« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »

兵站とは戦争のインフラである『補給戦』

補給戦 戦争を「補給」の観点から分析した名著。勝敗は兵站によって決定されることが分かる。

ナポレオン戦争からノルマンディ上陸作戦まで、軍隊を動かし、かつ軍隊に補給する実際的方法───兵站術を論じ、戦略に与えた影響を考察する。戦略は政治と同じく可能性の技術だといわれるが、国力や思想、情報、兵器あるいは戦術によって左右されるだけではなく、冷徹なる現実によって決定されると主張する。すなわち、軍需品や組織、管理、輸送、通信線についての諸現実によって決定されるというのだ。

 進撃や包囲、戦闘や殲滅といった「戦う」局面に目を向けがちだったのが、本書により「補う」ことの重要さを、これがなくては戦うことすらできない単純な事実を思い知らされる。兵站とは戦争のインフラであり、戦略ゲームの「補給車」のような「点」というよりも、補給ライン、戦争をする動脈のようなものだということが理解できる。

 たとえば、16-17世紀の略奪戦争では、軍隊はいわば「動く都市」だった。そこには補給の概念がなく、現地調達───軍税であれ掠奪であれ、必要なものは敵地で入手していた。軍隊は食っていくためには、常に移動し続けねばならなかったのだ。敵から略奪し敵の犠牲において消費してゆくことで、敵のリソース(人、物資、国土)を消費していることになる。この時代では、河川の利用方法を熟知している側が勝利した事実が述べられている。船による運搬能力が荷馬車と比べて大きいし、何よりも荷馬車そのもののための補給物資(かいば)が必要になるから。

 これが19世紀になると、水路に合わせて鉄道が“動脈”となる。ドイツの大モルトケの作戦は鉄道や電信を利用したことで有名だが、本書では補給の現場の観点から「理論倒れ」と手厳しい。鉄道守備隊の不十分な武装や、修理設備の不備により運用実績は一割程度だったという。何よりも、鉄道輸送中央本部が設けられず、請負業者をコントロールできなかったことを問題視する。鉄道線の限界超えた過大量を前方へ送り込む一方、列車の荷下ろし労働力や車輌・貯蔵設備が足りず、補給物資を腐らせたり破棄させたりする事例が多々あったという。輸送ラインの動脈硬化やね。

 兵站の視点からバサバサと斬ってくる。第一次大戦では、シュリーフェン計画の壮大さに比べ、輸送の現実は貧弱すぎて、補給がうまくいったのは、たまたま季節がよかったからだという。ヒットラーは、自軍を三つの異なった軸に分散しないで、モスクワに集中すべきだったという主張に反論し、兵站状況からするとヒットラーの判断は妥当だったという(利用可能の道路と鉄道線が少ないため、軸を集中させたらモスクワ攻撃に補給ができなかった)。

 ただし、独陸軍の兵站には、編成に問題があったという。鉄道・国内水路による輸送の指揮系統と、自動車輸送隊の統括が別の部局で、連携が取れていなかったという。いわば、一方は補給のパイプの両端を指揮し、他方はその中央部を握っていた状態で、一貫した兵站ラインが維持できていなかったという。

 補給の観点から過去150年間で最も“理想的な”作戦は、ノルマンディー上陸作戦だと主張する。準備の段階からも、指揮官の経験の面からも歴史上比を見ないほどに組織的な計画に頼って、作戦を準備し遂行した軍隊だったというのだ。

 計画の段階から独特だったという。立案者は、計画を立てる「前に」モデルを構築したという。上陸する18ヶ月前からさかのぼって、兵員と資材の流れに影響を与えるありとあらゆる要因について、包括的な展望をモデリングしたのだ。

 それは、舟艇や輸送船、貨物船、タンカー、はしけといった、一定時間内に陸揚げできる兵員、装備の最大量の条件。なぎさの広さと数、その勾配、海流、風、波浪の一般的状況、海浜から内陸部に入り込む道路といった、地形学的、気象学的条件。さらには、海浜からの停泊地や空軍の援護などの主要因から、「あるモデル」を作成したのだ。そして、このモデルを作り終えてから、計画担当者たちは地図にとりつき、これらの条件を満たせる場所をヨーロッパに探し始めたという。

 実際のところ、計画があまりに厳密すぎ、詳細すぎたと評価している。
実戦では計画に沿ってというより、計画なしで進み、計画とは違って進捗した。この乖離は、立案者たちが準備段階の価値を過大評価しすぎ、現場の決断や常識、即決処理の有用性を過小評価していたからだという。このような判断ができるのは、充分な計画がなされたからだろう。ダンドリが九割されていれば、後はそれに従わなくても計画が吸収してくれるから。

 「戦争とは残酷である。決定的な場所に最大の兵力を集中することを知っている者が勝つ」とはナポレオン・ボナパルトの言葉。だが、ひとたび、決定的な場所が確認されれば、そこに兵士と物資を投入するのは「兵站」の領域の問題となる。

 兵站が戦争に及ぼした影響を考察することで、兵站は戦争のインフラそのものであることが分かる一冊。


| | コメント (6) | トラックバック (0)

力学と解剖学で強くなる『格闘技の科学』

格闘技の科学

 力学と解剖学から格闘技を分析した好著、強さの Why と How が分かる。

 勘所や虎の巻で示されているノウハウを、合理的に説き明かす。「強い人はなぜ強いのか」が分かり、「その強さを自分に適用するには」が理解できる。「なぜ」が分かれば「どのように」も引き出せるので、本書の方法で練習を積めば、効率よく上達する(はずだと著者は請け負う)。

