« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »

基本から詭弁まで『議論の技術』

議論の技術 よい議論のためのルールとメソッドを、懇切丁寧に説いた好著。類書と一線を画しているのは、ルール破りや詭弁術の見抜き型・対策まで網羅しているところ。議論の技術とは、ルールブレイカーを追い詰める技術なのかもしれない。

 「よい議論」とは、主張のメリット・デメリットを掘り下げ、お互いにとって望ましい結論を導き出せる話し合いのこと。言いたいことをまくし立て、声の大きさやマウンティングで勝ち負けを決めるようでは失格だ。残念ながらそういう輩は会議室に跋扈しているものの、マシンガントークや詭弁使いにとどめを刺す方法も書いてあるのでご安心を。

 議論の技術は5つの基本技術から成り立つという。

  1. 伝達の技術 相手に分かりやすい話し方
  2. 傾聴の技術 議論の流れを正しく把握する
  3. 質問の技術 論点を深める効果的な聞き方
  4. 検証の技術 間違った意見に惑わされない方法
  5. 準備の技術 シナリオを作り予防線を張る
 ロードマップやラベリングにより、主張の見通しがよくなるとか、主張を聞いたら根拠を問い、根拠を聞いたらデータを問えなど、議論に限らず、プレゼンテーションでも気をつけたいポイントがコンパクトにまとめられている。

 面白いのは、飛ばし読みを前提にしているところ。概略→詳細で階層構成されており、章の冒頭を押さえるだけで、深く読み込むべきか、流し読みでよいかが見える。知識としてはあったものの、具体的な攻手を知らないが故に使えていなかったテクニックが「悪例」「好例」として紹介されているのが嬉しい。

 たとえば、「沈黙は了承である」というルール。自分が出した主張に反論せず、相手が別の主張を掲げてきた場合、すぐにそれに乗ってはいけない。まさに向こうの思うツボで、議論ルール破りの常道テクニックだから。沈黙はスルーも含む。スルーされたら「それは了承と受け取るがよいか?」と釘を刺す。本書では、コスト削減のため、中国にアウトソースしようという主張に、「反日感情などで中国のビジネスはリスクが高すぎる」と反対される会話が出てくる。この反対意見への反論は、「リスク対策は後で議論するとして、コスト削減という点については認識が同じと考えてよいか?」と念押しすることが正解だ。

 あるいは、言いだした側が証明する、立証責任のルール。議論が上手い人は、立証責任を負わせるのが上手な人だと言い切っても過言ではない。本書では、手を変え品を変え、相手に立証責任を押し付けるテクニックが散りばめられている。たとえ自分が言いだしっぺで、「○○すべき」と立証しなければならない場合でも、「あなたは反対なのですか? なぜ反対なのですか?」と質問することで、立証責任を相手に負わせることができる(ルール違反だけど)

 人というのは不思議なもので、「なぜですか?」と聞くと、反射的に答えてしまうもの。「その質問になぜ私が答えなければならないのか」と一拍おいて考える人は、あまりいない。会議で逃げるのが上手な人、相手を言いくるめるのが上手い人は、これをやっている。やられたときの正解は、「私はあなたの質問に答えました。だから、あなたは"なぜ賛成なのか"について理由を述べるか、私が述べた理由に反論してください。しないのであれば、私の理由に納得いただいているという認識でよろしいですか?」と切り返す。

 特にタメになるのは、議論から逃げる技術と追う技術だ。立証責任の押し付けに限らず、ルールや定石を逆手にとったり悪用することで、有利に進めようとする人がいる。口で仕事する人、たとえば政治家なんかがそうだ。上手く追い込めるか逃がしてしまうかは、質問の仕方に掛かっている。本書では、不適切な方法で集めたお金を政治献金として受け取っていたニュースの事例で紹介されている。

政治家の弁「どのように資金を集めていたのか全く知らなかった。知っていれば初めからもらわない。職務に関して頼まれ事は一切ない。きちんとした扱いの献金であり、返却することはない」

 これを追い込むには、どうすれば良いか? まずは、逃げられてしまう悪い質問の例を挙げる。

【Q】職務に関して、不適切な政治献金を、なぜ返却しないのか?
【A】手続きはきちんとしている。何か見返りを依頼されたわけでもない。問題ないから、返却しなくてもいい

 これは、「なぜ」というオープン・クエスチョンを使ってしまったため、相手の好きなように答えられてしまったアンチパターンだ。言い逃れさせないためには、クローズド・クエスチョンを使えという。こうだ。

【Q】不適切な方法だと知っていれば、初めからもらわないのですね
【A】はい(としか答えられない)

【Q】もらわないのは、資金集めの方法が不適切だからですね
【A】はい(としか答えられないし、他の理由もない)

【Q】資金集めの方法を事前に知っていようと、知ってなかろうと、不適切なお金は、不適切ですよね
【A】はい

【Q】つまり、事前に知っているかどうかは無関係なのに、その無関係なことを根拠に、汚いお金でも受け取るということですね
【A】......

