« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »

徹夜小説「シャンタラム」

 鉄板で面白い小説はこれ。

 もしご存じないなら、おめでとう ! あらすじも紹介も無いまっさらな状態で、いきなり読み始めろ(命令形)。新潮文庫の裏表紙の"あらすじ"すら見るの厳禁な。あと、上中下巻すべて確保してから読み始めるべし。さもないと、深夜、続きが読みたいのに手元にないという禁断症状に苦しむことになるだろう。

 どれくらい面白いかというと、ケン・フォレット「大聖堂」中島らも「ガダラの豚」古川日出男「アラビアの夜の種族」級といえば分かるだろうか。要するに、「これより面白いのがあったら教えて欲しい」という傑作だ。寝食惜しんで憑かれたように読みふけり、時を忘れる夢中本(わたしは4回乗り過ごし、2度食事を忘れ、1晩完徹した)。巻措く能わぬ程度じゃなく、手に張り付いて離れない。とにかく先が気になって気になって仕方がない。完全に身を任せて、物語にダイブせよ。

 このエントリも含めて前知識は邪魔。読め、面白さは保証する。

シャンタラム1シャンタラム2シャンタラム3

 ここから完全蛇足。オーストラリアの重刑務所から脱獄して、ボンベイへ逃亡した男が主人公だ。すべて彼の回想モノローグで進行する。だからコイツが死ぬことはないだろうと予想しつつも、強烈なリンチシーンや麻薬漬けの場面にたじたじとなる。敵意と憎悪、恥辱と線虫にまみれ、痛めつけられ、翻弄されている彼が、憎しみと赦しのどちらを選ぶのか。

 赦すとは、自分自身の怒りや憎しみを手放すこと。これが基底となる。そして彼は幾度となく間違える。行動を過つこともあれば、まちがった理由で正しい選択をすることもある。これがもう一つのテーマ「人は正しい理由から、まちがったことをする」だ。この復讐と赦しの物語は、世界で一番面白い物語「モンテ・クリスト伯」と同じだ。手に汗握る彼(リン・シャンタラム)の運命は、そのままエドモン・ダンテスの苦悩につながる。

 あとを惹く面白さは、追いかけてくる過去にある。ボンベイの話に突然、さらに昔のオーストラリア時代の過去がフィードバックしてくる。それはナイフを用いたストリートファイトの鉄則だったり、ドラッグの溺れ方だったりする。回想口調に一般論が入ると、ストーリーは転調する。この物語に呑み込まれる感覚は、スティーヴン・キングを思い出す。

 エピソードの一つ一つが、細やかで鮮やかで生々しく、ゾクゾクするほど圧倒的な迫力をもつのは、著者の実体験に基づいているから。この小説を書くことそのものが、著者グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツの、過去を赦す行為なのだろう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

マンガを読めない子どもたち

 「マンガが読めない子どもが増えている」というが、本当だろうか。

 セリフをつないで読むだけでなく、コマを追って、間を想像して理解できないらしい。体感ネタだから真偽は人それぞれだが、マンガそのものは複雑だぞ。漫符や構成を読み解くところなんて、相当の慣れが必要だし。

マンガの創り方 マンガが複雑?不思議に思うかもしれない。「マンガで分かる」シリーズがあるくらいだからね。しかしそれは、昔から日常的にマンガに親しんでいるから。「マンガの方法」について習熟しているんだ。わたしがこれに気づいたのは、逆説的だが、「マンガの創り方」を読んでから。これは、完成稿から、そこへいたるネーム、箱書き、構成、ネタを逆算し、「マンガを面白くしているものは何か?」を徹底的に解体している。音楽や絵画や小説と同様、普段からマンガを読まない人にとって、その面白さを味わうのは難しいのかもしれない。

 ためしに異国のマンガに触れると、かなり戸惑う読書になる。日本コミックの「お約束」と違う文法で描かれているからだ。たとえば、切り裂きジャックをモチーフにした「フロム・ヘル」なんてそう。伏線が精密で丁寧に織り込んだ、「見る」というより「解く」グラフィック・ノベルは、みっちり読み込みを要した。あるいは、「パレスチナ」のデフォルメされて歪んだパースは、恐怖がそうさせている。ドキュメンタリー・コミックは日本にもあるが、これは客観性よりも感情を優先して描いており、描き手の感覚に寄り添う読書になる。

