« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »

やめられない止まらない絶品ミステリ『時限紙幣』

 極上のクライムノベル&今年のベストミステリ。

時限紙幣 スピード、パワー、ヒリヒリ感、どれも一級の犯罪小説。ページめくる手が止まらないどころか、疾走するようにイッキに読む。非情で、優秀で、あくまで己に忠実な「私」は、今まで読んで/観てきた悪党小説の主人公を彷彿とさせる(一番近いイメージは、リチャード・スタークの悪党パーカー)。読めば読むほど、アドレナリン出まくる、ヤバい読書と相成った。

 『時限紙幣』は、文字通り時限爆弾つきの120万ドルの札束だ。GPSが付いていて、誤った場所に動かしたり、電池が切れたり、時間切れになると、爆発する。これを48時間以内に奪還するのが「私」の仕事だ。「ゴーストマン」と呼ばれ、名前、特徴、指紋、過去、あらゆるアイデンティティを消し去ることで、誰にでもなれる。抑揚と描写を削ぎ落としたキレッキレの一人称は、彼の仕事ぶりをそのまま表している。ときに裏社会のディテールや、犯罪の薀蓄を語るが、簡潔かつ的を射ているので、それが伏線であるかなんて気づかず駆け抜けてしまうほど。

 面白いところは、二つの現場を行き来している構成だ。5年前、失敗に終わったクアラルンプールの銀行強盗のプロセスと、現在進行形である時限紙幣を追いかける「私」―――危険で、緊張に満ちている過去と現在が、カットバックのごとく互い違いに進められてゆく。過去の失敗を現在のしぐさにつなげたり(主人公は学習する)、「鞄を持ち上げて顔をほころばせる」など、引きのタイミングで動作をシンクロさせることで、志村後ろ効果が遺憾なく発揮されている。たとえこれに気づかなくても、無意識のうち、緊張感のボルテージが否応なしに昂ぶってくる仕掛けになってる。極めて映画的、ハリウッド的なり。

 不思議なのは、なぜ「私」が現金やゴールドにこだわるのか、という点。銃を持ち、物理的に押し入って、撃たれる危険を冒してまで、札束や金塊に手を伸ばす。ナンバリングや刻印がされており、ロンダリングや換金が難しいのに、わざわざ物理的な銭金に固執するのはなぜか。クラッキングなら、二桁違うマネーが手に入るのに―――これだけ用心深い「ゴーストマン」が、どうして強奪に手を染めるのか?ラストで理由が語られるのだが、彼の陥っている状況との相乗効果で、カタルシスが凄まじい。その悪党っぷりがいい。こいつの狂気が素晴らしく正気でイイ。

 しかし、息もつかせず読みきった後、冷静に考えるとツッコミ所もある。マウス反転の白文字で記述するので、読了された方は一緒に考察していただけると嬉しい。

  1. 時限紙幣のセロファン : 麻薬取引で使うことで、相手に「爆弾」を押し付け、連邦政府のお尋ね者にするというアイディアはいいね!だが、取引現場で本物か確かめるために、セロファンを破るよね?セロファン破ったら爆発するはずなのに?
  2. 重い金塊をどうやって"盗む"か : 予め借りておいた貸金庫に、金塊を"移動"させ、ほとぼりが冷めたら堂々と持ち出す―――このシナリオが変だ。貸金庫の鍵は物理的な鍵だけでなく、電子的に解除する必要があるのでは?つまり、物理キーで開けられるようにするため、貸金庫をアクティベートさせる支配人を眠らせた時点でアウトでは?
  3. 5年前の「私」の失敗 : 名前がバレちゃったから、あとは芋づる式で同時に入国した面子が割れちゃった……が、そもそも全員同じフライトで到着したり移動するのが、プロらしくない。誰かが捕まったり殺されることも考えて、接触は最小限にするのでは?
  4. GPS付き携帯で撮影したら : 「時限紙幣」を携帯で撮り、取引現場で見せるシーンがある。ここで「私」の身柄を取り押さえて、携帯を奪ってしまえば、Exifから位置情報を割り出せるんじゃね?「私」もウルフも馬鹿じゃね?と思ったが、モーテルでGPS機能をOFFにしていたね(p.274)。でも、その旨をウルフに伝えておかないと、「Exifが取れる!」と思われて撃たれるぞ

