« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »

人生を思い出す「あさきゆめみし」

あさきゆめみし 「女と男」をテーマにするならコレ。そして、読まずに死ねないのもコレ。

っとばかりに、積読山から発掘してくる。"源氏"は受験勉強で断片しか読んでないのと、どこかの引用エピソードでしか知らなかった。だからコミックとはいえ「通し」で読むのはこれが初。

 幾重にも深読みできることは知っていたが、百聞一読、本作へのわたしの勝手なイメージが潰えるのが小気味いい。プレイボーイの女漁り、きらびやかな殿上話、マザコン、ロリコンのみならず、ツンデレ、ヤンデレ、萌え成分満載の、枯れた、不倫の、裏切りの遍歴譚───という思い込みは、全て正しく全て誤り。

 一言で語るなら、これは子どもには勿体ない(ましてや受験生の年頃なら絶対ワカラン悔恨譚)。エエトシこいたおっさん・おばさんが読んで、もう絶対に手に入らない、若かりし暴れん坊の自分の心を懐かしむ話なんだ。

 もちろん、ドラマティックな盛りはある。生霊となり死霊となって憑き殺そうとする女の「想い」はすさまじく、並のホラーの何倍も恐ろしい場面もある。ずっと片想いを貫き通そうとしたら念願かなって、コミカルな恋のさや当てに広がる展開もある。愛とは人を、鬼にも邪にも変えてしまう空恐ろしさを自らにあてはめることもできる。

 だが、源氏物語の本質(というかメッセージ)はこれに尽きる。全ての栄華を極め、あらゆる富と名声を手中にし、世界を運営するがごとき存在になって、これに気づく。自らの半生を総括した魂のセリフだ。

   なぜ…
   …なのだろう…

   …なぜ…
   わたしという人間は
   しあわせになれなかったのか

   しあわせになれるはずの人生であったものを
   なぜ自らそれをこわすようなことをしてきたのか

   なぜ
   たったひとりの
   最愛の人さえ…

   幸福なまま逝かせることが
   できなかったのか…

   …わたしという人間は…

   まるで人というものの愚かしさ…
   悟りの地にいたることのむずかしさを…

   御仏がわたしをとおして
   世の人に教えているようではないか…

 死ぬまでに複数回、これを聞くだろうが、次は"幸せな奴"を探しながら読むことにしよう。

 初回で気になったのは、この光源氏、島耕作並みに仕事をしない。大臣やら大将やら、要職を務める重鎮ならば、も少し政務を仕切るシーンがあると思いきや、ものの見事に仕事をしていない。「仕事で忙しい」は会えない言訳の枕詞として扱われる始末。それでも面白いように出世していく。

 下世話な言い方するならば、「女の尻を追いかけている」うちに出世の途へ乗っかっている。そして、後から振り返ってみると、あっちこっち手を出して関係を築いたのは、最終的に自らの地位を確立するネットワークを編み出すプロジェクトを遂行していたかのよう。つまり、回り道に見えても伏線だったり、いったん表舞台から去ったのは、もっと大きな厄をやりすごすための見えざる「しかけ」に沿った台本のようなのだ。まるで物語のようによくできている(って文字通り"もの語り"なのだが)。

 さすが1000年間のベストセラー、現在にいたる様々な作品と照応した読みができる。わたしの偏見も入ってた「ロリコン」の観点から振り返ると、両方を深く掘れる。両作品に共通する、覗き見たょぅι"ょを誘拐して養女にして、幼女のまま手籠めにするなんてなんといううらやま盗ッ人猛々しいことか。だが、同じロリコンでも、本家本元のナボコフのとは真逆の価値観に立てて、非常に面白い。

 なぜなら、幼女誘拐→養女育成→手籠め蹂躙のプロセスは同一ながら、紫の上は少女から大人へ成長していくことが求められ、ドロレスは永遠の美少女・ニンフェットのままであることを強いられる。

