« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »

“奇跡の惑星”から、ありふれた奇跡へ『系外惑星と太陽系』

 読前・読後で世界を一変せしめるような本をスゴ本と呼ぶのなら、これはまさしくそれ。

 なぜなら、薄々考えてきたことが、エビデンスと共に論証されており、今まで学んできた天文学、地球物理学、生命科学の知識が急速に収束し、「地球外生命はいる」という確信になろうとしているから。同時に、わたしの思考が、いかに地球を中心に囚われていたことに気づかされたから。

 タイトルの「系外惑星」とは、太陽系以外の惑星のこと。ここ数十年の間、この系外惑星が続々と発見されるにつれ、生命活動が可能な惑星(ハビタブル惑星)に対する認識が塗り替えられてきた。かつては、かつては「奇跡的」だったものが、「ありふれた奇跡」になろうとしている。しかも、ハビタブル「惑星」である必要はなく、ハビタブル「衛星」の可能性も示唆されている。

 つまり、「ハビタブル」の条件を考えるにあたり、「太陽系の地球のような惑星」のイメージを壊し、ゼロベースで考え直す。文字通り「生命を宿しうる」ことで再定義し、その条件を適当な惑星の質量・軌道、水、炭素、窒素、エネルギーの供給というように捨象してしまう。すると、太陽系に似た惑星系である必然性はなくなり、地球に似た惑星である必要もなくなる。サイズによっては惑星である必要性もなくなり、衛星でもよくなる。

 そして、相当する質量や軌道という観点であれば、惑星系性理論および観測された系外惑星の軌道分布から予測可能であり、元素およびエネルギーの供給については、惑星大気の観測からある程度の実証を得ることができる。

 昔は、太陽系以外にも惑星があるはずだとして、様々な系外惑星探査が行われてきた。大型望遠鏡を使った探索は1940年代から本格化し、1980年代には観測技術は充分なレベルに達していた。しかし、系外惑星はほとんど発見できなかった。「第二の地球を探せ」というスローガンで、地球に似た系外惑星を探そうとして、(それが見つからなかったが故に)地球は“奇跡の惑星”とされた。

 今は、一定の確度を持ち、予測と検証を繰り返しながら観測を行うことで、系外惑星の発見数は、爆発的といっていいほど激増している。この今昔の境は1995年以降、「ホット・ジュピター」や「エキセントリック・プラネット」と呼ばれる常識外れの惑星が見つかってからだという。いま、まさにパラダイムシフトが起きているのに、気づかぬまま通り過ぎているという感覚。楳図かずおの傑作『わたしは真悟』の「奇跡は誰にでもおきる。だが、おきたことには誰も気づかない」を地で行く感覚なり。

 なぜ、半世紀もの間、系外惑星を発見できなかったのか?

 なぜなら、ホット・ジュピターのような惑星の存在自体が、「想定外」だったからになる。恒星の周囲を、非常に高速で(公転周期4日)周っているガスで覆われた「熱い木星」なんて、想像がつくだろうか? あるいは、彗星のような楕円軌道を描き、灼熱期と極寒期をめまぐるしく繰り返す超巨大サイズの「奇妙な惑星」なんて、完全に常識外れだろう。

 この「常識」こそが、バイアスとなっていたという。つまりこうだ、わたしたちは、太陽系というたった一つのモデルでもって、恒星や惑星を考えようとした。サンプルが1つしかなかったため、惑星形成論とは、太陽系の姿をどのように合理的に説明できるかという議論に等しかったという。太陽系の姿に無意識のうちに囚われ、その「常識」の目で探そうとしていたため、文字通り視野が狭くなっていたのだ。

 著者は、さらにこの「常識」の中心に、キリスト教を中心とした西洋文化を指摘する。地球や生命、宇宙の始まりといった形而上的な問題について、人の考えは、そのバックグラウンドにある文化に影響される傾向がある。「神に選ばれて、キリストが誕生した特別な場所」でなければならない地球は、かつては宇宙の中心とされた。もちろん現代で天動説を信じる人はいないだろうが、太陽系や地球をあるべきモデルとしたがるバイアスは、少なくともわたしの中で、形を変えて生き残っていることが分かった。

