« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »

良書カタログ『私が目覚める、読書案内。』

私が目覚める、読書案内。 雑誌のブックガイド特集は、わりと期待している。というのも、編集者のアンテナがそのまんま選書のフィルタになっているから。雑誌の「色」に合わせてはいるけれど、読書癖のようなものが透け見えて愉しい。

 その意味で『フィガロジャポン』の本の特集はツボになる。文学や詩集、アート、哲学、絵本、食といったテーマから、定番を少しズラした、隠れた傑作ばかりを集めており、カタログ感覚でつきあえる。書影と惹句とレイアウトが絶妙で、短めで食い足りない紹介文は、読者が手にとって確かめるべし、と言っているかのよう。

 例えば、ガルシア=マルケスなら『百年の孤独』と思いきや、『エレンディラ』が紹介される。いずれも神話的な語り口で紡がれるマジック・リアリズムに満ちた作品だが、「ガルシア=マルケス入門として」最適なのかも(短篇集だし)。

 また、須賀敦子『遠い朝の本たち』については、「ここに挙がっている本を一冊も読んだことがなくても、またこの先も読む見込みもなくても、本書を読んだ記憶は長く残るでしょう」という魅力的な誘い方をしている。本(の中身)の記憶ではなく、その本を読んだときの、自分との結びつきの思い出を語りかけてくる。

 同じ"オススメする側"としても参考になる殺し文句が随所にあり、思わず使ってみたくなる。ド定番のカフカ『変身』を、「ザムザを情けない青年として訳す池内訳を読むと、こんなに笑えて無惨な話だったのかと目からウロコ」と言われると、ぜひ白水uブックスの池内紀訳で読みたくなる。

 ずっと積読リストに入りっぱなしのユルスナール『ハドリアヌス帝の回想』は、「死の床にある『わたし』の回想から無彩色の題名からは想像もできない内面のプリズム」と評する。どんな色彩を感じられるか、いっそう楽しみになる。

 他にも、三島由紀夫は『反貞女大学』、澁澤龍彦の『ホラー・ドラコニア 少女小説集成』といった"狙った"選書から、レム『ソラリス』やソンタグ『他者の苦痛へのまなざし』などの直球まで、「わたしの趣味」に沿ったバラエティ豊かなラインナップも面白い。

 未知なる世界へのパスポートとして、人生の相談役として、良書ばかりがセレクトされた一冊。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ボルヘスのお気に入り『新編バベルの図書館 第3巻』

バベルの図書館第3巻 人生は短く、読む本は多い。読みたい本を読み尽くす前に、わたしの命が尽きる。死ぬときの後悔の一つは、「あれ読みたかった……」だろう。せめては予め面白いと分かってる未読に絞りたい。だが、読んでないのに面白いとはこれいかに?

 そこで読み巧者のオススメですぜ。ボルヘス師匠という先達を得て、どれだけ面白い作品に出会えてきたか。ボルヘス自身の指がつむいだ作品のみならず、師の指す先を見るにつけ、宝の山に咽びながら『バベルの図書館』を読み干す。アク・クセ・ドクはあるけれど、極上のライブラリーが集まっている。未知の作家に出会えるだけでなく、既知の作家の知らない傑作が読めるのも嬉しい。

 収獲は、ダンセイニ卿の『不幸交換商会』。「互いの不幸を交換し合う」という、いかにもありそうな奇譚だ。入店料を払うと、客は誰かと不幸や不運を交換する権利を得ることができるようになる。「分別」と決別した男は、幸福そうなしかし愚かしい表情で店を出て行くが、もう片方の男は、困惑した、思い悩んだ様子で立ち去ってゆく。客たちはそれぞれ、逆の不幸を交換するシステムになっているらしい。

かつてひとりの男が、死を交換しようとここへ駆けこんできたことがあった。彼は誤って毒薬を飲んでしまい、あと十二時間しか生きられないというのだ。この邪悪な老人は、その願いをかなえてやることができた。客がひとり、商品を交換しようと待っていたのだ。

「しかし、その男は死と引き換えに、何を得たのかね?」と私はたずねた。
「生ですとも」と陰気な老人は、ひそやかにほくそ笑んで答えた。
「それはさぞかし恐ろしい生だったにちがいない」と私はいった。
「そりゃ、わしの知ったこっちゃない」
 これだけでもじゅうぶん魅力的な設定なのに、これはマクラにすぎないのだ。この短篇は簡潔に完結してしまっているが、シリーズにしたくなる物語の磁力を放っている。

