« 2012年8月26日 - 2012年9月1日 | トップページ | 2012年9月9日 - 2012年9月15日 »

「悪意の情報」を見破る方法

 ニセ科学、デタラメ統計に振り回されないための入門書。

 「嘘は三種類ある。嘘、真っ赤な嘘、そして統計だ」という冗句があるが、これをもじったタイトルが秀逸だ"Lies, Damned Lies, and Science"。これは、嘘つきサイエンスの告発本でもある。

 科学や技術について考えるのに役立つ視点を提供するとともに、問題の本質をはっきり鮮明にとらえることを目的としている。「本書は世界を見るための新しいレンズなのだ」と勇ましく言い切る。たしかに同意するが、ネットに出回るデマ学説や詭弁に慣れ親しんだ人には喰い足りないかも。

 「マイナスイオン」や「コラーゲン」の胡散臭さを、そのメカニズムから説明し、遺伝子組換食品を「フランケンフード」と呼ぶ底意地を指摘する。「地球温暖化」や「ダイオキシン」といった、評価が『多様化』した事例を解説する姿勢が良い。単純に白黒つけられないものには、「ここまでは分かっている」とソース付きで説明するのだ。

 著者の姿勢は、「悪意の情報」を流す人々へのカウンターだ。技術、環境、経済、健康など多様な側面があるにもかかわらず、そのごく一部だけを見せるような選択を施す人がいる。ものごとを白か黒かに単純に色分けしてしまう見方を広める人がいる。

 中でもマスメディアが特に顕著だ、利害関係者である立場を隠しながら、「より演出した報道をする」から「報道しない」まで好き勝手に選んでいる。著者は、「全ての情報が届いているわけではない」と釘を刺す。

 「科学者」という肩書きを悪用する人もいる。査読のプロセスを経ずに、いきなりメディアに売り込もうとするのは、ほぼクロだそうな。信頼できるデータにもとづく興味深い発見であるならば、主要な科学誌に載らないはずがないから。さらに、そこにはデータの取得手順が詳細に記されており、別チームによる追試が可能となっているはずだから。だから、いきなり重大発表から始める科学者には、眉に唾をたっぷりつけてから向かわないと。

 例えば、ポンスとフライシュマンの常温核融合や、ファン・ウ・ソクのES細胞騒動は、今となっては苦笑話だ。だが、発表当初にメディアがどう反応したか、自分はどう判断したかを刻んでおかないと、同じ轍を踏むだろう。

 情報が歪曲されて世間に広まっている例として、アトキンス・ダイエット(低炭水化物ダイエット)を挙げている。アブフレックスと同じ深夜帯にやっているCMだから推して知るべしだろうと思ってたが、著者は違う。調べた上で、指摘する。

 つまりこうだ。肉はたくさん食べてよいが、それ以外を減らすダイエットだと信じる人が多いが、それは正確ではない。このダイエット法は、一般に考えられているより複雑で、食品のグリセミック指数(その食品がどのくらい血糖値を上げるのかを示す指標)を考慮して、口にするものを取捨選択するものだ。だから、多くの人が認識しているほどシンプルなプロセスではない―――なるほど、情報は「伝言ゲーム」で捻じ曲げられるんだね。

 立場によって、科学の情報にもバイアスがかかることを如実に示す例として「DHMO」が出てきたのには笑った。地球環境に広く存在する無色無臭の化学物質の危険性を訴える「DHMOに反対しよう」は、あまりにも有名だ(このブログを読む方なら危険性をご承知のはずだろうが為念)。フードファディズム「パンは危険食品」と合わせ、このテの意識の乖離を測るのに、最強のネタだね。DHMOは、次の「新型危機」を見きわめる予防薬となるだろう。

 罠として使われる「平均値」(≠最頻値)のカラクリから、過度の一般化、プラシーボ効果、選択バイアス、確証バイアス、アンカリンクなど、科学を悪用する詐欺師のネタバラシを次々と開陳してくれる。これらは、「全部知ってた」か「全然知らん」の二択になりそうだから怖い。わたしがハマりがちなのは確証バイアス、「わたしが聞きたがっている」主張を信じようとする傾向があるので気をつけないと。

