« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »

「この世で一番おもしろいマクロ経済学」で見晴し良好

 経済音痴のわたしに最適な一冊。

 そして、素朴な疑問「経済学者はバカなのか」に対する解答が得られた。その答えを言おう、経済学者はバカではない。むしろ利口な方なのに、バカと呼ばれているだけなんだ。

 つまりこうだ。マクロを取り巻く知見が不安定なのは、経済の性質について相反する主張があるから(本書では、経済を「円満な家庭」と見なす派閥と「崩壊家庭」と考える派が対立する)。政府の役割についての意見も違う。政府とは、成長と安定を促す「よい親」と考える人と、「悪い親」だから手出しするなと主張する人が、これまた争う。

 それぞれ信じるイデオローグに固執し、互いが互いをバカ呼ばわりするからややこしくなり、岡目八目、経済学者は何なの? バカなの? という話になるのだ。本書では、それぞれの「宗派」を両論併記で並べているため、一瞬混乱するかもしれない(幾度「どっちやねん!」とツッコミを入れたことか)。

 だが、『そういうもの』なのかもしれない。流行のように入れ替わって、時の政府が採用した派が巨額マネーを動かして、ノーベル賞をせしめる。ノーベル賞をもらう経済学者の主張が、年によってあべこべなのは、経済学自体が揺れている証左なんやね。マクロ経済学のジョークに、こんな秀逸なのがある。

  問題はいつも同じなのに
  答えは数年ごとに変わる

 では、マクロ経済学の問題とは何か? 大目標は2つある、「経済成長を説明すること」、そして「経済崩壊を説明すること」という。本書では、金融政策、政府の役割、自由貿易と比較優位、外国為替や景気循環といった観点から、この目標への道筋をつけてくれる。

 もちろんコミック形式で分かりよさを目指したものだから、ざっくりした説明でしかない。それでも、「地球温暖化を解決するための『市場』の使い方」や、「財政破綻せずに高齢化社会を乗り切る」といった問題への取り組みは見える。

 ただ、それぞれの党派の解決策を併記しているので、「どっちやねん!」とツッコみたくなるかもしれぬ。それでも、どこかの派閥に即した「経済学入門」を読んでしまい、その色に染まってしまうよりは良いかと。経済学という入口に立って、全体を見渡すのにちょうどいい一冊。

 姉妹本として「この世で一番おもしろいミクロ経済学」がある。マクロ経済は数年でガラっと変わるのと違い、ミクロ経済は、100年たっても間違いなく、ほぼ今と同じなんだそうな。ミクロが安定しているのは、注目する基本の話が一緒だから。著者ヨラム・バウマンはこう喝破する。

  昔々
  最適化する個人がおりましたとさ…
  あとは全部数学よ!

 あわせて読むと、いっそう見晴らしが良くなる二冊。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

« 2012年8月12日 - 2012年8月18日 | トップページ | 2012年8月26日 - 2012年9月1日 »