 このように、面白くするため複雑になり、世代と時代と文化に沿って多様化しているのが、「いまのマンガ」だ。だから、新参者の「いまの子ども」のうち、マンガを読めない人がいてもおかしくなかろう。あるいは、もともと日常的にマンガを読まない子どもは昔からいて、それが可視化されただけなのかもしれぬ。または、世代問わず「読めないマンガが増えている」の言い換えかも。

 翻ってわたしの場合をふりかえる。わたしの親が「マンガなんて読んでると馬鹿になる」だった。コロコロ・ジャンプは友達ン家で貪り読んだもの。その反動で、わが子にはマンガでも物語でも好きに読ませている。息子「コロコロ」、娘は「ちゃお」で互いに交換しながら読んでいるが、その入り口は何だったろう?

 それは「絵本」だ。本の入り口は、絵本だが、マンガの入り口も絵本になる。絵本は1ページ1ページが、それぞれのシーンを形成している。それらを、巨大な一コマと見なせばいい。ページを繰ることが、シーンを展開することで、ひいては物語のコマを読み進めることになる。絵本とマンガは、演出は異なれど、「読み進める」でつながっている。

となりのせきのますだくん ただし、面白い例外もある。武田美穂の「ますだくん」シリーズだ。大判のハードカバー、デフォルメされた画など、絵本の体裁をとる。ところが開けると、純粋なマンガとなっている。絵本/マンガを分けて考えていたわたしには、ちょっとした衝撃だった。なかでも、「となりのせきのますだくん」が傑作なので、小学校入学前後の子どもにオススメ。マンガなのに「絵本を読んでいる」感覚のため、子ども心をくすぐっていたのかも。

 もうひとつ、「絵本と読物」、「絵本とマンガ」の間に立つものとして、絵とき物語がある。基本は「絵+説明文」で、ナレーションのように物語文が配置されている。わが家では、原ゆたか「かいけつゾロリ」が大人気で、最初は絵だけをマンガのように見て、慣れてくると文を追いかけて「読書」できるような仕掛けになっている。物語本はOKで、マンガはNGだったわたしからすると、アニメにもなったゾロリは羨ましい限り。

 ためしに子どもに、学校図書について訊いてみる。すると、「火の鳥」「ドラえもん」「はだしのゲン」「まんがひみつシリーズ」が人気だそうな。マンガに目くじら立てなくなったことは喜ばしい限りだがトラウマンガ「はだしのゲン」があるとは……あと、「火の鳥」は近親相姦もあった気がするが、まぁいいか。

 「最近の子どもは…」の説教になりそうだが、学校の現場でマンガを採りあげていることも事実だ。小学5年国語「ひろがる言葉」(教育出版)に、石田佐恵子「まんがの方法」が教材として載っている。「ポケットモンスター」や「ジャングル大帝」、「ちびまる子ちゃん」を掲載し、コマ割や漫符を解説しつつ、マンガの読み方や面白さの秘密を解説している。ヒンディー語の「ドラえもん」が紹介されており、わが子はドラえもんの威力を思い知っているところ。

 これは、小説、解説文、詩歌、古文、漢文などのチャンネルに、「マンガ」が追加されていることを意味する。わが子は、漫然と読んでいたマンガに、実は文法や方法があることに気づき始めている。ご丁寧にも、発展学習では「アニメの方法」に主眼が置かれている。アニメのルールになると、視界がバッと広がるぞ。とーちゃんは全力で応援しよう。まずはWORKING!を見せて勤労の尊さを伝えようw

 しかし心配もある。異端だったマンガが市民権を得て、教科書にまで載っているということは―――こんな試験問題も出てくるということになる「次の四コマ漫画を読んで、まる子の気持ちをア~オの中から選びなさい」。英語だと既にあるが、国語でこんなのが出てくるとしたら…「マンガを読めない子ども」は根が深いのかも。

| | コメント (8) | トラックバック (1)

« 2012年1月8日 - 2012年1月14日 | トップページ | 2012年1月22日 - 2012年1月28日 »