« 人工知能=科学∩技術∩哲学『人工知能のための哲学塾』 | トップページ | 水樹奈々に寝かしつけてもらう『おやすみ、ロジャー』 »

『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』はスゴ本

 「役に立たない人を安楽死させよう」という世の中になるなら、それはどんなプロセスを経るか?

 これが、嫌と言うほど書いてある。ヒトラーの秘密命令書から始まったT4作戦[Wikipedia]を中心に、医師が「生きるに値しない」と選別・抹殺していった歴史が緻密に書かれている。

 対象となった人は多岐に渡る。うつ病、知的障害、小人症、てんかんに始まり、性的錯誤、アル中、反社会的行動も含まれていた。こうした人びとが何万人も、ガス室に送られ、効率的に殺されていった。ユダヤ人の迫害にばかり目が行っていて、本書を読むまで、ほとんど知らなかった自分を恥じる。本書は、不治の精神病者はガス室へ『夜と霧の隅で』で教えていただいた(hachiro86さん、ありがとうございます)。

 問題は、ナチスに限らないところ。優生学をナチスに押し付け断罪することで、「消滅した」という図式にならない。社会システム化された「安楽死」(というより集団殺人)は、びっくりするほどありふれて見えて、そこだけ切って読むならば、ディストピア小説の一編のようだ。ハンナ・アレントが観察した、「悪の陳腐さ」そのもの。

 著者は主張する。欧米社会では伝統的に障害者を医療の枠でとらえ、「決して回復しない病人」とみなしてきた。異なるものへの恐れ、病人や障害者の持つ弱さへの憎しみ、完璧な健康、完璧な肉体への異常な衝動は、もともとそこにあり、ナチスドイツはこの闇を白日のもとにさらしたにすぎないというのだ。

 確かにこの計画は、ヒトラーが承認し、第三帝国の下で実行されたのは事実だ。だが、計画を生みだしたのは医者であり、遺伝学や生理学の権威が、科学的正当性のもとで推進したものだ。そこには、「善意」すらあったという。リハビリ可能なものはリハビリで「治癒」し、「治癒不能」なものを抹殺することで、民族の浄化に貢献すると信じていた。

 ヒトラーが署名したのは、治癒不能の重い病気を抱える患者に対し、十分慎重な診察のもと、安楽死がもたらされるよう、特定の医師の権限を拡大する命令書だ。当初は、苦しみから解放するという建前だった。社会の幸福のため、科学的正当性のもと、社会を合理化しようとしたというのだ。結果として狂気の沙汰が生まれたからといって、始めた人は狂人とは限らぬ。その見極めはどうすればできるのか?

 ひとつの斬り口として、「健康」というマジックワードが挙げられる。

 戦力増強という目的があったものの、ナチスほど国民の「健康」に執着した組織はなかったという。タバコとアルコールの追放運動を大々的に行い、飲酒運転には高額な罰金を課した。結核の早期発見のためのX線検査、学校での歯科検診、身体検査を制度化したという。全国的なキャンペーンが行われ、栄養のある食事、運動、新鮮な空気、適切な休養が啓発された。決められた「健康」を満たせない者は「役に立たない」とみなされる。つまり国民は、「健康」を強要されたのだ。

 もちろん「健康」であることは望ましい。だが、「健康」を決めるのは医者だというのは少し変だ。そして、「健康」でない人は排除すべしという考えは全くおかしい。健康ジャンキーを揶揄する「健康のためなら死んでもいい」言葉があるが、ブーヘンヴァルト収容所の所長のこの言葉も負けず劣らず強烈だ「うちの収容所に病人は一人もいない。健康な人と死人だけだ」。そして、「健康か否か」の線引きが医者にのみ委ねられ、「健康か死か」という二択しかないのであれば、それは狂気の沙汰にしか見えない。

 「健康」は、一見、中立的な善に見える。誰だって病や苦痛を避けたいから、健康に異を唱える人などいない。だが、誰も反対しないからこそ、「健康」をレトリックとして、先入観を押し付けることができる(この場合は第三帝国のイデオロギーだ)。

 このレトリックは、第三帝国が無くなっても感じることができる。若々しい男女や、はつらつとしたお年寄りが宣伝する、「健康食品」や「健康的な体」というメッセージの背後にある、「健康への強迫観念」を、確かに感じることができる。

 「健康」の背後にあるモラル的な風潮をあぶりだしたレポートとして、『不健康は悪なのか』がある。ヘルスケア用語に隠された肥満嫌悪や、「ポジティブであり続けること」を強要される癌患者、新薬を売るために創出される精神疾患など、「健康」という言葉に隠されたイデオロギーが、グロテスクなまでに暴かれる。「不健康な人は排除される」世の中が来るのなら、その途中経過はここにある。

|

« 人工知能=科学∩技術∩哲学『人工知能のための哲学塾』 | トップページ | 水樹奈々に寝かしつけてもらう『おやすみ、ロジャー』 »

コメント

Dain様

hachiro86です。
お読みいただき嬉しいです。レビューもすばらしいです。私はまだ、北杜夫読めてません。

特にゾッとしたのが、次のくだり。
「タバコとアルコールの追放運動を大々的に行い、飲酒運転には高額な罰金を課した。結核の早期発見のためのX線検査、学校での歯科検診、身体検査を制度化したという。全国的なキャンペーンが行われ、栄養のある食事、運動、新鮮な空気、適切な休養が啓発された」

ええと……これって、現代の日本のことですか?

投稿: hachiro86 | 2016.10.20 21:59

>>hachiro86さん

ありがとうございます!
教えていただかなければ、一生知らなかった一冊です。まさに、わたしが知らないスゴ本は、hachiro86さんが読んでいたというやつです。
本書はナチスを告発するものですが、随所に見える「既視感」は、決してナチスだけのものではないと思います。問題は、「ナチスの所業」というレッテルを貼って歴史に沈めることでしょう。歴史から学ばない者は、繰り返すという罰が与えられます。そうならないために、新しい本として読み直すつもりです。

投稿: Dain | 2016.10.20 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/64375979

この記事へのトラックバック一覧です: 『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』はスゴ本:

« 人工知能=科学∩技術∩哲学『人工知能のための哲学塾』 | トップページ | 水樹奈々に寝かしつけてもらう『おやすみ、ロジャー』 »