« 完璧な悪夢「野性の蜜」 | トップページ | 「100のモノが語る世界の歴史」はスゴ本 »

このミステリが今年の一位「湿地」

 ミステリひさしぶり。なので良いのを読みたい。ガラスの鍵賞を2年連続受賞、CWAゴールドダガー賞を受賞した作者は、この期待に応えてくれる。設定、人物、書き口が「あとひく上手さ」なので、読み始めたら止まらない。一気に読める週末にどうぞ(雨の夜だと、なお良し)。

 というのも、作中ずっと雨が降っているのだ。冷たく、薄暗い風雨にまみれて捜査は進み、頓挫し、跳ねる。アルコール中毒の医者、麻薬中毒の娘、セックス中毒の男、仕事中毒の主人公、よそよそしくて冷ややかで、「アイスランドとはこういう場所なのか」と思い込みそうになる、ちょうどそのとき―――雨があがる。

 封じ込められていた過去が覆されるそのとき、思わず「うおっ」と声が漏れる。この展開は半ば分かっていたものの、歯を喰いしばり、本を持つ手に知らず力がこもる。「胸が張り裂けそうになる」というよりも、胸にのしかかってくるのだ。ずっと見えなかった内面が一気に迫ってくる。雨があがって犯罪が解決して心が晴れるわけもないが、一抹の慰めが有難い。

 意外で必然でおぞましいこの犯罪は、「アイスランド特有」という形容が付いているが、未来のわたしたちをも指している。単なる犯罪小説だけでなく、未来の社会派としても、読み解ける。年末恒例の、『このミステリがナントカ』リストのどこに本作を位置付けるかで、格付けが行える。

 一気に読めてズシンとくる、今年一番のミステリがこれ。

|

« 完璧な悪夢「野性の蜜」 | トップページ | 「100のモノが語る世界の歴史」はスゴ本 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/55634780

この記事へのトラックバック一覧です: このミステリが今年の一位「湿地」:

« 完璧な悪夢「野性の蜜」 | トップページ | 「100のモノが語る世界の歴史」はスゴ本 »