« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »

「この世で一番おもしろいミクロ経済学」は面白かっただけでなく、経済学を学びたくなる

この世で一番おもしろいミクロ経済学 「経済学は面白い!」と言える一冊。かつ、初学者のわたしに、かなり有用な一冊。

 「経済学」ってこんなに興味深いモデルを扱っていたのね、と改めて知らされる。裏づけのあるトピックで構成されているため、眉唾に見えるのは、わたしの勉強不足だな。聞きかじり知ったかぶりの「弾力性」「パレート効率」「限界分析」の肝が、大づかみで納得できる。これを取っ掛かりに、いわゆる「教科書」に行ける。

 この本はまず、最適化する個人に注目し、次に数人の戦略的な交渉に注目し、そして多数の個人による競争市場のやりとりに注目する。その間ずっと、一つの大きな問題を考えて続け、噛み砕き、伝える。そのテーマとは、これだ。

「個人にとっての最適化の結果が集団全体にとってもよい結果になる」のは、どんな場合?
 マンガでは(マンガなのだこれは)、説明役にこう言わせている。
言い換えると、ぼくが自分にとってよいことをして…
きみが自分にとってよいことをして…
みんなが自分1人にとってよいことをすると…
…その結果が全員にとってよいものになるのは、どんな場合?

―――気候変動は古典的な「共有地の悲劇」だね
でも市場の力を利用して環境を救える…
公害排出を高価にすればいいんだ!

 ただし、経済学者が「よい」と言うとき、それは「善い」というよりも「パレート効率が良い」ことだけに注目していると釘を刺す。「パレート効率」は、ケーキを分け合う兄妹のエピソードで分かるから大丈夫。さらに、パレート効率も万能ではなく、知見の一種なのだと謙虚に振舞う。おかしいな、「なぜ経済学者は自信満々なのか」で立てた仮説と違うぞ。

 税制、格差、環境破壊、最低賃金、健康保険など、人類の手強い問題について、経済学者は創造的で強力な解決策を考案している。もちろん唯一解ではないし、時には反目しあうかもしれない。それでも、経済学的な洞察は、さまざまな知見を提示することで、こうした問題を理解しやすくしてくれる←シンプルだが、経済学の本質に触れた思いだ。人が豊かになるため、問題を理解し、解決するための学なんだね。

 この本を入口に、「教科書」を読み始めている。手をつけて分かったのだが、これは学生時代にやっておくべき(そして一生継続していく学びやね)。「経済学者はマルクス主義者」「経済学者は自分の財すらマネジメントできぬ」「ノーベル経済学賞はバラまき」などと独り合点して、ずっと避けてきたわたしが愚かですな。遅まきながら、やってみよう。わたしと同じような場所にいるなら、本書はオススメ。

 「ミクロ経済学」の見晴らしが良くなる一冊。


| | コメント (0) | トラックバック (1)

少女に狂わされる人生もまた良し「カメラ・オブスクーラ」

カメラ・オブスクーラ 男の人生を狂わせる女は確かにいるが、狂わされるような男だから。

 誰にとってもファム・ファタルな女なんていない。別の男なら、別の不幸な(しかし狂わない)結末となる。つまり、狂わせる女と狂わされる男が"正しく"組み合わさったとき、異常な物語が回り出す。

 刹那的な十六歳の少女が男を破滅させる話として読んでもいいし、少女にハマった男が奈落にハマっていく哀れな話にしてもいい。彼女の元カレの化物語に注目しても面白い。初読は単純にサスペンスとして楽しめる。浮気バレの話かと思いきや、盛大に変転しスピーディーに横滑りしてゆく展開に乗せられる。

 いい歳こいたオッサンが、家族も立場も投げ打って、少女に溺れる。惚れた弱みよ、恋は盲目というが、変なところで身に詰まされる。志村後ろ的状況に腹立たしさを覚えたり、自業自得だと意地悪く納得したり、胸と頭を揺さぶられる。

 問題は一読してから。悲劇の余韻さめやらぬうち、罠だらけだったことに気づく。少女の狡猾さや邪悪なところは、最初から「蛇」のメタファーに彩られていたことを思い返す。小説のあらゆる場所に、「視覚」の比喩が隠されていることに愕然とする。

 たとえば、受話器からの「顕微鏡的な声」とか、「右に赤い舌を出すと角を曲がって」ゆくタクシーなど。読み手にあれっ?おやっ?とつまづかせる箇所は、すべて視覚にまつわる。ぱんぱんに張り詰めた黒い水着から透ける地肌は、脱皮を思い起こさせる。そして、一度そんな視覚を手にしたならば、再読三読はそういう視線でしか見られなくなる。ナボコフの罠にハマる。

 同時に、登場人物たちの「視差」にも思い当たる。少女の「美しさ」は男全般に通用しない。「ロリータ」ならばニンフェットになる魅惑的な少女の描写は、主人公の視線に曝されたときに限る(他人目線だとガキだったり娼婦だったり)。作家視点の描写とキャラが"見たまま"との書き口を一緒にして混ぜてある。彼女が美少女なのか微妙女なのか、信じられなくなる。「信頼できない語り手」ではなく、「信頼できない書き手」になる。これもナボコフの罠。

 これは尤もなことかもしれぬ。信じようと信じまいと、読書は、まず作者の言葉を受け取ることから始まる。洞窟の比喩が示すとおり、言葉を通して読み手の脳裏に映った影にすぎないのかも。「カメラ・オブスクーラ」という表題が示唆的だ。これは、ラテン語で「暗い部屋」を意味する。写真機の原型である光学装置の一種で、壁の小穴から外光を取り入れ、反対側の壁に外の風景を映し出す。面白いことに、構造的に上下がひっくり返ってしまい、天地逆さまに見えてしまう。

 そう、イデアが逆転しているのだ。天使のように愛らしく見える彼女がえげつない嘘吐きに、子煩悩・妻煩悩の小心者に見える彼が家庭を顧みない冷血漢として、脳裏のスクリーンに映し出される。これも、ナボコフの罠なのだ。

ロリータ
 ナボコフ初心者は、この後「ロリータ」を読むと捗るぞ。

 よい小説で、よい人生を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月22日 - 2012年1月28日 | トップページ | 2012年2月5日 - 2012年2月11日 »