 ともあれ、精密に描こうとする心意気に、緻密に読んだアラ探しにすぎぬ。英国推理作家協会賞をはじめ、英米ミステリ賞を総なめした、抜群の悪党小説なり。本作は「このミステリがすごい」の一位だろう。でなければ、その順位を基に選者を判定したり、一位になった作品を評価すればいい。(それぐらいの試金石)。

 明日の予定がない夜に、夢中になって読み耽るべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

猫派も犬派も泣いて笑って語り合った「猫と犬のスゴ本オフ」

 好きな本を持ち寄って、まったりアツく語り合う。それがスゴ本オフ。

01

この犬のポートレイトが刺さるのよ

 今回は、「猫」と「犬」をテーマに、お薦めの本、映画、音楽、ゲームにどっぷりハマる。ご参加いただいた皆様、ありがとうございます。HDE様、会場を使わせていただき、感謝いたします。実況のまとめは、[犬好き猫好き必読!「犬とネコのスゴ本オフ」まとめ]をとうぞ(ズバピタさんお疲れさまでした)。やすゆきさんのまとめは[スゴ本オフ「犬と猫」、涙と笑いと食欲の宴ですた。]をどうぞ(ありがとうございます)。

 なんとなく猫派の圧勝と思いきや、犬派の健闘も目立ったのが予想外。どちらかというと犬派のわたしは、「泣ける犬の本ベスト5」でテコ入れしたつもりだけれど、杞憂でしたな(むしろ新たな発見が沢山)。そして、ペットとしての愛玩性や、ドラマを盛り上げる「かわいそう」さを際立たせるような作品を想像していたが、これも裏切られた。愛の裏側にあるもっと切実な問題―――「死」についての覚悟や感情が沁みてくる作品が多数あった。

02

『フランダースの犬』と『クージョ』はガチ

 例えば、ジャン・グルニエ『孤島』。愛猫との死別で、立ち直れない状況だったときに出会えた一冊とのこと。どんなに可愛がっていても、突き放したような一線を設けるのは、ひょっとすると人の感情のためかもしれない。猫を飼うとは、その死に立ち会うことも含めて引き受けることになる───その重みが伝わってくる。猫であれ犬であれ、パートナーがいる人は、準備のつもりで―――と、お薦めされる。

03

『星守る犬』は反則だと思う

 あるいは、須藤真澄『長い長いさんぽ』、老境の猫とのふれあいを描いたコミックエッセイだ。前半がほのぼの日常である一方、後半のガラリと変わる展開に注意されたし。飼い主はギリギリ正気を保っているつもりだが、傍から見ると壊れている───猫の死は、それだけインパクトがある。ほとんど恐怖に近いほどの感情らしい。うっかり電車で読んでしまったので、涙をごまかすのが大変だったとのこと(休憩時間に試し読みしてもヤバかった)。

04

『冬の犬』は、泣ける犬本ベスト

 ただ、「可愛らしい」といった情愛だけでなく、いずれ死別することへの悲哀の混ざった諦念を、心のどこかで抱いている(認めたくないという感情と拮抗しながら)―――そんな、はかなさを感じる。

06

『人間と動物の病気を一緒にみる』が惹かれる

 生あるものはいずれ死ぬ。人の寿命が長いから、愛おしいこの命を看取る最期が、必ずある。そのときの自分がどうなってしまうのか、想像するだに恐ろしい。それは、自分が全霊かけてこの存在を愛しているから。苦しむことが分かっていながら、愛することをやめられない。猫や犬は、「ペット」や「パートナー」という言葉よりも、むしろ煩悩の化身そのもの。