 しかし、いったん太陽系モデルから離れて見るならば、その視野は驚くほど広がる。著者は、観測データからも理論モデルからも、ハビタブル・ゾーンに地球サイズに近い惑星が存在する確率は、10%以上はあるという。この銀河系に惑星は充満していると言えるのだ。

 しかも、惑星だけではなく衛星も含めると、その数はもっと大きくなる。ハビタブル・ムーンだ。木星の衛星のエウロパや、土星の衛星のエンケラドスは、表面は凍っているものの、氷の下には液体の海があることはほぼ確実で、そこでの生命の可能性が議論されている。潜ってみたら、微生物が「うじゃうじゃ」いましたと報告されても、驚く反面、やっぱりそうなのかもと思うだろう。

 この感覚は、ここ近年の天文学における発見が、わたしの考え方そのものに影響を与えたのかもしれぬ。見えていないものは、「まだ見つかっていない」可能性を残しているのであり、それは「存在しない」ことと等価ではない。だから、見えていないものについて想像する余白を、常に残しておきたい。

 パラダイムシフトが、まさにわたしの内側で起きているのを自覚した一冊。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

食う寝る殺す『性食考』

 食べること、セックスすること、殺すこと。これらは独立しているのではなく、互いに交わり重なり合っている。「食べちゃいたいほど、愛してる」という台詞を起点に、古事記と神話、祭りと儀礼、人類学と民俗学と文学を横断しながら、人の欲の深淵を覗き見る。ぞくぞくするほど面白い。

 著者は民俗学者。引き出しを沢山もっており、バタイユやレヴィ=ストロース、デズモンド・モリスや柳田國男などを次々と引きながら、性と食にまつわるさまざまな観点を示してくれる。おかげで、わたしの引き出しも次々と開かれることとなり、読めば読むほど思い出す読書と相成った。

 たとえば、入口の「食べちゃいたいほど、愛してる」は、センダック『かいじゅうたちのいるところ』から引いてくる。いたずら小僧のマックスが、罰として寝室へ追いやられるところから始まる夢と空想と「かいじゅうたち」の物語。その愛のメッセージを引いてくる。

「おねがい、いかないで。
おれたちは たべちゃいたいほど おまえが すきなんだ。
たべてやるから いかないで。」

 そして、食と愛が、実に近しいところにあることを示す。たとえば、人間行動学の『マンウォッチング』にある、食べるための唇とシンボルとしての唇の話である。つまりこうだ。直立歩行するヒトにとって、雌が成熟し発情しているかどうかを示すディスプレイ部位が、お尻や陰唇から、おっぱいや唇に成り代わったという話だ。甘噛みにも示されるように、愛情表現のキスとは、摂食行為の代替なのだ。

 さらに、古代中国の伝説を集めた『捜神記』から、ペニスをむさぼり喰らう、もう一つの秘められた口の話を引いてくる。陰部が首や腹、背中など、本来と異なる場所にある女が出現すると、天下が乱れる兆しとされるそうな。いわゆる有歯女陰(ヴァギナ・デンタタ)の伝説は、古代中国に限らず、世界中にその例を見ることができるという。

 また、イェンゼン『殺された女神』から、世界各地の食物起源神話が、ある種のパターンに則っていることを指摘する。ハイヌウェレという神話である。ハイヌウェレという少女は、様々な宝物を大便として排出することができた。村人たちは気味悪がって彼女を埋め殺してしまうのだが、その死体からさまざまな種類の芋が育ち、人々の主食になったという話だ。東南アジア、オセアニア、南北アメリカ大陸に流布している神話で、日本や中国にも類似の話がある(画像はwikipedia[ハイヌウェレ型神話]より)。

XRF-Hainuwele
By Xavier Romero-Frias (Own work) [CC BY-SA 3.0], via Wikimedia Commons

 「女に飢える」や「性欲の渇き」という言葉や、愛の行為としての「甘噛み」、そしてキスなど、食べることと愛することは、重なり合っている。レヴィ=ストロースは「狂牛病の教訓」のなかで、世界のすべての言語がセックスを摂食行為になぞらえている、と書いていたという。やっていることは即ち、肉を喰らう肉であるため、文化を問わずそういう隠喩をまとうのだろう。

