« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »

シンプルな人類史「スプーンと元素周期表」

 面白い本の探し方を教えよう。

 図書館限定だが、的中率は100パーセントだ(ソース俺)。面白いかそうでないかは、もちろん好みによる。読書経験やそのときの興味、コンディションによっても左右される。だが、誰かを夢中にさせた本なら、あなたを虜にするかもしれない。手に取る価値は充分にある。

 では、「誰かを夢中にさせた本」をどうやって見つけるか?書店の新刊と違って、図書館なら、ちゃんとその跡が残っている。

 それは、本の「背」。本のてっぺん(天)から背を眺めてみよう。少し斜めになっているはずだ。本を開くと、表紙に近いページが引っ張られ、背がひしゃげる。本を閉じると、引っ張られたページが戻ろうとする。つまり、一気に読まれた本の背は、ひしゃげたまま戻らなくなる。途中で放り出されたり、中断をくり返したなら、新刊本のように真っ直ぐなまま。

 試みに、ちょい昔のベストセラーを見るといい。気の毒なくらいひしゃげているはずだ。これは、沢山の人に一気に(最後のページまで)開かれた、という証拠なのだ。

 きっとあなたは、何がベストセラーとなっているかは(読まないまでも)知っているだろう。だから、知らないタイトルで、なおかつ背がひしゃげているならば、それは「あなたが知らないスゴ本」である可能性が高い。

 わたしが知らないスゴ本「スプーンと元素周期表」は、図書館で読まれまくっていた。そして、期待どおりスゴ本だった。

Photo

 元素周期表といえば科学の粋、さぞかし高邁な啓蒙書と思いきや、180度ちがってた。生臭いネタ満載で、科学史というよりも人類史だ。食べ、呼吸し、大金を賭けては擦り、毒し、魅了し、戦争を引き起こし、詐欺や爆弾のネタになり、政治や歴史を変え、そして愛を生みだす―――それが元素周期表なのだ。

スプーンと元素周期表 人類の行いを周期表の枠から眺めてみるという、ユニークでエキサイティングな試みだ。科学はおまけにすぎない(だが、そのおまけも濃く熱く饒舌だ)。高校で周期表に悩まされたわたしは、喝采しながら一気読みだぞ。

 周期表は科学の成果であると同時に人の営みの結果になる。ノーベル賞を取った盗られたという話から、私たちが星くずであるわけ、トンデモサイエンス、ケイ素系生物の可能性、携帯電話とコンゴ紛争の深い関係、なぜコーラにメントスを落とすと噴き出すのか―――どれを読んでも、どこから読んでも、どこまで読んでも、深く楽しく新しい。

 トピックの面白さもさることながら、読みやすくしているのは、絶妙な比喩。これは著者のセンスが輝いている。たとえば、極低温で電気抵抗がゼロになる伝導体は、iPodを極低温まで冷やしたら、どれだけ長く再生してもバッテリーが減らないと説明する。あるいはレーザー冷却の件では、「ゴーストバスターズよろしくビームを何本か交差させ、『光の糖蜜』と呼ばれるわなを仕掛ける」なんてマシュマロマンを思い出して笑ってしまう(古いか)。

 その一方、メタファーの危険にも釘を刺す。「電子とは硬い芯の周りを飛び回る針の頭」というイメージで説明したあと、類推の行き過ぎをたしなめる。おきまりの、「太陽の周りを回る惑星」というイメージが、沢山の科学者に苦い思いをさせたことを警告する。まさに惑星と太陽の喩えで分かった気になってたわたしは、永年の謎がようやく腑に落ちた。

 「惑星と太陽」なら、電子の"軌道"から原子核までスカスカでしょ?でも物質はもっと硬く、密になっている。その惑星にとっての"一年"をかけて周回するのなら、電子をかわして核に到達するのは難しくないんじゃない?―――わたしの稚拙な思い込みに、著者はこう説明する。

