター、ブラジャーを身につけていたという。やわらかいベルトで両手を縛り、口の中には生理用ナプキンを含み、頭と口にはピンクのブラジャーが巻きつけられていた。丸出しになった陰嚢にはタバコの火が押し付けられ、腫れあがっていたとある。

 ここに物語を求めてはいけない。11歳の娘がどう感じ、反応したかは書いていない。その代わり、現場の状況と検死から、自慰中に低酸素状態となり、呼吸をふさいでいたブラジャーを外すことを忘れ、窒息死に至ったことが解説される。もちろんベルトはすぐ自分で外せる状態にあったのだが、低酸素症が"ハイ"にさせたのだろう。

 他にも、ドアノブやクローゼットにロープを引っ掛けて「擬似首つり状態」で"ハイ"になりながら自慰をしているうちに、戻ってくるタイミングを逃し、文字どおり「逝ってしまった」事例がたくさん出てくる。「擬似」と称したのは理由があって、当人たちは、ちゃんと脱出する手段を講じていたところ。両手を縛りながら、小さなナイフを隠し持っていたから。ただ、はずみで落としたり使うのを忘れてしまったようだ。

 首つりオナニーだけでない。トラクターや掃除機を使った斬新な方法が提示され、その犠牲者が語られる。古典的なコンニャクや、カップヌードル、ポッキーならチャレンジしたことがあるが、可愛いものだ。これは限度を超えている。トラクターにロマンティックな感情を抱いた男が、女装して油圧シャベルに逆さ吊りになっている最中にバケット操作を誤り、圧死した事例。掃除機を使った自慰+テーブルの足を抜き取って肛門に差込み、全裸+パンスト状態→うつぶせになって感電死しているところを妻に発見された事例。

 何ヶ月もかけてゆっくりと自己去勢した男の話や、自宅でドリルで頭蓋貫通することでニルヴァーナを目指す女、自分で眼球を摘出してしまった少年の話をきいていると、わたしの想像力もまだまだだな、と思えてくる。

 命を賭けたオナニーが、ここにある。


夜のみだらな鳥

ドノソ

 愛する人を自分のモノにする、究極の方法がある。

 それは、愛する人の手を、足を、潰して使えなくさせる。口も利けなくして、耳も目もふさいで使い物にならなくする。そうすれば、あなた無しではいられない身体になる。食べることや、身の回りの世話は、あなたに頼りっきりになる。何もできない芋虫のような存在は、誰も見向きもしなくなるから、完全に独占できる。

 これは「魔法少女まどか☆マギカ」で、とある魔法少女に囁かれた誘惑だ。悪魔のような誘惑だが理はある。乱歩『芋虫』の奇怪な夫婦関係は、視力も含めた肉体を完全支配する欲望で読み解ける。まぐわいの極みからきた衝動的な行為かもしれないが、彼女がしたことは、「夫という生きている肉を手に入れる」こと。早見純の『ラブレターフロム彼方』では、ただ一つの穴を除き、誘拐した少女の穴という穴を縫合する。光や音を奪って、ただ一つの穴で外界(すなわち俺)を味わえというのだ。

 感覚器官や身体の自由を殺すことは、世界そのものを奪い取ること。残された選択肢は、自分を潰した「あなた」だけ。愛するか、狂うか。まさに狂愛。

 ドノソ『夜のみだらな鳥』では、インブンチェという伝説で、この狂愛が語られる。目、口、尻、陰部、鼻、耳、手、足、すべてが縫いふさがれ、縫いくくられた生物の名だ。インブンチェは伝説の妖怪だが、小説世界では人間の赤ん坊がそうなる。老婆たちはおしめを替えたり、服を着せたり、面倒は見てやるのだが、大きくなっても、何も教えない。話すことも、歩くことも。そうすれば、いつまでも老婆たちの手を借りなければならなくなるから。成長しても、決して部屋から出さない。いるってことさえ、世間に気づかせないまま、その手になり足になって、いつまでも世話をするのだ。

 子どもの目をえぐり、声を吸い取る。手をもぎとる。この行為を通じて、老婆たちのくたびれきった器官を若返らせる。すでに生きた生のうえに、さらに別の生を生きる。子どもから生を乗っ取り、この略奪の行為を経ることで蘇るのだ。自身が掌握できるよう、相手をスポイルする。

