« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »

「ビブリオバトル@紀伊國屋書店」の可能性

 オススメ本を語りまくり、読みたい本をみんなで選ぶ「ビブリオバトル」。行ってきた&語ってきた。そして、面白いことに気づいた。書店は、本に会いに行くのではなく、人に会いに行く場なんだと。

20121228_1

20121228_2

20121228_3

 かつては孤独なマタギのように棚めぐりをしたもの。感性と眼力を頼りにしたソロハンティングを続けるうちに、井の中の殿様になっていたのはわたし。ネットのおかげで「人つながり」ができ、グループハンティングがメインになった。

 狩場はネットに限らない。「つながり」のある多人数でオススメしあうことで、わたしが知らないスゴ本を読んでいる「人」が見えるようになった。それがスゴ本オフであり、本屋オフであり、ブクブク交換であり、ビブリオバトルなんだ。

 イベントだけではない、書店で最も重要な「棚」の背後には、選択・配列している「人」がいる。ある書店に通ってしまうというのは、その棚を作っている「人」が、わたしが知らないスゴ本を読んでいるから。

 SWITCH「表現者たちの本棚」も、BRUTUS「世の中が変わるときに読む263冊」も「人」に焦点をあてている。たとえばSWITCHの「子どもには隠しておきたいブックガイド」。みうらじゅんが「鬼畜」(松本清張)を強力にプッシュしている、さもありなん。本谷有希子は「蝿の王」(ゴールディング)で邪悪を語る。ケッチャム読んでみたら?と背中を押してやりたい。本をノードにして話したくなる。

SWITCH1月号BRUTUS1月号松岡正剛の書棚

 売れてる本、新刊本を並べるなら誰でもできる…が、本が多すぎるのだ。だから人がハブになって本を集める。丸善の「松丸本舗」なんて発想はそのものズバリで、(絶対彼が読んでなさそうな○○本も含め)松丸というブランディングで目にとまり手にとってもらえる。ジュンク堂の「山形浩生が選ぶ経済がわかる30冊」は硬柔まざった面白いリストで、フェア期間中は小冊子を配布するという。これは、お金を出しても買いたい。本をじゃなく、人を出すことで、「顔」が見える。

 Amazonの「この本を買った人はこれも…」は、その背後にいる「人」を隠している。同じカートに入っている他の本を数えているだけなのだが、マスになれば精度は馬鹿にできない。レビューアーやリストマニアのシステムは、「人」を前面に出しているものの、顔が見えない。

 リアルの強みはここ、実際に「人」と「本」を見ることができる。書店の中の人とお話しすると、上層部はおしなべて「Amazonは敵」だそうな。もったいない。Amazonは敵ではなく、学ぶ相手であり、盗み先だ。うろ覚えから特定させる仕掛けや、「似た本」の見せ方は素直にパクればいいのに…と思う。その上で、リアルに誘導する。ソーシャルソーシャルってWebの世界だけだろうか?店内の通路や書架や陳列台こそ、その書店の「人」とそこに集まる「人」のsocialな場になる。

 誘導する仕掛けになったら、中の人の十八番だろう。リーフレットやイベントが盛りだくさんだから。たとえば、ピクウィッククラブのこの冊子なんて一生モノ。世界文学を数百冊、短評とともにコンパクトにまとめている。また、書評空間はすごく良くできている。ただ、「人」はスタッフではなく著名人に焦点が当たっているのと、ネットに閉じているのが残念。ネット→リアルへの導線が無いから。

Photo

 いっぽう、ビブリオバトルは「人」に焦点が当たっている。オススメされた本を頼りに、わたしが知らないスゴ本を読んでいる「人」を識ることができるから。さらに今回、U-streamで札幌と新宿をつないで、双方向のライブを実現したところが素晴らしい。ネット→リアルへの道筋がはっきり見える。

 ちょっと残念だったのは、肝心のU-streamの音声がブツブツ途切れていたところ。理由は単純、マシンスペックが足りないのだが、これも改善されるだろう。また、事前告知を厚くして、twitterとの連動を増やすといいかも。発表者→受け手・視聴者→発表者へのフィードバックがあると、本から人のつながりが、ネットからリアルへのつながりが、さらに増える。

 こうなってくるとビブリオバトルではなく、本屋オフやね。店内を巡りながら、ネットやリアルに本を紹介しながら連想を膨らませながらフィードバックを受ける。これは松丸本舗に一日の長ありやね。イシス編集学校で鍛えられたスタッフを常備しているから。

