« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »

シバレン剣豪小説傑作選『一刀両断』

 天才というものは、殆ど例外なく、狂気を内に宿している

一刀両断 一刀流の継承者『小野次郎右衛門』からの一節。剣豪小説の枠を借りて、天才の孤独と狂気を描いている。名を成して伝えられている者たちは、すべて伝説となるまで生き残った者たちだけ。剣一途の生涯を送り、無数の試合に勝ち抜いた一流の兵法者は、常人の枠を突き抜けている。キアイの入った表紙は、むしろ両断される敵方のほうだろう。一流者はみな静かだ。その静かな狂気を孕んだ緊張を、削ぎ落とした文で味わう。

 『一刀両断』は、柴田錬三郎の作品から、実在の剣豪がモデルになっているものを選んだ短篇集。ラインナップは以下の通りで、古くからのファンには感涙モノらしい。

  塚原彦六
  小野次郎右衛門
  宮本無三四
  霞の半兵衛
  実説「安兵衛」
  平山行蔵
  孤独な剣客
  心形刀

 フォーマットが「剣豪モノ」なだけで、ミステリ仕立てに展開したり、史実の因果と愛憎劇や逆転劇にアレンジしたり、一筋縄でいかない物語を作り上げている。必ずしも勧善懲悪ではなく、後味の悪いラストも用意されているのがいい。

 本物と対峙すべく、武蔵の名を騙る『宮本無三四』に出てくる本物の武蔵の鬼畜っぷりがいい。『バガボンド』の吉川英治に味付けされた武蔵に慣れていると度肝を抜かされるに違いない。未読だが、柴錬『決闘者宮本武蔵』の方が圧倒的に面白いと聞く。たぶん、この“武蔵”なのだろう。

 白眉は『孤独な剣客』、幕末の剣客・上田馬之助の復讐譚。強い上にさらに高みを目指す、狂気じみた求道性が、これ以上ないほど削ぎ落とされた文で描かれている。中島敦『名人伝』と並べる評者もいるが、その通りだろう。

 究めるために、人間を辞めるところまで逝った男たちの生き様が、カッコよく見えた時もあった。しかし、今では孤独や無常の方を、より強く感じるのは、わたしがトシとったからなんだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

なぜヒトはおっぱいが好きなのか?『おっぱいの科学』

おっぱいの科学 おっぱいの最前線が、ここにある。

 「いいえ、僕は尻派です」と嘯く人も、ちょっと付き合ってほしい。わたしだってオシリストだ[証拠]。だが、「なぜおっぱいなのか」について深く掘り下げた本書を読めば、女性の胸について認識を新たにするだろう。これは、【全年齢推奨】『ヴァギナ』と同じである。持ってはないが、知ってるつもりのあそこについて、いかに自分が無知であることを思い知らされるから。

 大きなテーマは乳がんであるが、それだけではない。「なぜヒトの女性がおっぱいをもつようになったか」から始まって、哺乳の進化、乳房の構造と働きが解説される。そして、乳房の究極の“不自然史”ともいうべき豊乳手術の現状が体当たりでレポートされ、「母乳 vs 粉ミルク」論争の科学的決着、化学物質による母乳汚染について語られる。著者は二児の母のサイエンスライターで、ジャーナリストとしての冷めた目と、当事者としての熱い目の両方で、おっぱいのリアルを見つめる。

 なぜおっぱいなのか?乳房の起源をめぐる話には政治的・性的・社会的思惑がついてまわる。乳房がどのように誕生したかを考えることは、乳房の「存在目的」を考えることになる。これは、非常に微妙な問題だ。

 「男がおっぱいを好んだから」という性選択説とは、即ちこうだ。もともと、メスの外性器が赤く肥大化することで、生殖の準備ができたことを告げていた。だが、直立歩行により隠れてしまい、代わりに乳房が成熟したことを知らせるようになった。オスは乳房で健康と成熟を判断したのである。いっぽう著者は自然選択説を採っており、乳房とは単に脂肪を貯蔵する過程で生まれた副産物に過ぎないという。なんのために乳房があるのか、性選択と自然選択の両面から迫るが、自然選択説の分が悪そうに見える。しかし、乳房を性的なものとして捉えすぎることによる害については同意する。

私たちは乳房を性的な対象としてしか見ない世界に生きているために、乳房が本来もつ最も大事な機能(授乳と強烈な神経の感覚)を犠牲にしてまでセクシーになることを選び、ついにはその見返りにセクシーさのシンボルであるはずの器官が性的感覚を失うまでになっている
 メディアに偽房があふれる今、それを規準にして少年は少女を、少女は自分自身を判断するようになった。「あるべき理想の乳房」という固定化した観念は危険である。妊娠・出産・授乳期も含め、10年以上も観察し続けたから、そういえる。著者の言うとおり、「乳房とは絶えず変化する動的なプロセス」なのだから。

 よく観察されてるわりに、人類は乳房を分かっていない。妊娠に乳がん予防効果があるという調査報告があるが、そのメカニズムはいまだに分かっていない。母乳は培養したヨーグルトに近く、乳汁の分泌が進化した一番の目的は栄養ではなく免疫力を与えることだった可能性が高いというが、粉ミルクはそこまで至っていない。乳房は外界を映し出す鏡で、化学物質が濃縮される場所でもあるが、どこまで母乳が“汚染”されているか、不透明なのが現状だ。

