« 2016年7月24日 - 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »

本を読まずに文学する『遠読』

 司馬遼太郎の『峠』に、「彫るように読む」という表現が出てくる。越後長岡藩家老・河井継之助の読書スタイルだ。一画一字、目に刻みつけるように読むやりかたで、わたしの知る限り、本との距離が最も近い精読(close reading)である。原典とゼロ距離で向き合い、くりかえし味読・咀嚼し、心胆を練るような読書だ。

 遠読(distant reading)は、その対立概念になる。著者の造語で、「野心的な読みはテクストからの距離に正比例する」と焚きつける。著者はフランコ・モレッティ、スタンフォード大学文学部教授でマルチリンガルで、ゴリゴリの文学読みで、膨大な文献を背景に煽ってくる。

 つまりこうだ、いわゆるカノン(正典)を精読するだけで世界文学を語るには限界がある。コンピュータや統計手法を用いたデータ解析を行い、文学を自然科学や社会学のモデルでとらえ直すことができないか。そこでは、本との距離こそが知を得る条件であり、もっと大きい単位に焦点を合わせ、技巧やテーマ、ジャンルや文彩を「本」という単位から離れてみるのだ。これにより、テクスト自体が消えてしまうことだってありうる。それでいいんだと。「テクストをいかに読めばいいかは分かっている、さあ、いかにテクストを読まないか学ぼうではないか」

 読者や同業者を挑発してくる姿勢がたいへん面白い。だが、炎上上等の書きっぷりなので、こちらも便乗して批判的に読んでしまう。

 たとえば、シャーロック・ホームズの研究。進化論の適者生存をなぞらえ、「ある作品が正典(カノン)として残るのはなぜか?」を分析する。生き残る作品・消える作品の違いを、ホームズと同時期に書かれた大量のミステリーを読むことで解き明かす試みだ。これ、試みとしてはすごく面白いが、発想が文学部から一歩も出てないため、アプローチが限定的となっている。

 なぜなら、ホームズが始まってから最初の10年分の『ストランド・マガジン』にある他の短編ミステリー160作品を読み、「ホームズといかに形式的に異なっているか?」しか見てないから。具体的には以下の二分岐条件に落とし込み、最終的にホームズが生き残るツリーを描く。

 条件1:手がかりの有無
 条件2:手がかりの必要性
 条件3:目に見える(予め読者に与えられている)
 条件4:解読可能

 ホームズの人気を決定的にしたものを、作品の内部にしか(それも形式主義的な観点からしか)求めていない。読者の嗜好、市場の動向、出版社や著者のマーケティング、人口動態といった外的・環境的要因がごっそり抜けている。「生き残ったテクストはライバルたちよりも形式的・象徴的に環境に適していたのである」結論にしたい気持ちは分かるが、ホームズの作品に適うような形式的分析しかできないなら、生存バイアスそのものやね。形式主義にこだわる様は、深夜に街灯の下で鍵を探す話を思い出す。

 進化論を文学に適用したいのなら、形質(形式)だけに注目するのではなく、環境(市場)も併せて分析する必要があるかと。たとえば、同時期の大ベストセラーなのにカノンとして扱われなかったシュウエル『黒馬物語』やハガード『洞窟の女王』の理由を、形式的な視点から比較してみると面白いかも。

 また、ウォーラーステインの世界システム理論をモデルに、中心から半周辺、周辺へと文学の形式が伝播していく様を論じている。それぞれの境界でプロットは中心(=西欧)、素材は周辺(=それ以外)の作品が生まれ、その構造的不和(生焼けの小説)が新しいダイナミズムをもたらすと主張する。西欧中心主義が鼻につくが、市場の圧力は消費だけでなく生産も形作り、小説の形式自体を変えてしまうという指摘は正しい。翻訳小説のプロットをモデリングして、形態学的視点から外国文学の影響を分析すると面白そうだ。

 さらに、ネットワーク理論をシェイクスピアの作品に援用し、登場人物のネットワーク図から『ハムレット』をクラスター化する試みをする。キャラクター相関図は見慣れているが、「どこまで外したら"ハムレット"でなくなるか?」という仮説であれこれ人物を消していくのはスリリングだった。これは『ハムレット』を精読し、ハムレットの中にいると決して見えない「読書」だろう。

 進化論や世界システム理論、パラダイムシフトといった「モデル」を文学に適用する試みは、とても刺激的だ。著者はテキストからの「距離」を強調するが、これは、『読んでいない本について堂々と語る方法』と同じだ。本を読むとは、そこに現れるテクストを理解/追体験するのみならず、その本について語れることも求められる。

 普通の文学者なら、一定量のカノンをそれこそ彫るように読んだ上で、「その本」がカノンの配置図の中で相対的にどの位置づけになるかを語る。だが、一筋縄でいかない文学者なら、「その本」の配置図を、進化論や世界システム理論など、別のモデルに置き換えてしまう。置き換えたモデルの中で「その本」について語れるのなら、もはや「その本」を読んでいる必要などない。むしろ新たなモデルの位置づけを惑わせないために、テクストそのものは邪魔になってしまうかもしれぬ。もちろんこれは、極端な話だが、そいつを大真面目にやってしまったのが、『遠読』なのだ。

 本を読まずに文学する遊び方が詰まった一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『野性の知能』はスゴ本

