« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »

好きな本を熱く語った「本のフェス」

 「本のフェス」は、新しい本との遊び方を提案するイベントだ。小説のワークショップや読書芸人トークライブ、アイドルによる絵本の読み聞かせ、野外ライブなど、「本」について本気で遊ぶ文化祭のような場なり。3/12に新宿で行われたイベントで、スゴ本からも「蔵書公開」「スゴ本オフ」で参加したので、ここでレポートする。

 まず、わたしの蔵書公開。

引きこもりに最適な厨子本棚
1

わたしの蔵書より
2

 実は、わたし、「自分の本棚」を持ってない。妻や子どもの本棚を間借りしたり、床に積読山脈を造ったり、行きつけの本屋や図書館を自分の書棚の代わりにしたりしてしのいでいる。あっちこっちに散在している蔵書を集め、「厨子本棚」という可動型書棚に並べてもらったのだ。

 「厨子」というだけに仏壇のような面持ちだが、格納するのは「仏」ではない。読書する人なのだ。扉や棚に本を並べ、真ん中に座って観音開きの扉を閉めてもらうと、全面を本に囲まれる安心感でいっぱいになる。まこと読書人にとって理想的な棺桶なり。

仲俣さんの蔵書より
4

 しかも、恐れ多くも仲俣暁生さんの蔵書と供に並べていただく。「こんな本の力を借りて生きてきた」というテーマで、100+αの選書なり。好みが重なるところもあれば、ぜんぜん知らないものも多数あって、興味が尽きないラインナップでした(カポーティ『冷血』がなぜか2冊並んでいたのが気になる……)。

『プリキュアぴあ』は名著
3

 わたしの場合、最近読んだ本からエログロを抜いただけという統一感のない選書で、プリキュアからウィトゲンシュタインまで、バラエティだけは富んでいたと思いたい。ギャラリーの人波の後ろから眺めているのが楽しかった。皆さん、ディケンズや諸星大二郎といった通好みを手にとってばかりで、誰も『プリキュアぴあ』見ようとしなかった……

chicaさんの蔵書より
5

 そして、スゴ本オフ@本のフェス。

 好きな本を持ちよって、まったり熱く語り合う読書会。それがスゴ本オフ。いつもは「SF」や「恋愛」といった、何かしらテーマを決め、それに沿ってお薦め作品を持ち寄るのだが、今回は変えてみた。なるべく沢山の人に来てもらい、興味を持ってもらい、あわよくば飛び入り参加を期待して、フリーテーマ・ノンジャンルでやってみた。

 ギャラリーは30人くらい(?)集まる一方、発表者が6名と少なめで、その分、濃い口のプレゼンになった。いつもはビール片手にほろ酔いで進めるのだが、すごくまじめな雰囲気だったので、呑んでる余裕がなかったw

ギャラリーが多くて緊張しますた
6

もちろん『アイデア大全』は放流しませんぞ
7

 ささきさんの「理解の範疇を超えた存在と、どう相対するか?」というテーマで『ソラリス』と夫婦間のコミュニケーションを語るのが面白かったし、初参加の方の、ベケットのいつまでも終わらない独白『いざ最悪の方へ』を読むときの「宙吊りの感覚が好きだ」という主張に激しく頷く。ベケットのtweetだと思うといつまでも読めるね。

 わたしは「読まずに死んだら、もったいない」級のスゴ本、『アイデア大全』『自分の小さな「箱」から脱出する方法』『死を食べる』を暑苦しく語った。『箱』と『死』は放流したが、『アイデア大全』は使い倒すつもりなので、「買って読め、一生モノだから(命令形)」と宣言したら、さっそく買っていただいた模様。

 これ、アイデア・ノウハウ集というより、計画的に問題解決を設計・実行するためのツールボックスのようなもの。この「問題」は、ほぼありとあらゆるものに応用が利く。レビューは読書猿『アイデア大全』はスゴ本に書いたので、未読の方は買うべし(命令形)。

 次のスゴ本オフは2つあるぞ。ご興味とご都合のよいときにどうぞ。

◆美と変身
3/26(日) PM 六本木
[詳細と申込み]

