« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »

『グールド魚類画帖』はスゴ本

グールド魚類画帖 傑作という確信が高まるにつれ、頁を繰る手は緩やかに、残りを惜しみ惜しみ噛むように読む。先を知りたいもどかしさと、終わらせたくないムズ痒さに挟まれながら、読み返したり読み進めたりをくり返す。そんな幸せな一週間を味わった。

 同時に、物語に喰われる快感に呑みこまれる。はじめは巧みな語りに引き込まれ、次に溶けゆく話者を見失い、さいごは目の前の本が消え、自分が読んできたものは一体なんだったのか? と取り残される。わたしが世界になったあと、世界ごと消え去る感覚。

 これは感情移入ではない。19世紀、タスマニアに流刑になった死刑囚の運命だから。猥雑で、シニカルで、残酷な語り口は、けして同情も承認も誘っていないし、シンクロの余地もない。野蛮で下品でグロテスクな描写にたじたじとなるが、妙に思索的でときに本質を掴みとった省察に、つきはなされるようにも感じる。

 人臭くて生々しい顔をした魚の絵とともに、その魚にからむエピソードが、セピアや擦れた黒インクで記される。この「演出」が、ニクいのだ。というのも、描き手・語り手であるグールドは獄中で、書くことが禁じられているから。ウニを砕いて唾を混ぜて顔料にしたり、イカスミや自分の血や排泄物をインク代わりにすることで、「手記」を綴る(エンデ『はてしない物語』の現実世界とファンタージエンの書き分けみたいだな、と油断しているとガツンと犯られるぜ)。この「手記」がどういう代物かは、ずっと後の時代の読み手から、こう知らされる。

その混沌を要約するなら、決してはじまらず、決して終わらない物語を読んでいるような感じだった。変幻する景色を映し出す、魅惑的な万華鏡をのぞいているような感じ―――風変わりで、ときにもどかしく、ときにうっとりするような体験だが、良質の本がそうであるべきように、単純明快なものではまったくない。

 まさにその通り。決して尽きず、終わることを物語は拒否する。というのも、本を開くたび、記憶のない事柄が出てきたり、以前読んだときに見落としていた注釈に出会ったり、くっついていた頁を引き剥がすと、全く別の観点をもたらすエピソードが描かれているからだ。

黄金時代 ここは、ミハル・アイヴァス『黄金時代』に出てくる奇妙な「本」を思い出す[レビュー]。ある島にある一冊しかない本で、その島に他の本はないため、単に「本」と呼ばれている。島民のあいだで回し読みされ、読み手が書き手になり物語を重ね書いたり、自らの着想や注釈を加えたり、気に入らなければ破いたりする。余白が無くなると、手元の紙、布、皮に書き、貼り付ける。手から手へ渡るたび、本は膨らんだり萎んだりする。物理的な挿入・更新・削除が繰り返される、いわば代謝する「本」なのだ。この「本」を、特定の言語文化における記憶や知識のメタファーとしても面白いし、もっと拡張して人類のそれにしてしまってもいい。

 他にも、これまで読んできた/観てきたさまざまな記憶が響きはじめる。たとえば、コーマック・マッカーシー『ブラッド・メリディアン』の途方もない絶望や、コッポラ『地獄の黙示録』の王になろうとした男、ガルシア=マルケス『百年の孤独』の、めくるめく収束するイメージが明滅する。読むたびに開くたびに、美しいおぞましい切ない思い出が、刺激され開発され掘削される。本を開く人によって(あるいはページを開く度に)、それぞれの(さまざまな)フィクションの記憶が甦る。

 ひょっとすると著者は、これらを知らないかもしれない。だが、言葉が続く限り、人から人へ伝えられる「お話」が、改変され追随され再編されていくうち、ここに重なっていたとしても不思議ではない。『グールド魚類画帖』は、そんな再読性、代謝性を持っている。

 これはuporekeさんの[2015年のベスト ]のおかげ、ありがとうございます。知ってはいたけれど「ジェットコースター小説」と言われたら手にしないわけにはいけませんな。早い段階で傑作だと分かったので、ブレーキかけまくりだったけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人生を変えたゲームと、ゲームが変えた人生───スゴ本オフ「ゲーム!」

