« 2012年9月16日 - 2012年9月22日 | トップページ | 2012年9月30日 - 2012年10月6日 »

ゲームで子育て「モンハン3rd」

 ゲームばっかりしてると、「ゲーム脳」になるそうな。現実と虚構の区別がつかず、妄想にしがみつくようになる。恣意的な解釈から結論をでっちあげ、「ゲーム脳の恐怖」なんて煽るようになるらしい。「ゲーム脳の恐怖」脳やね。

 冗談さておき、子育てにゲームを積極的に取り入れてきた。ポケモン、ピクミン、塊魂、ウイイレ、ゼルダ…と様々なゲームを通じて、現実のシミュレートをやらせてきた。ゲームとは、抽象化された現実を遊ぶインターフェースなのだから。

 あきらめない限り、ゲームなら何度でも挑戦できる。むしろ、失敗を許さない空気が支配する現実の方が厳しい。一回こっきり真剣勝負のリアルにひるむ前に、ゲームでいっぱい転んでおけ、と伝えたい。ゲーム脳とはチャレンジ精神のことなのだ。

 ゲームと子どもの関係については、「ゲームと犯罪と子どもたち」に詳しく書いてある。わたしの知る限り、唯一まともな調査なり。ゲームを悪者にしたい連中が、最も読みたくないことが書いてある。

 今までは、「親が与える」ゲームだったが、初めて子どもから「これがやりたい」と言い出す―――MHP3rd、「モンスターハンターポータブル3rd」だ。友達に感化されたのがきっかけらしいが、それでも嬉しい。

 で、一緒にやってみると…これが難しい、というか腹立たしい。基本は、装備を整え→モンスターを狩り→報酬とアイテムを得る。強いモンスターを倒すには、強力な武器防具が必要で、材料となるアイテムを集めねばならぬ。だが、その材料は強いモンスターを倒さないと出てこない仕掛けになっているのだ。弱いモンスターで根気よく経験値を稼ぐといった方法が使えない。このループはストレスフルなり。

 貧弱ゥな装備、遅いアクション、ミッション失敗をくり返しながら、踊るクルペッコに翻弄されながら、イライラしながらやっていると、突然ファンファーレ! カタルシスがドーパミンに変わる瞬間がご褒美だ。

 だが、嬉しさというよりも、むしろイライラがなくなってホッとする感覚だ。「やった! クリアした」というよりも、「やっと終わったか…」という感じ。重荷がなくなった喜びも束の間、次の敵へ。もっと強い武器を求めることは、もっと強いモンスターと対決することになる。そしてまた、イライラのループへ。tumblrで拾った仏教の本質そっくりだ。

仏教では、実はこの世界には「楽」(快楽)は存在していなくて 「苦」が減ったときに、ふと身体が軽くなり、それが「楽」だと錯覚する、とある。 つまり、快楽を求めると、苦も同時に引き寄せてしまい 求める人は、常に苦に悩まされる結果となる。

あるいは、「禁煙セラピー」のニコチンの罠にも似ている。

愛煙家がタバコを吸うと楽になる(と主張する)のは、「ニコチンが足りなくて苦しい」状態が減ったから。ニコチン依存の解消を「楽」だと錯覚しているのだ。だから、吸えば吸うほど、「ニコチンが足りなくて苦しい」状態を呼び寄せることになる。

 ああ知ってる、このイライラは依存かも。この抑圧→開放感は中毒性あるし、欲しい装備を求めるのは煩悩そのものだからね。

 ところが、なのだ。息子と一緒に狩りに出ると、まるで違ってくる。ハンティングが、ぐんと楽になる。モンスターからすると「的」が増えることになり、相対的に自分が狙われる回数が減ってくる。息子は大剣で一撃を狙い、わたしは弓で援護+ピンポイントで攻める。重いけど強い、遠隔だけど柔らかい、それぞれの一長一短を上手く組み合わせる。互いに声を掛け合いながら、モンスターを探し、追い詰め、仕掛ける。文字どおり、モンスターを「狩る」のだ。

