« スゴ本オフ「結婚」「学校」のご案内 | トップページ | 『立花隆の書棚』 vs 『松岡正剛の書棚』 »

巨匠ボルヘスが選んだ文学全集『バベルの図書館4 フランス編』

バベルの図書館4 ボルヘスが編んだ傑作短篇集に、どっぷり漬かる。

 アメリカ編イギリス編ときて、今回はフランス編なのだが、ボルヘスが狙ってヤったのかどうかは別として、お国柄というか、対照的というか、臭うくらい性質が際立っている。

 ポーやメルヴィルの狂気と揶揄を堪能するのがアメリカ編なら、ウェルズやサキの残酷な寓意に震えるのがイギリス編になる。特に、トリックや意外なオチの宝庫はイギリス編で、後世のミステリ、幻想譚のネタバレ集になっている。初読なのに懐かしさがこみ上げる。

 フランス編で目を惹くのが、悪意。人のもつ純然たる悪意が、あからさまに描かれる。厭らしいことに、憎しみや妬ましさといった“不純物”が入っていないのだ。まじりっけなし、真っ直ぐな邪悪に触れてしまえる。ブラックユーモアといえばサキ(イギリス編)が有名だが、ブロワの場合、登場人物に敵意を抱いているとしか思えない。無邪気ともいえる書き口で、無慈悲な運命を抉ってみせる。そして、そのやり口も初読なのに懐かしいのだ。

 たとえば、ボルヘス曰く、『ロンジュモーの囚人たち』はカフカを予兆しており、そのプロットは究極のプロットと言っても良いとまで持ち上げる。だが、わたしにはカフカの短篇よりも、若かりし頃のS.キング(でなきゃ、リチャード・バックマン)がいかにも書きそうな不条理に見える。『ある歯科医へのおそろしい罰』は、ホラー短編マンガにありそうな話だし、さもなくば新聞社会面にひっそりと載っていてもおかしくない。

 あるいは、パンを便所に投げ込んでまわる人の話が、たまらなく嫌な気分にさせられる。そいつは、このことに憑かれて、パン屋に全財産を注ぎ込んだという。そいつは、いつなんどきも、大きなパンを小脇に抱えて歩いていた。いかにも楽しそうに、ぴょんぴょん跳ねながら、貧乏人の住む界隈の公衆便所に、いそいそ出かけて行くんだと。そしてたまたま、腹ぺこで死にそうな貧乏人の目の前で、これ見よがしにパンを投げ込むことができたりすれば、うれしさの余り天にも昇る心地になったという。

 貧乏人の目の前で、パンを便所に投げ込むこと、そいつの生き甲斐は、この意地悪(もはや“邪悪意”といっていい)を果たすこと───これに一種の残虐さを見いだす。人の心に残虐なのだ。

 人の悪意を見せ付けるために作り出された物語や、絶対的強者の残酷さをテーマとする寓話、正義と愚行が逆転してしまう奇譚などが、次々と広がっている。ボルヘスの紹介と相まって、半中毒状態に陥る。

ヴォルテール
 メムノン
 慰められた二人
 スカルマンタドの旅行譚
 ミクロメガス
 白と黒
 バビロンの王女

リラダン
 希望
 ツェ・イ・ラの冒険
 賭金
 王妃イザボー
 最後の宴の客
 暗い話、語り手はなおも暗くて
 ヴェラ

ブロワ
 煎じ薬
 うちの年寄り
 プルール氏の信仰
 ロンジュモーの囚人たち
 陳腐な思いつき
 ある歯医者へのおそろしい罰
 あんたの欲しいことはなんでも
 最後に焼くもの
 殉教者の女
 白目になって
 だれも完全ではない
 カインのもっともすばらしい見つけもの

カゾット
 悪魔の恋

|

« スゴ本オフ「結婚」「学校」のご案内 | トップページ | 『立花隆の書棚』 vs 『松岡正剛の書棚』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/57335661

この記事へのトラックバック一覧です: 巨匠ボルヘスが選んだ文学全集『バベルの図書館4 フランス編』:

« スゴ本オフ「結婚」「学校」のご案内 | トップページ | 『立花隆の書棚』 vs 『松岡正剛の書棚』 »