« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »

スゴ本オフ「酒」「2013ベスト」

01

02

 好きな本をもちよって、まったりアツく語り合うスゴ本オフ[facebookスゴ本オフ]

 今回は(今回も)凄くて旨くて楽しいひとときでした。参加いただいた皆さん、お手伝いいただいた方、そして会場のEDITORYさん、ありがとうございます。

 テーマが「酒」なので、酒にまつわる本ばかりではなく、めったに手に入らない日本酒や、幻の秘蔵ビール、珍しいワインやテキーラなど、酒そのものが集まって、宴会となる。さらに集まってくる酒をあてこんで、豪華な手料理やピザなど、うまいものが持ち寄られるお祭りとなる。さらにお祭りをダシにして、アオザイや着物やミニスカサンタなど、コスプレ大会となる。気づいた結論は3つある。

  1. 酒を決めるのは水
  2. 女性がコスプレすると、戦闘力が急上昇する
  3. 酒が人をダメにするのではない、もともとダメなことを気づかせてくれる

1. 酒を決めるのは水

もやしもん2巻 驚愕したのが、仕込み水「花」。一升瓶に入っているので、てっきりお酒だと思っていたら、日本酒を造るときの水そのものだった。これをひとくち、飲ませていただいたところ……甘い(うまい)。どこにもひっかからずに、するすると飲める。新政「亜麻猫」(あまねこ)や辛口端麗「八號酵母」、純米大吟醸「百十郎」を試させてもらったのだが、旨い。すっきり・こっくりした感じで、自分の体温で香りが膨らんでくるのが分かる。

 酒といえば「醸す」もの。『もやしもん』から得られた、一番重要なメッセージは、「酒は造れる」。薀蓄は作ってから言うべしとばかりに『台所でつくるシャンパン風ドブロク』(山田陽一著)をダシにどぶろく談義となる。米、水、麹、ベーキングパウダー、ヨーグルトで何とかなる。ビールは東急ハンズで何とかなるが、ワインが一番難しいそうな。挑戦するとき、いい水を使ってみよう(ただし酒税法は守りませう)。

27

2. 女性がコスプレすると、戦闘力が急上昇する

 化粧とは、もともと美しい女性を、さらに魅力的にするもの。しかしコスプレは、その戦闘能力をブーストするものだと断言していい。アオザイの腰の三角ゾーンとかサンタコスの鎖骨が、酩酊おやじゴコロに突き刺さる。そして着物最強説。着るものによって行動が制限されるため、自然と楚々たる風情が生まれてくる。淡い桜色やくっきりした藍色、良いかな酔いかな。日常的に着るほど手軽なものではないけれど、イベントのときに「着物」という選択肢があるといいかも。

酩酊女子 讃えるほうも、「誉めやすい」という利点あり。シャイボーイだったおっさんには、面と向かって女性を誉めるのは恥ずかしい。だが、コスは(大いなる)きっかけを与えてくれる。変身した姿に、言及しないわけにいかないから。また、「化粧が上手だね」はほめ言葉にならないけれど、コスプレは「コスがいいね」から入れる。メタモルフォーゼした女性に、まずコスを誉め、そして「とても似合ってる、素敵だ」と伝えやすいのだ。

 これに酒を加えると、もっと強くなる。変身してほんのり上気した姿に結婚を申し込みたくなる。飲むほどに酔うほどに強くなる酔拳のようなもの。ただし急いで言い添えなければならないのは、酔拳は本当に飲んでいないこと。酩酊した動作を取り入れた戦い方であって、同様に本当に酔っている必要はないこと。ここ試験に出ます。「酔っちゃった…」は酒席プロトコル上のACKですぞ。

3. 酒が人をダメにするのではない、もともとダメなことを気づかせてくれる

 程度はそれぞれだけど、人には「理性」というものが備わっているらしくて、普段の自分の欲望は、この「理性」なるもので蓋をされているという。これが、お酒を飲んで「理性」という箍が外れることで、隠れていた欲望が出てくる。いわば、欲望の限定解除(リミッターカット)やね。