 本書の末尾に、知恵20か条というまとめがある。どれも常識的なものだ。これ読んで「あたりまえじゃん」という方は、本書を読まなくてもいい。だけど、その「あたりまえ」ができているかどうか心配なら、手にとって欲しい。新たな知見に出会えるかもしれない。以下に引用する(太字はわたしへの戒め、わたしがよく陥る穴だから)。

  1. まとも批判と単なるバッシングには明確な違いがある
  2. 意見が対立している、あるいは、科学的合意がなされている、といった主張はいずれも鵜呑みにしない
  3. 科学が自分の真価を認めようとしないという自称「革命家」には要注意
  4. バイアスはどこにでもある
  5. 一次情報に立ち戻って、利害関係者たちがそれぞれどのような見方をしているか調べる
  6. 2つの選択肢のいずれかを選ぶしかないように見えても、ホントはそうでないことが多い(単純化の罠)
  7. リスクとメリットが示されていても、それで全てとは限らない
  8. イノベーションの応用例の一つ一つに、それぞれ独自のリスクとメリットがある
  9. 大きな視野に立つと、選択肢を客観的に評価できる(過去、地域など、適切な比較対象をもて)
  10. 当初案の欠点を指摘しただけで、代案が最善だという証明にはならない
  11. 交絡因子は、原因を見きわめるのを難しくする(相関関係は因果関係ではない)
  12. 盲検化試験は、バイアスの影響を排除するのに有用
  13. 複数のタイプのデータを組み合わせると、因果関係を立証しやすくなる
  14. ある状況下で得られた研究結果は、他の状況に当てはまらないことが多い
  15. データの収集方法によって、統計数字が歪められることがある
  16. 統計数字を額面どおりに受け取るなかれ
  17. 研究結果が真っ二つに分かれている場合、真実はたいてい中間のどこかにある
  18. 費用便益分析は、もっとも体系的な意識決定方法である
  19. 自分の思考プロセスの弱点を熟知していれば、あなたを操作しようとする相手の策略にはまらずにすむ
  20. 1つの問題を掘り下げていくと、いくつもの理解レベルが、層をなしているのが明らかになる

 これ読んでて、わたしも冗句を思いついたぞ。「数字は嘘をつかない、嘘つきが数字を使うのだ」という有名なやつを改変して、これなんてどう。

 「科学は嘘をつかない、嘘つきが科学を使う」

| | コメント (3) | トラックバック (2)

ソクラテスは死ね、豚は転がれ―――プラトン「国家」

 死刑判決を受け、毒杯をあおったのは当然だ。

 質問には質問で返す。詭弁術を駆使し、言葉尻をとらえて後出しジャンケンする。「無知の知」とは、「知らないということを知っている」よりも、「僕は無知だから教えて」と先にジャンケン出させるための方便だ。論敵を排し、取り巻きを並べたら、後はずっと俺のターン。

 騙されるな、ソクラテスは、とんでもない食わせものだ。太ったソクラテスよりも、痩せたブタのほうがマシだ、ブタは食えるが、ソクラテスは食えない奴だから。

 比喩でもって説明した後、その比喩が事実であるという前提で論を重ねる。反論もそう、極端な例外を持ってきて事足れりとみなし、一点突破全否定オッケーとするのは酷すぎる。さらに多重レトリックが汚い。AをBに、BをCに言い換えて、最後のCにだけ噛み付くオオカミの強弁だ。「詭弁のガイドライン」を参照し、どれを用いているか確認しながら読むと、良い(?)勉強になるだろう。

 修飾語と関係代名詞が多用される文章は、会話体とはいえ見通しが悪い。 So What? や Why So? と自問しながら読まないと、トートロジーの罠に陥る。気をつけないと言い包められるぞ。でもこれ、言い換えると、議論に勝つしゃべり方の教材にも使える。詭弁は「詭弁だ!」と見抜かれない限り、強力なツールだからね。