スゴ本オフ番外編。POLAとベンツのコラボスペースを借りて「美と変身」をテーマに六本木でやります。「美」だけでも、「変身」だけでもOKで、オススメの本、マンガ、CD、DVDなどを紹介してください

◆読まずに死んだら、もったいない
4/22(土) PM 渋谷
[詳細と申込み]

シミルボンで募集中のコンテスト「読まずに死んだら、もったいない」のテーマでやります。これ読んでないなんて、人生損をしてるよなぁ……という徹夜小説、夢中本、目鱗本を持ち寄って、お薦めあいましょう。

[シミルボン:「本とワタシ」選手権]

Shimirubon_800_350

| | コメント (0) | トラックバック (0)

B&Bで読書会する至福について

 時を忘れる書店がある。

 ひとたび店に入ると、あっという間に時が経つ。なぜか膝がガクガクするなぁと思ったら、3時間立ちっぱなしだったとか、昼に入ったのに、気づいたら外が真っ暗だったとか。あるでしょ?

 絶妙な選書と並べ方に惚れ惚れしながら、眺めて触れて試して読んで、ひたすら書物の森を遊ぶ。既読本の両隣のタイトルに惹かれて散策していると、ずっと探してた一冊に出会える(しかも目にしてはじめて、ずっと探していたことに気づく)。同じ棚を再度めぐっていると、さっき見落としてた重要な作品が飛び込んでくる。

 そんな書店の一つに、B&Bがある。下北沢にある、「ビールを飲みながら本が読める」ちょっと変わったお店だ。丸善や紀伊國屋を見慣れている目からすると、小さなお店だ。だが、こっちの方が愉しい。選書のセンスが素晴らしく、探すというより惑う、既知の検索というより未知との遭遇が期待できる、「わたしが知らないスゴ本」が待ってるお店なのだ。

 そこで読書会したら愉しかろうとやってみたら、至福この上なかったので報告する。スゴ本オフの特別編なり。

 一般的な読書会だと、課題本を決めて、それを読んできて、皆で感想を言い合うという場だけれど、スゴ本オフはテーマだけ決めて、それに沿ったお薦め本を紹介しあうオフ会だ。最新情報はfacebook「スゴ本オフ」にある。

 ところが今回は、「課題本なし」「テーマなし」なのだ。唯一の条件は、「B&Bで見つけたお薦め本・読みたい本」になる。既読のオススメを見つけたら、それを紹介しても良いし、未読だけどこれ読みたい! という本についてしゃべってもいい。「なぜその本が気になるのか?」を伝えようとすると、必然的に自分が何に興味があり、何に知的欲求が刺激されるのかを語ることになる。

 これが、めちゃめちゃ、面白い。

 参加される方の「好き」が如実に本に現れている。その「好き」を取っ掛かりとし、自分の興味につながってくる(嬉しい)。同じ書店の同じ棚を見ているはずなのに、掘り出してくる宝がぜんぜん違う(楽しい)。「これ好き!」の熱量が伝わってきて、知的欲求が飛び火して、自分も読みたく欲しくなる(面白い)。

この棚は魅入られる
01

並べ方に物語がある
02_2

渋い選書。開いているのは内田百閒『東京日記』
03

泥酔文学の金字塔!
04

バベットの晩餐会は映画も観たい
05

こうの史代さんの名著が!
06

同じ棚を見てたのに『南極建築』気付かなかった
07

ヤマケイ文庫の『くう・ねる・のぐそ』は大ウケ!(これは読む!)
08

コリン・ウィルソンがこんなの書いてたなんて!
09

 物理的な2時間が、感覚的には1瞬だった。ご参加いただいた皆さま、ありがとうございます。お店を借り切って、ワイワイしながらブックハンティングするので、10名ぐらいという規模になるので、シリーズ化してもいいかも。

またやりますぞい。facebook「スゴ本オフ」を要チェックや!


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年3月5日 - 2017年3月11日 | トップページ | 2017年3月19日 - 2017年3月25日 »