« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »

「要約 ケインズ 雇用と利子とお金の一般理論」はスゴ本

 経済学者が嫌いだ。

 イソターネットで可視化された「経済学者」は、嘘つきで尊大で、自分以外は馬鹿に見えるらしい。誤りを指摘されると、猛々しく開き直り、詭弁を弄して話をすりかえる。「経済学者だから、さぞ金持ちだろう」は冗句だが、「経済学者だから、リーマンショックは予見しただろう」は洒落にならぬ。「経済学者が集まったから、EUクライシスの処方箋がまとまるだろう」は、もはや寝言だ。

要約ケインズ しかし、わたしが間違っていた。ダメな「経済学者」がいるかもしれないが、「経済学」は価値がある、まちがいなく。ずっと避けてきたのに、とうとう出てしまったのだ、「ケインズ一般理論」の要約版が。岩波文庫で何度も撃沈していたものを、ていねいに噛み砕き、今に合わせて剪定してある。ありがたく感謝して読む。

 もちろん一読で理解できるはずもないが、どこまで分かっていて、どこまで分かっていないかが、判別できた(←これ重要)。なのでクルーグマン先生のデカイ教科書に取り組める。ここでは、わたしがどのように読んだかを備忘的に記す。

 まず、これを翻訳・要約したのが山形浩生氏だ。だから、末尾の解説から読むのが正しい。氏が訳した本に共通するのだが、本文よりも解説の「まとめ」のほうが分かりやすい。その本の位置づけから見通しを語り、そこから拡張した氏の主張まで展開している。だから、そこだけ読めば事足りる(その証拠に、解説だけを集めた「訳者解説」という本が出ている)。

 そんなわたしの「横着」ぶりを見透かされつつ、クルーグマンを引きつつ、さらに要約してくれる。p.246によると、ケインズ一般理論の肝はこうなる。

  1. 経済は、全体としての需要不足に苦しむことがあり得るし、また実際に苦しんでいる。それは非自発的な失業につながる。
  2. 経済が需要不足を自動的になおす傾向なんてものがあるかどうかも怪しい。あるにしてもそれは実にのろくて痛みを伴う形でしか機能しない。
  3. これに対して、需要を増やすための政府の政策は、失業をすばやく減らせる。
  4. ときにはお金の供給(マネーサプライ)を増やすだけでは民間部門に支出を増やすよう納得してもらえない。だから政府支出がその穴を埋めるために登場しなきゃいけない。
 さすがにまとめすぎだが、解説を予め読んでおくと、すっきりした見通しで取り掛かれる。さらに、各巻の冒頭はそれぞれの「訳者の解説」が、そのうえ各章の最初は「Abstract」があり、ここだけでも充分価値がある。

 語り口はざっくばらんで、「根拠レスな批判」「こいつがイカレポンチだ」などと、いかにも山形氏が言いそう(だがケインズの言)。本文中にも迷いそうなところには [ ] で山形コメントがあり、たいへんありがたい。だが、地の文(ケインズ)も、解説や[ ]の文(山形)も、どちらの主語も「ぼく」なので、注意が必要。例えば、20章 雇用関数のセクションI は、次の文で始まる。

(数式が嫌いな人は、このセクションを飛ばしても全然オッケー!)
めんどくさい数式がずらずら並んでいるので、喜んで飛ばさせてもらった。だが、これはケインズ?山形?どちらの発言か想像すると楽しい(どっちの場合でもニヤっとさせられる)。ケインズは茶目っ気たっぷりのおっさんだったらしい。山形氏もそうなのだろうか。VI巻ラストのこの一文なんて、ケインズの地の文なのにモロ山形節で、爆笑させてもらった。
知的影響から自由なつもりの実務屋は、たいがいどっかのトンデモ経済学者の奴隷だ。虚空からお告げを聞き取るような、権力の座にいるキチガイたちは、数年前の駄文殴り書き学者からその狂信的な発想を得ている。
これは冒頭でわたしが嫌っていた「経済学者」じゃねーか。

