« バカは死ななきゃ治らない『「ニセ医学」に騙されないために』 | トップページ | ジバニャン、ミギー、殺せんせー、『クリフハンガー』から『ブレイキング・バッド』まで―――スゴ本オフ「化け物、怪物、モンスター」 »

鬼のアンソロジー『鬼譚』

鬼譚

 夢枕獏が選んだ、「鬼」の作品集。

 今昔物語集から手塚治虫まで、鬼にまつわる傑作をジャンルオーバーで蒐集している。読前読後で、「鬼」に対する観念が、広がり膨らみ覆る。地獄で活躍するモンスターとしての鬼のイメージよりも、むしろ普通人の中にひっそりとたたずんでおり、何かの拍子で具現化し、その人を飲み込んでしまう感情や運命として考えると面白い。人は、"魔が差す"のではなく、"鬼に成る"のだ。

 たとえば、人を喰らう鬼婆伝説をSFに仕立てた手塚治虫『安達ヶ原』が良い。安達ヶ原の物語は有名だが、これをロケットと人工冬眠の未来世界に適用し、さらにもうひと捻りする展開はさすが。鬼の中に人を見て、自分の中に鬼を見る思いがする。

 倉橋由美子『夕顔』は、源氏物語を踏まえているものの、現代ミステリとも上質の怪談とも読めてしまう。痴情のもつれが女を鬼にすることは、どの時代も一緒なのかもしれぬ。だが、白い花弁を人の顔に見立て、夕闇に浮かび上がる白い顔を想起させるイメージは怖いぞ。

 イチオシは、筒井康隆『死にかた』。ひたすら・とことん・エログロ・ナンセンス。そしてこれは、筒井の最高傑作である(筒井短編で一つだけ選べと言われたら、迷わずコレを推す)。あらすじなんてあって無いようなもの。ふっとオフィスに入ってきた鬼がもたらす、徹底的な撲殺・圧殺・殴殺・轢殺。屠人の描写が微に入り細を穿つ名文で、音読すると一層愉しめる仕掛けになっている。

 『鬼の誕生』は、鬼というキーワードで日本史を横断した評論。もとは幽霊を意味した中国産の「鬼」に対し、「おに」という言葉とイメージが与えられるのに、ずいぶん紆余曲折があったという。今昔物語では「鬼」を「もの」と読んでおり、明瞭な形を伴わない、原始的な不安や畏怖感を表していた。今でこそ「もののけ」や「ものすごい」に使われている「もの」は、遡ると鬼のイメージを担っていたんだね。

 一番怖かったのは、やはり山岸涼子『夜叉御前』。[決してひとりでは読まないでください『わたしの人形は良い人形』]は、夜オシッコにいけなくなる怖さだったが、『夜叉御前』はひたすら後味の悪い、"思い出し怖がり"ができる厭話。人によるとトラウマンガ(トラウマになる漫画)になるのでご注意を。人の内に、鬼は確かに棲んでいることがよく分かる。

 収録作は以下の通り。人の中に鬼を視て、自分の内の鬼に気づくアンソロジー。

  • 『赤いろうそくと人魚』小川未明
  • 『安達ヶ原』手塚治虫
  • 『夜叉御前』山岸涼子
  • 『吉備津の釜』上田秋成
  • 『僧の死にて後、舌残りて山に在りて法花を誦すること 第三十一』今昔物語集
  • 『鬼、油瓶の形と現じて人を殺すこと 第十九』今昔物語集
  • 『近江国安義橋なる鬼、人を喰ふこと 第十三』今昔物語集
  • 『日蔵上人吉野山にて鬼にあふこと』宇治拾遺物語
  • 『鬼の誕生』馬場あき子
  • 『魔境・京都』小松和彦・内藤正敏
  • 『檜垣 闇法師』夢枕獏
  • 『死にかた』筒井康隆
  • 『夕顔』倉橋由美子
  • 『鬼の歌よみ』田辺聖子

|

« バカは死ななきゃ治らない『「ニセ医学」に騙されないために』 | トップページ | ジバニャン、ミギー、殺せんせー、『クリフハンガー』から『ブレイキング・バッド』まで―――スゴ本オフ「化け物、怪物、モンスター」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/60570059

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼のアンソロジー『鬼譚』:

» 幽霊はなぜ怖いのか begin [哲学はなぜ間違うのか]
(42 幽霊はなぜ怖いのか begin) 42 幽霊はなぜ怖いのか?  小学生のころ、多摩川園のお化け屋敷によく行きました。友達、二、三人と入る。先頭を歩くのはいやでしたね、怖いから。暗闇から不気味な人形が飛び出すものが一番怖かったような記憶があります。た...... [続きを読む]

受信: 2014.11.05 21:12

« バカは死ななきゃ治らない『「ニセ医学」に騙されないために』 | トップページ | ジバニャン、ミギー、殺せんせー、『クリフハンガー』から『ブレイキング・バッド』まで―――スゴ本オフ「化け物、怪物、モンスター」 »