« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »

社会科学と歴史学を統合する『歴史から理論を創造する方法』

歴史から理論を創造する方法 社会科学と歴史学をつなぐ、ユニークな試み。

 野心的なタイトルとは裏腹に、堅実な理論構築を目指した好著。政治学や経済学、社会学の推論と検証の方法をおさらいすると同時に、歴史分析の手法を学べる。これらの学術分野において、論文のテーマ出しをシステマティックに行い、生産性を向上させたい方には、有益なヒントが得られるだろう。

 そして、同じ「社会現象を説明する」学術でも、社会科学と歴史学の間には、深い溝があることを知る。それぞれの分野の書籍から感じていた「差」が、如実に見えてくる。すなわち、一次資料を渉猟して、歴史的新事実を提供する歴史研究者と、それを利用して理論構築を行う社会学者の構図である。さらに、自説に都合良く歴史的事実を取捨選択したがる社会科学者と、蛸壺化された研究対象しか見ようとしない歴史家の双方が、批判されている。

 これを解消し、両者の歩み寄りを促すための方法論が、本書だ。恣意的に事例を選び取る「プロクルーステースの寝台」の問題を回避し、選択バイアスを解消するため、範囲を絞った「事例の全枚挙」という手法を提案する。また、帰納・演繹を乗り越える第三の推論として、アブダクションを紹介する。ジャレド・ダイアモンド『銃・病原菌・鉄』のようなビッグ・ヒストリーには向かないが、戦後日本の外交戦略といった期間・地域・イシューを限定した上で事例を説明する理論構築には良いかも。

 もともと、歴史研究者が明らかにしてきた膨大な事実から、一定のパターンを見いだし、理論で裏付けるのが社会科学者だと考えていた。棲み分けというか役割分担のように感じていたため、歴史学からの理論構築というアプローチは、非常に有用だと思う。しかも、自説に沿う箇所をつまみ食いするやり方を禁じ手としており、適用範囲は限定的となるものの、強い説得力を持つだろう。著者はこの手法の具体例としていくつかサンプルを出してくるが、願わくば実地に適用された論文につながらんことを。

 ずいぶんトシ食ってから、こういう良書に出会うと、少し恨めしく思う。大学のときに出会いたかった……

| | コメント (0) | トラックバック (0)

『絶深海のソラリス』がスゴい

絶深海のソラリス 前半ライト、後半ヘビー、ラスト絶望。帯の「絶望率100%」は伊達じゃない。瞬きどころか、呼吸を忘れて読み耽る。ちがうだろそうじゃないだろ、やめろやめてくれと叫びながら、それでも頁は止まらない。わたしの願いを蹂躙し、物語は容赦なく進む。

 ラノベを読むのは、なかった過去やありたい日常を、妄想で塗りつぶすため。だから、指導教官の主人公が、いろいろ問題を抱える訓練生とイチャコラする前半に、ほのぼのする。表紙の女の子は幼なじみで、犬みたいにすりすりしてくる(いい匂いがする)。それとは別に、キャラ紹介で真っ先に出てくる、クロエという女の子が可愛い。ツンデレエリート+隠れマゾで、嗜虐心と悪戯心の両方を快く刺激してくれる。ロリ巨乳、無表情美少女、セクシー先輩を翻弄し翻弄される、典型的なラノベを満喫できる。

 しかし、わたしはまちがっていた。予備知識ゼロ、高い評判だけで読み始めたのが、過ちだった。

 近未来の日本が舞台で、「水使い」という異能バトルなので、魔法科高校の先生みたいなハーレムラノベを想像していた。その期待は、あざといまでの軽妙な会話と、定番の学園モノのフォーマットに則って、正しく加熱されてゆく。

 おかしくなるのは中盤にさしかかってから。いや、口絵の禍々しさとか、表紙の不安感から、なんとなく予想はしていた。「深海パニック」という紹介文に、『Ever17』とか『翠星のガルガンティア』みたいな展開を予測していた―――

ロマン が、裏切られる。そこからは、何度も何度もエグられる。絶望が畳みかけてくる。もう引き返せないところになってハッと気づく。キャラ造形や能力の演出が、徹底的に計算されつくしていることに。なんのために? 絶望率100%を目指すためでしょうが。結果的に書き手の大成功で、口をぱくぱくさせながらあえぎながら読み進む。こんなのありか―――ってね。似たインプレッションを受けた作品は、『ひぐらしのなく頃に』『ダンガンロンパ』(文字反転)、そしてウラジミール・ソローキン『ロマン』を掲げよう。これは、ゆるゆる甘々の前半と緊張感MAXの後半が、のんのん日常と生地獄そのものが、地続きで隣り合わせである妙を楽しむ作品なのかもしれない。ソローキンを出したのは、警告の意味だ(海外文学クラスタなら分かるはず)。

絶深海のソラリス2 そして2巻。続けられるのか!? と恐る恐る手にしたら、これが素晴らしい。ソラリスといえばスタニスワフ・レムだが、あの「海」をこういうふうに昇華しているのか、と驚く。さらに、もう二度と読むまい、と決心した1巻目を猛烈に読ませたくなる仕掛けがあり、半ベソかきながら再読する。文学は、様々な媒体を呑み込んで成熟してきたが、アニメやゲームから、すごい構成をもらえた。文学にとっては破壊かもしれないが、ラノベにとっては創造なのだ。だから、ラノベ読みはソローキンを、ガイブン読みには本書をオススメしたい。

 「面白いか、面白くないか」であったら、面白いと断言する……ただし、悪い意味でね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月23日 - 2015年8月29日 | トップページ | 2015年9月6日 - 2015年9月12日 »