« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月12日 - 2012年2月18日 »

「八月の砲声」はスゴ本

 ノーベル平和賞を受賞したノーマン・エンジェルは、国際平和における経済の相互依存関係を重視した。ベストセラーとなった「大いなる幻影」で、これだけ財政・経済が緊密にからみあう現状では、戦争は実行不可能だと証明した。第一次世界大戦が勃発する5年前のことだ

八月の砲声上八月の砲声下

 もちろん戦争は外交の延長にあるが、為政者は戦争を避けたいと考える。勝っても負けても苦しい目にあう、割りに合わないものだから。では、"なぜ"戦争が起きるのか?ピューリッツァーを受賞した「八月の砲声」を読むと、この設問が誤っていることに気づく。

 どんな国も戦争を起こすようなバカなまねはしたくないはず。「だが、"なぜ"戦争が起きるのか」…この問いからは、戦争が起きる理由をたどれない。正しくは、"なぜ"戦争をしたかではなく、"どのように"戦争に至ったのか、になる。

 なぜなら、戦争の理由を追求すると、イデオロギーになるから。"なぜ"をつきつめると、「悪いやつ」を探すことになる。人に限らず、悪の帝国や党派だったり、組織的収奪や不均衡といった現象もそうだ。むろんそれは、原因の一つかもしれない。しかし、そこに説明を求めると、主義主張がからんでくる(対戦国で「原因」は180度反転する)。何を信じるかによって、原因が取捨選択され、勝者の主義によって原因が決められる。そして、その"なぜ"は次の戦う相手となるのだ。

 いっぽう、戦争のプロセスに着目すると、事実の話になる。宗教上の軋轢や、貿易摩擦、異文化の緊張がどのように高まっていったか、どんな交渉が、どう決裂したかは、事実の話だ。もちろん事実のどの側面を拡大し、どこを過小評価するかは、主義主張の圧力にさらされるかもしれない。だが、それは事実を吟味する俎上に(いったんは)乗せられる。

 本書は、"どのように"第一次世界大戦が始まったか、開戦前後の1ヶ月間の政治と軍事の全体像を検証・分析する。経済的に依存しあった大国が、どんな誤算と過信に基づいて、「実行不可能な戦争」に突入していったのかが、克明に記されている。

 「サラエボで皇太子が殺されたから」「三国同盟・三国協商」といった後付けの知識で説明するのなら、単なる暗記科目になる。後知恵だから当人たちの「誤算」が愚かしく見えるかもしれない。だが、当時リアルタイムで決断を下したとき、状況は今ほど見えていなかった。乏しい判断材料、緊迫する展開、伝わらない情報の中で、どのように戦争に向かったかは、どうしても知る必要がある。

 たとえば、当時でも反戦団体はあった。ドイツの脅威に対し、英仏が協調して事に当たる計画が明るみに出たとき、反戦グループは猛然と反対した。しかし、英仏の大使で交換された"書簡"は、省略法の傑作というべきものだったという。要するに、どうとでもとれる文書だったのだ。

英仏共同作戦計画は、英国には実戦には"介入しない"という究極の合法的な虚構を除けば、フランスがロシアと、ドイツがオーストリアと用意していた共同作戦計画となんら変わるとこはなかった。英国の閣僚や議員の中でその方針を好まないものは、ただ目をとじて、催眠術にでもかかったような態度で、その虚構を信じつづけていた。
 この戦争計画は、サラエボに銃声が響く9年前から作成され、錬られ、政策として組み込まれていた。しかし、反戦グループは英国の不介入が謳ってある理由で、フランスは協同計画を公的に認めたという理由で、満足したのだ。その現実を、見たいように見、思いたいように思い込んだ。これを愚挙と見るか、カエサルの箴言として戒めるかは、読み手に任される。

