« 疲れた大人に、よく刺さる「心にトゲ刺す200の花束」 | トップページ | ボルヘス好き必読「ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語」 »

いじめについて子どもに話したこと

 「よい」といったら語弊があるが、機会なので、いじめについて子どもと話す。

 赤ん坊のときから「寝かしつけ」はわたしの仕事だが、小学生になっても一緒に寝たがる。寝物語もエスカレートして、絵本からゾロリ全読、オリジナルストーリーの強要など、拷問じみてくる。最近はエロを抜いた「Kanon」や、「ルーク・スカイウォーカー物語」(中身はエピソード4)で胡麻化している。昨晩は「いじめ」になった。

 すでに実行してきたことは、「わが子がイジメられてるらしいと思った親が最初にしたこと」に書いた。伝えたいメッセージは「みんな仲良くはウソ」「逃げろ」になる。

 今回は具体的に思い出しながら語った。「葬式ごっこ」や「マット死事件」を挙げて、いじめがどのようにエスカレートしていくかを聞かせる。よく「いじめはあってはならない」と言われるだけで、それが具体的にどのように始まって、どう進行するかについて、話したことがないことに気づく。

 最初は、靴や文房具を隠されるところから。そして、服を汚され、蹴られ、ロッカーに閉じ込められる。金銭を要求され、「盗ってこい」と命じられ、サンドバック代わりにされ、ヤキ(死語)を入れられ───悪意のはけ口として人外として扱われるのは、思い出すのも嫌なものだ。

 声が震えていたのだろう、子どもはしんとしている。「寝たの?」と聞くと、間髪いれず「それで?」と返してくる。過去はわたしに毒なので、「自殺の練習」につなげる。

「名探偵コナン」って、ちょっと死にすぎるけど、いいところもあるよ。あれ、必ず"犯人"がいるでしょ、そして必ず"犯人"がつきとめられる。いじめは、それで死ぬ人が出ても、"犯人はいませんでした"というのがあるんだ。

と、マットにぐるぐる巻きにされて窒息死した少年の話をする。子どもたちは「信じられない」を連発する。親のクレジットカードを盗ってこさせられ、勝手に使われ、親には問い詰められ板挟みになった子の話をする。

「いじめは、あってはならない」を間違えないで。「普通、いじめは無い」という意味じゃないよ。いじめは、普通にある。誰かと衝突したり、「嫌だ」と思うことは自然なことだ。教室だけじゃなく、大人の世界にだってある。だから、我慢しなくていい、「嫌」から逃げればいい(ただし勉強はちゃんとやれ)。学校は、命かけてまで行くところじゃないからね。

 気づいたら、二人ともスースー寝息を立てていた。どこまで聞いていたか分からないが、まぁいいか。


|

« 疲れた大人に、よく刺さる「心にトゲ刺す200の花束」 | トップページ | ボルヘス好き必読「ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語」 »

コメント

「だいじょうぶ、最後は家族が、きみたちを守るよ」そんなメッセージがお子様たちには伝わったんじゃないでしょうか。

投稿: zemu | 2012.07.08 11:04

いつも思うんですけど
いじめられっ子が逃げないのは、逃げ場がないからじゃないでしょうか。

投稿: | 2012.07.09 23:04

>>zemuさん

ありがとうございます、普段からそんなこと言っているので、伝わっていると思います。


>>名無しさん@2012.07.09 23:04

いろいろな意味で、そうだと思います。

投稿: Dain | 2012.07.10 23:56

小学生時代、クラスメイトとのちょっとした行き違いがら言い合いの喧嘩に発展したことを思い出した。
私は自分の正当性をあれやこれやと主張し、お互い納得のいくまでとことん話し合おうじゃないかと、そう提案した。
けれど、その子は逃げた。
話し合いからも、和解の提案からも逃げた。
どこで、何から逃げる?
自分が不快だと思うことから逃げる?
それでいいのだろうか。
難しい問題ですね。

投稿: | 2012.07.12 00:33

>>名無しさん@2012.07.12 00:33

コメントありがとうございます。一対多なのか、(本人にとって)理不尽だったのか、周囲に追い詰められていたのか、状況か分からないので、なんとも言えません。
ただ、無理をして我慢してこらえてしまう子どもにとって、「逃げろ」という一言は脱出口になると、考えています。

投稿: Dain | 2012.07.12 06:54

山形マット死事件の事に触れられていますが、あの事件は容疑をかけられた7少年全員が刑事・民事ともに事件への関与を認定され、「有罪」となっていますので、「犯人がいないこともある」という事の例としてはちょっとおかしいのではないかと思うのですが・・・

重箱の隅をつつくような指摘で申し訳ないです。

投稿: とおりすがり | 2012.07.26 18:03

>>とおりすがりさん

確かにご指摘の通りです、ありがとうございます。子ども相手の寝話、いろいろないじめの現場がない混ぜになっていたのかもしれません。

投稿: Dain | 2012.07.26 23:31

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/55140428

この記事へのトラックバック一覧です: いじめについて子どもに話したこと:

« 疲れた大人に、よく刺さる「心にトゲ刺す200の花束」 | トップページ | ボルヘス好き必読「ゾラン・ジフコヴィッチの不思議な物語」 »