あさきゆめみし つまり、「去年より今年はまさり、昨日より今日はめづらしく、常に目慣れぬさま」の人として賞賛される中年女性と、あけすけで信じられないくらいお腹が大きくなって、こけた頬に脇毛も伸び放題の17歳と、どちらも同じ言葉「愛する」で向かい合える。最初の欲望は同じかもしれない(俺専用の愛玩物)。だが、人はうつろう。特に女はだ。それを前提としてつきあうことと、変わった相手をむりやり受け入れようとすることは、まるで違う。

 かつて劣情を注いだ"ロリータ"を見いだそうと残滓を漁る男と、ママの面影を漁るあまり近親相姦危険域を彷徨する男は似て非なる。人は変わる。己もだ。そいつを折り込んでいられる分、光の君のほうが一枚上手だな(しかし、変化を超えようとするハンバート・ハンバートのほうが健気だな)。

 「女と男」の男目線から、"女に狂う"感覚をオーバーラップさせるなら、源氏とロリータは見事に重なる。あらゆる理性の壁をうちやぶって、もの狂おしく、せつなく求める心(でも性欲で説明がつかないんだよ不思議なことに)。

 このトシになると、「わかんない方がいいこと」もしくは「知らないまま死ぬ方が幸せなこと」に入ってくる、"恋"についての回答が書いてある。解が空だと分かっても心配いらぬ、きっと「それは違う!」と言い切れる人が、あたらしい恋を生きることができるから。

 受験生には勿体ない、エエトシこいた大人向けのファンタジー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生き方とは住まい方「東京R不動産2」

東京R不動産2 「性格は顔に出る、生活は体型に出る」という寸鉄がある。これに「生き方は住まいに出る」を加えたい。というのも、本書には、ユニークな物件を住みこなしている人となりが強く出ているから。

 「Real Tokyo Estate / 東京R不動産」は、新しい視点で不動産を発見し、紹介していくサイトだ。ありがちな『ふつうの』物件を集めて、立地と広さと価格をデータベース化したものではない。エッヂの利いたこだわりや独自嗜好をもつ人と、『ふつうじゃない』物件をマッチングさせる出会いサイトだといっていい。さらに、「欲しいのがないなら、作ればいい」と建築プロデュースやリノベーションまで手がけてしまう。

 その中で、コレハ!というのを集めものが本書になる。いわば、不動産のセレクトショップのカタログなのだ。マニアックな物件を見ていると、住まう発想を縛っていた制約がとっぱらわれる快感を味わう。住宅情報誌を眺めて「いいなぁ、こんなとこに住みたいなぁ」という受動的願望ではなく、「自分の大切な○○を最大限に活かす住まいはどれだろう(なけりゃ作るか)」という、積極的欲望だ。

 たとえば、屋上物件と称した16平米のワンルーム。ビルの屋上だから眺めはサイコーと宣うが、夏は過酷で冬は冷酷のはず。あるいは、ミクシィの住空間化。独身寮を改良して、日本版「フレンズ」みたいなシェアハウスがある。ずっと住み続けることはないだろうが、人生のソロ期に過ごしてみたい。学生のとき独身寮は経験済みだが、これは性別無用のシェアハウス、微妙に緊張する毎日になりそう。

TOKYOSTYLE 書籍とサイトに共通しているのが、雑誌感覚。フックの入ったコピーでつかみ、特徴的なスナップで惹いて、リード文で取り込む。雑誌と建築のハイブリッドな編集の仕方になっており、脳の違う場所が同時に刺激されて面白い。これは、東京に棲む人々の生々しい生活空間を活写した「TOKYO STYLE」と同じ。TOKYO STYLE が部屋を通じて住まい方を観る写真集なら、Real Tokyo Estate は住宅を通じて住まい方を知る写真集になる。この雰囲気は、コラムが参考になるかと。