05

『ナイトメア・ビフォー・クリスマス』の特典に『フランケンウィニー』がッ

 定番が見当たらないのがスゴ本オフの面白いところ。誰もが考えそうなものはカブるから避けたがる。カブってもいいのに(なぜ/どこがお薦めなのかは人それぞれで、まさに"読みどころ"だから)。思いつくまま挙げると、漱石、ポール・ギャリコ(ジェニイと猫語の二冊)、綿の国星、ちびねこ、名犬ラッシー、どろんこハリー、タロジロ、子猫物語、空飛び猫と思いつくが、言われて「ああ!」というもの多数。猫本専門店「にゃんこ堂」があるくらいだから、きりがないだろう(それでも、ケッチャム『老人と犬』を忘れていたのは痛恨)。バンサン『アンジュール ある犬の物語』はコメント欄でお薦めいただいたのだが、これも忘れていた(saruminoさんありがとうございます)。

07

『グーグーだって猫である』ゲットだぜ(未読)

08

『ノラや』ゲットだぜ(たぶん未読)

09

全体はこんなカンジ(後から追加多数)

「猫」

  • 『グーグーだって猫である』大島弓子(角川書店)
  • 『Hate That Cat』シャロン・クリーチ
  • 『フランケンウィニー』ティム・バートン(DVD)
  • 『山猫』ランペトゥーザ(河出文庫)
  • 『恋するしっぽ』手嶌葵(2008 YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS)
  • 『夢ねこDS』セガ(Nintendo DS)
  • 『FRAGILE(フラジール)さよなら月の廃墟』ナムコ(Nintendo DS)
  • 『猫 猫と歴史家と二度目の妻』アテナイス・ミシュレ(論創社)
  • 『孤島』 ジャン・グルニエ(筑摩書)
  • 『にゃんそろじー』中川翔子編纂 (新潮社)
  • 『猫ぐらし』2014夏号(アスペクト)
  • 『長い長いさんぽ』須藤真澄(エンターブレイン)
  • 『おばあちゃん猫との静かな日々』 下村 しのぶ(宝島社)
  • 『ニッポンの猫』岩合光昭(新潮文庫)
  • 『チビのお見合い』室井滋(文藝春秋)
  • 『ドクターヘリオットの猫物語』ジェイムズ・ヘリオット(集英社)
  • 『源氏物語 巻一』瀬戸内寂聴(講談社文庫)
  • 『源氏物語 巻六』瀬戸内寂聴(講談社文庫)
  • 『The Big Cats and Their Fossil Relatives』Alan Turner(Columbia Univ)
  • 『銀座のら猫物語』飯島奈美子(三水社)
  • 『のりたまと煙突』星野博美(文芸春秋)
  • 『わたしのねこメイベル』ジャクリーン・ウィルソン(小峰書店)
  • 『詩の玉手箱』より「私の猫」三好達治(いそっぷ社)
  • 『敵は海賊シリーズ』神林長平(早川文庫)
  • 『感じて。息づかいを。』川上弘美 編 (光文社)
  • 『恋愛中毒』山本文緒 (角川書店)
  • 『『吾輩は猫である』殺人事件』 奥泉光(新潮文庫)
  • 『町でいちばん賢い猫』リタ・メイ ブラウン&スニーキー・パイ・ブラウン (ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『パーフェクト・ブルー』宮部みゆき(創元推理文庫)
  • 『図書館ねこ デューイ』ヴィッキー・マイロン(早川書房)
  • 『伊藤潤二の猫日記 よん&むー』伊藤潤二(講談社)
  • 『アラビア猫のゴルム』ヤマザキマリ
  • 『猫旅リポート』有川浩(文藝春秋)
  • 『ねぇ、マリモ』やまだけいた(講談社)
  • 『男の相棒は猫に限る』ウィリー・モリス(WAVE出版)
  • 『猫町』萩原朔太郎
  • 『ノラや』内田百閒(ちくま文庫)
  • 『黒いねこ面』楳図かずお

