« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »

科学が神話を生み出すとき『<科学ブーム>の構造』

科学ブームの構造 数字は嘘をつかない、嘘つきが数字を使う。この"数字"を、"科学"にしても成り立つ。本書は、その仕組みを明らかにする。

 むかしパトロン、いま予算。科学にはカネがかかる。研究費の必要性に説得力を持たせるため、しばしばレトリックが用いられ、時には大言壮語になる。そして、科学がカネになる下地と下心があるとき、科学はある種の神話を生み出す。人は見たいものを見て、信じたいものを信じる。その行動を正当化するための物語こそが、科学っぽい語り口をした神話なのだ。

 そして、ひとたびイノベーションと認められ、政策化されると、神話はブームになる。科学的な検証はなされないまま、今度は信心が神話に説得力を持たせ、ブームは維持されてゆく。本書では、科学が神話を生み出し、神話がブームに変化する構造を解き明かす。

 その事例として1950-60年代の殺虫剤DDTと、1990-ゼロ年代のナノテクノロジーを題材に、メディア、行政、専門家、そして業界の人々が、どのように荷担し、喧伝し、利権を生み出していったかを多角的に浮き彫りにする。巨額の科学政策費が、結局どう使われていったのか、その神話の科学的な妥当性はあったのか、終息後、収穫は得られたのかなど、ブームの「査定」を行う。

 思わず唸ったのは、レイチェル・カーソン『沈黙の春』の再検証。「奇蹟の殺虫剤」DDTブームに対し、残留物の危険性を訴えることで、テクノロジーへの大衆イメージを逆転させたことまでは周知の通り。だが本書では、『沈黙の春』出版の25年後に検証された『サイレント・スプリング再訪』を引いて、化合物=悪とする考えに疑問を呈する。カーソンの主旨はおおむね正しかったものの、彼女が予測した未来には間違いもあった。人間だけではなく、自然も発がん性のある物質を生み出してるというのだ。

 本来、こうしたチェックはマスコミがするはずなのだが、本書では、逆にブームの煽り役、プロパガンダーとしての日経新聞が統計的に炙り出される。「奇蹟の」「魔法の」接頭語がついたバズワードを振り回し、科学がカネになるときも近いと勘違いさせる報道は、今振り返ると中二病そのものやね(後追いの朝日新聞は環境問題や利権を警告するスタンスなのがもっと笑える)。奇蹟も魔法もあるのはアニメの話、せめて「○○とは何だったのか」的に過去の報道を反省してほしいもの。マスコミと神話の相補関係を暴く件が、本書の最も面白いところ。

 さらに、アメリカのナノテクの展開と、追随する日本を比較した考察が興味深い。「国会図書館のすべての情報を角砂糖大のメモリに収める」クリントン大統領の演説は覚えているだろうか。ネタ元は、リチャード・ファインマンの講話「原子で世界を構築する(Shaping the World Atom by Atom)」で、さらにそのアイディアは、ロバート・ハインライン『ウォルドー』から拝借したものだという。米国では、ナノテクは実生活から離れ、社会的文脈でいかに利用するかの「物語」に終始していたという指摘は(後付けながら)納得できた。

 いっぽう日本では、ナノテクは材料とセットで語られる。投資効果に対する厳しい要請の下で、比較的成果の出やすいのが素材分野だからだ。しかし、ナノテクの定義が曖昧だったため、イメージだけが無闇に膨らむ反面、当事者意識の少ない科学者コミュニティは沈黙を続けていた。科学的根拠がはっきりしないまま、「ナノホワイト」や「ナノブロック」などマーケティング手段として利用されたのは記憶に新しい。

 ファインマン神話を利用して、科学を物語化した米国と、現場と乖離した商品の形で、ひたすらイメージを消費していったのが日本が対照的だ。科学に対する漠然とした期待がカネになる構造の背後に、神話が存在する。科学ブームを生み出す神話とは、科学を「信じたい」という大衆と、科学を「カネにしたい」とする産軍複合体と、科学を「国力にしたい」とする政府の動機を具体化する物語なのだ。

 かつて錬金術は科学を生んだが、いまは科学が錬金術を求めているのかもしれない。科学はカネがかかるのだから。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

涙もろい犬好きのためのミステリ『ウォッチャーズ』

 わんこ愛に満ちたSFミステリなのだが、クーンツが描くとドラマティックになる。ン十年と積読してたのを、次回のオフ会のテーマ「猫と犬」に合わせて読み干す。

ウォッチャーズ上ウォッチャーズ下

 孤独な男が森で出会ったラブラドール・レトリヴァーは、ひとなつっこい一方で「犬」らしくない知性を持っていた―――これが入り口。ふつうの犬より表情が豊かで、知的で、もののわかった感じがする。注意の持続時間が犬らしくなく、相手を長くじっと見つめ返してくる。『遊星からの物体X』で"乗っ取られた犬"を知っている人にはホラーな一瞬だが、大丈夫。もっと"ありうる未来"の犬だから。

 この犬を軸に、トラウマを持つ男と女の快復と愛の物語と、生物兵器をめぐる陰謀と殺戮の報復譚と、邪悪で醜悪な知性との対決が絡み合う。さすがページ・ターナーの魔術師、読書の快楽のツボを押さえ込んでいる。謎が謎を呼ぶ伏線、逃亡と追跡のカットバック構成、得体の知れない「なにか」が迫ってくる恐怖と緊張あふれる描写、バラバラだったエピソードが一点に収束していく興奮と、たたみかけるように風呂敷が閉じられ絞られていく高揚感を、いっぺんに味わう。

 わんこの愛らしさや、わんこが仲立ちとなるラブストーリーの初々しさに、甘酸っぱく胸が一杯になるかもしれない。だが、むしろ脇役の追う側のプレッシャーやいじましさに胸が痛くなる。主役の感情をなぞって喜ぶよりも、仇役の立場や胃の痛みを想像して、一緒にキリキリ焦燥するマゾ的読み方も愉しい。

 いわゆる国家当局の手先として追跡する、有能で冷酷な中年男が出てくる。だが、そういう彼自身も、過去の強迫観念に囚われ、自分を滅ぼそうとしていることに気づく。また、"犬"を抹殺しようと追いかける"奴"の存在も哀れを誘う。ゆく先々で惨殺した死体の眼を抉り出す理由に触れたとき、凶悪きわまりない存在であるにもかかわれず、思わずぐッと涙をこらえる。

 そして、彼であれ"奴"であれ、自分の人生を取り戻そうとした選択は、ありきたりのハリウッド流の脚本に、思いもかけない結果をもたらしてくれる(これがまた、心憎い展開なんだ)。この、圧倒的な肯定感がすばらしい。ともすると苦悩の闇に沈み込もうとするのを、互いに見つめあい、認めあい、「そこにいるね/ここにいるよ」と呼びかけあう。タイトルの『ウォッチャーズ』には、相手を丸ごと承認する存在という意味が込められているのかも。

 スゴ本オフ「猫と犬」では、猫や犬がテーマ/モチーフ/イメージする好きな本を好きなだけ紹介できる。既に猫派によって圧倒されているようだが、これを機に犬本、猫本を思い返してみるか……猫本専門店「にゃんこ堂」を漁ってみるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年8月17日 - 2014年8月23日 | トップページ | 2014年8月31日 - 2014年9月6日 »