« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »

恐怖を科学する『コワイの認知科学』

 怖いとは何か? 怖さを感じているとき、何が起こっているのかを、脳内メカニズム、進化生物学、発達心理学、遺伝子多様性からのアプローチで概観した好著。

 喜びや悲しみ、怒りなど、人の心は様々な情動に彩られている。なかでも「恐怖」は根源的なものであり、より生理的に近いように思える。怖いものをコワイと感じるから、危険や脅威から身を守り、生き残れてきたのだから。こうした漠然とした認識に、科学的な知見を与えてくれるのが本書だ。「怖いもの」に対する脳内での反応や、恐怖の生得説・経験説の議論、怖さの種類や抑制メカニズムを、研究成果を交えながら解説してくれる。

 たとえば、「ヘビはなぜ怖いのか?」の研究が面白い。もちろん、ヘビ大好きという人もいるにはいる。だが、一般にヘビは「怖い」ものと嫌われている。

 いきなり「なぜ(why)」と問いかけると、聖書の原罪における役割や、ヤマタノオロチ伝説など、文化や哲学のアプローチになる。本書では、「どのように(how)」という切り口で、ヘビを見たときに脳内で起きていること、ヘビの何に反応しているか、幼児/赤ちゃん/サルでもヘビを嫌うのかといった研究を紹介する。そして、how から得られた成果から考えられる why への仮説を説明する。

 結論から述べると、人やサルは、自然環境の中でヘビの姿をいち早く見つけることができる(視床枕に縞模様によく反応する神経細胞がある事実とも合う)。そして人は、ヘビのあの縞模様に、本質的な怖さを感じるという。これは、長いあいだ樹上生活を送っていたヒトやサルの祖先の天敵としてはヘビしかいなかったからだという。

 そして、ヘビへの恐怖は生得的なものであり、進化の産物だと主張している。一度も噛まれたことがないのに、ヘビを怖がるのはなぜか? この疑問に対し、マーティン・セリグマンが提唱した「準備性(preparedness)」の概念を紹介する。あるもの(ここではヘビ)が、無条件に恐怖を引き起こすように生まれつき決定されているというのだ。

 これは、「怖いからコワイ」という循環論に陥るのではと思うのだが、バランスを考慮してか、学習による恐怖も扱われている。人工的な環境で生まれ育ち、ヘビを一度も見たこともないサルは、ヘビを怖がらない。にもかかわらず、見たこともないヘビを異質なものとして発見する視覚システムは有している。そして、ヘビを怖がる仲間のサルの様子をみると、ヘビを怖がるようになるというのだ。同様に考えるなら、自分が噛まれたこともないヘビを怖いと思うのは、神話や物語を介した代理学習の結果だともいえる(ヘビの"怖がり度"が文化によって異なるのはそのせい)。

 他にも、怒り顔に素早く反応するのは、「怒っている人には社会的に服従しようとするシステム」が働くメカニズムを分析したり、「幼少時の虐待が、恐怖の抑制機能を弱める」といった報告を紹介する。携帯電話を持たずに外出したときの恐怖である nomophobia (ノモフォビア、no mobile phone phobia)の研究は面白かった。

恐怖の哲学 「どのように(how)」恐怖を感じるかという、恐怖の科学的なメカニズムを理解するうえで、『コワイの認知科学』は良い入門書だと思う。一方、「なぜ(why)」恐怖を感じるのかについては、哲学的なアプローチとして『恐怖の哲学』がいい。ホラー映画を手掛かりに、情動と意識の問題を紐解き、認知科学の知見も踏まえて心の哲学の本質に迫る。あわせてどうぞ。