 アーサー・マッケンが描く、悪の勝利と人間の堕落は面白い(といったら不謹慎か)。ありえない幻想物語なのに、そこで繰り広げられる選択と行動は、極めて現実的だ。大嘘の物語に読者を突っ込ませる代わりに、その片足はリアルに残させる。最後の頁を閉じて「お話でよかった」と胸をなでおろしながら、極端な現実をシミュレートできる。

 本作に収録されている作品が、『三人の詐欺師』という変わったタイトルの短篇集から採られていることが象徴的だ。中世末期、『三人の詐欺師について』という危険な書物が取り沙汰されていた。人類は、モーゼ、キリスト、マホメットという悪名高い三人のいかさま師によって誘惑されてきたという主題だ。宗教会議で幾度も弾劾されたこの本、ぜひ読んでみたいが現存しないらしい。だが、マッケンの短篇集を経て、本書で読むことができる。確かに、ポーやラヴクラフトばりの神の不在を味わえる。光文社古典新訳『白魔』に俄然興味湧いてきた。

 他にも、哲学的ゾンビ物語からキリストの受難にスピンアウトするのが面白い『ペルシアの王』(ヒントン)や、[このカドカワが凄い]で強力にオススメされた、ファンタスティック・ゴシックの傑作『ヴァテック』(ベックフォード)など、嬉しい発見が沢山ある。

 ありえない現実にありがちな欲望が捩じ込まれており、その強烈さが時代を乗り越えている。100年前の幻想譚なのに、現代でも通じる(というか、舞台と小道具をそろえれば花開く)。幻想ネタや世界観の宝庫で、シナリオ屋さんにはご馳走だろう。

 読み達者が選んだ、幻想怪奇の文学全集を堪能あれ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

猫専門書店「にゃんこ堂」いってきた

 珍しい猫本専門店「にゃんこ堂」。とはいっても、神保町の姉川書店という普通の本屋の中に猫本棚がある構成で、いわば書店内書店なのだ。客足が途切れず、猫好きホイホイとなっている。

 エッセイ・コミック・写真集、絵本・小説・専門書と、ひたすら猫・猫・猫づくしで、猫好きにはたまらない棚だろう。大型書店で限定期間で、猫本を揃えることはあっても、ここのように常設しているのは珍しい。猫本専門ネットショップ「書肆 我輩堂」にも悶絶させられるが、ここのように実際に手に取れるのも嬉しい。

 たぶん、今あなたの頭に浮かんだ猫本はだいたいある。『100万回生きたねこ』『猫語の教科書』『綿の国星』あたりがピンとくるが、ありったけを貼っておくので、あなたのイチオシ猫本があるかどうか、探して愉しんでくださいませ。

『ネコを撮る』という発想がイイ
01

『ノラや』『綿の国星』は鉄板ですな
02

『ねこのオーランドー』も定番と聞く
03

猫と写真と随筆は相性がイイ
04

05

『100万回生きたねこ』『空飛び猫』も鉄板
06

キャパを捩った『ちょっとネコぼけ』、でもほのぼの
07

「猫は天からの贈り物」……確かに!
08

09

10

猫の目の表紙カバー、実は猫耳が隠されているぞ
11

『世界は猫のもの』……いいキャッチだ
12

13

町田康って猫エッセイ書いてたんだ
14

15

にゃんこ堂のしおりは、なくなり次第終了とのこと
16

『猫の教科書』は、ここで買った
17

 プラス、「あれ?」「おや?」というような、ちょっと変化球の、でもちゃんと猫ねこした奴が並んでいる。あ、でも定番中の定番、『吾輩は猫である』がなかったような……私的オススメ猫本が無かったのが残念。「この猫本がイイ」として三冊挙げるなら、これ。

ちびねこ絵本ねこめーわく優駿猫の地球儀

 『ちびねこ』(大島弓子): 見る癒やし。名作『綿の国星』の番外編。もとは幼児向け絵本雑誌『おひさま』に連載されていた中から、作者が選りすぐった珠玉の構成となっている。ちびねこが小サイズになっているように見えるのは気のせい?

 『ねこめ~わく』(竹本泉): 猫の世界に召喚される女子高生の話。猫がかわいい、女の子がかわいい、かわいいは正義まんまだが、相変わらず竹本泉先生なので、何も起きず、何も変わらず、とぼけてて、安眠できる変な話を愉しめる。

 『猫の地球儀』(秋山瑞人): 可愛い表紙に重いテーマ(通して読むと表紙詐欺)。説明抜きで話が始まり、大加速し、ユニークかつ興味深い世界設定や実存ネタ、萌えキャラに翻弄されるうちに一気に読み終える。擬人化というより擬猫化されたSF。

 この三冊は見当たらなかったので、ぜひ揃えてくださいませ>にゃんこ堂様

| | コメント (2) | トラックバック (0)

