« デザインの科学『インタフェースデザインの心理学』 | トップページ | マンガで子育て『サバイバル』 »

『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』はスゴ本

殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか 経済学から人類を定義した一冊。

 人間の本質は、協力だ。しかし、その協力は脆弱な信頼の上に乗っかっている。引っ込み思案の殺人ザルからここまで文明を発展させた一万年は、たまたま上手くいった実験に過ぎない―――という主張を、進化生物学、人類学、心理学、社会学、歴史学を渉猟しつつ展開する。進化人類学から人類を定義したスゴ本『人類はどこから来てどこへ行くのか』(E.O.ウィルソン)をも包括した試みで、野心的で、大風呂敷で、節操ない一冊とも言える。

 本書を面白くしているのは、人類が構築してきた社会システムをリバースエンジニアリングしているところ。お金から市場、都市や国家、財産権から戦争など、人類を人類たらしめる事象や制度を、動作原理まで遡及・分解した上で、その力の源泉を「協力と信頼」から再説明する。

 たとえば、わたしが買うシャツは、わたしが知りもしない他人が作り、海を越え年を越えて届けられたものだ。ひょっとすると、お粗末で有害なものかもしれないし、ボられている可能性もある。だがリスクの全部を吟味したなら、それだけで日が暮れてしまう。わたしが疑心暗鬼に陥らず買えるのは、そうしたサプライチェーンそのものを信頼しているから。これは、シャツの材料となっている織物の原料となっている綿花の元となっている種子にまでさかのぼる。それぞれの現場で異なる人々が、結果的にシャツという製品を作るうえで、統括した指示もなしに、どうしてそこそこ妥当な価格とクオリティで、各人の作業を全うすることできるのか。単なる経済学からならば、市場と価格のメカニズムで説明するだろう。

 だが本書は、もっと「ヒトという種」から見る。比較優位の根っこにある、「信頼」こそが肝なのだ。すなわち、自分の担当だけに集中し、効率化を図る分業が成立するためには、隣り合う鎖の相手を信じることが前提となる。人類初期の交易から振り返り、一方的な強奪から暴利や詐欺まで経験した上で、それでも見知らぬ相手を信頼する方向でやってこれたのは、返報性と利己性のバランスの上にかろうじて成立しているから。わたしには、もう少し強固なものに思えるが、後付けで教育されたものに過ぎないという。この「信頼」、自然な本能として脳に組み込まれたものにするには、進化のスケールからすると最近すぎる現象なのだ。

貧乏人の経済学 この「信頼」について、バナジー&デュフロ『貧乏人の経済学』と比較すると、さらに面白い。『殺人ザル』は、進化経済学の観点から「他人への信頼」を説いている一方で、『貧乏人』は、現代の貧困問題への処方箋から「社会への信頼」を解く。「社会への信頼」は、貧乏な国に住む人と、裕福な国の人の決定的な違いとして現れる。所得の格差が目に付きやすいが、それは結果に過ぎない。

 その違いとは、安全な水や食物、医療や教育、金融システム、保険や予防接種、警察・行政制度がもたらす信頼感にあるという。貧乏な国の人は、安全保障や公衆衛生について、自分で判断しなければならない。人生のあまりに多くの面において、この責任を負うことになる。だが、社会保険や公衆衛生・教育システムが整っている国では、そうした判断と責任を誰かに任せることができる。もちろんその判断は非効率だったり、誤りもあるかもしれない(それは公害や事故という形で見えることもある)。だが、責任を誰かに任せることで、自分の比較優位性の向上に集中することができるのだ。

 そして、信頼すればするほど責任を減らし、分業をさらに細分化し、「自分の担当」に専念することができる。『殺人ザル』では「視野狭窄」と呼ぶが、まさにそのおかげで、これほどの高みにまで文明を押し上げることができたのだという。だが、ご想像どおり、タコツボ化による思考停止が、思わぬ負の連鎖を招くこともある。判断チェックを外出しにしたおかげで起きた事故や戦争は、枚挙に暇がない。本書では、リーマン・ショックを挙げるが、読み手のバックグラウンドによると、もっと巨きな、代償としてはあまりにも悲惨な事例が浮かぶだろう。「信頼」は人類の定義であり、脆弱性でもあるのだ。

 人類の脆弱性を突いたスゴ本、ご堪能あれ。

|

« デザインの科学『インタフェースデザインの心理学』 | トップページ | マンガで子育て『サバイバル』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/59360661

この記事へのトラックバック一覧です: 『殺人ザルはいかにして経済に目覚めたか?』はスゴ本:

« デザインの科学『インタフェースデザインの心理学』 | トップページ | マンガで子育て『サバイバル』 »