« 宿題を終わらせる『論理哲学論考』 | トップページ | 琴線・涙腺・カウパー腺を震わせる『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』 »

『科学革命の構造』はスゴ本

科学革命の構造 科学の大発見をしたときの最初の言葉は、「エウレカ!(見つけたぞ)」ではなく、「こりゃおかしい」だ。なぜなら、「正しい」フレームワークがあってこそ、そこから逸脱していることが分かるから。この「正しい」とされるフレームワークが、パラダイムだ。

 これは、「科学とは何か」について本質的なところで答えた名著。科学における「進歩」について新たな見方をもうけ、コペルニクスやニュートン、アインシュタインが人類にもたらした「知」を問い直す。ただし、科学を純朴に信仰する人にとっては劇薬級だろう(あるいは、いちゃもんつけて理解を拒むかもしれぬ)。なぜなら、何か統一理論みたいなものがあって、そこへ連続的に進化していくような「科学」について、疑問を投げかけ、揺さぶってくるから。読書猿さんの強力なリスト「何を読もうか迷った時のために→Googleが選ぶ世界の名著120冊(2013年版)」でトップにあるのも分かる。科学教の信仰者は、盤石だと信じていた地面が実は動いていたというヴェゲナー的コペルニクス的感覚に目眩するだろう。

 パラダイムとは、「教科書」だと考えればいい。人は、まっさらの状態から「科学」を始めるわけではない。教科書を読み、実験道具の原理と使い方を学び、演習を解くことで、理解を深める。そこで示される「知」は、確定されたお仕着せの鋳型のようなものだ。そこに嵌まらない自然現象は、見落とされるか、例外として扱われる。教科書と自然現象との間にある、穴やズレを埋めるために、理論や実験方法の適用の仕方が変えられたり、一部が改変されたりする。

 著者トマス・クーンはこれを通常科学と呼び、パズル解きになぞらえる。パズルには、既成概念としてのルールがあり、解答が存在する。名声や金銭といったインセンティブ以上に、科学者を動かしているのは、このパズル解きの知的興奮なのだ。

 ところが、研究が進むにつれ、例外が見過ごせなくなる。ある天体の動きが他と異なり、まるで惑っているかのように観測される。いかなる実験でもエーテルの風を検出することはできなかった。確立された理論と整合しない事態が増えるに従って、いまの教科書から離れた、新しい説を構築することが試みられる。成立当初は異端視されるものの、教科書と例外の両方を上手く説明できると認められると、異端が「通常」に取って代わる。パラダイム・シフトだ。

 本書ではこれを、反転レンズのメガネを用いたゲシュタルト実験で説明する。反転した世界は、方向感覚を失って危険な状態になるが、馴れてくるとメガネを掛ける前のように見えるという。比喩としても、文字通りにも、知覚の革命的転換を行ったのである。著者が知ってたかどうか分からないが、その喩えは、クーンの誕生年に没したプルーストの方が的確だ。

本当の旅の発見は新しい風景をみることではなく、新しい目をもつことにある

 旅から戻ってきたとき、出発前までの日常が相対化され、まるで異なったものになる。それは、日常生活が変わったのではなく、それを見る自分が変わったのだ。プルーストのいう「新しい目」が、価値観の転換を意味するのなら、わざわざ遠方に出向くことなく、見慣れた生活なかでも旅は可能になる。この、新しい目を手に入れることで、いつもの光景が全く違って「見える」のだ。

 大いに刺激を受けたのは、随所にヴィトゲンシュタインの影響が見えるところ。言語ゲームを通じて、「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」を人類全体に適用したのがヴィトゲンシュタイン。この「そう」に当たる所に直接関与したり、表現するルールや一般化に関係できないとクーンが言い切る件には百回膝を打った。その理論を「そう思う」人が多数だからこそ、パラダイムたりうる。そして、そのルールは、ゲームを通じてでないと修得することができない。言語の限界が世界の限界であるように、パラダイムの限界が科学の限界なのだろう。

|

« 宿題を終わらせる『論理哲学論考』 | トップページ | 琴線・涙腺・カウパー腺を震わせる『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』 »

コメント

いつか通りすがった者です
冒頭部分ですが、「見つけた」でなく「こりゃおかしい」、これにはハッとしたというか可能性に満ちた感覚を覚えました

むしろこういう冷静さを持ち合わせてないと、主さんがいつかおっしゃった、「違う意見の人がいるからこそ面白い」という心境にはたどり着けないですよね
表面で「理屈・正論」を真摯に追ってるつもりでも、前提に「、お前の中ではな」に行き着いて藻掻いてしまう危うさがあります

投稿: a | 2014.02.09 04:15

>>aさん

コメントありがとうございます。読むとき、「正しさ」の根っこにあるものを中心にするように心がけています(また、そういう本を選んでいます)。
最近なら、本書の他に『数学の想像力』『科学論の展開』などが、「正しさとは多数決である」ことに気づかされます。よく言われる、「多数決は正しい」ではありません。わたしたちが、正論とか理屈と呼ぶものすら、その時代の風潮で多数を占めているもの(≒教科書)であることが分かります。この「正しさ」は、現実に参加する中で身につくよう訓練されることを指摘したのが、ヴィトゲンシュタインなんだなー、と考えるようになりました。

ちなみに、『お前がそう思うんならそうなんだろう お前ん中ではな』は、↓のコラが適切ですね。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/a/aquahousehk/20131109/20131109001006.jpg

投稿: Dain | 2014.02.09 17:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/59084087

この記事へのトラックバック一覧です: 『科学革命の構造』はスゴ本:

» 人間の精密な予測能力 [哲学はなぜ間違うのか?]
歴史上、人間の経験を慎重に整理することで正確な科学が作られてきました。科学が正確 [続きを読む]

受信: 2014.02.11 21:57

« 宿題を終わらせる『論理哲学論考』 | トップページ | 琴線・涙腺・カウパー腺を震わせる『最近、妹のようすがちょっとおかしいんだが。』 »