 誰も好き好んで戦争を始めない。いかに戦争を回避しようとしていたか、各国の努力が描かれている。英国は、ベルギーが破壊されるまで動こうとはしなかった。自国の参戦を道義的に正しいものにするためだ。フランスは、国境に展開した戦線を、いったん引かせている。「ドイツが先に侵略した」既成事実を作るためだ。ドイツですら、外交上の方便を用いて、ロシアに先攻させようとした。子どものケンカの「ボクは悪くない、あいつが先にやったんだ」を巨大にしたやつだね。

 大衆は? あれだけ悲惨な戦争に反対しなかったのか? 英仏の大衆は、現状を知らされてなかったという。作戦が敵に漏れるのを防ぐため、作戦本部の発表は不明瞭そのものだったそうな。これは「愛国的沈黙」と呼ばれ、報道陣は現場からシャットアウトされ、都合の良いことしか書かれなかったという。自粛? 翼賛? どこかで聞いたことがあるなぁと思いきや、作戦本部は日本軍のやり方を採用したというのだ。今ならネットがあるから大丈夫だろうと思いきや、政府が本気を出したら、ネットの方が遮断が容易かもしれないね。

 戦争を回避しえない、point of no return を超えるとき、必ず吐かれるセリフがある。軍事計画が政治を左右する際、必ず使われる文句だ。もちろん、国や背景は違えども、英、仏、独で共通してこう述べられる―――「一度決定されたことは、変更してはなりません」―――これは、モルトケがカイゼルに直言したセリフで、独軍が犯した全ての過失の起因となり、ベルギー侵略を決行させ、米国に対する潜水艦作戦を遂行させた寸鉄だ。だがこれと同じ文句を、チャーチルが、ウィルソンが、ジョフルがそれぞれの立場を背負って吐く。

とかく世間ではすでにある計画を推進しようという熱意のほうが、それを変えようとする衝動よりも強いものだ。カイゼルはモルトケの計画を、またキッチナーはヘンリィ・ウィルソンの計画を、ランルザックはジョフルの計画を変えることはできなかった。
 いったん立てられた計画は、たとえ立案者が死んだとしても、粛々と遂行される。計画を「変える」ほうが何倍もエネルギーを必要とするからね。ここから第二次大戦やベトナム、アフガニスタンを考えることはできる。だが、もっと引きつけて読んでも面白い。

  「これだけ先行投資しているから…」
  「もうプロジェクトが発動しているので…」
  「ローンチされてしまったから…」
  「すでに人的資源はアサインされた」
  「もう締め切りは過ぎているんですよ!」

 わたしが見てきたデスマーチ・プロジェクトで、後に誤りだったことが分かる"判断"を後押しするセリフが、「決められたことなので、もう変えられません」になる。内心では、「おかしい」「まずいぞ」と思いつつ、ゴーサインを出すとき、いつも背後からこの言葉で撃たれている。面白いのは、狙撃者は、この「決められたこと」の当事者でないところ。必ず伝聞の形で告げられるところだ。

プロパガンダ これは一貫性の罠やね。小さいyesを積み重ねると、NOと言うのが難しくなる心理だ。説得する技術を徹底解説した「プロパガンダ」を思い出す(悪用厳禁!「プロパガンダ」)。これに、責任者不在の計画だけが進行すると、立派なデスマーチになる。世界大戦とデスマを一緒くたにするのは乱暴かもしれないが、「どのようにコントロール不能となるのか」と「そのとき、どんな大言がまかり通っていたか」はソックリだ。

 計画の不備や判断の誤りについて、後から指摘するのはたやすい。予想と現実のギャップに狼狽する将校たちの様子はそのままドラマになる。無謀な突撃をくり返し、死人の山を築き、失敗を失敗を認めることにかけては驚くほど無能だったウィルソン。自分が招いた事態の責任を指揮官に負わせ、どんどん担当者を罷免することで自分を守りぬいたジョフル。今から見ると愚の骨頂に見えることも、そのときは絶対の自信をもって下した"英断"なのだ。