電子は、原子のコンパクトな芯───核───の周りを渦巻く雲のように、原子の事実上のほとんどの空間を占めている。核を構成する陽子と中性子のほうが個々の電子よりはるかに大きいのにそうなのだ。原子をスポーツスタジアムほどに膨らませたとしても、陽子をたくさん持つ核さえフィールド中央に置かれたテニスボールほとの大きさにすぎず、電子にいたっては周囲を飛び回る針の頭ほどでしかない───だが、飛び回るのがあまりに速く、毎秒数え切れないほど何度もあなたに当たるので、あなたはスタジアムに入れないだろう。針の頭どころか固い壁のように感じるはずだ。そのため、原子どうしがぶつかっても、中の核は口を出さず、電子だけが反応にかかわる。
 わたしの沢山の無知も、確認できてありがたい。イタイイタイ病の原因がカドミウムなのは知ってたが、その名は神岡鉱山に由来することを教わったし、窒素がなぜ窒素と呼ばれているのか、恥ずかしながら初めて分かった。窒息の「窒」から取られていたんだね。

 窒素の列の元素は「ニクトゲン」と呼ばれ、語源は「窒息」や「絞殺」を意味するギリシャ語になる。窒素は臭いも色もなく、吸ったり吐いたりも簡単で、身体を「優しく落とす」そうな。NASAの(爆発でないほうの)死亡事故を紹介しつつ、人体のセキュリティシステムを解説する。なんと、人の体は「酸素があるか」をチェックしないんだって。何かの気体を吸って、二酸化炭素を吐き出していれば「問題なし」なんだって。精妙な最適化か絶妙な手抜きかはともかく、人の体は面白いね。

 なじみの薄い元素「コルタン」については、ルワンダ虐殺の関係から語られる。毒殺者御用達の「タリウム」は、連続殺人犯グレアム・フレデリック・ヤングの話になる。「ポロニウム」はもちろん、元KGB幹部が食べたポロニウム入り寿司のエピソードだ(これは知ってた)。戦争に欠かせない元素や、虐殺を引き起こした元素という観点から、周期表は科学の成果だけでなく、人間の残虐な本能にも訴えうることを証明しているという。

 言いたいことは分かるが、元素のせいにするには擬人化が激しすぎるかと。元素は戦争も虐殺も関係ない、ただそこに有るだけ。しかし、そこに価値を見いだし、奪い合い、殺し合うのは人間なのだ。元素にドラマがあるのではなく、元素をドラマティックにしているのは、ほかならぬ人間なのだ。

 無味乾燥な元素周期表が、生々しく見えてくる一冊。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

本好きが選んだ新潮文庫の160冊

 好きな本を持ち寄って、まったりアツく語り合うスゴ本オフ。今回のテーマは「新潮文庫」。ジャンル不問・冊数未定でありながら、やってみるとむつかしい。

 なぜと問うなら、自分の書棚と脳裏を浚ってみるといい。文芸、海外、歴史、冒険、SF、純文、対談、ミステリー、ファンタジー、ドキュメンタリー、エッセイ、記憶から積山から、懐かしの一冊から流行りの新刊まで、いくらでも出てくるから。ありすぎて選べないのだ。

 それでもムリヤリ選んだのが、「この新潮文庫がスゴい!(徹夜小説編)」。これは「新潮文庫」+「寝食忘れる徹夜本」という組み合わせで厳選したもの。そして、人力検索はてなで質問したのが、「『この新潮文庫がスゴい!』という、あなたのオススメを教えてください」になる。わたしの偏見「理系のはてな」を跳ね返す文理入り乱れの怒涛のラインナップが揃った。

 そして、実際にみんなで語り合ったのがスゴ本オフ。新潮文庫の良さ(と悪さ)をぶちまけながら、新潮文庫の中の人の熱い想いを聞きながら、濃密なひとときを味わう。読書体験の思い出だったり、節目節目での気づきだったり、さまざま。わたしも読んだ同じ一冊が、記憶の媒体というか"とっかかり"となっているのが面白い。根岸さんのこのコメントが、素晴らしいまとめ。