 論敵のあしらい方は、憎らしいほど上手い。後出しジャンケンを封じようとする批判者が現れる。まず自分から明確な答えを言いなさい、抽象的なのはダメというのだ。ソクラテスはこう返す―――そんな批判ができるなら、君自身が「明確な答え」を知ってるんだよね、私は知らないから聞いているだけなんだと。空とぼけながら教えを垂れてくれとすり寄ることで、相手の自尊心をくすぐる。「らめえぇぇ」とページを繰ると、結果はご想像の通り。

 奴は、狡猾な挑発者なのだ。あてつけて煽って出てきた答えを捕まえて、その言葉でもってやりこめる術数は、言葉の合気道を見ているよう。見事だがフェアじゃない、うっかり信じると痛い子になる。

 さらに、タイトルに騙されてはいけない、本書のテーマは「正義」だ。「正義とは何か」について議論するための方法として、国家論をぶちあげる。理想的な国家像を脳内で構築し、そこに拡大された正義を見ようとする試みが、「国家」なのだ。

 むしろこれは、一人称のソクラテスに語らせる著者・プラトンのたくらみになる。後世の知識人を魅了する「理想国家」をうちたてて、あなたはそこの中心人物なんですよ、と焚きつける。二千年を越えて本書が伝えられたのは、それぞれの時代の知の担い手の虚栄心をくすぐったからであり、その魅力(魔力?)は今も通用する。

 本書では、独裁僭主や民主制、寡頭制といった政治形態を縦横に語り、哲学者(知を愛するもの)が治める哲人政治が最高の国家だと断言する。だが現実では哲学者は役立たずとされ、優遇されない。これは、現実の国家が理想からほど遠いことの証左であり、あなた(=読み手や聴き手)が優遇されないことの逆説的な証拠になる。知識人たる自負はあるが、重用されない境遇を嘆く者にとっては、えらい慰めになるだろう。

 どの時代にも通用する、「理想国家」なんてものはない。その時代や文化によって、もっと極端に言えば、主張する派閥やイデオロギーにとって、「あるべき国家の姿」は存在する。だが、それぞれの「あるべき国家の姿」を、「理想国家」という抽象的な存在でくくり、それぞれの知識人の脳内で補完した「国家」像を餌に生き延びてきた―――これが、ソクラテス/プラトンの罠なのだ。

 そしてラスト、ソクラテスは告白する。さんざん理想国家を語った後、下巻p.335で暴露する。

この地上には、そのような国家はどこにも存在しない。だがしかし、それは理想的な範型として、天上にささげられて存在するだろう。それを見ようと望むもの、そしてそれを見ながら自分自身の内に国家を建設しようと望む者のために。しかしながら、その国家が現にどこかにあるかどうか、あるいは将来存在するかどうかということは、どちらでもよいことなのだ。
 開高健の「哲学とは、理性で書かれた詩である」を思い出す。あれは詩であり、論理と思ってはいけないんだそうな。感性および理性の周波数が一致したとき、それはみごとなボキャブラリーの殿堂になり、宮殿になり、大伽藍になるが、いったんその感性から外れてしまうと、いっさいは屁理屈のかたまりにすぎなくなる―――そう言ったのは、実はここを指しているのではないか。

 あの有名なイデアに関する洞窟の比喩も然り。洞窟に住む縛められた人々が見ているのは「実体」の「影」であるが、それを実体だと思い込んでいるにすぎぬというアレだ。イデアの喩えとしては見事だが、真実がこのとおりであるかどうかについては、「神だけが知りたもうことだろう」(下巻p.112)と口を濁す。なんと、ちゃんと読んだら本人が認めているじゃないか、ホントかどうか知らないって。

 なんだ、わたしはこのトシになるまで、こんな不確かな武器を振り回していたのか。死ぬまでに読めてよかった、あらためてこの哲人に言えるから。

 「お前がそう思うんならそうなんだろう、お前ん中ではな」

| | コメント (6) | トラックバック (0)

この音楽の本がスゴい!

