« 2012年6月3日 - 2012年6月9日 | トップページ | 2012年6月17日 - 2012年6月23日 »

「STEINS;GATE」がスゴい

シュタインズゲート 涙腺弱いんよ、エエトシこいたオッサンなのに。痛勤電車でプレイしたのが失敗だった。もうね、後半ぼろぼろなんよ、涙が止まらない。バカじゃないですか、オッサンが朝から泣いてるんよ、PSP握り締めて、満員電車で。周囲はさぞかしキモかったことだろう。

 前半コメディ、後半シリアス、終盤ドラマティック、急展開するラストに吸い込まれるように読む。すべての伏線が収束する快感に、感情を焼き尽くされる。どんなに足掻いても運命からは逃れられない"あきらめ"に似た感覚を原体験させられる。犯した過ちを「なかったこと」にしてはいけない、「意味なんてない」ことなんて無いんだと叫びたくなる。「失敗も含めて今の自分がある」―――陳腐なセリフが、妙にリアルに後を引く。

 現代科学をベースとしたSF「想定科学」の設定にしっかりとバインドされたストーリーは中毒性がある。PSPでプレイするノベルゲームなので、読む・聴く・感じるを一体化した読書になる。主人公の絶叫はわたしの咆哮であり、彼の慟哭はわたしの心にそのまま流れ込む。ハマりゲーだね。

 基本は文章を追うだけだから、「本」というメディアでもできる。だがこれは、ケータイが鍵となる。メールする/しない、電話に出る/出ない、といった諸々の選択ができ、そのタイミングによってストーリーが変化する。このダイナミズムがいい。最初は偶然、次第に必然、そして運命に抵抗するために、試行錯誤をくり返す。

 しかも、メール返信の際、「どのキーワードに反応するか」によって、相手との関係・距離が変わってくる(そしてストーリー変化の伏線となる)。ちと古いが、「Noel(ノエル)」を思い出す。あのテレビ電話で、画面に流れてくる会話ボールみたいなもの。何に食いつくかによって、相手の真意を測ったり引き寄せたりするトコは、恋愛シミュレーション(死語)だね。

 ファーストプレイは、「猿の手」パターンかなぁという印象(ジェイコブズのあれだ)。過ぎた力を手に入れてしまった悲劇というやつ。だが面白いのは、その力に押しつぶされることなく、逆手に取ろうとするところ。いわば、「猿の手」で「猿の手」を回避しようとするのだ。それは、願い事を叶えるマジックアイテムではない―――強いて言うなら、「記憶」に関するものになる。かなり古いが、「YU-NO」を思い出す(並列世界の宝玉ジャンプ、懐かしぃねぇ)。もし、経過を視覚化してたら、A.D.M.S.(アダムス)そっくりになっていただろうが、ケータイの小さな液晶画面では現実味が薄い。2010年の話だから携帯電話だろうが、今だとiPhoneがケータイガジェットになりそう(A.D.M.S.は可能だぞw)。

クロチャン 主人公の厨二病っぷりに辟易させられるが、彼の立ち位置はそのまま厨二的命題―――「世界は、なぜ在るのか」への解となっている。ハイデガーやシュレーディンガーが引用されているが、デカルトのコギトほうが馴染んでいるように見えた。「世界は、観測しているから在る」という主張は、自動的に「CROSS†CHANNEL」につながる。そして、「すべての価値観は、生きている上になりたつ」というメッセージは、素直に胸に染みこむだろう。

 どんな結果になろうとも、それを引き受けるのは自分だ。不本意なら、変えてやればいい。観測した瞬間、世界は確定してしまっているのだから無意味だって? 観測者は人だ、人は誤りを犯す、だから観測が誤りであったという世界を再構築してやればいい。世界が思い通りにならないのなら、世界を観測する自分を騙してやればいいのだ!フゥーハハハ!

……Σ(゜ロ゜;)!! やべ感染(うつ)った。わたしの中の厨二病を呼び覚ます効果もあるな。

 引き受けた結果―――ストーリーラインは複数ある。背徳のシナリオに踏み込んだり、ファイナルディスティネーションな鬱展開に怖気をふるったり、かなり楽しませてくれる。"運命に抗わない"という選択肢もある。立ち向かうのでなく、先送りするのだ。閉じた環をくり返す"日常"は、セガサターンでプレイした「DESIRE」の物語構造そのまま。あの最後の語り手が引き受けた運命と同じやね。これは一種の地獄といってもいいが、トゥルーエンドの次に惹かれたエンディング。

 最後にオススメを。ノベルゲームの中で、「シュタゲ」はかなり秀逸な域に入るが、このテのループ+SF+ラブストーリー(反転表示)の最高傑作は、「Ever17」だ(断言)。これほど物語の中に「没入する」───文字通りの意味で!───作品はない。「STEINS;GATE」にハマった方は間違いなく楽しめるだろう。

Ever17

| | コメント (3) | トラックバック (1)