今夜のスゴ本オフでわかったのは、新潮文庫ってどの世代にとっても青春の記念碑なんだということ。文学とエンタメの境目で、僕らに素敵な世界を案内導き続けてきてくれた。これからも、よろしくお願いします
 まぁ見てほしい、大人が選んだ新潮文庫を。

1

2

3

4

5

6

7

 そう、新潮文庫はどの書店にも必ずあって、ハズレが無い。しかも安い(想像力と数百円)。間口の広さは、子どもが本の世界に入る最初の(自分で買う)一冊になるし、読み巧者なベテランには古典や新ジャンルを開拓するトバ口になる。「新潮文庫は人生の教科書、これなくして大人になれなかった」とか、「わたしの十代と二十代は、新潮文庫で出来ている」など、名言炸裂してた。

 ただし、いいことづくめでもない。熱血気味にオススメしたいのが絶版だったりすることが多々ある。わたしのマイベスト新潮文庫「シャドー81」「大聖堂」は、現在では他社が扱っている。「なんで絶版なの?」愚痴気味に尋ねると、新潮文庫の中の人曰く「全国書店の棚は有限なのに、毎月20冊新刊が追加される、どこかで涙を飲まにゃならんのです」とのこと。編集と営業で「絶版vs重版未定」のせめぎ合いがあるようだ。

 裏話というか、興味深いことを聞いた。新潮文庫の裏表紙にある「あらすじ」、あれは176文字なんだそうな。ここを書くのは編集者の仕事で、ネタバレを回避しつつ「読みたい!」気分をソソるよう上手にまとめるのが腕の見せ所だ。編集者の熱量(と力量)を知るには、「ここが176字ピッタリか」に着目する。情報量を詰め込んで、176字を使い切っているほど(編集者の熱量と力量が)良いらしい。