 好きな本を持ちよって、まったり熱く語り合うスゴ本オフ。読書会なのにいい汗かいた。ふだん使わない脳筋も、たっぷり働いてもらいましたな。

 というのも、今回のテーマは「ゲーム!」だから。ゲームにまつわるお薦め本や音楽や映像、そしてゲームそのものを持ちよって、その面白さ・中毒性を語り合う―――だけでなく、持ってきたゲームで遊ぼうという「読書会」だったから。

Game01

 そのゲームも、『ウミガメのスープ』のような推理ゲームだったり、「ぷよぷよ」のような携帯ゲーム、ドミノやオセロのようなボードゲームも種々様々。カードゲーム「ニムト」で脳筋を酷使したり、Wii「ハッピーダンスコレクション」でへとへとになるまで踊ったり。ブックトークといい、ゲームといい、大人が本気で遊ぶ場でしたな。

Game04

Game05

 twitter実況のまとめは[人生を台無し or 激変させるドはまりゲーム『Fallout』『アサシンクリード 』から究極の意地悪クイズ『ウミガメのスープ』ギャンブラーのバイブル『金と銀』などスゴ本オフ「ゲーム!」まとめ]を見ていただくとして、ここではいくつかピックアップして、紹介された作品を並べてみよう。

fallout4 わたしが紹介したのは『Fallout3』と『Fallout4』。ポストアポカリプスの世界を生き抜く、ロールプレイングゲームだ。「発売日は犯罪数が激減」とか「ハマりすぎて妻子と仕事を失った」とか伝説を更新する曰くつきでもある。レトロフューチャーで「いかにも冷戦」な設定と、放射性降下物質(fallout)の恐怖と隣り合わせの世界は、新しいのに懐かしい。いわゆる「オープンワールド」で、主人公はどこへ行ってもいいし、何をしても(どんな非倫理的な行為をしても)いい、なんでもありの全部入り。

Game02

 『Fallout3』の目的が「父を探す子の物語」であるのに対し、『Fallout4』が「子を探す親の物語」であるのが意味深い。あと一手で決定的な状態になることは分かっているのだが、「終わらせたくない」「もっと浸っていたい」の一心で、メインクエストをわざと後回しにしている。安全に、完全に、狂人になれる世界は、わたしにとって結構重要。

Game03

この世でいちばん大事なカネの話 ササキさんご紹介の、『この世でいちばん大事なカネの話』(西原理恵子)は教わるところが多かった。どこの親も悩ませる、「子どもとゲームの関係」への解の一つとして、「カネの話」がある。ゲームの世界での「カネ」に溺れるあまり、金銭感覚が麻痺することが最も恐ろしい。それを学んでもらうため、「ゲームのし過ぎでお金がなくなってしまった」リアルの恐怖を本書で知るのだ。わたしも、子どもに薦めよう。「マネーゲーム=人生ゲーム」という本質の半分でも子どもに伝えられればいいな。

ゲーム理論の思考法 着想がユニークなのが、みかん星人さんのご紹介。今年の大学入試センター試験「倫理・政経」の第3問を持ってきたのだ。というのも、囚人のジレンマがテーマだから。そういえば、問題文が変だと物言いをつける「識者」がネットに湧いたなぁ。二つの利益が相反する際、どうやって「落としどころ」を探っていくか? という状況なのだが、キューバ危機を空目するという指摘が面白い。そこからナッシュ均衡を語った川西諭『ゲーム理論の思考法』の紹介につながる。センター試験もそうだし、キューバ危機も然りだけれど、1回だけのゲームは、理論が成り立つか微妙かもしれぬ。なぜなら、理論が成立するための安定的な均衡状態(もしくは一定の式で示せる遷移)は、「1回だけ」では導けないから。

かがみの国のアリス パッケージの勝利ともいえるのが、角川つばさ文庫『新訳 かがみの国のアリス』だね。わたしの頭の中の「アリス像」にぴったりの姿が表紙になっている。チェスの棋譜がそのままストーリーラインの隠喩になるメタ構造が面白い、いわば「ゲーム小説」の古典とのこと。アリスはポーン(歩兵)として扱われ、一番上の列に達するとクイーンに「成る」。そこには、いずれ大人になるアリスへの決別の意味が潜んでおり、泣き所の一つだという。これは、この角川つばさ文庫のパッケージで読みたい。