経済学思考の技術 わたしの理解不足も分かった。まず、何度も出てくる「限界効率」。もうかっているお店が、さらにバイトを雇ったとき、どれくらい儲けが期待できるかという話だが、わたしの理解がアヤシイ。飯田泰之著の「経済学思考の技術」を再読して復習しよう。ロジカルシンキングものとして読んだことがあるが、もっと広くて深くて実践的だ(ロジシン本に矮小化したら失礼だ)。限界効率について目ウロコだったことを覚えているが、もう一度目ェ洗ってくる。

 「金利」について、復習が必要だ。というのも、中央銀行が決める政策金利と、債権の利息として扱われるものと、2種類(もっと?)の意味が混在して使われているように読めたから。文脈によってきちんと読み分けられないわたしにとって、混乱の元になった(あるいは、政策金利も債権の利息も「同じ」とみなす?)。ちゃんと勉強してこなかったツケがまわってきたね。

 さらに、わたしは「危機」について分かっていない。本書では、「危機(crisis)」「暴落(slump)」「バブル崩壊(collapse)」が同じ意味で使われている(ように読めた)。景気循環の下降局面なら「危機」、資本の限界効率が急落し、みんなが現金を欲しがっている状態を「暴落」、さらに過剰投資(=バブル?)が行過ぎて、期待収益がゼロ以下になることを「バブル崩壊」と呼んでるみたい。いわゆる「バブル崩壊」は、そんな景気循環から外れた、日本だけの極端な現象だと思っていたが、ケインズも指摘しているくらい「予見されたこと」なのだろうか(あるいは山形氏の勇み足?)。これは、「原書にあたれ」やね。

 わたしの理解のために、もうワンクッション要る。これは自分で式を展開したり図を書くことで補完しよう。あれ?と思ったのは、第10章の「限界消費性向と乗数」。既存の資本設備を500万人雇って動かして生産している社会の話に、こうある。

すると、50+n×10万人が雇用されているときの限界での乗数は100/nになって、国民所得のn(n+1) / 2(50+n)が投資にまわされる。
ここでは、520万人が雇用されているときを考えているから、「50+n×10万人」ではなく、「500+n×10万人」なのでは?と引っかかった。投資にまわされる割合の式から考えると、「(50+n)×10万人」のほうが妥当だろうか。「分かってる加減」を確かめるため、本書をベースに手を動かす必要がありそうだ。

 いずれにせよ、食わず嫌いだった「経済学」にも手を出す。まずはクルーグマン先生の「マクロ経済学」「ミクロ経済学」から。警戒すべきは、慢心。「自分以外は馬鹿に見える」病に陥らないよう、気をつけて学ぼう。

 追記。本書の全文は、以下のリンクから読める。わざわざお金を出して「紙の本」で読む必要なんてないじゃないか、というツッコミもあるだろう。だが、やってみるがいい(全部読めないから)。いま全体のどこにいるかを押さえつつ、行きつ戻りつしながら「読み」「書き」「付箋貼り」には、どうしても紙の本でないと。一読腹に落ちるような代物ではなく、「取り組む」「格闘する」ものなのだから。オールドタイプのノスタルジーという揶揄上等、やってみなはれ。

ケインズ『雇用と利子とお金の一般理論』要約

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「2011最もオススメする本」をビブリオバトルで紹介する

 12月28日(水)、ビブリオバトル@紀伊國屋書店に参戦しますぞ。

 ビブリオバトル(書評合戦)は極めてシンプルだ。

 1. 参戦者が本の魅力を5分で語る + 観覧者と質疑応答
 2. 参戦者と観覧者で投票して「最も読みたい一冊」を決める

 わたしの「読む」傾向偏差がデカいことは承知しているから、一般の人様にオススメできる(したい)ような本が少ないのも分かってる。幾度も言及している本なので、ここの読者には目新しくないかもしれない。それでも、2011年、一番オススメしたい一冊を持って、全力でプレゼンするので、ぜひご観覧くださいませ。