平成よっぱらい研究所 完全版 tumblr経由で知ったのだが、出所は故立川談志みたい。曰く、「酒が人間をダメにするんじゃねえ。 酒は、人間ってのがもともとダメな生き物なんだだってことを気づかせてくれるものだ」。できたてのお好み焼きに顔を埋める夜、二日酔いで頭ガンガンする朝、自分のダメさかげんを思い知らされるが、『平成よっぱらい研究所 完全版』を読むと、わたしなんざまだまだ、とホッとする。ダメな酒なら、ビリー・ワイルダー監督の『失われた週末』を思い出すが、オフに持ってくるのを忘れてた。代わりに、現代の呑み助、中島らも、鴨ちゃん、吾妻ひでおが紹介される。個人を襲った狂気としての酒だと思う。『ガダラの豚』や『失踪日記2 アル中病棟』など、酒を魂レベルまで蒸留したからこそ、あんなにすごい作品になったかと。

06

宇宙船とカヌー さらに2013ベスト本の発表をする。育児から怪獣退治まで沢山のベストが集まるが、『宇宙船とカヌー』が嬉しい。ちくまで読んだのだが、星を目指した物理学者・フリーマン・ダイソンと、森を目指したその息子の物語。父と子、科学と自然といったテーマが、対立ではなく寄り添うように描かれている名著なり(amazonで長いことスゴい値段がついていたのだ)。
 
 あまりに楽しすぎて、全部を網羅しきれないし、その楽しさの半分も伝えきれない。本も酒もご馳走も、一部だと思ってみて欲しい(特大ピザはそもそも撮るのを忘れてた、食べるのに夢中で)。そういや、みんな大好き村上春樹が一冊もなかったねとか、トンカツには熱燗が合うらしいので今度試してみようとか(ソース⇒福田和也・石丸元章『男の教養トンカツ放談 』)、架空の酒がホーガン『ガニメデの優しい巨人』しかないので、酒とは幻想を求める現実的な飲み物なんだねとか、『美味しんぼ』は日本酒編に限らずいろいろツッコミどころがあって、それも含めて楽しむマンガなのにとか、「赤ワインは室温で」と言われる室温は日本だと高すぎるとか。

『美味しんぼ』にツッコミを入れる人多数。
03

女の一人酒『ワカコ酒』が分かっていらっしゃる。
04

『夏子の酒』がKindleで読めるとは!酔い時代になったものよ。
05

水のようにいただく。
07

香りだけで胸いっぱいになる。もったいないのでちびちびいった。
08

定番のミスド。
09

手作りチョコレートケーキとウィスキーは合う。
10

 課題もあり。次回までにQ2HD使えるようにしておきます(U-stream実況できずにごめんなさい)。今回の「酒」「2013ベスト」でオススメされたり言及されたラインナップは以下のとおり。杯を片手に吟味くださいまし。

    とりあえず「ビール」
  • 『マイケル・ジャクソンの地ビールの世界』(マイケル・ジャクソン)柴田書店
  • 『GREAT BEER GUIDE 世界の一流ビール500』(マイケル・ジャクソン)ネコパブリッシング
  • 『ビールの常識 絶対飲みたい101本』(藤原ヒロユキ)アスキー

    燗も冷も「日本酒」「濁り酒」
  • 『美味しんぼ』54巻「日本酒の実力」雁屋哲・花咲 アキラ(小学館)
  • 『夏子の酒』尾瀬あきら(講談社)
  • 『日本の酒』坂口謹一郎(岩波文庫)
  • 『酒が語る日本史』和歌森太郞(河出書房新社)
  • 『ドブロクをつくろう』前田俊彦(農山漁村文化協会)
  • 『趣味の酒つくり』笹野好太郎(農山漁村文化協会)
  • 『台所でつくるシャンパン風ドブロク―30分で仕込んで3日で飲める』山田陽一(農山漁村文化協会)
  • 『日本吟醸酒協会』webサイト
  • 『酩酊女子』酩酊女子制作委員会(ワニブックス)

    人を饒舌にさせる「ワイン」
  • 『ワインと外交』西川恵(新潮新書)
  • 『黄金の丘で君と転げまわりたいのだ』三浦しをん(ポプラ社)
  • 『vintage '06』角田光代ほか(講談社)
  • 『ロマネ・コンティ・一九三五年』開高健(文春文庫)
  • 『ソムリエ』甲斐谷忍(集英社)
  • 『世界一高いワイン「ジェファーソン・ボトル」の酔えない事情』ベンジャミン・ウォレス(早川書房)

    人を沈思させる「スピリッツ」
  • 『アブサン』クリストフ・バタイユ(集英社)

    人を華やかにさせる「カクテル」
  • 『ガニメデの優しい巨人』J.P.ホーガン(創元SF文庫)
  • 『昼下がりのギムレット』オキシロー(幻冬舎)

