« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年3月29日 - 2015年4月4日 »

文章読本の名著90冊から抽出した『究極の文章術』と、わたしが強力にお薦めする2冊

 上手になりたい全ての人に。

 文章術を紹介するエントリが定期的にもてはやされる。中身は似たり寄ったりなのに、なぜ? それは、文章「術」が好きだから。ほらあれだ、勉強「法」ばかりアレコレ試して計画するけど、勉強そのものはあんまり、というやつ。この本は、そんな人にピッタリで、かつトドメを刺す一冊になる。

 ご紹介の前に、わたしの方法をお伝えする。文章が上手になりたいのなら、次をひたすら繰り返すしかない(ソース俺、反論歓迎)。


1. 書け


2. 削れ


 これだけ。書き出しが決まらないとか、構成がまとまらないとか、悩みが尽きないのは分かる。でもこれしかないんだ。そして、1と2をやらないなら、文章読本を読んでも無駄。あれは、作家さんが小遣い稼ぎにらしいこと言ってるだけで、それだけでは参考にならぬ。1と2を繰り返していくことで、腑に落ちるんだよ。教則本だけで運転ができるかよ、泳げるのか? まず書け、そして削れ。

 もっとも、「文章読本を読むのが好き」という人もいる。さっき述べた、勉強「法」が好きな人だね。そういう「文章読本好き」のために、「文章読本」読本があるが、あれは他人のフンドシで出汁とった雑煮なのであって、そういう文の芸を楽しむもの。まちがってもそれで上手くなろうなどと期待しちゃいけない。

究極の文章術 『究極の文章術』の著者は、そういう芸人ではない。巷に数多にある文章読本から90冊を選び取り、そこから文章の書き方の定石を抽出する。見開き1頁で1冊を紹介する潔さは好感が持てるが、当然ながらまとめきれるわけない。バッサリ切り落とされて“ふいんき”しか残っていない。『理科系の作文技術』や『ロジカル・ライティング』が、たかだか1000字に凝縮できるはずもなく、むしろ、なぜこれをエッセンスと見なすのか? という著者の選択感覚が気になる。

 それでも、横断的に眺めることで、自分に向いているパターンを見つけることができる。一種のブックメニューとして読むのだ。なにを書くのか(発想術)、どう書くのか(構成・表現・説得術)まで、じつに様々なノウハウが、これでもかと集められている。谷崎潤一郎や山田ズーニーといった安心して読めるものから、素性不明のハウツー本まで、じつに沢山の文章「術」が要約されている。

 そのため、真逆の主張が面白い。梅棹忠夫が「KJ法で構成を考えよ」と語る一方、中谷彰宏は「構成なんて考えるな」と言い切る。「文章を貫く問い(=論点)を定めよ」という山田ズーニーと、「ともかく書き始めよ」という渡辺昇一。「冒頭にセリフをもってこい」というライターと「転より始めよ」というエッセイスト。「考えるスピードで書け」 vs 「誰に何を書くか絞り上げて燃料にしろ」など、どっちの言い分も、もっともらしい。ノウハウ化できる文章術は、ほぼ網羅されているから、ここからツマミ食いするといいし、そこから元の一冊に手を伸ばすのもありだ。

 だが、これ読んでやった気になっても、自分の文章は上達していない。もちろん、書いていないから。じゃぁどうする? そうだ、まず書け、そして削れ。

 その上で、わたしのオススメをご紹介。『理科系の作文技術』は基本として、「読めば読むほど上達する」チート的な2冊だ。


3. マネしろ


 上手な人の「型」というものがある。このストックが沢山あって、適切なタイミングに適度に使える人ほど、文章上手という。要するに、文章を書く上でのデザインパターンだ。

 もちろん、どこにもないオリジナルを編み出す型破りもいる。だが、守破離の「守」さえ守れない人は、"形無し"と呼ぶのがふさわしい。まずは「型」をひたすらマネしよう。一般に、沢山の文章を読んでそこから抽出するのが普通だが、もっと良いのがある。

 一冊なら、佐藤信夫『レトリック感覚』になる。レトリックとは、ずばり説得する技術であり、「型」のツールボックスだ。『究極の文章術』で紹介されている、あらゆるテクニカルな「型」の一切合財が入っている。『レトリック感覚』は、その使い方、勘所をレクチャーしてくれる。読めば読むほど上達し、困ったら辞書的に引くチートシートみたいに使うといい。