 結論→音楽は沼、底なし。

 沼の周りで遊んだり、ちょっと片足いれたりはできる。だが、ひとたび足を踏み入れたなら、抜けられない所がある。入口は広くて楽しいが、奥は狂気じみた世界がある。

01

 好きな本を持ってきて、まったり熱くオススメあう―――趣旨なのだが、今回のテーマ「音楽」は、最も生々しいオフ会となった。というのも、みなさんの実人生に寄り添ってきた本やCD、DVDが出てきたから。生活の全てが音楽だというつもりはないが、人生の一部は音楽と一体化していることが(わたしに限らず)実感できた。音楽の「つながり」って、本よりも強い。

 そしてテーマが音楽なだけに、大量のCD/DVDが集まってくる。ここでもいくつか紹介しているが、ほんの一部だということをお断りしておく。そして、持ってきた音源を再生し、そのBGMにちなんだプレゼンが新鮮だった。PIZZICATO FIVE や Marvin Gaye そして LED ZEPPELIN は、もう一度聴きなおしてみようかと思うほど懐かしくて新しい。

02

03

 人により、音楽への接し方や距離感が違うのが面白い。持ってくる本も、音楽をテーマにした物語や、科学的なアプローチ、自分が演ってる楽器とシンクロした自伝やノンフィクションなど様々。ハマりすぎて本職になると、それはそれでスゴい道になる。いわゆる「聴く専」の人よりも、突き放した冷静さとのめりこむ情熱との、両方を兼ね備えているようだ。

 「音楽が、この世に在ってよかった」という日が語られる、3月11日だ。研究室で閉じ込められて、気分が滅入って仕方がない夜、ラボ仲間でPCにある音楽を流しているとき、「ああ、音楽がこの世の中にあってよかったな」と実感したという(最も心に響いたのは、大橋トリオ)。

 その流れで指揮者・ダニエル・ハーディングの話になる。あの夜、マーラーの交響曲第5番を演奏した話だ。すみだトリフォニーホールには30人ほどの聴衆しか集まらなかったのに、それでも演奏会を開いたそうだ。「あそこで聴けて生きていられる。生きていられるから聴ける」というメッセージは、マーラーの第5番を聴くと思い出しそう。

04

05

 歌詞はどのように生まれてくるのか、プロの作曲家はクライアントのリクエストに応えて音を organize するんだといった、商業音楽にまつわるネタ話が面白い。朗読とアカペラの親和性が見える「昨日殺した一万匹のライオン」や、音のゲシュタルト崩壊を"聞かせて"くれる「音のイリュージョン」といった、未知の側面も興味深い。ツイートも忘れて聴き耽る。

 南青山にすげぇ場所があるらしい[ARISTOCRAT]。ン千万のスピーカーがあって、音源持ち込んで視聴できるそうな。音楽が丸見え(丸聞こえ)になる。つまり、オーケストラ録りだとホールの空間が、スタジオだとその「狭さ」が分かってしまうらしい。スゴ音オフをそこでしたら面白いだろうなぁ。

 ラインナップは次の通り。


    ■CD/DVD(ほんの一部)

  • Let's Get It on/Marvin Gaye
  • CHARLIE HADEN&PAT METHENY
  • LED ZEPPELIN DVD
  • Waltz For Debby/Bill Evans
  • YOU MAKE ME REAL/BRANDT BRAUER FRICK
  • 「ちょびっツ」のオリジナルサウンドトラック
  • 橋本一子
  • KingCrimson
  • YES
  • THE INTERNATIONAL PLAYBOY&PLAYGIRL RECORD/PIZZICATO FIVE
  • Cocco
  • ビリー・テイラー、ウィリー・ザ・ライオン・スミス
  • 「押し倒したい」角松敏生
  • 「ピーターとおおかみ」小澤征爾