 著者は、指導者が無能だったせいとか、ドイツが悪者だからといった視点を混ぜない。「○○すべきだった」などという後付けの賢しらは一切ない。無能な司令官が「どのように」戦況を泥沼化していったか、独軍が見せしめとしてやらかした虐殺が、国際世論に「どのように」影響を与えたかを、淡々と、意図的に感情を排して描く。それがいっそう、凄惨さを際立たせている。「誤った判断」が下されるとき、そこに楽観論、情報の錯誤、個人の感受性が「どのように」影響を与えていたかを知ることができる。

 戦争の背後にある、欺瞞や背信は、「なぜ」ではなく「どのように」という問いであぶりだす。そして、いつNOと言ってもいいのだということに気づく。戦争を避けるためには、戦争を知らなければならない。

 戦争を知るためのスゴ本、ガツンと読むべし。

--

本書は、スゴ本オフ「戦争」に伴い、oyajidon さんのオススメで知りました。oyajidon さん、ありがとうございます。おかげで、すばらしい本に出会えました。「どのように」という切口から、次はハルバースタム「ベスト&ブライテスト」にしようかと。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スゴ本オフ「戦争」がスゴい

 好きな本(と料理)を持ち寄って、まったり熱く語り合うスゴ本オフ、今回もスゴいのが集まった&積読山と積ゲー山がさらに高くなった。なによりも、わたしが知らないスゴ本を読んでいるあなたに会えること。本を介して人と会い、人を介して本と出会う。スゴ本オフとは、本を通じた出会い系なのかも。

 まずは見てくれ、狩りの成果。

1

2

3

4

5

  • 【やすゆき】「エンダーのゲーム」オースン・スコット・カード
  • 【やすゆき】「月は無慈悲な夜の女王」ロバート A.ハインライン
  • 【ふじわら】「カメラ(「宝物」所収)」平田俊子
  • 【ふじわら】「戦争中の暮しの記録」暮らしの手帖(編)
  • 【はまじ】「戦争の経済学」ポール・ポースト
  • 【はまじ】「戦争の世界史」W.マクニール
  • 【はまじ】「複合戦争と総力戦の断層」山室真信一
  • 【ますなり】「ダルフールの通訳」ダウド・ハリ
  • 【ともこ】「戦場から生きのびて」イシメール・ベア
  • 【ともこ】「ファイナルファンタジー零式[PSP]」スクウェア・エニックス
  • 【おおた】「ブロデックの報告書」フィリップ・クローデル
  • 【たけだ】「鬼子又来了(「鬼子」がまたやって来た)」太田直子
  • 【はやし】「戦争の法」佐藤亜紀
  • 【はやし】「1809──ナポレオン暗殺」佐藤亜紀
  • 【こみや】「私たちが子どもだったころ、世界は戦争だった」サラ・ウォリス
  • 【おぎじゅん】「スカイクロラ」森博嗣
  • 【なかだ】「スカイクロラ」森博嗣
  • 【はやしだ】「孫子」金谷治(訳)
  • 【おおもり】「ヒットラーのむすめ」ジャッキー・フレンチ
  • 【浮雲屋】「T・E・ロレンス」神坂智子
  • 【ばん】「銀河英雄伝説」田中芳樹
  • 【でん】「聖闘士星矢」車田正美
  • 【おしかわ】「世界サイバー戦争」リチャード・クラーク
  • 【むらかみ】「あの戦争から遠く離れて」城戸久枝
  • 【ひらの】「ロボット兵士の戦争」P・W・シンガー
  • 【ごとう】「ヴィンランド・サガ」幸村誠
  • 【もみやま】「他者の苦痛へのまなざし」スーザン・ソンタグ
  • 【Dain】「人間ども集まれ!」手塚治虫
  • 【?】「The Five Star Stories」永野護
  • 【?】「百億の昼と千億の夜」光瀬 龍、萩尾 望都