 もう一つは、野矢茂樹『論理トレーニング101題』だ。ひたすら実践あるのみ。どんなに解説書を読んでも、実技なしでは鍛えられない。論理を扱う様々な「型」が、問題→解答→解説形式で展開される。一問一問、順番に解いていくことで、着実に身につけることができる。出題レベルが高すぎるという苦情があるが、一度で諦めんな、繰り返すんだよ! と声を励ましたい。どうしてもという場合は、パターンを覚えてしまってもいい、「型」なんだから。

 カモリーマン向けのありがちな論理本100冊よりも、この一冊を繰り返すべし。論理の骨法を捕まえる方法を身につけたなら、今度は逆に、把握しやすい「型」をどう展開すればいいかが分かる。文章力とは論理力、これは感性ではなく、訓練で身につく。

論理トレーニング101題

 大事なことなのでもう一度。


1. 書け


2. 削れ


3. マネしろ

| | コメント (2) | トラックバック (1)

読書の世界の広げかた

 同じ本を読んでも、こうも違うのか!!

 驚き慌てて読み戻り、互いの違いを話すうち、別の視線で眺めてた。読書が「ここでないどこか」の疑似体験なら、読書会は「誰かにとってのどこか」を重ね合わせたものになる。

 アイヴァス『黄金時代』の読書会に参加したのだが、すごい経験をした。十数人が集まって一冊を語り合うと、十人十読になる(10*10よりむしろ10^10)。同時に、「わたしの読み」に固執する愚を思い知る。たまに見かける、裁定者みたいに振舞う「プロ書評家」の唯我読尊が、いかに貧しく寂しいかが、よく分かる。

 なぜなら、自由だから。読みきった上で、「これは合わない」とか「ここは眠くなった」と言えるから。「つまらない」という感想でも、その理由を権威やレトリックで飾らなくていいから。「けれども私はそこが良かった」「いやそれならアレを読め」と交わせるくらい、互いの許容度が大きいんだ。海外文学好きって、他人に厳しい天狗たちというイメージがあったが、きれいに霧消しましたな。

黄金時代 「ガイブン読んでる私カッコイイ」なんてナルシスは皆無で、代わりに面白さに貪欲なバッカスばかり。面白い作品を求めるだけでなく、面白くなる“読み方”に貪欲なのだ。「自分の読み」はあるけれど、「他人の読み」とのシナジーを容れる器がちゃんとある。そんなわけで、『黄金時代』は、まさにうってつけの一冊なり。

 というのも、[アイヴァス『黄金時代』はスゴ本]で述べたとおり、これはファンタジーな紀行文の表面に、古今東西の物語を重ね書き、哲学のアレゴリーを格納しているから。いかようにも“読める”のだ。

 そして、脱線と変形と挿話をマトリョーシカのようにさせず(わざと)崩して畳み込んでいる様は、まとまりのなさとしてポンと放り出される。この『黄金時代』そのものが、作品に出てくる奇妙な「本」のメタファーなんだという指摘を受けて、あっと驚いた。言われてみれば、確かにそうだ。他にも、アンドレ・ブルトンの自動記述をメタで演出した心地悪さとか、コルタサル『石蹴り遊び』を思い出したとか、まさに「わたしが知らないスゴ本は、きっとあなたが読んでいる」状態でしたな。

 そうやって、お互いの“読み”を重ねていく行為が楽しい。読書は個人的な営みなのに、シンクロニシティを感じる瞬間が楽しいのだ。カルヴィーノ『見えない都市』やダニエレブスキー『紙葉の家』を想起したのはわたしだけじゃなかったことを確認してホッとする。これが面白かったら、残雪『最後の恋人』を読むべしというアドバイスは貴重なり。

 ああでもない、こうでもないとやっていくうちに、「ひょっとして、これは[○○○]そのもののパロディなのでは?」という意見が出てくる(リンク先に答えがあるけど、一読してからの方が絶対楽しめる)。ええっと調べると、なるほど出るわ出るわ隠喩や指差し、ほのめかしが。訳者ノートのネタバレ集を覗いても、これはない。だが、あらゆる証拠が散りばめられている。

 これは、「わたしの読み」に拘っていたら、一生かけてもたどり着けない喜び。デュオニッソスの読書なり。[uporeke.com]さん、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月15日 - 2015年3月21日 | トップページ | 2015年3月29日 - 2015年4月4日 »