「犬」

  • 『フランダースの犬』ウィーダ(新潮文庫)
  • 『星守る犬』村上たかし(双葉社)
  • 『クージョ』スティーヴン・キング(新潮文庫)
  • 『冬の犬』アリステア・マクラウド(新潮クレスト・ブック)
  • 『犬はあなたをこう見ている 最新の動物行動学でわかる犬の心理』ジョン ブラッドショー(河出書房新社)
  • 『Love That Dog』シャロン・クリーチ
  • 『初秋』ロバート・B・パーカー(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『晩秋』ロバート・B・パーカー(ハヤカワ・ミステリ文庫)
  • 『バスカヴィル家の犬』コナン・ドイル(新潮文庫)
  • 『SHERLOCKシャーロック』ベネディクト・カンバーバッチ出演(DVD)
  • 『ティンブクトゥ』ポール・オースター(新潮文庫)
  • 『ウォッチャーズ』ディーン・R・クーンツ(文春文庫)
  • 『カヌー犬ガク』野田知佑(小学館文庫)
  • 『シェルタードッグズ』トレア・スコット(山と溪谷社)
  • 『往古日本犬写真集』岡田睦夫(誠文堂新光社)
  • 『Shi-ba(シーバ)』(辰巳出版)
  • 『川の光 2』松浦寿輝 著 (中央公論社)
  • 『fallout3』ベセスダ・ソフトワークス
  • 『犬と私の10の約束』川口晴(文春文庫)
  • 『いとしのムーコ』みずしな孝之(イブニングKC 講談社)
  • 『銀芝さん』影山直美 絵と文 (辰巳出版)
  • 『デューク』江國香織、山本容子(講談社)
  • 『ずーっとずっとだいすきだよ』ハンス・ウィルヘルム(評論社)

「犬と猫」

  • 『Archie and Archie』ルース・レンデル
  • 『猫たちを救う犬』フィリップ・ゴンザレス、リアノー・フライシャー
  • 『チャペックの犬と猫のお話』カレル・チャペック (河出文庫)
  • 『チャペックのこいぬとこねこは愉快な仲間』ヨゼフ・チャペック(河出文庫)
  • 『動物のお医者さん』佐々木倫子(白泉社)
  • 『人間と動物の病気を一緒にみる』バーバラ・N・ホロウィッツ、 キャスリン・バウアーズ(インターシフト)
  • 『動物病院 上手な選び方』(AERAムック)
  • 『犬と猫と人間と』飯田基晴(太郎次郎社)
  • 『パンといっぴき』桑原奈津子(パイインターナショナル)
  • 『パンといっぴき2』桑原奈津子(パイインターナショナル)

 そして毎度のことだが、料理がスゴい。食べきれないほどのおにぎりやドーナツ、スイーツや奈良漬け(これが美味)など、本をダシに宴会をしているような場でした(ありがとうございます)。

10

わんこのワイン

11

にゃんこのクッキー

12

世界でここだけ、肉球ハンバーグ(たべそびれた)

13

絶品おはぎ、ほどよい甘さでワインと合う

14

手作りチョコケーキ(撮るのに夢中でたべそびれた)

15

ドーナツだけは暴力的なくらい準備した

16

おまけ。自走式セグウェイ的なiPad。思わず「ゼーレかよww」

 オフ会するたび思うのだが、いかにわたしの視野が狭いことか。斬新な視点や見知らぬ(でも凄い)作品を山ほど紹介してもらえる。次回のテーマは、「怪物とモンスター」。同じ意味なのになぜ重ねる?"モンスター"という名詞は、邪悪な響きを持つ一方で、"怪物"はポジティブな意義も孕んでいる。なので、善悪に拠らず、これは怪物/モンスターだ!という作品を紹介しあいましょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年9月21日 - 2014年9月27日 | トップページ | 2014年10月5日 - 2014年10月11日 »