« 2014年7月20日 - 2014年7月26日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »

読んで読んで読まれて読んで読んで読みつぶれて眠るまで読んで『狂喜の読み屋』

狂喜の読み屋 積読必至のブックガイド。

 筒井、円城、町田康、ピンチョン、ソンタグ、サリンジャー、片っ端から徹底的に、ひたすらに誠実に面白い本を紹介しつづける。本読みの微熱がじんわり伝わってきて嬉しい。

 実は、わたしもお世話になっている。どちらも最大限の賛辞「文学の持つ恐ろしいまでの力を再認させてくれた」で紹介されたため、読んで呑まれた傑作なり。文学は「可能性」などというあやふやなオブラートではなく、読者を緊張させる圧力であり、皮を裂いて進入してくる刃物であることが、よく分かる(二つ目は劇薬なので扱い注意)。

現実をスウィングしろ『宇宙飛行士 オモン・ラー』

ホロコースト劇薬小説『ペインテッド・バード』(成年向け姉妹サイト)

 「読み屋」とは、忙しい編集者に代わって、新刊の洋書を読みレポートにする仕事。売れそうであれば権利をとってプロの翻訳家に任せることになる。一冊一万から二万で、一冊に一ヶ月はザラだったというから、月収一万円になる。時給換算で百円を切るというから、どうやって食べてたのだろうか。この代読屋時代の苦労話が、泣けると同時に身に染みる。

 それまでは、いわゆる優等生的に、さっと翻訳本を読んでパッと要点を掴み、借りてきた文句で分かった気にさせる読書だったそうな。いわゆる文芸書の書評家によく見かける、自分の枠にむりやりはめ込む読み方だね。それが、裸のままで原書と格闘し、よく分からないまま数百時間かけて一冊を読むうちに、経験のないことが起こり始めたという。

句読点の打ち方や言葉の選び方、音の響きなどを通じて、書き手の息遣いや思考の癖までもが僕に乗り移ってきたのである。それは、話す言葉も違う、会ったことがない、理解もできない人と一ヶ月間同居するのに似ていた。いや、それ以上に親密かもしれない。言葉は思考そのものだから、他人の思考が僕の脳内に無理やり入り込み、僕の身体を使って暮らし始めるのだ。

 分かる。わたしの場合は一冊の洋書ではなく、開高健全集を通じて体験したこと。似たようなことを、片岡義男がペーパーバックの山を前にして言ってた事を思いだす。小林秀雄も同様に、全集を隅々まで読むことで「小暗い処で、顔は定かにわからぬが、手はしっかりと握ったという具合な解り方をして了う」と述べている。眼前の文を通して、奥の人を"分かる"感覚、読書好きなら「文は人なり」を身体感覚で知っているだろう。あの微熱というか、本読みの呪いみたいなもの。

 本書には、そんな呪いが延々と展開されている。円城塔『バナナ剥きには最適の日』では、友人はスマホの文字列でしかない読者と宇宙船の"彼"の違いなんてないと言い切り、戌井昭人『すっぽん心中』にて、リアルな尻とバーチャルな尻について熱く語る。金原ひとみ『憂鬱たち』では、視線やピアスやペニスに貫かれることは苦痛を伴う自傷行為であると同時に、膨れ上がった自意識を抜く治療でもあると分析する。

 強烈なのは、マーク・トゥエイン『トム・ソーヤーの冒険』の再評価だ。評論家たちは人種差別テーマが入った『ハックルベリー・フィン』を高く評価する。だが、人種差別問題は、『トム・ソーヤー』からより残虐に読み取れるという。ほら、あのインジャン・ジョーのことだ。彼が受けた仕打ちや、それを妥当なものとする物語の筆致、そして彼の死は偶然の悲劇であり誰が悪いわけでもない展開の裏側に、白人社会の見えない「悪意」を浮き彫りにする。

それはアメリカ合衆国で、ネイティブ・インディアンに対して過去、大規模な虐殺が行われたことを人々が認めてこなかったからだ。そしてそこが歴史認識の盲点になっているからこそ、『トム・ソーヤー』におけるインジャン・ジョーのひどい扱いについてもみな気づかないのである、と。

 インジャン・ジョーは極悪人で、白人社会を憎んでいる。だがなぜそうなったのかは、語られない。この「語られない」ことを語り、そこにジョーを死に追いやった共同体(=アメリカ合衆国)の独善を感じ取る。この"読み"のセンスは凄い。tumblrで知ったアネクドートを思い出す。

トム「アメリカ合衆国は、移民が成功した唯一の国だ」

太郎「国全体が移民だからね。だから、質問するならネイティブ・インディアンに聞かないと『移民が来てよかったでしたか?』ってね」

 トムとハックをこの視点で読み直したら、ぜんぜん別ものになりそうで恐くなる。未読のものは(もちろん)読みたくなるし、既読のものは(やはり)再読したくなる。読むと、読みたくなる呪いがこもった一冊なのだ。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

