« 曼荼羅・パンドラ・反文学『石蹴り遊び』 | トップページ | 私の境界は外に開いている『具体の知能』 »

不治の精神病者はガス室へ『夜と霧の隅で』

 きっかけはこのツイート。

 北杜夫といえば『どくとるマンボウ』や『楡家の人びと』しか読んでいなかったが、こんな重い話を書いていたなんて。しかも、これで芥川賞を受賞していたなんて。hanpozenshinさん、ありがとうございます。

 そして、読んだら頭を殴られた。これは、治る見込みのない精神病患者を「無益な人間」として安楽死(本文では安死術)させる話。知能に障碍を持つ子どもが次々とバスに乗せられる冒頭は、映画そのもの。どこか空想上のディストピアではなく、第二次大戦時のドイツだ。ナチスは「遺伝病子孫防止法」を1933年に制定し、一年間で5万6千を超える遺伝性精神病者の断種手術を遂行する。

 国家による精神病者の安楽死、正気の沙汰とは思えないが、(当時の)科学的に正しいという名のもとに行われていたという。V.E.フランクル『夜と霧』[レビュー]にこうある。ブッヒェンワルト収容所の章だ。『夜と霧』の初版が出たのが1956年なので、冒頭のシーンはここに想を得たのかも。

リムブルクから約八キロのハダマールの小さな町に……ここ数ヵ月、安楽死を組織的に遂行している機関があります。週に数回、このためにかなりの犠牲者を乗せたバスがハダマールに到着しますが、田舎の小学生はこの車の事を知っていて「また殺人箱がやって来た」と申します。

 静謐な文体で淡々と描かれる狂気は、生真面目さを通り越して一種の黒いユーモアさえ感じられる。ナチスから患者を守ろうとする医師が主人公なのだが、彼がやっていることは「正しい」ことなの? と読み手に疑義を抱かせるような書きっぷりが興味深い。

 なぜなら、よかれと思ってやる医師の行動が、次第に常軌を逸してくるから。そのまま穏やかな治療を続けるならば「治る見込みなし」としてガス室に送られてしまう。ならば一か八かの賭けに出て、思い切った施術で患者を救おうとする。電気ショック療法や頚動脈注射、ロボトミーまがいの不慣れな開頭手術を強行し、陰惨な結果を引き起こす。「科学的に正しい」という確信のもとに、患者を「救うため」、結果的に強制収容所での人体実験と変わらないようなことになる。

 次々と失敗する「治療」の中で、ほとんど唯一といっていいほど上手くいっている患者がいる。ユダヤ人の妻をめとった日本人で、彼の不安定な内面を詳細に描くことで読み手に気を持たせ、物語の駆動力とさせている。この日本人といい、医師といい、狂気の中で正気を見分けるのは難しいことを痛感させられる。

 Wikipediaの[ニーメラーの言葉]にも「不治の病の患者」があった。ここに引いておく。

 ニーメラーの言葉

 ナチスが共産主義者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
 私は共産主義者ではなかったから

 彼らが不治の患者を攻撃したとき、私は声をあげなかった
 私は不治の病の患者ではなかったから

 彼らがユダヤ人たちを攻撃したとき、私は声をあげなかった
 私はユダヤ人ではなかったから

 そして、彼らが私を攻撃したとき
 私のために声をあげる者は、誰一人残っていなかった

|

« 曼荼羅・パンドラ・反文学『石蹴り遊び』 | トップページ | 私の境界は外に開いている『具体の知能』 »

コメント

こないだ『ナチスドイツと障害者「安楽死」計画』を読んで衝撃を受けましたが、北杜夫がこのテーマを書いていたことは初めて知りました。読んでみたいです。それにしても、ユダヤ人虐殺に比べて障害者虐殺の知名度がずっと低いのも、一種の差別なのでしょうか。

投稿: hachiro86 | 2016.09.30 22:04

ソーシャルボタンに是非、はてなブックマークをお願いします。

投稿: Dazz | 2016.09.30 23:05

>>Dazz さん

記事の本文の末尾と「お知らせ」の間に、tweetやfacebookボタンと伴に実装されています。

投稿: Dain | 2016.10.01 08:24

>>hachiro86さん

逆にその本は知りませんでした。リンク先のご紹介を読むと、いかに凄まじいことが淡々と(内密に?公然と?)行われていたかが分かります。ぜひ実際に手に取って読みたいです。
教えていただき、ありがとうございます!

投稿: Dain | 2016.10.01 08:25

前略 お久しぶりです。私は一年前のEテレの番組で知った史実で。だから件のフリーアナウンサーの主張も(拝見する前に)、反面教師と気づいていました。ニーメラーの言葉も科学者の伝記で(改めて)知った後だから。草々

投稿: 大塩高志 | 2016.10.01 23:42

>>大塩高志さん

コメントありがとうございます、この事実、ほとんど知らなかった自分が恥ずかしいです。そして、この記事をきっかけに詳しく知ることができてありがたいです。

投稿: Dain | 2016.10.05 22:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/64278650

この記事へのトラックバック一覧です: 不治の精神病者はガス室へ『夜と霧の隅で』:

« 曼荼羅・パンドラ・反文学『石蹴り遊び』 | トップページ | 私の境界は外に開いている『具体の知能』 »