 恐怖が分かると、人間が見えてくる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

女子高生の身体と入れ替わる夢を見る方法『よく眠るための科学が教える10の秘密』

 現実が辛いなら夢に限る。ここでは、『よく眠るための科学が教える10の秘密』にある、好きな夢を見る方法をご紹介。

 どんな夢でもいい。いきなり空飛ぶ夢でも、ひたすら寿司食う夢でも、女子高生の身体と入れ替わる夢でも、お気に召すまま。ただし、ご注意いただきたいのは、あくまで見たい夢を見る方法であって、「夢の中で女子高生と入れ替わる方法」ではないこと。夢と現実を取り違えるなかれ。

 人は毎晩夢を見る。だが、どんな夢だったか忘れてしまっていることがほとんどだ。たまに、夢の中身を覚えていたり、夢の「続き」を見ることがある。ひょっとすると、夢の中で「これは夢だ、私は夢を見ている」と自覚していることがあるかもしれない。この、“夢であることが自覚された夢”のことを明晰夢(めいせきむ、Lucid dreaming)という。

 明晰夢を見るメカニズムには、海馬と前頭葉が深く関わっている。海馬は空間認識や短期記憶、前頭葉は思考や意識・長期記憶を司っている。覚醒時に得られた情報を整理し記憶するプロセスが「夢」であり、なかでも明晰夢は、前頭葉が半覚醒状態のときに見るものだと考えられている。

 では、明晰夢を見るにはどうすればよいか? 映画『インセプション』では、主人公が「外側から」眠っている人の無意識に入り込むことで夢を操作した。いっぽう本書では、スティーヴン・ラバージやターダス・シュタンブリスの研究に基づき、眠る人自身が「内側から」夢を作り出す方法を紹介している。

日中にすること:時計の針を読む。毎日5-10回時計を見て、文字盤を正確に把握する。「時計観察」を習慣づけることで、夢の中でも実行し始める。次に、理想的な明晰夢を思い描く。毎日5分ほど横になり目を閉じて、夢の中でしたいこと、会いたい人を思い描き、想像の世界を膨らませる。

ベッドに入った後:枕元に紙とペンを用意し、「夢が終わったら目を覚まそう」「夢の内容を思い出そう」と暗示をかける。実際に見たら、(明晰夢であろうとなかろうと)内容を書き出す。その後、「これから自分は夢に戻る」と言い聞かせる。目覚まし時計をセットして、いつもより1時間早起きする。目が覚めたら、頭に浮かんだものをメモしたりして30分ほど過ごし、また眠り直す(睡眠の中断)。

明晰夢を見たとき:いま見ている夢が明晰夢かどうかを判断するためには、鏡を見る(あいまいな影しか映らない)、明かりを消す(光の明るさが変わらない)、時計を見る(見えにくい)などの方法を試みる。自分が明晰夢を見ていることに気付いた興奮で、夢を途切れさせてしまうことがあるが、リラックスした状態を保つように。明晰夢が終わりかけたら、手をこすり合わせたり、体を回転させたりすると、戻ることができる場合が多い。

 まとめると、レム睡眠時間帯を狙い、自己暗示をかけ続けることで明晰夢に近づくことができる。昔わたしが実践したのが、[好きな夢を見るための10の方法]だ。訓練のおかげで好きな夢を見ている。女子高生と身体が入れ替わる夢も見たが、創造力(想像力?)が足りないのか、あれこれ触るくらいで飽きた(快楽天のほうが想像力豊かだ)。わたしのお気に入りは、「構造的な夢」と呼んでいる。ポンピドゥー・センターや地下鉄渋谷駅、スペースマウンテンなどの巨大で複雑な建造物の内部を、同時・複数視点で探索する。

 『よく眠るための科学が教える10の秘密』は、睡眠に関する研究成果を紹介しつつ、眠りのメカニズムや熟睡のためのノウハウ、時差ボケ解消の方法といった眠りのトリビアを解説している。このテの話に興味がある人なら、知っている話も多かろう。

 たとえば、目覚めを爽やかにするには、睡眠時間を90分の倍数にするとか(眠りのサイクルは90分)。睡眠学習よりも眠る直前の学習の方が記憶の定着率が高いとか(短期記憶から長期記憶への移行は寝ているとき)。一日のうち1/4を寝ているということは、一生の1/4を眠っていることになる。眠りを改善することで、1/4生を良くすることができる。