劇薬毒書「愛犬家連続殺人」

 6000円する角川文庫がある。猟奇的殺人を描いたノンフィクションだが、絶版となりプレミア価格がついてしまったのだ。

愛犬家連続殺人 それは「愛犬家連続殺人」。凄惨な事件を"共犯者の一人称"という斜めの位置から直視させる手法はユニークかつ鬼気迫る。死体解体のシーンでは、読み手は酸っぱいものを何度も飲み込むハメになるだろう。

 極めて残忍で異常性の高い事件であるにもかかわらず、地下鉄サリン事件や阪神淡路大震災と同時期だったため、その影に隠れるような印象を持っていた―――が、あらためて読むと、初めてこの報道に接したときから、「わたしの常識」が粉微塵に破壊されていたことを思い知らされる。

 そう、「人の死体を処分するのは不可能」というのは、わたしの思い込みにすぎない。適切な道具があれば、人一人の身体は、サイコロステーキのごとく細かくカットできるし、骨や内臓もきっちり分けて、跡が残らないように"処分"することは可能だ。実行者が、「透明にする」というその手順を、伝聞という形で断片的に記している。

 これを読む限り、死体を"透明にする"障害となっているのは、物理的云々というよりも、その刃を握る人の心にあることが分かる。超えてしまえば、なんということはない。恐怖感や嫌悪感は、くり返しにより慣れることができる。最初の解体に衝撃を受けていた共犯者も、場数を踏むごとに馴染むようになる。

 最も恐ろしいのは、彼の肩越しで眺めている読み手も一緒になって、場数を踏めるようになっているところ。実録なのに、ホラーといってもいいだろう。自らの手を汚さずに、血まみれの手を想起できる。冷静な狂気にシンクロできる。馴れはじめた残虐性を自分の中に見つけたとき、読まなければ知らずに済んだ世界なのに―――と、後悔するかもしれない。

 永年の疑問が氷解する一文を見つける。やっぱりそうかと思うと同時に、超える・超えないは別として、かなり近いところにその「一線」があることを知る。

戦争中に、飢えをしのぐために人肉を食った日本兵たちがいただろう。あいつら、人肉は不味かったなんて言ってるらしいが、どいつもこいつも嘘をついているだけだ。そりゃそうだろう。旨かったなんて言ったら問題になるもんな。

実際には人間の肉くらい旨い肉は他にないんだよ。特に人肉でダシを取ったラーメンが旨いんだ。

考えてもみろ。この世の中で人間ほど贅沢な物を食っている動物は他にいない。地上で最高の肉を食っているのも人間だ。その肉がどうして不味いんだ。不味いわけがないだろう。それは食わず嫌いっていうもんだ。

消された一家 読書は毒書、わたしは激しく反応したが、自分の正気(狂気?)を試すのに、ちょうどいい。北九州・連続監禁殺人事件を扱った「消された一家」(豊田正義、新潮文庫)[レビュー]レベルの衝撃だといえば分かるだろうか。

 身体が拒絶する毒書を、無理やり読み下す。劇薬好きにオススメ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビブリオバトルに持ちこんだ最強の一冊

 勝利宣言までした書評対決、結果からいうと負けた。

 なので負け戦のリポートを書く。ただ、負け惜しみであらためて挑戦する。このブログの読者も含めて、この最強の徹夜本を超える一冊があるのかと問うてみる。

 ビブリオバトル───オススメを5分でプレゼンして「いちばん読みたくなった本」を投票で決めるゲーム───は、負けてばかり。トークが下手なのか(自覚あり)、持ってく本が弱いのか(ありえぬ)、それとも観覧者との相性がよろしくないのか、ほとんど勝てない。まぁ、このブログで天狗になってる鼻がヘシ折られるので丁度いいのだが、それでもシャクだ。

 なので、これまでのスタイルを変えてみた。「これ良いよ~」とまったりプレゼンするのではなく、「これより面白いのがあったら、逆に教えろ、いや教えてくれ」という勝負形式にした。しかも、他の発表者に限らず、観覧者、twitter実況を見てる人、全員ひっくるめて相手しよう。奇想天外のプロット、手に汗握るハラハラドキドキ、そして最高の「ヤラレタ!」感は、本書を措いてない。

 結果的に、「これより面白いの教えてくれ」のフィードバックはなかった。観覧者、twitter実況含めて無反応…あたりまえだ、未読の方は何とも言えないし、既読ならパッと思いつかないだろう。

 ちなみにトップ取ったのは、おぎじゅんさんオススメの「犬から見た世界――その目で耳で鼻で感じていること」(アレクサンドラ・ホロウィッ著、白揚社)。本の魅力もさることながら、おぎじゅんさんのトークは面白く、わたしも読みたい!という気にさせられた。ユクスキュルの次に環世界を考えるのに良いかも。

 次回のビブリオバトルは7/7、「絵本」がテーマか……嫁さんの説得に入ろう(これが最も難しい)。

 で、何を持ち込んだって? これだ。この一冊より面白い徹夜小説があったら、ぜひ教えて欲しい。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年6月3日 - 2012年6月9日 | トップページ | 2012年6月17日 - 2012年6月23日 »