 読中感覚は、まさにこのスポイルされたよう。『夜のみだらな鳥』は、ムディートという口も耳も不自由なひとりの老人の独白によって形作られる……はずなのだが、彼の生涯の記録でも記憶でも妄想でもない独白が延々と続けられる。話が進めば理解が深まるだろうという読み手の期待を裏切りつづけ、物語は、支離滅裂な極彩色の悪夢へ飲み込まれてゆく。

 Amazonでとんでもない値段がつけられているが、近々復刊されそうなので、しばし正座して待て。


消された一家

豊田正義

 ノンフィクション。最高に胸クソ悪い体験を保証する。

 こんな人間が「存在する」ことは理解できるし、この人間を悪魔だの人でなしだの呼ぶのはたやすい。しかし、彼を悪魔とみなすことで思考を止めたら負けかな、と思いながら読み続けた。父親の解体の場面で体が読むのを拒絶した。しかし、なぜそんな事件が起きたのか、どうすれば回避できたのか、知りたくて最後まで読んだ。

 今から考えると、そこで読むのを止めておけば良かったのに、と思っている。マンションの一室に七人を監禁し、電気ショックと食事制限で「家族」を洗脳し、殺す者と殺される者に分け、「家族」は言われるがままに「殺し合い」を繰り広げ、消滅する―――

 最悪の読後感を味わえるのは、最後まで読んでも、「なぜそんな事件が起きたのか」はぜんぜん分からないから。無抵抗の子どもの首にどういう風にコードを巻いて、どんな姿勢で絞めたか、といった行動は逐一知らされるが、「なぜ・どうして」は想像すらできない。

 これを著者の筆力不足に帰するのは、あまりに気の毒。一人称で書けないルポルタージュの限界か。「事実は小説よりも奇」とは、たしかにその通り。しかし、事実を理解することができない。虚構でもいいからこの出来事を理解したいと願うのならば、小説にするしかないのか。小説のほうが、まだ救われるのかもしれぬ。作者の手がなんらかの落ちを紡ごうとするから。ところが現実は続くし、分からないものは分からないままになる。


城の中のイギリス人

マンディアルグ

 最高のポルノグラフィ。

 「できるだけ残酷で、破廉恥で、エロティックな物語を書きたい」というのが作者の意図だが、見事に成功している。インパク度は氏賀Y太レベルだといえば伝わる人には伝わる。

 例えば、生きのいいタコがうじゃうじゃ蠢く水槽に少女(13歳処女)を投げ込んで、体中に貼り付かせる。タコとスミまみれの彼女(顔にもタコべったり)を犯す→鮮血とスミと白い肌のコントラスト。その後、ブルドックに獣姦。犬のペニスは根元が膨張するので、ムリに抜くと穴が裂けるんだが、ちゃんと再現してる。終わったらカニの餌。

 あるいは、氷でできたペニス(長さ39cm、亀頭周囲25cm)を肛門にねじ込む。この描写がイイ、感動的ですらある。暖かい臭いを感じた素晴らしいシーン。

肛門と割れ目の窪みに油をそそいでから、私は潤滑油でしとどに濡れた人差指を近づけた。するとなんたる不思議であろう、今度は氷塊ではなく、人間の肉が近づいてきたことを察したのか、薔薇の花はただちに拡がり、口のように開き、指の圧力にたちまち屈したのである。いや、というよりもむしろ、私の指をくわえこんだのである。

 食糞飲尿あたりまえ、悪趣味、倒錯、陵辱、苦痛、加虐性欲の極限。大切なものをいちばん残忍なやり方で破壊する(ラストの"実験"はマジで吐ける)。性の饗宴というよりも性の狂宴。鋭利なカミソリで皮脂まで切られ、果物のようにクルリと皮を剥かれた顔を眺めながら、女は濡れるし、男は勃つ。吐きながら屹立してることは否定しようがない。城の主のセリフが刺さる。

「エロスは黒い神なのです」

 あなたの脳天への一撃となることを期待しつつ。読むときは、自己責任で。そして、ぬるい、あまい、やわらかい、という方がいらしたら、是非、ご教授お願い申し上げる。わたしが知らない劇薬は、きっとあなたが飲んでいるのだから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月29日 - 2017年2月4日 | トップページ | 2017年2月12日 - 2017年2月18日 »