 よい眠りで、よい人生を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

極上の犯罪小説『熊と踊れ』

 Q:なぜ熊に勝ったという証言ばかりなの?
 A:負けた奴は皆死んだ

 ニュースで聞く「ばったり熊と出遭ったが撃退した」という武勇伝は盛っており、実は警戒した熊が逃げたのではないかと踏んでいる。人と熊が闘ったら、勝てるわけがない。ところが『熊と踊れ』では、熊に勝つための方法が伝授される。

これはな……熊のダンスだ、レオ。いちばんでかい熊を狙って、そいつの鼻面を殴ってやれば、ほかの連中は逃げ出す。ステップを踏んで、殴る。ステップを踏んで、殴る! たいしたパンチに見えなくても、何度もやられれば相手は疲れてくる。混乱して、不安になってくる。ちゃんとステップを踏んで、ちゃんとパンチを命中させれば、おまえは熊にだって勝てる!

 もちろん、「熊」は敵のメタファーだ。暴力で解決する「敵」と、どのように闘うか。力技だけでは勝てない。ヒット&アウェイを繰り返し、攻撃を集中・分散させれば、強大な敵でも倒せる。いじめられた息子を鍛えるため、父から伝えられる、暴力の扱い方だ。母を殴る父を見ながら育った三人の兄弟は、やがて暴力をコントロールする術を身につける。軍の倉庫から大量の銃火器を盗み出し、完全武装した上で銀行強盗を企てる。このとき、「熊」は警察のメタファーとなる。

 生々しいのは、恐怖だ。“過剰な暴力”を振るう人の恐怖が、ほかに逃げ場のない強烈な悪臭となって、毛穴からにじみ出てくる。彼のこの体臭―――恐怖そのものが鼻に刺さるようにリアルだ。たいていの小説家は光景や音声を描写しようとするが、本書では上手いタイミングで嗅覚が刺激される。というのも、人が自分の臭いに気づくのは、我に返る瞬間だから。緊張の只中から冷静さを取り戻し、暴力をコントロールできる状態になるとき、自分の酷い臭いに気づく。すなわち、自分の悪臭に自覚的になるということは、いま直面している恐怖に自覚的になるということなのだ。

 さらにリアルにしているのは、カットだ。長くて一分間、短いと数秒の複数のシーンを重ねてくる。この演出のおかげで、追うものと追われるもの、暴力に満ちた過去と、暴力に満ちた現在が次々とつながり、ほとんど飛ぶように奔っていく。読み手は、振り落とされないように追うしかない。耳をふさぎたくなる悲鳴や、胸が裂かれるような痛みに苛まれつつ、読むことをやめられなくなる。

 畳みかけるカットバックの中、“過剰な暴力”が制御不能となり、内側から蝕んでいく様子が、まるでスローモーションのように垣間見える。リーダーのレオの心が(描写とは裏腹に)飲み込まれていくのがわかる。

 年齢が近いせいなのか、レオに人の殴り方を教える父親に共感する。そして、自分の中にそんな暴力性があることに気付かされて、愕然となる。欲しいものを手に入れるために、他人を支配するために、ためらうことなく拳を振るう父親像を眩しく思い、そんな自分に吐き気を感じる。と同時に、わたしの内側からにじみ出ている恐怖の臭いに自覚的になる。

 熊を相手にして、勝てるわけがない。熊は、闘うのではない。ステップを踏んで、殴る。ステップを踏んで、殴る。暴力と恐怖を抱えながら、ともに踊る相手なのだ。前代未聞の展開に仰天しながら、次はどうなる?  彼はどうする? 夢中になってページを繰っているうちに朝になる。

 今年のピカイチ・ミステリ。明日の予定のない夜にどうぞ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月4日 - 2016年9月10日 | トップページ | 2016年9月18日 - 2016年9月24日 »