Game06

 紹介された作品は以下の通り。あっという間の6時間でしたな。泊りがけでブックトーク漫談したり、徹夜でゲームしたいね。次回は「音楽」がテーマ、詳しくは[facebookスゴ本オフ]をご覧あれ。

■サバイバルゲーム
 『エンダーのゲーム』オースン・スコット・カード(ハヤカワ文庫)
 『All You Need Is Kill』桜坂洋(集英社スーパーダッシュ文庫)
 『クリムゾンの迷宮』貴志祐介(角川ホラー文庫)
 『ダークゾーン』貴志祐介(祥伝社文庫)
 『マリア・ビートル』伊坂幸太郎(角川文庫)
 『デニーロ・ゲーム』ラウィ・ハージ(白水社)
 『韃靼タイフーン』安彦良和(MFコミックス)
 『時のアラベスク』服部まゆみ(角川文庫)

■マネーゲーム
 『海賊の経済学』ピーター・T・リーソン(エヌティティ出版)
 『女騎士、経理になる。マンガ第1話コピー版』Rootport(幻冬舎)
 『マネーの進化史』ニーアル・ファーガソン(ハヤカワ文庫)
 『この世でいちばん大事なカネの話』西原理恵子(角川文庫)
 『狼と香辛料』支倉凍砂(電撃文庫)
 『銀と金』福本伸行(双葉社)

■スポーツゲーム
 『甦る全日本女子バレー』吉井妙子(日本経済新聞社)

■ラブゲーム
 『クロバス・カレシ』カレシシリーズ同人アンソロジー
 『カレシ・レシピ』環方このみ(ちゃおコミックス)

■ゲームの本、本のゲーム
 『ウミガメのスープ』ポール・スローン(エクスナレッジ)
 『へんな生きものへんな生きざま』早川いくを(エクスナレッ ジ)
 『へんな生きもの』早川いくを(エクスナレッジ)
 「へんな生きもの」展 サンシャイン水族館
 『失敗すれば即終了! 日本の若者がとるべき生存戦略』Rootport(晶文社)
 『新訳 かがみの国のアリス』ルイス・キャロル(角川つばさ文庫)
 『ゲーミフィケーション ゲームがビジネスを変える』井上明人(出版)
 『ドラえもん科学ワールド 失われた動物と恐竜たち』(小学館)
 『ゲーム理論の思考法』川西諭(中経の文庫)
 『妖怪ウォッチともだちまるごとファンブック』別冊コロコロ(小学館)
 『妖怪ウォッチBUSTERS 完全攻略本』(小学館)
 『ゲーマーはもっと経営者を目指すべき!』川上量生(KADOKAWA)
 大学入試センター試験2016「倫理・政経」第3問

■音楽のゲーム、映像のゲーム
 『ライフ・イズ・ビューティフル』ロベルト・ベニーニ監督
 『ファニーゲーム U.S.A.』ミヒャエル・ハネケ監督
 『ビデオゲーム the Movie』[youtube]
 『ATARI GAME OVER』[youtube]
 『Diggin' in the Carts』[URL]
 『GAME』Perfume

■ビデオゲーム
 『Portal2』(Valve Software)
 『ハッピーダンスコレクション』namco/Wii
 『大神 絶景版』playstation3
 『メタルギア・ソリッド』playstation3
 『アサシンクリード・シリーズ』playstation3
 『Fallout 4』playstation4
 『Fallout 3』xbox360
 『スペース・インベーダー』(日本科学館)[URL]

■スマホゲーム
 『Lifeline』(3Minute Games,LLC)
 『Deemo』(Rayark International Limited)
 『猫あつめ』

■リアルゲーム(ボードゲームやカードゲーム)
 ブロックス
 ドミノ
 ニムト
 絵合わせ「Kinder memory」
 オセロ(リバーシ)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2016年1月17日 - 2016年1月23日 | トップページ | 2016年2月7日 - 2016年2月13日 »