 実をいうと、三年前から空手の稽古を続けている。本書を読むと、わたしの師匠がくり返すアドバイスには、ちゃんと科学的な根拠があることが分かって嬉しい。「指導の対象となっている筋肉・骨格の動き」を意識して動けるようになったのだ。

 たとえば、「拳を引くつもりで突き」をせよという(師匠は、「突く倍のスピードで引け」)。なぜか?本書では、「腕を曲げるときに働く上腕二頭筋を意識するな」と言い換える。上腕二頭筋の収縮感覚を大きくしようと力むほど、上腕二頭筋に力が入って、肘間接角度の変化の速さ(角速度)が落ちるからだという。つまり、「拳を引くことを意識せよ」=「拳を出す上腕二頭筋の収縮感にこだわるな」になる。文字だと分かりにくいが、本書のイラスト+角速度のグラフなら一発だ。

 または、「蹴りはそこに壁がある感じで」と言われる。空手に限らず、野球やゴルフのスイングでも「壁を作る」と言われるらしい。これは、角運動量の観点から説明がされる。物体の重心から離れた場所に力を加えると、物体が回転を始める性質がある。踏み込みモーションで体重が乗った蹴り足を、壁を作る(軸足を急停止させる)ことで急加速させるのだ。この急停止させる踏ん張りどころが「壁」なのだという。文字だとまだるっこしいが、イラストで見えない「壁」を見ながら自分で蹴ると分かる。

 原理が分かって興奮したのが、『B・B』の10cm爆弾。少年サンデーのボクシングマンガなのだが、「10cmの距離から人を粉砕するパンチ」が出てくる。かめはめ波と同じく、特訓したものよ(少年の浪漫なのだ)。ストレートパンチは、腕を伸ばす距離が必須だと思っていたが、ボクシングの「ショートパンチ」や八極拳「寸勁」は、この思い込みを覆す。

 パンチとは、力学的には両脚と胴体の大筋肉群のパワーを、肩を通じて腕に伝えて加速していくことになる。その原理どおりにパワーを伝えられるのであれば、腕を伸ばす、つまり腕自体からパワーをだすための距離が短くても、腕は肩の動きからエネルギーをもらって、高速に加速することができる。ブルース・リーは、ワンインチ・パンチと呼んで実演してみせたという。

 『台風の科学』で勉強した角運動量保存の法則が、回し蹴りに応用できることが分かって嬉しい。強い回し蹴りを出そうとすると、腕を逆向きに振ってしまう原理は、角運動量保存の法則から説明できる。

 角運動量とは、物体の回転の勢いのこと。物体が重いほど、回転軸からの距離が遠いほど、回転速度が大きいほど、角運動量は大きくなる。そして、角運動量に対し、外部から力がかからない限り、大きさは変わらない。これが角運動量保存の法則だ。回転椅子に座って両脚を浮かし、両腕を左右に強く振ると、両腕と逆向きに椅子が回る。両腕を振ることで発生した角運動量を打ち消そうと、椅子が逆向きに回転しているのだ。

 これを利用して、右回し蹴りのとき、両腕を右回りに振ると、その角運動量を打ち消そうと、右足と上半身がさらに速く、逆の左に回転する。両腕を大きく伸ばし(回転軸からの距離を大きくする)、高速で振るほど強い回し蹴りになる。同じ原理が、右ストレートから右回し蹴りへのコンビネーションにも働いている。これを読んで、力学を意識した稽古をするようになった。

 他にも、『あしたのジョー』のクロスカウンターの威力が衝撃力の最大値(kgw)で測られたり(静止状態270kgw・カウンター420kgw)、柔道の投技ごとに、力学的な原理がXYZ軸への回転で解説されたり、盛りだくさん。

 (役に立ってほしくないが)知っておいたほうがいいのが、「ナイフを持った相手とはどう闘えばいいのか?」だろう。本書では、ずばり「全力で逃げろ」と強調する。そして、どうしても逃げられないときの構えといなしを指南する。

 1. 手の甲を相手に向けて、顔面、ひじで胸(心臓)を守る
 2. 腹部は正面に向けて相手の突きを誘う

 ポイントは「突かせる」場所(腹)をあけることだという。つまり、攻撃の種類を限定させるのだ。突きに合わせて体を右にひねり、同時に顔をカバーしていた両手を下ろし、右手で相手の手首を上からつかみ、左手または前腕で外から内へひじを押さえるのだ。

 他にも護身術のイロハとして「手首をつかまれたとき」「胸ぐらを押さえられたとき」などの対処が、力学的・解剖学的に解説される。もちろん読んだからといって、すぐ実践できるわけない。だが、知らないよりは、知っておいたほうが(そして実践なしで済ませたほうが)よい情報でもあるのだ。

武術の科学 本書には続編が出ている。『格闘技の科学』がボクシングや空手といった、打撃系中心なのに加え、『武術の科学』では剣術や体術といった、体さばきや崩しに力点を置いているようだ。これも読んで稽古に使おう。

 わたしが空手を始めた理由は、「わが子がイジメられているらしいと思った親が最初にしたこと」に書いたが、問題はその次。息子を鍛えるつもりだったのに、技はわたしを追い抜いてしまっている。リーチと体格差でねじ伏せているが、背が追いつかれたら勝てなくなるだろう。そうなる前に本書で対抗策を練っていたが、さっき息子に見つかった……

 格闘技に対し、科学的に理解する/強くなるための一冊。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2013年5月12日 - 2013年5月18日 | トップページ | 2013年5月26日 - 2013年6月1日 »