    ■科学的アプローチ
  • 「音楽の科学」フィリップ・ボール(河出書房新社)
  • 「響きの科楽」ジョン・パウエル(早川書房)
  • 「絶対音感」最相葉月(小学館)
  • 「音楽嗜好症(ミュージコフィリア)―――脳神経科医と音楽に憑かれた人々」オリヴァー・サックス(早川書房)
  • 「音のイリュージョン―――知覚を生み出す脳の戦略」柏野牧夫(岩波書店)
  • 「ピアニストの脳を科学する」古屋晋一(春秋社)
  • 「憂鬱と官能を教えた学校―――バークリー・メソッドによって俯瞰される20世紀商業音楽史 調律、調性および旋律・和声」菊地成孔(河出文庫)
  • 「歌謡曲の構造」小泉文夫(平凡社ライブラリー)
  • 「音楽の基礎」芥川也寸志(岩波新書)
  • 「楽譜の風景」岩城宏之(岩波新書)
  • 「センダックの絵本論」モーリス・センダック(岩波書店)


    ■音楽を物語る
  • 「虚空遍歴」山本周五郎(新潮文庫)
  • 「音楽」三島由紀夫(新潮文庫)
  • 「海の上のピアニスト」アレッサンドロ・バリッコ(白水社)
  • 「素数の音楽」マーカス・デュ・ソートイ(新潮クレスト・ブックス)
  • 「ソングライン」ブルース・チャトウィン(英治出版)
  • 「宇宙船とカヌー」ケネス・ブラウワー(ちくま文庫)
  • 「サタワル島へ、星の歌」ケネス・ブラウワー(めるくまーる)
  • 「ピアノを弾く身体」岡田暁生(春秋社)
  • 「聴き飽きない人々」(菊地成孔)
  • 「アメリカン・コミュニティ」渡辺靖(新潮社)
  • 「歌うねずみウルフ」ディック・キング=スミス(偕成社)
  • 「ラギとライオン」(「子ども世界の民話」所収)
  • 「ピアノノート」チャールズ・ローゼン(みすず書房)
  • 「Get back, SUB !」北沢夏音(本の雑誌)


    ■インタビュー、対談、そして伝説へ
  • 「ジャズ1930年代」レックス・スチュワート(草思社)
  • 「楕円とガイコツ―――『小室哲哉の自意識』×『坂本龍一の無意識』」山下邦彦(太田出版)
  • 「ショスタコーヴィチの証言」ソロモン・ヴォルコフ(中公文庫)
  • 「上原ひろみサマーレインの彼方」神舘和典(幻冬舎文庫)
  • 「音楽」小澤征爾、武満徹(新潮社)
  • 「バンド臨終図鑑」速水健朗(河出書房新社)
  • 「音楽とことば あの人はどうやって歌詞をかいているのか」青木優(ブルース・インターアクションズ)
  • ジャック・イーベールのフランスの作曲家の便覧(原書)
  • 「BANJOS 津村コレクション」津村昭(講談社)
  • 「ザ・リアル・フランク・ザッパ・ブック」フランク・ザッパ(白夜書房)
  • 「だけど、誰がディジーのトランペットをひん曲げたんだ?―ジャズ・エピソード傑作選」ブリュノ・コストゥマル(うから)
  • 「ミンガリング・マイクの妄想レコードの世界」ドリ・ハダー(ブルース・インターアクションズ)
  • 「ブルース飲むバカ歌うバカ」吾妻光良(ブルースインターアクションズ)


    ■雑誌やコミック
  • 「クーリエ・ジャポン8月号クラシック特集」
  • 「ストレンジ・デイズ」/キング・クリムゾン特集
  • 「TARITARI」鍵空とみやき(ガンガンコミックスJOKER)
  • 「のだめカンタービレ」二ノ宮知子(講談社)
  • 「ベイビーステップ」勝木光(講談社)

 わたしは、「音楽の科学」「響きの科楽」をオススメしながら、「音楽を聴くとなぜ気持ちが良いのか」、「音楽に普遍性はあるのか」について語ったぞ。

06

07

 次回予定は3つ、ご興味ある方は以下からどうぞ。

9/15松丸本舗へ狩りに行け

10/14「オペラの館がお待ちかね」はぶっちゃけオペラってどうよ?なひとにピッタリな入門書

10/28は「早川書房✕東京創元社」の2社シバリのスゴ本オフ


| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年8月26日 - 2012年9月1日 | トップページ | 2012年9月9日 - 2012年9月15日 »