    居酒屋の達人
  • 『昼のセント酒』久住昌之・和泉晴(カンゼン)
  • 『ワカコ酒』新久千映(ゼノンコミックス)
  • 『居酒屋道楽』太田和彦(新潮文庫)
  • 『超・居酒屋入門』太田和彦(新潮文庫)
  • 『ニッポン居酒屋放浪記立志編』太田和彦(新潮文庫)
  • 『ニッポン居酒屋放浪記疾風編』太田和彦(新潮文庫)
  • 『ニッポン居酒屋放浪記望郷編』太田和彦(新潮文庫)
  • 『酒肴酒』吉田健一(光文社文庫)
  • 『男の教養 トンカツ放談』福田和也・石丸元章

    ほろ酔い~酩酊
  • 『百人一酒』俵万智(文春文庫)
  • 『もやしもん』石川雅之(イブニングKC)
  • 『うまい酒の科学』独立行政法人 酒類総合研究所(サイエンス・アイ新書)
  • 『イスラム飲酒紀行』高野秀行(扶桑社)
  • 『落語家のやけ酒、祝い酒』立川談四楼(PHP研究所)
  • 『対談 美酒について』開高健・吉行淳之介(新潮文庫)
  • 『巴里の憂鬱』ボードレール(新潮文庫)
  • 『グレート・ギャッツビー』フィッツジェラルド(光文社古典新訳文庫)
  • 『ルバイヤット』ハイヤーム(ちくま学芸文庫)
  • 『酒の肴・抱樽酒話』青木正児(岩波文庫)
  • 『華国風味』青木正児(岩波文庫)
  • 『文学ときどき酒』丸谷才一(中公文庫)
  • 『おいしいお酒の本』稲垣真美(三天書房)
  • 『バッカスとミューズの贈り物。酒の本棚・酒の寓話』コリン・ウィルソン(サントリー博物館文庫)
  • 『歌舞伎名作撰 棒しばり・年増・供奴』DVD(NHKエンタープライズ)
  • 『スペンサーの料理』東理夫(早川書房)

    泥酔、痛酒、駄目酒
  • 『今夜すべてのバーで』中島らも(講談社文庫)
  • 『平成よっぱらい研究所 完全版』二ノ宮知子(祥伝社コミック文庫)
  • 『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』鴨志田穣(講談社文庫)
  • 『毎日かあさん』西原理恵子(毎日新聞社)
  • 『カフェでよくかかっているJ-POPをボサノヴァカバーを歌う女の一生』渋谷直角(扶桑社)
  • 『DINNER』平山夢明(ポプラ文庫)
  • 『失踪日記2 アル中病棟』吾妻ひでお(イースト・プレス)

    2013ベスト
  • 『宇宙船とカヌー』ケネス・ブラウアー(ヤマケイ文庫)
  • 『バイダルカ』ジョージ・B. ダイソン(情報センター出版局)
  • 『人が集まる「つなぎ場」のつくり方』ナカムラクニオ(阪急コミュニケーションズ)
  • 『ねじれた絆 赤ちゃん取り違え事件の十七年』奥野修司(文春文庫)
  • 『センス・オブ・ワンダー』レイチェル・カーソン(新潮社)
  • 『マルセロ・イン・ザ・リアルワールド』フランシスコ・ストーク(岩波書店)
  • 『ポンテのはる』オスターグレン晴子/エヴァ・エリクソン(福音館書店)
  • 『おふろでちゃぷちゃぷ』松谷みよ子/いわさきちひろ(童心社)
  • 『アメリカ南部の家庭料理』アンダーソン夏代(アノニマスタジオ)
  • 『卵をめぐる祖父の戦争』デイヴィッド・ベニオフ(ハヤカワ文庫NV)
  • 『やさしいデザイン』武田瑛夢(エムディエヌコーポレーション)
  • 『あそび心を伝えるデザイン』ヴィクショナリー(グラフィック社)
  • 『パシフィック・リム』アレックス・アーバイン(角川文庫)
  • 『帰りたかった家』青木玉(講談社) >