アートは欲望に宿るのか?『欲望の美術史』

欲望の美術史 口にするのは憚られるが、ずっと思っていたことを直球で言い切った本。アートと欲望の深い関係が見える。

 もちろん立派な「創作欲」という言葉があるが、本書で挙げられているのはそんな高尚なやつではない。ありがちな性欲、食欲、金銭欲から、根深い嫉妬や名誉、さらに闘争心や恨み・恐怖など、極めて身近な感情にドライブされて、美が生み出される。

 納期と罵声と安値に叩かれるインプットから、どす黒くてドロドロした何かを経て、美麗なグラフィックが誕生する現場図を見たことがある。あれはウェブやゲーム製作の話だけじゃないんだ。美が売り買いされるようになったあたりから、連綿と続く「欲望の歴史」でもあることが分かる。

 本書は、美術を生み出し、求めるときの様々な欲望に焦点を当て、美が生まれる原点を渉猟するエッセイとなっている。面白いのは、絵画や彫刻といった一般的な美術作品に限定していないところ。「絵馬」や「刺青」といった、通常は美術と見なされない特殊なジャンルまで目配りしており、非常に刺激的な作品が並んでいる(ボルハのキリスト修復画が大真面目に紹介されていて笑った)。

 たとえば、性欲といった分かりやすい欲望については、ヌードの“危うさ”という視点から切り込む。著者はまず、ヌードとは、「理想化された裸」であり、「ありのままの裸」はネイキッドという定義から始め、人体こそ美の基準とした古代ギリシアの例を引く。

 そしてヌードと猥雑の境界線の拮抗を、「腕を広げて横たわる裸婦」(モディリアーニ、1917)で示す。裸婦に黒々とした陰毛が描かれていたことが問題となったからだ。わたしくらいのオッサンになると、黒木香の腋毛や『Santa Fe』の陰毛を想起するが、欲望とモラルが衝突・融合・昇華した、まぎれもない美術作品と思う。

 また、「嫉妬」が、『ゲルニカ』(ピカソ、1937)を彩っていることを知って驚く。ゲルニカの背後に、オンナの泥沼劇があったというのだ。パブロ・ピカソは、愛人が替わるたびに作風が変わったといわれ、様々な女性がピカソの豊潤な作品世界にたち現れている。

 ある日、ピカソの二人の愛人が仕事場で鉢合わせ、つかみ合いの激しい喧嘩となったが、ピカソはなすすべもなくそれを見ていたという。その様子が、『ゲルニカ』の画面左端で子どもを抱いて泣く女性に表れているという。色恋沙汰や恋愛感情を超えた、どろどろした愛欲を、全然関係無いような美術作品からムリヤリ垣間見る。美は欲からひり出されるんだね。

 一般に、金銭へ執着し、貪欲な芸術家ほど、数多くの優れた作品を遺しているという。これ、何かのスケールで統計分析したら面白い(でもまっとうな)結果が得られそう。芸術家は己の純粋な創作意欲のみに従って創作し、見返りなど頓着しないと思われがちだが、まったくの幻想であることが分かる。

 本書では『枯木寒鴉図』(河鍋暁斎、1881)がその例として挙げられている。この簡素な水墨画に百円という破格値がついたが、速攻で売れたという(「昔の1円は今の何円?」によると、今の百万円)。あまりに高すぎるという非難に、「これはカラスの値段ではなく、長年の画技修行の値なのだ」と応えたという。「15分で描いたスケッチが5000フランとは高すぎる」という依頼主に、80年+15分の報酬だと返したピカソの逸話を思い出す。

 他にも、美を生み出す様々な動機が俎上で捌かれる。王の権力を強化するためのイメージ戦略としての絵画や、戦意高揚として利用されてきた戦争画は、背後の意図が丸見えだ。

 背後の感情に目を遣ると、異なる様相を帯びてくるのも面白い。空間恐怖症の患者が濃密に書き込んだ作品や、幼くして死んだ子の鎮魂画(なかったはずの結婚式のムサカリ絵馬)は、込められた感情が胸に迫る。日本の刺青は、本人の自意識と他者の眼差しとの相互関係の上に成り立っているという分析に膝を打つ。阿弥陀如来画とキリスト教の往生術の挿絵を比較して、それぞれの「死との向き合い方」の違いが示されており、翻って"自分の死"ならどっちのアプローチが好き?と考えさせられる。

 作品そのものの"美"ではなく、背後にある感情に着目すると、美が生まれる瞬間には、必ず欲望が寄り添っていることが分かる一冊。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年6月23日 - 2013年6月29日 | トップページ | 2013年7月7日 - 2013年7月13日 »