 オフ会で、ブログで、はてなで、twitterで、「この新潮文庫がスゴい!」をテーマに集まったものを並べてみる。本好きが選んだ新潮文庫たちだ。

 もちろん分かってる。「これが入ってない!」「あれを入れないなんて!」と言いたいでしょうに。だが、それはきっと、あなたの青春の一冊なんだ。

  • 「軍艦長門の生涯」阿川 弘之
  • 「最後の恋」阿川 佐和子ほか
  • 「砂の女」安部 公房
  • 「他人の顔」安部 公房
  • 「ゴールデンスランバー」伊坂 幸太郎
  • 「ダレカガナカニイル…」井上 夢人
  • 「孔子」井上 靖
  • 「勝ち続ける力」羽生 善治・柳瀬 尚紀
  • 「沈黙」遠藤 周作
  • 「海と毒薬」遠藤 周作
  • 「哀愁の町に霧が降るのだ」椎名 誠
  • 「コンスタンティノープルの陥落」塩野 七生
  • 「ローマ人の物語(ハンニバル編)」塩野 七生
  • 「ローマ人の物語(ユリウス・カエサル編)」塩野 七生
  • 「球形の季節」恩田 陸
  • 「上と外」恩田 陸
  • 「こころの処方箋」河合 隼雄
  • 「蜘蛛の糸・杜子春」芥川 龍之介
  • 「ワイルドソウル」垣根 涼介
  • 「星虫」岩本 隆雄
  • 「零式戦闘機」吉村 昭
  • 「関東大震災」吉村 昭
  • 「羆嵐」吉村 昭
  • 「あかんべえ」宮部 みゆき
  • 「火車」宮部 みゆき
  • 「レベル7」宮部 みゆき
  • 「流転の海」宮本輝
  • 「螢川・泥の河」宮本輝
  • 「最長片道切符の旅」宮脇 俊三
  • 「完全復刻・妖怪馬鹿」京極 夏彦
  • 「溺れる魚」戸梶 圭太
  • 「流れる」幸田 文
  • 「神様のボート」江國 香織
  • 「ベルリン飛行指令」佐々木 譲
  • 「エトロフ発緊急電」佐々木 譲
  • 「双頭の鷲」佐藤 賢一
  • 「国家の罠」佐藤 優
  • 「ア・ルース・ボーイ」佐伯 一麦
  • 「あんちゃん、おやすみ」佐伯 一麦
  • 「カリスマ―中内功とダイエーの『戦後』」佐野 眞一
  • 「絶対音感」最相 葉月
  • 「風が強く吹いている」三浦 しをん
  • 「豊饒の海」三島 由紀夫
  • 「鏡子の家」三島 由紀夫
  • 「クラッシックホテルが語る昭和史」山口 由美
  • 「不毛地帯」山崎 豊子
  • 「沈まぬ太陽」山崎 豊子
  • 「ぼくは勉強ができない」山田 詠美
  • 「累犯障害者」山本 譲司
  • 「梟の城」司馬 遼太郎
  • 「歴史と視点」司馬 遼太郎
  • 「峠」司馬 遼太郎
  • 「飢えて狼」志水 辰夫
  • 「隠密利兵衛」柴田錬三郎
  • 「雪舞い」芝木 好子
  • 「ウルトラダラー」手嶋 龍一
  • 「薬指の標本」小川 洋子
  • 「恋」小池真理子
  • 「夜ごとの闇の奥底で」小池 真理子
  • 「柩の中の猫」小池 真理子
  • 「屍鬼」小野 不由美
  • 「サクリファイス」近藤 史恵
  • 「白鳥の歌なんか聞えない」庄司 薫
  • 「全国アホ・バカ分布考」松本 修
  • 「孤高の人」新田 次郎
  • 「芙蓉の人」新田次郎
  • 「ヰタ・セクスアリス」森 鴎外
  • 「そして二人だけになった」森 博嗣
  • 「ホワイトアウト」真保 裕一
  • 「縛られた巨人──南方熊楠の生涯」神坂 次郎
  • 「本格小説」水村 美苗
  • 「水木しげるの日本妖怪紀行」水木 しげる
  • 「BRAIN VALLEY」瀬名 秀明
  • 「妖精配給会社」星 新一
  • 「ボッコちゃん」星 新一
  • 「桶川ストーカー殺人事件」清水 潔
  • 「パーマネント野ばら」西原 理恵子
  • 「4TEEN」石田 衣良
  • 「国防」石破 茂
  • 「幽霊屋敷の電話番」赤川 次郎
  • 「雪国」川端 康成
  • 「掌の小説」川端 康成
  • 「五郎治殿御始末」浅田 次郎
  • 「蝦夷地別件」船戸 与一
  • 「アマノン国往還記」倉橋 由美子
  • 「世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド」村上 春樹
  • 「一瞬の夏」沢木 耕太郎
  • 「深夜特急」沢木 耕太郎
  • 「細雪」谷崎 潤一郎
  • 「剣客商売」池波 正太郎
  • 「剣聖」池波 正太郎ほか
  • 「夫婦茶碗」町田 康