 種の保存行為としての食と性は、わたしたちの視床下部に隣り合っているだけでなく、文化の中にも、驚くほど交わりあっているのだ。

 最初に書いたように、これ読んでいると、さまざまな過去のスゴ本が浮上してきて困った。ここでは、エログロの無いものを選んでご紹介しよう。

 まずフレイザー『金枝篇』[レビュー]。人類学・民俗学・神話学・宗教学の基本書であり、世界中の魔術・呪術、タブー、慣習、迷信が集められている。「食と性」に関するものなら、植物と人との間にある、「種をまく」という相似性を慣習化したものが紹介されている。すなわち、種をまいた畑に若い夫婦たちが転げまわり、性交するという慣習が、ウクライナや中央アメリカにあったという。また、神を食う儀式として、ギリシアの穀物の女神デメテルとペルセポネが紹介される。穀物神は人の姿で表わされ、その姿のまま殺され、聖餐として食べられてしまう。すなわち、人の形をした聖なる食べ物なのだ。

 みだらで、せつなくて、うまそうな短編集『飲食男女』[レビュー]を読むと、食べることは、そのまま色っぽいことが分かる。少年時代の甘酸っぱさは「ジャム」に注がれるレモン汁に象徴され、性春のひたむきな欲情は、「腐った桃」の、ゾッとするくらい甘い匂いに代替され、酸いも甘いもかぎわけた行く末は、「おでん」の旨みに引き寄せられる。同時に、イチゴジャムに喩えられた血潮の鮮烈なイメージや、山茱萸にべっとり濡れた唇が「あたし、いまオシッコしてるんだ」とつぶやく様は、いつまでも読み手につきまとって離れないだろう。

 花とはセックスそのものだと喝破した澁澤龍彦も外せない。花弁、雄蕊・雌蕊といった部位は性器そのものだし、人によって見る/見られるために利用されることも然り。『エロティシズム』が有名だが、ここでは、「性」に加えて「食」も入るため、『フローラ逍遙』を紹介したい。水仙や椿、薔薇やコスモスなど、オールカラーの植物画とともに綴られる博物誌には、花から「性」、種や球根から「食」が喚起される。クロッカスの茎をファロスに、球根を睾丸に見立てる技はさすが。そもそも蘭のギリシャ語オルキスは睾丸の意味だと知ったのも本書なり。

 『性食考』では、マクロイのSF『歌うダイアモンド』が紹介されている。「食」と「性」が完全に入れ替わった世界に、強烈な男性批判が込められた短編「ところかわれば」である。わたしは未読だったが、あらすじの紹介で、藤子不二雄の短編「食欲と性欲」を思い出した(『気楽に殺ろうよ』所収)。人前で食事をするのがタブーとなり、反対にオープンな性行為が普通となった世界の話だ(ひょっとすると、マクロイから拝借したのかも)。食も性も、その周辺には文化と野性があいまいに重なりあい、タブーと聖なるものが生まれ出る場になることが分かる。

 人の視座から考察した『性食考』とは異なり、動物の観点から捉えたのが、写真集『死を食べる』になる[レビュー]。たとえば、キタキツネの死骸。冷たくなったキツネの体からダニが離れ→ハエが卵を産みつけ→ウジがわく。肉食の昆虫(スズメバチ)もやってくる。食い尽くされた後は、土に還る。屋外にうち捨てられた女の死体が朽ちていく経過を九段階にわけて描いた仏教絵画『九相図』の動物バージョンだ。『九相図』と決定的に異なるのは、『死を食べる』を最後まで見ていると、「あらゆる生きものは、死を食べることで、生きている」というシンプルな事実が腑に落ちるということ。

 食と性と死から、かくも豊饒な体験を思い出す。「食べること、交わること、殺すこと」を徹底した作品として、エログロ満載な映画『八仙飯店之〇〇饅頭』『ムカデ〇〇』コミック『バージェスの〇〇たち』『ミミ〇リ』等があるが、やめておこう(検索禁止)。いずれにせよ、このテーマを突き詰めると、人とは歩く糞袋にすぎぬというとこに行き着く。

 食と性と死、読めば必ず思い出す、人の欲の深いところを覗いてみてはいかが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年9月17日 - 2017年9月23日 | トップページ | 2017年10月1日 - 2017年10月7日 »