 大失敗したことがある。それは、ドーキンス『利己的な遺伝子』の「利己的」を誤解していたことだ。

 タイトルから「利己的な遺伝子がいて、そいつが生物の行動を決定する」と思い込んでいたが、これは誤りだ。この本でドーキンスが言いたかったのは、生物の行動様式を説明する際、遺伝子の自己複製というレベルからだと整合的に理解できるということ。「利己的な遺伝子」は説明のために擬人化されたメタファーにすぎない。分かりやすくするための擬人化の罠の顛末は[分かりやすさという罠『利己的な遺伝子』]で曝露しているので、教訓とされたし。

 『野性の知能』は、擬人化の罠に囚われていないか問いかける。動物を観察する際、ヒトに似た属性の有無を探し、ヒトの基準で動物の行動を評価する。何かヒトに似た行動を取ったとしても、その行動を生んだ根源的なメカニズムまでがヒトと同じとは限らない。それぞれ異なる身体と神経系をもち、それぞれ異なる生息環境で生きているため、同じ行動原理であると考えるほうに無理がある。擬人化に偏って仮説を構築しようとすると、検証できる範囲が限定されてしまう。この擬人化のバイアスから離れると、動物はコストパフォーマンスの最も良い形で世界を「知覚」していることが分かる。

 たとえば、クモやコオロギの一見「賢い」迂回行動や求愛行動が、いかにシンプルなルールに則っているかが明らかにされる。さらに、お片づけロボットやルンバの行動原理を解説し、部屋の間取りや形状がプログラムされることなしに「認知」できてしまう理由を解き明かす。傍から見ていると、あたかも「認知」「記憶」「判断」した上で行動しているかのように思えるのだが、それはヒトの大きな脳に囚われているから。大きな脳のない動物やシンプルなロボットでも、身体と環境に「認知」「記憶」「判断」を肩代わりさせることで、(ヒトの目から見て知的な)活動が可能となっているという。

 認知プロセスを脳だけではなく、生体と環境全体まで含めて考えることで、認知科学に対するわたしの視界が一気に広がる。「培養水槽の中の脳」のメタファーに囚われ、皮膚の内側と外側にあるものを隔てる恣意的な境界を抜け出ると、驚くほど見晴らしがよくなる。

 目から鱗だったのが、「顔」の判断だ。ヒトの脳には、顔や顔に似た形状の処理に高度に特化した領域があり、紡錘状回顔領域(FFA:fusiform face area)と呼ばれることは聞きかじっていた。人の顔を識別する能力が優れていたり、雲や壁紙が人の顔に見えてしまうのは、この領域のおかげだと考えていた。

 しかし、本書によると、この領域は顔認識に特化しているわけではないという研究もある。この領域は、ヒトの種ではなく、個体レベルでの認識をする必要がある刺激に対して特化するという。たとえば、車種や鳥の種類を識別する専門家は、ヒトの顔だけでなく車や鳥を見ても、この領域が賦活する。つまり、この領域は「融通の利く紡錘状回」であって、「顔」はたまたま、ヒトが個体レベルで特徴を見わける必要のある、一般的な刺激にすぎぬという見解である。

 そして、新生児にとって顔や顔に似た形状に対し、特別な関心を向ける研究が紹介される。進化の観点から言うなら、高度に特化した顔認識メカニズムを備えた脳を、生まれるまでに発達させておくなどムダでしかない(ただでさえ大きな頭は出生の妨げとなる)。基本的な顔認識メカニズムに留めておいて、後の仕上げは環境の中にある顔に任せてしまうほうが、費用対効果が高い。赤ん坊にとって、顔に絶えずしっかりと曝されているということは、常に見守られているということだから、必ず報われる。赤ん坊がヒトの顔を見つめるというのは、期待-報酬行動であると同時に、環境に肩代わりさせた「顔」という情報から顔認識メカニズムを形成させる認知活動でもある。「顔」は特別であって特別でない存在なのだ。

 顔認識メカニズムの他に、知覚と理解とは、メタファーと経験のフィードバックループで構築されたパターンを通じて世界を追認識する行為だと喝破したG.レイコフの事例が紹介される。私たちが用いるメタファーは自分の身体動作に根ざしているという研究は[レトリックと人生]で興味深いと思っていたが、人間が有する最も抽象的な概念的知識、すなわち数学の知識さえ、突き詰めれば環境への身体の対処の仕方に基づいている、とまでいう研究者が紹介される(もちろんレイコフ『数学の認知科学』なり!)。すごいなり。これがもし本当なら、これまでヒトが持ちえた膨大な知識は、ヒトならではの身体の構造に左右されることになる。これは真の意味で客観的な真実と言えるのか!?と哲学的な問題に突入する。この人間主義の視点は[科学するブッダ]で大興奮したテーマなり。

 ユクスキュルの環世界、ギブスンのアフォーダンスから始まって、こんな深いところまで行けるのが楽しい。ヴィトゲンシュタインはかつて、「人は眼鏡越しに見えるものと眼鏡そのものを同時に見ることはできないと指摘したそうな。それと同じ、神経系と身体は世界に組み込まれている一要素であって、どんな生物であれ、世界をあるがままに「見る」ことはできない。ただ、それぞれに固有なやり方で経験するだけなのだ。

 世界に「存在する」には様々な方法がある。自分の身体ひっくるめて、世界を拡張する一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年7月24日 - 2016年7月30日 | トップページ | 2016年8月7日 - 2016年8月13日 »