  • 「そこに僕はいた」辻 仁成
  • 「魚雷艇学生」島尾 敏雄
  • 「夏の庭」湯本 香樹実
  • 「笑うな」筒井 康隆
  • 「家族八景」筒井 康隆
  • 「虚航船団」筒井 康隆
  • 「私説博物誌」筒井 康隆
  • 「旅のラゴス」筒井 康隆
  • 「ロートレック荘事件」筒井 康隆
  • 「用心棒日月抄」藤沢 周平
  • 「鋼鉄の騎士」藤田 宜永
  • 「そして殺人者は野に放たれる」日垣 隆
  • 「しゃばけ」畠中 恵
  • 「スクールアタック・シンドローム」舞城 王太郎
  • 「葬送」平野 啓一郎
  • 「決壊」平野 啓一郎
  • 「日蝕」平野 啓一郎
  • 「カンバセイション・ピース」保坂和志
  • 「この人の閾」保坂和志
  • 「消された一家」豊田 正義
  • 「楡家の人びと」北 杜夫
  • 「凶笑面」北森 鴻
  • 「触身仏」北森 鴻
  • 「写楽・考」北森 鴻
  • 「月の砂漠をさばさばと」北村 薫
  • 「スキップ」北村 薫
  • 「河童が覗いたインド」妹尾 河童
  • 「河童が覗いたヨーロッパ」妹尾 河童
  • 「日本仏教史」末木 文美士
  • 「文人悪食」嵐山 光三郎
  • 「西の魔女が死んだ」梨木 香歩
  • 「死ぬことと見つけたり」隆 慶一郎
  • 「一夢庵風流記」隆 慶一郎
  • 「鬼麿斬人剣」隆 慶一郎
  • 「マイブック」
  • 「朽ちていった命――被曝治療83日間の記録」NHK「東海村臨界事故」取材班
  • 「アシモフの雑学コレクション」アシモフ
  • 「ロリータ」ウラジミール・ナボコフ
  • 「ウンベルト・エーコの文体練習」ウンベルト・エーコ
  • 「人はなぜエセ科学に騙されるのか」カール・セーガン
  • 「冷血」カポーティ
  • 「異邦人」カミュ
  • 「りっぱな犬になる方法」きたやま ようこ
  • 「シャンタラム」グレゴリー・デイヴィッド・ロバーツ
  • 「リプレイ」ケン・グリムウッド
  • 「大聖堂」ケン・フォレット
  • 「蝿の王」ゴールディング
  • 「フェルマーの最終定理」サイモン・シン
  • 「暗号解読」サイモン・シン
  • 「宇宙創成」サイモン・シン
  • 「ナイン・ストーリーズ」サリンジャー
  • 「ママ・アイラブユー」サローヤン
  • 「人間の土地」サン=テグジュペリ
  • 「最後の晩餐の作り方」ジョン・ランチェスター
  • 「ゴールデンボーイ」スティーヴン・キング
  • 「クージョ」スティーヴン・キング
  • 「ダーシェンカ」チャペック
  • 「カラマーゾフの兄弟」ドストエフスキー
  • 「ハンニバル」トマス・ハリス
  • 「ホース・ウィスパラー」ニコラス・エヴァンス
  • 「優しい関係」フランソワーズ・サガン
  • 「報復」フリーマントル
  • 「朗読者」ベルンハルト・シュリンク
  • 「風と共に去りぬ」マーガレット・ミッチェル
  • 「ストーンシティ」ミッチェル・スミス
  • 「白鯨」メルヴィル
  • 「赤毛のアン」モンゴメリ
  • 「かもめのジョナサン」リチャード・バック
  • 「シャドー81」ルシアン・ネイハム
  • 「ジャン・クリストフ」ロマン・ロラン

 ちなみに、わたしのイチオシ最新は、「シャンタラム」。新潮文庫の翻訳物編集者が選ぶオールタイムベストらしいが、さもありなん。鉄板の面白さなので、必ず三冊そろえてから読むこと(これより面白いのがあったら、逆に教えて欲しい、喜んで読むから)。そして、裏表紙の「あらすじ」はネタバレ全開なので、一切見ることなしの予備知識ゼロでハマってくれ。そうそう、「河童が覗いたインド」が傍らにあるといいかも。

シャンタラム1シャンタラム2シャンタラム3

 おまけ、若鶏のグリルレモン添え。ジューシーさと酸味が相まった絶品で、ワインがいくらでも入りました(ごちそうさまでした)。他のご馳走は、やすゆきさんのレポートは「新潮文庫シバリのスゴ本オフ」は名作ぞろいで最高だったし、なかのひとイヂリが楽しかった件からどうぞ。

8


 参加いただいた方、ありがとうございました。次回は「女と男」でやりますぞ。


| | コメント (11) | トラックバック (2)

« 2012年3月11日 - 2012年3月17日 | トップページ | 2012年3月25日 - 2012年3月31日 »