 自分の望む方向に議論を誘導したい場合、クローズド・クエスチョンは非常に有効だ。だが、この手法は論理的な議論では使ってはいけないと釘を刺してくる。いわゆる、誤った二分法や藁人形攻撃といった詭弁が入り込んでくるから。上述でも、攻撃しやすいように、「不適切なお金」を「汚いお金」に言い換えている。

 後半の実践編になると、様々な議論の「逃げ方」と「追い方」が紹介される。不当予断の問い(もう奥さんを殴るのはやめたのかい?)への対処。論点ずらしに気づくためのテクニックと、ずれた論点の戻し方。データに暗示させて主張を明確化しない奴をどう捌くか。因果関係と相関関係の(意図的な)取り違えを取り締まるやり方。誤った二分法(増税か財政破綻か)の取り扱いなど等……ルール違反への対処法が山盛りとなっている。

 どのやりとりも、テレビのインタビューで、会議室で、まとめサイトで、きっと見たことがあるだろう。上手く言い包められたかのような違和感とモヤモヤ感が、これで拭ったようになるに違いない。そして、次にこの詭弁を朗ずる連中の尻尾をどうやって捕まえて、どのように屠ればよいかが分かるだろう。

 コンパクトながら、基本術から詭弁術まで取り揃った一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健康をモラル化する社会『不健康は悪なのか』

 「あなたのためだから」というCMを覚えているだろうか?

 食べようとするケーキを奪って「あなたのためだから」と言い放つ(終業ぎりぎりでドサッと仕事を渡すバージョンもある)。強く印象づける目的としては、このCMは大成功だ。心ざわつく嫌なメッセージとして、絶対忘れないから。人の為と書いて、いつわりと読む。これは、善意の皮を被せた、人をコントロールする言説だ。

不健康は悪なのか 本書を読み進めているあいだ、何度もこの「あなたのためだから」が頭をよぎる。おっぱい育児を推進する全米授乳キャンペーンの話や、ヘルスケア用語に覆い隠された肥満嫌悪、「ポジティブであり続けること」を強要される癌患者、大人の事情により創出される精神疾患など、「健康」という言葉に隠されたイデオロギーが、グロテスクなまでに暴かれる。

 「健康」は、一見、誰も反発したり疑義を唱えられない中立的な善のように見える。誰だって病や苦痛を避けたいもの。健康であるに越したことはない。どれだけお金を積んだって、健康はお金では買えない。もちろんその通りだ。本書は、医療に反対しているわけでもないし、病を賛美しているわけでもない。

 しかし、誰も反対しないからこそ、この言葉を使えば、先入観を押し付けることができる。無条件に美徳だと認められるからこそ、製品を売るために用いられても、そのレトリックに気づきにくい。本書では、健康という言葉の背後にあるモラル的な風潮をあぶりだす。健康に関する「物語」を疑えと焚きつける。

 たとえば、おっぱいではなく人工栄養を与えている母親に、「母乳で育てるほうが健康にいいですよ」という人がいる。その「健康」という言葉の裏側に「おまえは悪い母親だ」という意図が潜んでいる。考えすぎだろ? という人には、全米授乳キャンペーン(National Breastfeeding Campaign:NBAC)のCMが突きつけられる。

 赤ちゃんが生まれる前に危険なことはしないのに、
 生まれた後にするのはなぜですか

 これは、ロデオマシーンから転げ落ちる妊婦や、丸太転がし競争する妊婦を描いたもので、そのメッセージは明白だという。「粉ミルクは危険だ」「妊娠しても過酷な競技をする冷淡な女だけが、粉ミルクを赤ん坊にやれる」という意図を、健康というレトリックで伝えてくる。粉ミルクのリスクを歪め、おっぱいの育児にかかるコストを無視していることを批判する。そして、粉ミルクのコストを再評価し(これは知ってた)、母乳のリスクを洗い出す(これは気がつかなかった)。おっぱいか粉ミルクか選択できるはずなのに、「健康」を盾に母親を脅す、非倫理的な試みだという。