「SFとは、未来世界のお話ではなく、過去に起ったことを未来に投影したもの」という主張に激しく納得。
11

12

『平成よっぱらい研究所』は2ページ読んだだけで、とても駄目な呑兵衛の話であることが分かった。
13

14

『ロマネ・コンティ』が被る。さすが開高健。
15

『世界の一流ビール GREAT BEER GUIDE』を書いたビール界のマイケルジャクソンは、「ホップの帝王」という異名らしい……
16

19

絶品のローストビーフ。ホットワインと合わせて至福の時間。
20

21

24

25

 本をダシにしてオトナが全力で遊ぶのがスゴ本オフ。ご興味ある方は、facebookスゴ本オフまでどうぞ。あなたの知らないスゴ本は、きっとここに集まっている

| | コメント (2) | トラックバック (0)

事故る人と事故らない人のあいだ『交通事故学』

交通事故学 日本人は一生のうち、一度は交通事故に遭遇して負傷するか死亡する可能性があるという。本書は、その確率をより小さくするための一助となる。

 著者は早稲田大学の教員で、行動特性の観点から交通事故におけるヒューマンエラー分析を行ってきた。その知見を元に、人間心理、車の構造、交通システム、運転環境の視点で、「どうしたら事故を減らせるか」に迫る。人は間違いをするものだが、車が衝突するかしないかは、ドライバー次第であるという主張に身が引き締まる。事故る人と事故らない人のあいだには、運以外のものが沢山あることが分かる。

 「人は間違える」という前提で、「物陰から急に飛び出してきた」という証言や、「とっさのことで間に合わなかった」という説明が再検証される。突然、危険が発生したかのように聞こえるが、実はその前に判断材料があるにもかかわらず見落とし、判断せずに進行してしまったため事故に至ったケースがほとんどだという。その「突然」をなくすのが、“かもしれない運転”になる。JAF会報誌の連載「事故ファイル」の危険予知クイズで鍛えられたが、そうした“かもしれない”事例集として本書は役立つ。

 アイカメラを装着した熟練者と初心者に高速道路を運転してもらい、「実際に何を見ているか」を調査した結果が瞭然だ。熟練者は中心視で道路の消失点を見て、レーン位置などは周辺視で捉える。一方、初心者は中心視であちこち見回し、時に運転と関係ない電柱などを凝視する。特に、「カーブの内側を見る」点が如実で、熟練者の7割が注視する一方、初心者は3割に留まっている。「進行方向を見る」をさらに意識したい。

 かなり厳しい意見なのが、高齢者ドライバーについて。視機能、運動機能、反応速度の低下、判断誤りなど、加齢に伴う影響は数え切れない。にも関わらず、心身機能の低下を認めようとせず、身勝手なルール解釈が習慣的行動になっているのが現状だという。

 重要なのは、そういう車で、道路はあふれていることを前提に行動しなさいという点だ。前方不注意や判断ミス、ブレーキとアクセルの踏み間違い、唐突な割り込みをする高齢者がこれからも続々と増えてくる……そのつもりでいないと。免許の年齢制限といった施策が求められるだろうが、実現は遅々としている。

 飲酒運転が危険である理由の一つに、認知判断力の低下がある。では、認知判断力が低下している人がハンドルを握るのは大丈夫なのだろうか?報道がそういうスタンスにならない限り、この問題を解決する機運は盛り上がらない。老老介護や老老犯罪、あるいは老老相続が一般化しつつある。同様に、認知判断力が低下した高齢の歩行者を、これまた高齢ドライバーが轢くといった老老事故が増加することは、想像に難くない。だから、いま目の前にいる高齢者ドライバーには、電車のシルバーシートのように、道を譲るぐらいの気持ちでいっていただこう

 ハンドルを握る前に、交通のリスク管理をすることができる。全国に約3200箇所あるという事故多発地点マップは、損害保険協会の[全国交通事故多発交差点マップ]が詳しい。まずは近所を調べてみよう。あるいは、HONDAのWeb・スマホ地図「SAFETY MAP」が役立ちそうだ。ホンダカーナビシステム「インターナビ」から得られた急ブレーキ多発地点情報や、警察から提供された事故情報を元に作成された、危険箇所をシェアするシステムだ。オートドライビングよりも、こうした危険箇所とカーナビを融合させたサービスが欲しい。著者は、危険予知トレーニングとして、タブレット端末で訓練できるソフトを開発して提供している。ドライバー目線で交通状況が表示され、ハザードをいかに早く発見できるかという「Hazard Touch」というらしい(App storeで探しても見つからない…)。

 予防の1オンスは治療の1ポンドに優る。事故らぬ先の杖として、ドライバー必携の1オンス。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月8日 - 2013年12月14日 | トップページ | 2013年12月22日 - 2013年12月28日 »