 しかも、かつての優勝者や歴戦のビブリオバトラーが集う「年忘れ☆オールスター2011」組に入れてもらえるので、猛者を探すならうってつけかも。「本を探すのではなく、人を探す」良い出会い場だと思う。いつもの片隅のブースではなく、サザンシアター借り切ってガッツリやるので、お楽しみに。もちろん一般参加もありなので、オススメしたい本がある方は、ぜひ。

 当日はtwitterやU-Streamで実況があるので、@KinoShinjuku や #bibliobattle をチェックすると吉。

ビブリオバトル案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「死ぬまでにやりたいゲーム1001」はスゴ本

 読まずに死ねない本があるように、死ぬまでにやりたいゲームがある。

死ぬまでにやりたいゲーム1001

 本とゲームの違うところは、「読まずに死ねない本」の大半は既知だが、「やらずに死ねないゲーム」は未知であるところ。つまりゲームは日々進歩しつづけており、スゴゲー(すごいゲーム)とはこれから出てくるものと思っていた。ところが本書で振り返って、どうやら違うようだ。

 世界初の家庭用ゲーム機Odysseyが発売されたのが、1972年。以降、2010年の初頭ぐらいまでの、家庭用ゲーム、携帯ゲーム、筐体ゲーム、PCゲームが発売年順に並んでいる。対応機種やジャンルと併せて、スクリーンショットも掲載しており、強烈に懐かしさをかき立てる。一方で、自分が熱中していたゲームが「クラッシックゲーム」扱いされてガクゼンとする(「懐メロ」と一緒やね)。

 「スペースインベーダー」、「パックマン」といった伝説級はもちろん、ドラクエ・FFといったRPG、ストII・VF・鉄拳の格闘モノ、リッジやBOPといったレース、DoomやHaloのFPS、マリオ・ソニック・ゼルダの定番、DDRやパラッパなどの音ゲーなど、およそ思いつく名作ゲームは全部あるといっていい。「シェンムー」や「シーマン」といった"お騒がせ"したものや、よくぞ入れてくれたと感涙モノの「クロノ・トリガー」「R-TYPE」を見てるだけで胸が熱くなる。

 20年30年というロングスパンで見ると気づかされる、セガは時代を先取りすぎや…また、最初の頃はグラフィックもシステムも知名度も、日本のゲームが群を抜いていたのが、年を追うごとに海外勢に埋もれていく。さらにこれからは、iPhoneアプリやFacebookのソーシャルゲームが席巻していくのだろうか。レイトン教授の人狼モドキなんて伸びていきそうだ。

 逆に、この本に教えられたことも沢山あった。ドリキャスにトドメを刺した「シェンムー」に続編が出ていたとは知らなかったし、あの「人喰いの大鷲トリコ」が未だにリリースされていないことを知って驚く。出たらPS3ごと買いだな(+アンチャーテッド)。零シリーズの評価が高いらしいが、未プレイだった(サバイバルホラー好きなのに)。激賞されている「魔界戦記ディスガイア」は未プレイだったのでPSPで手を出してみるか。他にも、「ベヨネッタ」「犬神」など、未プレイだったのを思い出させてもらう。ある意味危険な本でもある。

 ただし、注意を要するのは、これはアメリカ人が編集したこと。隠れた名作やゲームの歴史を塗り替える傑作まで、網羅性を目指しているものの、どうしても偏りが出る。どころか、(意図的か無知かによる)モレヌケも生じる。日本人とのセンスが違うのか、それともわたしがマイナーなのか…

 例えば、Wizardoryシリーズや、Y'sシリーズ、三国志シリーズ、大戦略シリーズは、充分資格ありなのに選外。また、「ノベルゲーム」というジャンルそのものが無い。黎明期の「テキストアドベンチャー」に該当するいくつかはあるが、あくまで初期マイナーとして。「かまいたちの夜」や「EVER17」「ひぐらしのなく頃に」なんて傑作の類に入るのに(やはりマイナーなのか?)。「ギャルゲー」は難しいところだが、一切無い。「プリンセスメーカー」や「アイドルマスター」、「ラブプラス」はゲームとの付き合い方を変えてしまった作品だと思うぞ。