 あるいは、ビジネスと結びつくとき、健康レトリックは、非常に巧妙にふるまうことが曝露される。製薬業界の広報活動戦略や、強迫性障害の歴史をつぶさに追いかけることによって、健康マーケティングは「宣伝」ではなく「広報」活動であることが分かる。「治療を売るために病気を啓発する」やり方で、ドリルを売るな穴を売れというやつ。

 つまりこうだ、バイアグラを売るためにED(勃起不全)を、アデロールを売るためにADHD(多動性障害)を喧伝する。自社の薬や処置で治療できる病気を啓発することにより、治療法を売り出していく。病気を広く認知してもらう方法も巧妙だ。その病気の患者の権利擁護団体を利用して、権威付けを行う。学術誌そっくりのPR誌を作る。米ドラマ「ER緊急治療室」でアルツハイマー患者役を配役し、番組で治療薬を取り上げてもらうように取り計らう。

プロパガンダ 私にしか治せない「問題」を売るマーケティングって、どこかで聞いたことがあると思いきや、バーニーズ『プロパガンダ』がしっかり引用されている。日々の買い物から投票行動まで、広告や宣伝活動のからくりを解説した名著で、「騙して賛同させる」ための全てのテクニックが網羅されているといっていい(レビュー:悪用厳禁!『プロパガンダ』)。これ読んだときは、カルト宗教を想起してたけれど、なるほど製薬会社や健康産業に使えば、さらに効果的に「見えない統治者」になれる。

 その例として、強迫性障害の神話が指摘されている。30年前までは、非常にまれか、存在すら認められていなかった「病気」が、どのように定義づけられ、拡大され、アル中や統合失調症と並んでメジャーになったかが、パキシルの売り上げと共に描かれている。さらに、売る側が根拠とする学術論文を渉猟し、この障害のグローバル性に疑義を投げかける。

ファルマゲドン この、科学を装った医療の背信を告発したのが、ヒーリー『ファルマゲドン』。ファルマゲドン(pharmageddon)とは、医薬・製薬企業を意味するファーマ(pharma)と、世界終末戦争の意味であるアルマゲドン(harmageddon)を組み合わせた造語だ。臨床試験データの不正操作や医学論文のゴーストライティングの問題を徹底して追及し、産官学を巻き込んで拡大する薬物治療依存社会を暴きだしている。治療体系を覆す薬効を持ち、圧倒的な売上高を誇るブロックバスター薬をテーマに据え、薬を売るより病気を売れ、エビデンスを売れという「疾患啓発」マーケティングの手口を解きあかす。予防医療としてコレステロール低下薬を常用しているわたしは、さしずめ教育済ユーザーだろうが、その処方箋を書く医師こそが、ファルマゲドンにとっての優良顧客なのだ。

クレイジー・ライク・アメリカ 「健康」は商品であり、疾病啓発のマーケティングが世界規模に拡大する様を描いたのが、ウォッターズ『クレイジー・ライク・アメリカ』である。うつ病、PTSD、拒食症など、米国で認められた疾患が、どのように「輸出」され、輸出先の国や文化固有の価値観をいかに歪めていったかがレポートされる。例えば、「うつは心の風邪です」という表現は、マーケティングの成果であり、同時に三つのメッセージを担っているという。(1)風邪と同じくらい深刻ではなく、(2)治療法は手軽で、(3)ありふれた病気である、という印象だ。これは、マクドナルドやディズニーのような、米国製の文化を売るための「健康物語」なのだ。

 「健康的な体形」は、それにそぐわない体形に烙印を押す。「健康的な生活」、「健康的な食事」、「健康的なセックス」など、この言葉に訴える際、ある種の価値判断が密やかに発動する。ダイエットやフィットネスといった言葉を援用することで、健康への欲望を作り出し、操作することが可能だ。その価値判断は、健康の名のもとに押しつけられるため、健康ファシズムと呼ばれている。まさに「あなたのためだから」健康暴力が許されるのだという主張だろう。

 『不健康は悪なのか』は、健康を巡る不健康な言説の論文集だ。医療、倫理、フェミニズム、哲学、法学など、さまざまな立場の著者たちが多方面からの切り口で、健康をめぐる嘘と神話が暴き出されてゆく。本書を通して常識を疑うことで、「健康」というマジックワードから自由になれるだろう。同時に「あなたのため」を思っている隣人が、企業が、国家が、ほんとは何のために「健康」を押しつけてくるのかを知ることになるだろう。

 健康というレトリックに隠れた、イデオロギーを疑え。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年7月12日 - 2015年7月18日 | トップページ | 2015年7月26日 - 2015年8月1日 »