【まとめ】「デブリ落とし」によるプチ・テロリズム

 発端はSF小説『オービタル・クラウド』[レビュー]。スペースデブリ(宇宙ゴミ)を用いた新手のテロ手法を思いついたのが、[「デブリ落とし」というプチ・テロリズム]。インターネットは素晴らしい!専門家の方から問題点とヒントをいただいた。@lizard_isanaさん、ありがとうございます。

スペースデブリって何?→[宇宙ゴミ ― スペースデブリ/JAXA]

目的:数十万とも数千万ともいわれる軌道上のデブリを弾丸代わりにして、衛星にぶつけたり、地表の任意の場所に落とすテロリズム。

原理:地上から高出力レーザーで、デブリに電気を流す。地球という巨大な磁石の磁場にいるデブリは、流された電流によって力が働く(フレミングの左手)。わずかな力を与え続けることによってデブリの動きをコントロールする。

【問題1】レーザーで「電気」を伝えるなんて可能なの?
→レーザーを当てるだけで電流は流れません

 レーザーで電気を伝え、衛星で電気にしてデブリに当てる方法が思いつくのだが、これだと衛星を上げなければならない。『オービタル・クラウド』に出てくる「持たざる国家」としては地上から何とかしたいもの。

 ここから、何も「地表から」電気を伝えなくても良いのでは!?と考える。電離層にたっぷりある電子を用いて、すぐ傍の衛星軌道にあるデブリへ「電気」の形で伝えられないだろうか?ここを解いたなら、近未来SF小説としても安価なテロリズム手法としても良ネタができる。

【問題2】デブリが「どこ」にあるか特定できるの?Google?
→軌道衛星上のカタログはすでに公開されています[16000個の軌道上物体の現在位置]

 待てよ……「軌道衛星上のカタログはすでに公開されています」ということは、『オービタル・クラウド』の主役が手がけてた、流れ星予報のWebサービスは「いま・ここで」できるということではないか!! なんという接近戦なSFなり。"フィクション"なのは、登場人物たちの度を越したスキルだけだね。

 弾丸よりも速いデブリを、地表から狙い撃つのは、ピストルでピストルの弾を撃ち落とすようなものかもしれない。ピンポイントで狙い撃つのは至難の業だろう。ここは発想を変えて、「壊れた時計でも一日二回、正しい時を指す」アプローチから考えてみよう。即ち、秒速7kmのデブリが通る"瞬間"を狙うのではなく、奴が通りそうなルートに電気を伝えることはできないだろうか。電子が豊富な電離層は高度50-500km、デブリがあるのは2000kmあたり。地表よりはマシとはいえ、遠いなぁ。

 それでも、まだ気づいていない可能性がある気がする。子どもの頃は、「世界征服?原発の制御室を占拠すればお手軽だね」なんて気軽に考えていたが、高村薫『神の火』などから簡単にいかないことを知った。それでもチャレンジャーはひきもきらない。「デブリ落とし」は全く新しいアイディアで、できた人から世界を獲れる。新人テロリストが見つける前に、2020年までにモノにしたい。

オービタル・クラウド 『オービタル・クラウド』は、こんなにワクワク悩ませてくれた。キャラのチート加減は残念だが、最近の傑作SFだね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「デブリ落とし」というプチ・テロリズム

オービタル・クラウド 『オービタル・クラウド』[レビュー]からヒントを得て、「デブリ落とし」を思いついた。数十万とも数千万ともいわれる軌道上のスペース・デブリ(宇宙ゴミ)を質量兵器に仕立てて、地表の任意の場所に落とすアイディアだ。

 宇宙世紀0079年にジオン軍が実施した「コロニー落とし」のミニチュア版といいたいが、ほとんどのデブリは地表に到達するまでに燃え尽きてしまう。大気圏突入のタイミングや角度が予測できることから、流れ星のリクエストに応えるサービスになりそう(yamazaさん、アイディアありがとうございます)。さもなくば、デブリを弾丸代わりに衛星にぶつけるという新手のテロに応用できる。平和利用なら、「スペース・デブリ・クリーニング」サービスやね。『プラネテス』みたく人力で頑張らない掃除屋さん。

 原理。地上から高出力レーザーで、デブリに電気を流す。地球という巨大な磁石の磁場にいるデブリは、流された電流によって力が働く(フレミングの左手)。ロケットエンジンのような大きな力は使えないが、わずかな力を与え続けることによってデブリの動きを地表からコントロールする。Wikipediaによると、[テザー推進]の技術で、『オービタル・クラウド』に出てくる「軌道上の雲」もこの原理で動く。

 問題点1。そんな遠くに「電気」を伝えるなんて可能なの?マイクロ波やレーザー光の減衰率ハンパない(はず)。脳内妄想したところ、ヤシマ作戦並みの電気を使って、ようやく数センチ大のデブリを動かすぐらい。衛星を上げて太陽光発電させる仕掛けもあるが、コスパ考えるなら「地表から」にこだわりたい。