1001games も一つ、注意が必要なのは、広辞苑レベルの扱いにくさ。このデカさは書影だと分かりにくいので以下をどうぞ。鈍器並みの殺傷力を持っていることが分かるだろう。これこそiPadで欲しかった。7000円超える本書は、原書(1001 Video Games You Must Play Before You Die)だと2600エンぐらいで手に入るが、扱いにくさは一緒だろう。こういうのは持ち出して、飲み屋でワイワイ言いながら懐かしがるものだから(ついでにニコニコへ飛びたくなるから)ね。

Photo

 数えてみたら、本書で紹介されている中でわたしがプレイしたことがあるのは、以下の105本だった。

1970s

  • スペースインベーダー(タイトー)
  • ギャラクシアン(ナムコ)
1980s
  • パックマン(ナムコ)
  • ドンキーコング(任天堂)
  • STAR WARS(Atari)
  • フロッガー(コナミ)
  • ドラゴンズレア(Cinematronics)
  • ディグダグ(ナムコ)
  • ゼビウス(ナムコ)
  • ハイパーオリンピック(コナミ)
  • スパルタンX(アイレム)
  • 空手道(データイースト)
  • パックランド(ナムコ)
  • 戦場の狼(カプコン)
  • グラディウス(コナミ)
  • スーパーマリオブラザース(任天堂)
  • テトリス(Alexey Pajitnov)
  • ダライアス(タイトー)
  • アウトラン(セガ AM2)
  • ドラゴンクエスト(エニックス)
  • スペースハリアー(セガ)
  • スーパーハングオン(セガ)
  • R-TYPE(アイレム)
  • 大魔界村(カプコン)
  • シムシティ(Maxis)
  • ヘルツォーク・ツヴァイ(テクノソフト)
  • ポピュラス(Bullfrog Productions)
  • ストライダー飛竜(カプコン)
1990s
  • クラックス(Atari)
  • R-360(セガ)
  • ボンバーマン(ハドソン)
  • コラムス(セガ)
  • シヴィライゼーション(Microprose Software)
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ(セガ)
  • ゼルダの伝説 神々のトライフォース(任天堂)
  • ドラゴンクエストV(チュンソフト)
  • ファイナルファンタジーV(スクウェア)
  • ソニック・ザ・ヘッジホッグ2(セガ)
  • バーチャレーシング(セガ)
  • ウルティマVII(Origin Systems)
  • ストリートファイターII(カプコン)
  • ミスト(Cyan Worlds)
  • デイトナUSA(セガ)
  • リッジレーサー(ナムコ)
  • バーチャファイター(セガ)
  • 鉄拳(ナムコ)
  • Doom II:Hell on Earth(id Software)
  • ファイナルファンタジーVI(スクウェア)
  • タクティクスオウガ(Quest)
  • バーチャコップ2(セガ)
  • クロノ・トリガー(スクウェア)
  • セガラリー・チャンピオンシップ(セガ)
  • ガーディアンヒーローズ(トレジャー)
  • ナイツ(Sonic Team)
  • バイオハザード(カプコン)
  • パラッパラッパー(七音社)
  • タイムクライシス(ナムコ)
  • ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2
  • I.Q.(ソニー・コンピューターエンタテインメント)
  • グランツーリスモ(ポリフォニー・デジタル)
  • シャイニング・フォース(キャメロット)
  • バーニングレンジャー(Sonic Team)
  • ダンス・ダンス・レボリューション(コナミ)
  • 電脳戦機バーチャロン(セガ)
  • パンツァードラグーン(チーム アンドロメダ)
  • バイオハザード2(カプコン)
  • ソニックアドベンチャー(Sonic Team)
  • ゼルダの伝説 時のオカリナ(任天堂)
  • サイレントヒル(コナミ)
  • シェンムー(セガ)
  • シーマン(ビバリウム)
  • スペースチャンネル5(United Game Artists)
2000s
  • バイオハザード コード:ベロニカ(カプコン)
  • ファンタシースターオンライン(Sonic Team)
  • 罪と罰 地球の継承者(トレジャー)
  • ゼルダの伝説 ムジュラの仮面(任天堂)
  • バルダーズゲート2・ダークアライアンス(Snowblind Studios)
  • デビルメイクライ(カプコン)
  • サイレントヒル2(Team Silent)
  • ピクミン(任天堂)
  • クレイジータクシー(ヒットメーカー)
  • ソウルキャリバーII(ナムコ)
  • ゼルダの伝説 風のタクト(任天堂)
  • アヌビス Zone Of The Enders(コナミ)
  • Zuma(PopCap Games)
  • ドラゴンクエストVIII(レベルファイブ)
  • 塊魂(ナムコ)
  • ピクミン2(任天堂)
  • ぷよぷよフィーバー(Sonic Team)
  • 脳を鍛える大人のDSトレーニング(任天堂)
  • ゴッド・オブ・ウォー(ソニー・コンピュータエンタテインメント)
  • おいでよ どうぶつの森(任天堂)
  • ワンダと巨像(Team Ico)
  • バイオハザード4(カプコン)
  • The Elder Scrolls IV:オブリビオン(Bethesda Game Studios)
  • ゼルダの伝説 トワイライトプリンセス(任天堂)
  • ポケットモンスター ダイヤモンド・パール(ゲームフリーク)
  • バーチャファイター5(セガ AM2)
  • Wii Sports(任天堂)
  • メトロイドプライム3コラプション(任天堂)
  • Wii Fit(任天堂)
  • バーンアウトパラダイス(Criterion Games)
  • Dead Space(Electronic Arts)
  • 大乱闘スマッシュブラザーズX(任天堂)
  • バイオハザード5