 男女を問わず近くて遠い、おっぱいの最前線を刮目すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

都市から見た人類『都市の誕生』

都市の誕生 人類は、都市から見ると面白い。

 都市は単なるインフラや建造物の集積ではなく、人間のもっとも偉大な創造物である。人類の営みを、都市という面から捉えると、多様でありながら普遍的で、変化しながら不変的な要素をもつことが分かる。あらゆる時代、あらゆる文化の都市のあいだに、類似したところを串刺しにする───これが本書の主旨。

 歴史や習慣、マネーや余暇、未来都市といったテーマに分かれ、文学や映画、美術などの多彩なジャンルを横断しながら、どこかの都市のガイドブックのように紹介している。都市のコアな部分を見せようとしつつ、文化による差異が顕われてしまうのが面白い。

 例えば、都市の「形」。生物のコロニーのような形状になると思いきや、根底の思想がヨーロッパと中国(と日本)で異なっていることに気づかされる。古来の世界観に基づき、宇宙を模した方形となっている中国の王城とは対照的に、限られた石材と煉瓦で内側の面積を最大するために円形なのがヨーロッパの古城になる。象徴性と実用性の重心が、都市の「形」に表われている。

 「理想的な都市」という斬口でも、さまざまなバリエーションが表れてくる。例えば、ル・コルビジェが影響を与えた大規模都市ブラジリアは、完全に計画された『輝く都市』になる。建造物は素晴らしいが、人々の生活と完全に分断されており、密集性やカオスが排除されている。究極のハコモノ都市やね。

 また、プラトン『国家』で描かれた「カリポリス」は、哲人王によって統治され、厳しい階級制度が敷かれた都市国家である。住民は徹底的に監視され、管理されている。思考実験としては理想的だが、住むのは御免被りたい。

 「壁を築いたとき、人間は初めて動物ではなくなった」「壁は最も偉大な発明かもしれない」この名台詞は、ザミャーチン『われら』にある。人は名前を持たず記号で呼ばれるディストピアで、緑色の壁は有害な俗世間から守っているのではなく、人々を無慈悲な独裁国家に閉じ込めている。「ムリヤリ天国を作ろうとすると、たいてい地獄ができあがる」という言葉は、社会制度のみならず都市計画にもあてはまりそう。

 都市生活の匿名性を語るとき、ポー『モルグ街の殺人』が紹介されているのが興味深い。殺人事件を通じて、共同体の匿名性を浮き彫りにしたうえ、パリという街を“バベル”として表現している。田舎からの逃げ場として、職にありつく機会やきらびやかな消費の舞台として、あるいは自己発見をする拠り所として都市は、「誰でもない自分=あたらしい自分」になれるのだ。

 また、「舞台としての都市」を広場という断面で見せている。天安門広場やカール=マルクス広場、そして最近ならタハリール広場まで目配りしているのも新しい。大規模なデモが行われ、アラブの春の舞台として民衆の力を再発見した場が「広場」になるのだ。

 さらに、世界中から人々を引きよせる、聖都としての役割も面白い。ヴァラナシ(ベナレス)やメッカ、そしてエルサレムといった大御所のなかで、京都がしっかりと紹介されている。日本人が思っているよりも、京都は(人類レベルで)重要らしい。

 都市の未来はどうなるか?「都市の死=廃墟」というテーマも惹かれる。ウルクやアテナイやモヘンジョダロといった古代のみならず、カート・ヴォネガット『スローターハウス5』で描いた空襲後のドレスデンや、ヒロシマとナガサキが紹介されている。爆撃による荒廃のみならず、アメリカ版アクロポリスとしての、デトロイトが廃墟の代表として挙げられている。未来の廃墟は、戦争ではなく経済によって引き起こされるのかも。

 未来の都市を描くには、SFの方が上手だ。以下の作品のみならず、多くの映画や小説を引きながら、ユートピアンな奴からディストピアンな都市が出てくる。

 『スター・ウォーズ』の空中都市クラウドシティ
 『マトリックス』の地下都市ザイオン
 『月は無慈悲な夜の女王』の月都市

 中でも強烈なのは、『ブレードランナー』の冒頭シーン、2019年のロサンゼルスは、都市の未来の代表例。スモッグに覆われ、金色の焔を上げる暗黒の未来像は、今でも印象に残っている。計画停電で暗い夕暮れ、放射能雨を気にしながら電子タバコをふかしつつ、携帯端末をチェックするという、ものすごくベタなSFの時代になったものよ。「ふたつで十分ですよ!」は、今や希少種のウナギになるかもしれない。

 都市は様々な民族を抱え込んだ世界の縮図、いわば世界村とも言える。チャイナタウンやゲットーという側面から見ると、都市の民族面が語れるし、ムンバイやスモーキー・マウンテンを挙げれば、スラムとしての都市がテーマになる。電力網や地下鉄、上下水道や光ファイバーケーブルといった、インフラ網から攻めるなら、そのまま衛生学の歴史、情報網の歴史、鉄道網の歴史になる。網羅性を目指す本書をとっかかりとして、自分で深堀りするのも面白い。

 様々な斬口から都市の発達と変遷を紹介しつつ、そのまま人類の集積を読み解くことになる。「都市は人をどのように変えてきたのか?」知的好奇心をたっぷり満足させるべし。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2013年10月6日 - 2013年10月12日 | トップページ | 2013年10月20日 - 2013年10月26日 »