« この書店がスゴい『TOKYO本屋さん紀行』『TOKYOブックカフェ紀行』 | トップページ | あわせて読む『ソードアート・オンライン』と『クラインの壺』 »

スゴ本オフ「親子」のご案内

 オススメ本を持ちよって、まったりアツく語り合うスゴ本オフのご案内。2013年の最初は、「親子」がテーマですぞ。

 慈愛、支配、愛憎、確執、重荷……「親子」というキーワードから、あらゆる人間関係が紡ぎだされる。物語の形をした親子のドラマは、それこそ星の数ほどあるし、ドキュメンタリーやレポート形式の良書も沢山ある。そこから、「これは!」という本、マンガ、映画などを選んでほしい。

 難しいなー(面白いなー)と思うのは、テーマとの距離感で選ばれる本が違うところ。自身の経験に引きつけて選ぶとしても、自分が子どもだった場合と、親である今の視点とで、まるで違ってくる。また、親子関係が鍵となるドラマは、理想と現実の双方向で異なる本が思い浮かぶ(しかもどちらも傑作)。親子のドロドロを描いた私小説もある一方、「親子関係」を拡張すると、聖書にまで届く。沢山思い浮かぶなか、ピンと来たのを持ってきて。

 とき 2月23日(土) 14:00~19:00
 ところ 麹町
 参加費 2千円(軽食とドリンクでます)

 申込・案内は、facebook「親子のスゴ本」か、やすゆきさんの記事2013年最初のスゴ本オフは「親子」がテーマですをどうぞ。

 毎回強調しているけど、集まるメンツは「本が好き」なだけで、読書家でもなんでもないですぞ。読書は競争じゃない、楽しく新しくなるもの。twitterで「いいなー、参加したいなー」とつぶやいているだけだと一生入れません。「この一冊が好き」を伝えてくだされ。

 そして、来ると世界がババッと広がります。「こんな作品があったのか」と驚くだけでなく、「自分の好きな本を好きな誰か」を見つけることができるから。プレゼン勝負をする場じゃないので、気楽に熱く、その本への愛を語ってくださいまし。

|

« この書店がスゴい『TOKYO本屋さん紀行』『TOKYOブックカフェ紀行』 | トップページ | あわせて読む『ソードアート・オンライン』と『クラインの壺』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/56513895

この記事へのトラックバック一覧です: スゴ本オフ「親子」のご案内:

« この書店がスゴい『TOKYO本屋さん紀行』『TOKYOブックカフェ紀行』 | トップページ | あわせて読む『ソードアート・オンライン』と『クラインの壺』 »