 おまけ。この中で、わが「ベストゲーム」を5つ挙げるなら、以下になる。最もプレイ時間を費やし、最も熱中し、最も胸が熱くなるやつ。ハード指定で、リメイク、移植されたものはバランスが変えられているので論外。

   タクティクスオウガ 【SFC】
   ヘルツォーク・ツヴァイ 【MD】
   ゼルダの伝説 時のオカリナ 【N64】
   R-TYPE 【筐体】
   ワンダと巨像 【PS2】

 タクオは、70時間超×4回やった(もちろんカオス→ロウ→ニュートラルの順にクリアして、もう一度カオスだ)。寝食忘れて死者の宮殿をさまよったが、SFCなら再プレイしたい。ヘルツォークは知られざる傑作。一見シューティングなのに、戦略性と高度なマネジメントを要求される、シビアーなゲーム。WiiかXboxでダウンロードできる日を首長くして待ってる(or このためにMDを買ってもいい)。R-TYPEは2周するまでやりこんだが、Xboxのダウンロード版では戦艦で早くも撃沈、鈍ったな。ゼル伝は来週が楽しみすぎる。ワンダと巨像(とICO)ともども、子どもにやらせたいゲーム。

 そう、「子どもに読ませたい必読書」ではなく、「子どもにやらせたい必須ゲーム」がある。いい本は放っておいてもそのうち出合うが、いいゲームは導きが必要。しょうもないクリックゲーに時と金を吸い取られるよりも、とーちゃんが教えてやろう、人生を一変させるスゴゲーを。

ゼルダの伝説 プレイ・オア・ダイ級のゲームが1001本、まずはDragonAgeからいくか、それとも来週発売のゼルダ新作から攻めるか、あるいは来月発売のオブリビオン新作にしようか。まだまだ死ねないなw

| | コメント (3) | トラックバック (1)

« 2011年11月13日 - 2011年11月19日 | トップページ | 2011年11月27日 - 2011年12月3日 »