 本を介して人に会い、人を介して新たな本を知る。知は本というノードに集約され、本は人というノードでつながる。ネットとリアルの双方にまたがる、ソーシャル・ブック・エリアやね(Bookshopでないところに注意)。ビブリオバトルのようなチャンネルが増えると、もっと書店に行きたくなる。

 わたしが知らないスゴ本を、きっと読んでる「あなた」と会うために。

 最後に、ビブリオバトルについて。わたしのオススメ本「なぜ私だけが苦しむのか」はトップはとれなかったけれど、何人かに届いたからよしとするか。当日のレポートは、「鈴木たかみつが考えると。」をどうぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この本でタバコをやめて十年目

禁煙セラピー 最後の一本を吸い終えたのが、ちょうど十年前。

 やめた(やめられた)のは、子どものこととか懐具合とか健康を気にしてではなく、この一冊を読んだから。今やコンビニで見かけるほどメジャーになったが、本当に、本当に感謝している。文字どおり、わたしの人生を変えた一冊やね。

 10年前のスペック―――文字どおりの「ヘビースモーカー」。マイルドセブンが220円だった頃から始め、マイセン系はカスタムライトまで試し、CASTERのチョコっぽさに辟易し、ピースに浮気して、結局ピースライトに落ち着いた。十年間、一日一箱を守り、さらに開高健の影響でパイプをやっていた(紙巻は肺ガンになりやすい、と信じてた)。「タバコをやめよう」なんて考えたこともなかった。タバコがない人生なんて、考えられなかった。

 「読むだけでやめられる」というキャッチで惹かれて立ち読み。タバコと不可分のわたしに対する挑戦だと受け取ったから。さぞや、タバコの害を並べ立ててるんだろうなぁと思いきや、キッパリ裏切られる。真っ黒になった肺の写真も無いし、ガンとタバコの統計といったものも、一切ない。

 恐ろしいのは、まえがきを読んだだけで、「やめられるのかも」と思ってしまったところ。千円でやめられるならダメ元だと買ってみる。その日に一読。一日間をおいて、さらに一読―――そして、一本のタバコに火をつけて、ゆっくりと吸い終えた。それでオシマイ。魔法のようにやめられたのだ。

 時は流れ、ニコチンパッチやニコチンガムが一般化し、それでも禁煙に苦労している人がいる。が、少なくともここに一人、この一冊だけでやめられたわたしがいる。もちろん誰にでもオススメというわけではない。周りに奨めて読んでもらった3人中3人とも禁煙できなかった。だが、「タバコへの心理的依存」が軽くなることは請けあう。

 タバコのメリット・デメリットに自覚的になったのは、タバコをやめてからだ。タバコは有効なリフレッシュ手段で、なおかつタバコ部屋は情報収集にうってつけだった。「タバコのデメリット」は、タバコを日常的に吸っている時代には、ピンとこなかった。「息苦しい」「体や息が臭い」「メシがまずい」「肌が荒れる」といった、タバコの良くないとされている部分が分からなかった。全て、タバコをやめた後、「改善」という形でフィードバックされた。

 余得として、「匂い」が戻ってきた。女の微かな妙やかな体臭や、冬でも汗の匂い/臭いを感じられるようになった。もちろん匂いが「見える」わけではないが、濃淡がダイレクトに伝わってくる(匂いは音楽に似ている)。オフィス街を闊歩する女の後ろを少し歩くだけで、ファンデの中から脂を嗅ぎ分けたり、生理直前のアーモンド臭を嗅ぎ当ててウキウキできる(立派な変態ですな)。

 この本の効果は、「吸うのをやめる」というよりも、「吸う必要がなくなる」感覚。「食後の至福の一服」とか「タバコでリラックス」といった暗示から解き放たれるのだ。ヒネた言い方でまぜ返すなら、「『タバコのメリットという幻想』からの解放という暗示」にかかったんじゃないの?とツッコムこともできる。だが10年はさすがに長いぜ。

 ときおりあの、「喉が渇くような感覚」に襲われることがある。昔なら、タバコが吸いたいという体の反応だ。「タバコを吸っている夢」を見たこともある。ひょっとすると、10年経っても抜けていないのかもしれぬ。この「タバコの暗示」というやつは。

 全てのタバコ吸いに捧げる、千円でタバコ依存から解放される(かもしれない)一冊。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年12月18日 - 2011年12月24日 | トップページ | 2012年1月1日 - 2012年1月7日 »