 著者のメッセージで響いたのを引用する。住まいを変えることはまずないだろうが、住まい方を変えるトリガーになる。

人口はどんどん減っていき、家はどんどん余っていく。所有という欲求や概念さえ少しずつ薄くなっている。それよりも誰と、どのような環境で、何を語り、何を食べるか、そうした時間のほうがずっと大切だ。
 住むことについて、もっとワガママになってもいいんだなぁ、と改めて気づかされる。もちろん懐具合や同居者との相談になるが、ライフスタイルに合わせて住まいを「選ぶ」だけでなく「変える」ことも、充分にアリなのだ。とはいえ、自分の部屋すらないわたしは、家庭内ノマドとして生きてゆくか。

 住まう常識に、ガツンと一撃。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さよなら、プリキュア

 はっきりいって、俺サマ大勝利の気分だった。

 人目を気にしぃ映画館に集結するヲタを尻目に、「パパと一緒に観ようね」と娘の手を引き入場行進できる優越感。「ミラクルライトは子どもだけ」という制約には、「2回行けば平和的解決」とオトナの対応。

 しっかし、今度のプリキュアはスゴいね、ごく普通の、ただの女の子、なんたって戦わないプリキュアだもの。抱きしめるだけで昇華させられるって、なんという女神だろう。わたしの知る限り史上最短は10センチ爆弾だけど、そいつを超えるゼロ距離攻撃だぜ。

  大切な人を守りたい
  そんなやさしい心があれば

  女の子は誰だって
  プリキュアになれる!

 だから俺だってプリキュアになれる!ピンチのときは「プリキュアに、力を!」と(心の中で)唱えつつ、ジャラジャラさせながら歴代ミラクルライトを一斉に点ける。月光に照らされた蛍の群れのような館内で、ここだけ薔薇色と日光の輝きに満ちあふれる。「なにあれー」「スゴーい」鵜の目と鷹の目でこっちを見てる女児(およびミラクルライトを持たないヲタ)の視線を浴びていると、我が鼓動は激しく律動し、我が松果体から変な汁があふれ出る。

 ところが、である。桃の花が咲く頃から、近所の女児たちで、脱プリキュアが始まったのだ。ポケモンからモンハンに移行するように、プリキュアからプリティリズムに移り変わる。高価な玩具を買ってもらう代わりに、フィギュアスケート教室へ通いだす児もいる。

 でもあれって変だよ!美しい旋律に合わせ、「お洋服の声が聞こえる」と叫びながらジャンプするだけで、マカロンやら果物が出てきて、だいたいあれ、"プリズムストーン"って初代のパクリやん、パパ許しませんよ! (あとちっちゃくない種島さんも)。どちらが本家か、黒白はっきりさせようじゃないの。

 …とはいえ、冷静に考えると、他人事ではない。「Change!」(バラク・オバマ)、「気合だキアイだ」(アニマル浜口)、音撃棒(響鬼)、サザエさんじゃんけんなど、換骨奪胎はよくあること。大きな声では言えないか、海より広い心で受け止めてあげましょ。

 だが、いつか告げられる日がくるかもしれない、「パパ、まだプリキュア見てるの?」ってね。だから、これは一時の夢なのだ。休日の陽気な日差しを浴びながら、嫁の冷たい視線も一緒に浴びながら、薄荷に檸檬を混ぜたジュースでも飲みながら、苺ケーキを食べながら、紅顔の娘と仲良くプリキュアを鑑賞するなんて。

 ひょっとすると(しなくても)来年、いやもうすぐなのかもしれない。「パパ、なんでプリキュア見てるの」と問われる日が。わたしの答えが何であろうとも、反応は分かっている。嫁と同じ眼になるだろう…

 そのときは、心の中で告げるんだ、「さよなら、プリキュア」ってね。そして、もって行き場のない情熱を抱えながら、録り溜めしたプリキュアを深夜に再生するんだ。その日がくるまで、この幸せを噛みしめよう。

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2012年3月25日 - 2012年3月31日 | トップページ | 2012年4月8日 - 2012年4月14日 »