 これは面白い。会社の昼休み、若い連中が黙々とPSPやってるのは、これだったんだなーと思うと愉快だ。なるほど、ソロじゃなくデュオプレイ、狩りは集団が楽しい。日曜の午後、息子と黙々とやっていて、気づいたことを独りごつ。「これ、完全なイジメゲーだよな。みんなでよってたかって、一匹のケモノを狩るなんて」。すると息子はこう返す、「でも、レベルが上がると、超大型になったり、一匹じゃなくなったりするよ。上位になると、雑魚が強くなるんだって! 狩るものは狩られるんだよ」

 「たかがゲーム」なのに深ぇ。ともかく全クリ目指すか、このストレス煩悩ゲーム。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

「薔薇の名前」はスゴ本

 推理小説の皮を被った衒学迷宮。

 中世の修道院の連続殺人事件の話という入口から、知の宝庫(だけど大迷宮)へ誘われる、これぞスゴ本。

 二十年前と一緒だった、知恵熱で寝込んだ。というのも、ただ物語を追うだけでなく、自分の既読を強制して引き出させられる体験が強烈だったから。

 「読む」というのは目の前の一冊に対する単独の行為ではない。台詞や描写やモチーフ通じて、関連する本や自分の記憶を掘り出しては照射しながら、くんずほぐれつ再構成する、一種の格闘なのだ。ひっくり返すと、あらゆる本にはネタ元がある。「読む」とは、ネタ元を探しては裏切られながら、『再発見』する行為なのだ。

 ヨハネの黙示録の引用に始まり、ヴィトゲンシュタインの論理哲学考の模倣で終わる本書は、縦横無尽の借用、置換、暗示、物真似で綴られており、科学・文学・哲学の壮大なパッチワークを見ているようだ。

 だいたい、探偵役が「バスカヴィルのウィリアム」なんてホームズ全開だし、助手役がアドソ(≒ワトソン)というところからイカしてる。これまでの読書経験を全開放して、この衒学モンタージュを解きほぐす。知る読書というより、識られる読書、自分のアタマを探られる体験になる。思いつくままに書くと、こうなる(驚くなかれ、ネタバレだけで何冊も出ているぞ)。

  • ボルヘスの「バベルの図書館」
  • Google Scholarの「巨人の肩」(on the Shoulder of Giants)
  • 「文学少女」と死にたがりの道化
  • ソロモンの雅歌
  • 名探偵コナン「毒と幻のデザイン」
  • ヨハネによる福音書
  • ホイジンガ「中世の秋」
  • スタニスワフ・レム「完全な真空」
  • 千夜一夜物語
  • プラトン「国家」
  • アリストテレス「詩学」
  • アレクサンドリアの大図書館
 もちろん著者であるウンベルト・エーコが、Google Scholarや「名探偵コナン」、「文学少女」を読んでいるワケない。だが、ネタ元(ニュートンや千夜一夜物語)からつながっている。本は、単独では存在せず、互いに参照・引用・借用・模倣しているのだ。

 現実と虚構の紛糾劇に、完全に持ってかれる。でっちあげられた虚構のうちに、明確な境界を設定しないでおくというやり方こそが、真実味を増す冴えたやり方なんだと思い出させてくれる。何だっけ、本の中に本を隠す、このメタフィクショナルな仕掛けは?

 そう、これだ。ボルヘス「八岐の園」のプロローグのこれ。

数分で語り尽くせる着想を五百ページに渡って展開するのは労のみ多くて功少ない狂気の沙汰である。よりましな方法は、それらの書物がすでに存在すると見せかけて、要約や注釈を差しだすことだ

 この見せかけられた書物が何であるか、なぜ「それ」であるかという謎こそが、エーコからの挑戦だ。なぜなら、本書を読み終えた今、確信をもって「それ」を読んだつもりになれるから。「薔薇の名前」は、「それ」の強烈な注釈なのだから。

 ハマるなら、ゆっくり、どっぷりハマってほしい。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年9月16日 - 2012年9月22日 | トップページ | 2012年9月30日 - 2012年10月6日 »