« 人類は飛行をどのように理解したか『飛行機技術の歴史』『飛行機物語』 | トップページ | 神経に、直接障るアンソロジー『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』 »

女は尻だ。異論は認めない『FRaU 2014/3』

 女は尻だ。異論は認めない。
 女は尻だ。異論は認めない。

FRaU すべては尻であり、尻にある。美しさ、強さ、優しさを兼ね備えた、あらゆる魅力と本質の表象であり、かつ全人類の故郷であり桃源郷であり、世界でいちばん穏やかで不滅で争いのない場所である。君に、おっぱい山頂への征服欲があることは理解できる。だが、そこは四足から二足へ移行する際、成熟のバロメーターとして採用された代替品だ。山頂を踏破したら清水で潤すべく、谷へ降り蟻の門渡りを目指せ。お尻を賛美することは、おっぱいを否定することにならない(逆もまた然り)。

 この真理に全力を注いでいるのが、『FRaU』3月号だ。「おしりは女のバロメーター!おしりが上がると人生が上がる!」とばかりに、みんなの大好きな魅惑のお尻たちをビシバシ紹介する。尻爛漫の春なのだ。それだけでなく、お尻はダイエットの勘所であり、美尻を目指すトレーニングがキレイにも痩せにもつながることを力説する。

 ラメで彩られたラティーナの「誘うおしり」には、はちきれんばかりの生命力が詰まっている。ボリュームあるヒップは人生を自ら切り開く逞しさに満ちあふれている。年収10億円を叩き出すヴィクトリアズシークレットエンジェルズの「稼ぐおしり」はぷりぷりっとした香しい果実そのものだが、過酷なダイエットとの等価交換だという。

 アスリートのお尻も凄い。浅田真央やキム・ヨナのきゅっと締まった「躍動するおしり」に、ストイックに鍛えた神々しさを垣間見る。そして、マッチョで引き締まったシャラポワの「闘うおしり」は、完全美とは何たるかという命題に対する一つの具体的な解であろう。

 さらに、大屋夏南の360°美尻が加速する。単にどこから観ても凄いお尻を披露するだけでなく、どうやったらそんなヒップになるのか、ランジェリーからボディオイル、朝ご飯からワークアウトまで一挙公開している。炭水化物とお通じとストレッチの賜物なのだ、この尻は。他にも、菜々緖、TOMOMI、秋山莉奈といった“ビジリスト”たちのご自慢ヒップの秘訣を披露する。「美尻は美脚に通じる」けだし名言なり。魅惑のお尻に陶酔せよ。

 しかし、酔ってばかりもいられない。偽乳ならぬ偽尻を実現するリーサルウェポンも紹介されている。いわゆる補整下着だ。薄手で伸びが良く、アウターに響かないガードルをショーツとして使いなさいと提言する。メリハリをつけ、スタイリッシュなお尻を実現するガードルが実用例と共に示されると、騙されたままの方が幸せなのかもしれないと思えてくる。美尻とは鑑賞するべき存在であり、干渉するべきではないのだ。オシリスキーどもはこれで研鑽せよ。

 お尻といえばotsuneである。別におおつね氏が尻を晒しているのではなく、otsune.tumblrの尻画像が見事なのだ。世の中には尻愛好家が実に沢山いるのだが、中でも彼がrblgする画像は群を抜いて洗練されている。数ではなく、質なのだ。質だけでなく、美なのだという気迫が透けて見える(私的にはもっと生々しいのが良いのだが…)。

FRaU また、すべてのオシリーナ愛好家のために『HIPS 球体抄』をオススメする。やわらかな午後の日差しで、伴田良輔が撮った、極上の果実たち。暗がりに沈めた白磁が丸みと白みをもたらし、うっすら霞がかった産毛がエキゾチックな匂いを放つ。光と、お尻と、わたしだけの世界に遊ぶ。

 よく観察すると、完璧と思われる曲線美に、尾てい骨のふくらみや、ほくろ・ニキビ跡がアクセントを添えている。鳥肌のみずみずしい質感の柔らかさを証明するかのように、パンスト、ジーンズが響いた跡は、そこはかとないエロスを醸しだす。性的な色合いを外すため、わかめやひじきを処理し、お尻そのものの完全性を追及する姿勢は大いに評価したい。

 同時にここは、わたしの還る場所なのだという思いに駆られる。生まれた河を俎上する鮭のように、わたしは尻を目指す。「釈迦も達磨もひょいひょいと産む」世界の入り口でもあると同時に出口にもなっているワンダーランド、そこが尻だ。つるんとしたお尻に顔を乗っけてまったりすることこそ、人生の至福である。この満ち足りた気分のまま、お尻のあいだに埋め殺して欲しい。腹上死ではなく、尻下死。この上なく安らかな死顔になると確信する。

 お尻が美しいのは、中に海を湛えているから。ある王子さまが言った「砂漠が美しいのは、どこかに井戸が隠れているからさ」、これと同じだ。大切なものは目には見えない。大事なことだから、何度も言うよ、残さず言うよ、尻を愛してる。say hip 迷わずにー

 say butt.

|

« 人類は飛行をどのように理解したか『飛行機技術の歴史』『飛行機物語』 | トップページ | 神経に、直接障るアンソロジー『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』 »

コメント

初めまして。最近スゴ本を知った者です。
スゴ本オフに参加してみたいのですが、どうすればいいのでしょうか?審査とかありますか?
先日FBでメンバー登録はさせていただいています。

まったくの初めましてなので
いきなりイベント参加ボタンを押すとか
FBで質問するとか怖くて
失礼かな、と思いつつ、
ここにコメントさせていただきました。

お返事いただけると嬉しいです。

投稿: ひより | 2014.03.05 18:19

>>ひよりさん

ありがとうございます!審査なんてありませんのでご安心を。「参加したい!」と表明いただければOKです。スゴ本オフの最新情報は以下でチェックできます。
https://www.facebook.com/groups/book.talk.cafe/

直近なら、「サバイバル」をテーマに3/15にやりますよ。以下からどうぞー
https://www.facebook.com/events/1389836047941031/?ref_dashboard_filter=upcoming

投稿: Dain | 2014.03.05 22:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/59215265

この記事へのトラックバック一覧です: 女は尻だ。異論は認めない『FRaU 2014/3』:

« 人類は飛行をどのように理解したか『飛行機技術の歴史』『飛行機物語』 | トップページ | 神経に、直接障るアンソロジー『リテラリーゴシック・イン・ジャパン』 »