 問題点2.デブリが沢山あることは分かっているし、ISSに脅威な奴は名前くらい付いてて追跡されている(はず)。だけど、数千万ものゴミが「どのへん」じゃなくて「どこ」にあるかどうか、特定できるの?Google先生がなんかしてる。火星や月のマップを作ってるくらいだから、めぼしいデブリに番号を振って、軌道をデータベース化しているはずだから、正座してAPIを待つべし。Googleやってないって!? これ読んだアナタ、カリフォルニアのマウンテンビュー、パークウェイ 1600番へ行くべし(エンジニアでしょ)。

 『オービタル・クラウド』では某国のロケット技術と2020年までの数年間を要としたけれど、Googleなら来年にできる。ただし、邪悪になるなかれ(Don't be evil)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エンジニアが世界征服するなら『オービタル・クラウド』

オービタル・クラウド 2020年に起きる、前代未聞のスペース・テロを描いた傑作SF。

 タイトルにもなっている「軌道の雲」を構築・運用するやり口が現実的すぎて恐ろしい。近未来どころか、今から着手すれば2020年に間に合うんじゃないと思えるくらいリアルだ。モデルとなったテロ首謀国には見せない方がいいんじゃないかと、本気で心配する。

 基本原理と問題点は本書に書いてあり、設計はネットで引ける。調達と製造はiPhoneと○○だけで、「全部で千ドルもかかってないぜ。ポケットマネーで作れるんだ、こういうのは」。むかし昔『摩天楼の身代金』で、高層ビルとその住人を丸ごと人質にするアイディアを知ったときと同じくらいのヤバさを感じる。要するに「俺でもできる」だ(足りないのはモチベーションだけ)。それくらい身近な、近未来というよりは現未来。昭和生まれのわたしとっての近未来が、巨大宇宙船や宇宙ステーションなら、平成生まれの主人公の現未来は、極小のスペースクラフトになる。その具体的な形が、『オービタル・クラウド』なのだ。

 まず、初期設定がリアル。流れ星予報のWebサービスを運営する、平成生まれのフリーランサーが主人公。公開されている衛星上のデブリ(宇宙ゴミ)の軌道情報から、大気圏突入のタイミングと角度を計算し、「流れ星を予測する」なんて、いかにも(これから)ありそうなサービスじゃないか!ストビューやVRタグ付けのみたいに、周知のタイミング=APIが公開されてからのような、「いま・ここ」の延長上にある世界だ。

 しかもレンタルサーバのアクセス負荷に汲汲としながら、フリーのプログラマ女子と、渋谷のコワーキングスペースで趣味&仕事の日々なんて、理想の未来といえよう。そんな草食男子が、デブリの不審な動きを察知するところから、国家や組織や立場を超えたエキスパートたちの動線が、一本の物語に集約していく、つながっていく感にゾクゾクする。JAXAとCIAを巻き込んだ国際防諜戦と濃厚ガジェット満載のハードSFに酔いしれるべし(Raspberry Piをこんなに使い倒す小説はこれが最初で最後だろう)。『プラネテス』の泥臭い宇宙と、『ゼロ・グラビティ』の緊迫した宇宙を同時に味わうとともに、エンジニアたちの国家間にある「技術格差」の実体を痛いくらい感じる。

 裏テーマとして「技術屋の言葉を全世界に思い知らせる方法」は、(1)起業して大成功、(2)インフラへのテロの二択しかないことが分かる(悲しいけど、これ現実なのよね)。本書には両方書いてあるので、溜飲を下げる意味でも、インセンティブを励起する上でも読める。

 しかし、設定と世界観とギミックが楽しすぎる一方で、キャラ造形があれすぎる。要するに、俺無双。平成生まれのWeb屋や官僚は、魔法科高校のニュータイプ並に凄まじい。よくできたフィクションは、たった一つの強力な嘘を核にして、人や社会を描くもの。これは嘘が多すぎる。細部がリアルすぎる一方で、人が現実離れしている。要するに、そんな奴ぁいねぇ。出来杉クンばかりのチート・チームで、ラノベよりもラノベすぎるご都合主義。

 これは、登場人物のタイムチャートを先に作って、そうさせる動機を後から考えたからだろう。そして、キャラクターを「動かす」ための理由を、あと付けにしようとしたため、現実離れした組織運用や、幼稚すぎる動機が透けてしまう。例えば、あるキャラをシアトルに行かせる根拠を作るため、「ありえない」電話を成立させてしまう。フロントの人間は、そうした"事務処理"はしない。"ありえない動線"を実現させるために俺無双のキャラをこじつけると、その始末に負えなくなる(動機の裏取りを止めてから、ストレス無しに読めるようになった)。

 もちろん、このツッコミは重箱の角つつきすぎる。だが、細かいディテールでフィクションの中のリアルを演出しようとするのなら、物語の強いフレームとなる「動機」を揺るぎないものにしてほしい。ラノベ並の間口を必要とするなら、出すレーベルが違うだろう。良くも悪くもこのSF、サイエンス・ファンタジーなり。

 まるで見たことのない未来と、ステレオタイプのキャラクターで、昭和の未来を粉砕すべし。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2014年7月20日 - 2014年7月26日 | トップページ | 2014年8月3日 - 2014年8月9日 »