参加できなかったものの、オススメを表明していただいたのは、以下の通り。

  • 【かんざき】「戦争の法」佐藤亜紀
  • 【やなぎ】「夜と霧」V.フランクル
  • 【まみや】「一人だけの軍隊」D.マレル
  • 【かねこ】「雲の墓標」阿川弘之
  • 【kartis56】「仮装巡洋艦バシリスク」谷甲州
  • 【oyajidon】「八月の砲声」タックマン
  • 【ずばぴた】「チェーザレ・ボルジア 優雅なる冷酷」塩野七生
  • 【?】「わたしが一番きれいだったとき」茨木のり子
 面と向かうからできること───それは朗読。言葉の力は、声に出すことで直接伝わる。強く実感したのは、ふじわらさんが朗読した「カメラ」だ。「わたしのかわいい寝顔をあなたは撮る」から始まる、戦争をテーマにした詩は、目で読むのと全然ちがった、胸を撃つように言葉が入ってくる。なかださんが読んだ「僕はまだ子供で、ときどき、右手が人を殺す。」(スカイ・クロラ)に惹きつけられる。音読はオフ会ならではやね。

 テーマがテーマなだけに、各人の「戦争」との距離感覚をどういう選書に表わしているかが見所。ドキュメンタリーやノンフィクションは、どれくらい"その戦争"に近いかが肝やね。太平洋戦争という近過去を、生活レベルで観察した「戦争中の暮らしの記録」や、個人の罪として引きつけた「鬼子又来了」は、身に迫る思いがする。

 切り口を絞ると、戦争の意外な本質が見えてくる。テクノロジーの観点から見た「ロボット兵士の戦争」は、現実がSFよりもSFじみていることが分かるし、「戦争の世界史」は、戦争から人間疎外の方向に働いていることを示す。ともすると善悪やイデオロギーになりがち・モメがちなのを、経済の観点で斬るとすっきりする(戦争の経済学)。

 そして、テーマを強調するために、フィクションの力が有効だ。傑作「エンダーのゲーム」は、SFなのにもかかわらず、イラクの戦場にも通じる。背筋が寒くなったのは、「ファイナルファンタジー零式」。"クリスタルの力で死んだ人のことを忘れてしまう"という設定は、フィクションだからこそ(これはやりたい)。「ヒットラーのむすめ」は、いわゆるHistorical Fictionだ。史実をベースに、嘘を一つだけ入れ、世界を再構築する。「もしパパが大量殺人者だったら、私はどうする?」「もし私が殺人鬼になったら、パパはどうする?」という思考実験は、子どもと一緒にやってみる。

 圧巻の全巻そろいは「聖闘士星矢」。全部放出だから太っ腹なり。「銀河英雄伝説」はラスト1巻だけ欠けているが、9巻まで読んだら10巻は余裕買いだね。そうそう、全巻放出する方は増えてきているので、ジャンケンと腕力に自身ある方はどぞ。

 ちなみにわたしが手に入れたのは、「ヴィンランド・サガ」と「複合戦争と総力戦の断層」。「戦争を(戦闘でなく、ほかならぬ)"戦争"として、どのように認識するのか」という問いを保ちつつ、ハマる。戦争というテーマは、食と同じくらい深く長く追いかけられそう(たぶん一生モノ)。

 次回のテーマは「女と男」「男が選ぶ『女』本と、女が選ぶ『男』本」。つまり、男性の参加者は、「女性」をテーマやモチーフにした本になり、女性の参加者は「男性」になる。ずばり相手側のジェンダーを扱った本でもいいし、異性が主人公の小説でもアリ。異性をどのように見ているか(見たいか)が現れてくるんじゃないかと。facebookで募集するつもりなので、しばし待たれよ。このblogの更新スピードよりもfacebookで告知~定員が埋まるほうが早いので、wallを張りこんでおくといいかも。

スゴ本オフ@SF(2010/4)
スゴ本オフ@愛(2010/5)
スゴ本オフ@夏(2010/7)
スゴ本オフ@POP(2010/8)
スゴ本オフ@ミステリ(2010/12)
スゴ本オフ@最近のオススメ(2011/3)
スゴ本オフ@元気をもらった本(2011/5)
スゴ本オフ@ジュブナイル(2011/7)
スゴ本オフ@食べる(2011/10)
スゴ本オフ@2011ベスト(2011/12)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2012年1月29日 - 2012年2月4日 | トップページ | 2012年2月12日 - 2012年2月18日 »