« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »

マンガで子育て『サバイバル』

サバイバル 子どもに読ませたいマンガがある。

 わたしが子どもの頃、「マンガは馬鹿をつくる」とか「教養人はマンガなんか読まない」などと風当たりが強かった。だが、誰かさんのプライドを満足させるだけの本があふれる今、淘汰さらされ競争に生き残ってきたマンガの方が、はるかに上等だ。見聞を拓き、五感を煽り、喜怒哀楽を炊きつけ、文字通りの糧となる作品がある。

 その中で、「これだけは読んで欲しい」という作品を並べたら、『銀の匙』から『寄生獣』まで結構な数になる。一気に注ぎ込むと中毒になるので、折に触れて渡すようにしている。今回は『サバイバル』。巨大地震による壊滅した日本を生き抜こうとする少年を描いた傑作だ。よく床屋さんで見かけるが、歯抜けだったりで断片的にしか読んでないというので、まとめて与える。すると、読むわ読むわ、寝る間も惜しんで全10巻を読み終えると、もう一度最初から読む。

 地震、火災、洪水、疫病、暴力、飢餓、炎天、寒波―――次から次へと襲い掛かる猛威に、少年は頭を絞り、勇気を奮い、逃げ、耐え、時には運にも助けられながら、サバイバルする。できすぎ展開もあるが、それはそれ。壊れた世界をかき分け、生死の境をくぐり抜けることで「少年」から「男」に成長していく物語に、何度読んでも撃たれる。最終巻の、「あの山のふもと」へ駆けてゆくシーンは、何度読んでも滲んでくる(同じモチーフの望月峯太郎『ドラゴンヘッド』は、ラストが怖くてたどり着けていない)。

 昔わたしが読んだときと、いま子どもが読んでる間には、時間以外の大きな隔たりがある。わが子にとって、阪神・淡路大震災は教科書の出来事だろうが、311は見て、揺れて、自分の身体で感じたもの。だから本書は、ただの「物語」ではなく、一種のシミュレーションとして体験したのかもしれない。

 実利面もある、読むだけで、生きるための知が得られる。何通りもの火のおこし方から、ビニールシートを用いた真水の作り方、魚の釣り方、罠の作り方、皮のなめし方、ミミズの栄養からカエルのどこがうまいか、さらにはどの野菜を優先して育てるべきか―――マンガ通りに上手くいくかは怪しいが、少なくとも「こうすれば生きる方に進める」選択肢があることが分かる。何度も読み込んだわが子に、「サバイバルで一番大事な道具は?」とか、「生きのびるために必須の感情は?」と質問を投げかける。正解を返してくるが、“そのとき”思い出してくれるだろうか。

 極限を生きのびる予習として、読んで欲しい傑作。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』はスゴ本

殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか 経済学から人類を定義した一冊。

 人間の本質は、協力だ。しかし、その協力は脆弱な信頼の上に乗っかっている。引っ込み思案の殺人ザルからここまで文明を発展させた一万年は、たまたま上手くいった実験に過ぎない―――という主張を、進化生物学、人類学、心理学、社会学、歴史学を渉猟しつつ展開する。進化人類学から人類を定義したスゴ本『人類はどこから来てどこへ行くのか』(E.O.ウィルソン)をも包括した試みで、野心的で、大風呂敷で、節操ない一冊とも言える。

 本書を面白くしているのは、人類が構築してきた社会システムをリバースエンジニアリングしているところ。お金から市場、都市や国家、財産権から戦争など、人類を人類たらしめる事象や制度を、動作原理まで遡及・分解した上で、その力の源泉を「協力と信頼」から再説明する。

 たとえば、わたしが買うシャツは、わたしが知りもしない他人が作り、海を越え年を越えて届けられたものだ。ひょっとすると、お粗末で有害なものかもしれないし、ボられている可能性もある。だがリスクの全部を吟味したなら、それだけで日が暮れてしまう。わたしが疑心暗鬼に陥らず買えるのは、そうしたサプライチェーンそのものを信頼しているから。これは、シャツの材料となっている織物の原料となっている綿花の元となっている種子にまでさかのぼる。それぞれの現場で異なる人々が、結果的にシャツという製品を作るうえで、統括した指示もなしに、どうしてそこそこ妥当な価格とクオリティで、各人の作業を全うすることできるのか。単なる経済学からならば、市場と価格のメカニズムで説明するだろう。

 だが本書は、もっと「ヒトという種」から見る。比較優位の根っこにある、「信頼」こそが肝なのだ。すなわち、自分の担当だけに集中し、効率化を図る分業が成立するためには、隣り合う鎖の相手を信じることが前提となる。人類初期の交易から振り返り、一方的な強奪から暴利や詐欺まで経験した上で、それでも見知らぬ相手を信頼する方向でやってこれたのは、返報性と利己性のバランスの上にかろうじて成立しているから。わたしには、もう少し強固なものに思えるが、後付けで教育されたものに過ぎないという。この「信頼」、自然な本能として脳に組み込まれたものにするには、進化のスケールからすると最近すぎる現象なのだ。

貧乏人の経済学 この「信頼」について、バナジー&デュフロ『貧乏人の経済学』と比較すると、さらに面白い。『殺人ザル』は、進化経済学の観点から「他人への信頼」を説いている一方で、『貧乏人』は、現代の貧困問題への処方箋から「社会への信頼」を解く。「社会への信頼」は、貧乏な国に住む人と、裕福な国の人の決定的な違いとして現れる。所得の格差が目に付きやすいが、それは結果に過ぎない。

 その違いとは、安全な水や食物、医療や教育、金融システム、保険や予防接種、警察・行政制度がもたらす信頼感にあるという。貧乏な国の人は、安全保障や公衆衛生について、自分で判断しなければならない。人生のあまりに多くの面において、この責任を負うことになる。だが、社会保険や公衆衛生・教育システムが整っている国では、そうした判断と責任を誰かに任せることができる。もちろんその判断は非効率だったり、誤りもあるかもしれない(それは公害や事故という形で見えることもある)。だが、責任を誰かに任せることで、自分の比較優位性の向上に集中することができるのだ。

 そして、信頼すればするほど責任を減らし、分業をさらに細分化し、「自分の担当」に専念することができる。『殺人ザル』では「視野狭窄」と呼ぶが、まさにそのおかげで、これほどの高みにまで文明を押し上げることができたのだという。だが、ご想像どおり、タコツボ化による思考停止が、思わぬ負の連鎖を招くこともある。判断チェックを外出しにしたおかげで起きた事故や戦争は、枚挙に暇がない。本書では、リーマン・ショックを挙げるが、読み手のバックグラウンドによると、もっと巨きな、代償としてはあまりにも悲惨な事例が浮かぶだろう。「信頼」は人類の定義であり、脆弱性でもあるのだ。

 人類の脆弱性を突いたスゴ本、ご堪能あれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年3月16日 - 2014年3月22日 | トップページ | 2014年3月30日 - 2014年4月5日 »