« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »

おいしいをデザインする「建築とマカロニ」

 デザイン心を刺激する、ユニークな本。

 どの辺がユニークかというと、ずばりテーマ。日本を代表する建築家たちに、マカロニをデザインしてもらったデザイン集なのだ。スゴ本オフ@食のフィードバックで教わったとき、わたしも「マカロニって、あの"食べる"パスタの?」と半信半疑だった(mats3003さん、ありがとうございます)。

 でも、あの"食べる"マカロニだった。小麦粉を練って成形しただけの"あの"マカロニを、建築家の創造性を委ねる「構造物」としてとらえなおし、食物としての味わいを機能的に追求してもらう―――そんなプロジェクトなのだ。

 マカロニといえば、円筒形のやつから、ペンネ、蝶のような形や、貝殻のようなものまで様々。バリエーションは多々あるが、基本的に「ソースやスープの乗り物」といっていい。しかし、体積に対する表面積の比率や、溝の入り方、厚み、大きさなどの条件によって、味わいは大きく変わってくるもの。さらに、どんな複雑な形にも変える可塑性があり、乾燥させればその形態を保持することができる。

 歴史の中で様々なフォルムが取捨選択されてきた結果が、現在になる。だが、これは、マカロニの作り手が考えてきた形。これを、スケールの異なった視点から「口の中で味わう建築物」として捉えなおすと、脳の違うところが刺激されてくる。

 目を剥いたのが、WAVEと名付けられた大江匡のデザイン。"ソースにからめる"発想を完全に捨て去って、ソースと具を"閉じ込める"フリスビー型の構造。ムール貝、サーモン、帆立貝をバターで炒め、白ワインで蒸して、最後に卵黄を絡める。それを2枚のフリスビーに閉じ込めるのだ。

Photo

 形態の異形さがすごいのは、「マダムエトワルダのパスタ」と称した北川原温の設計だ。バタイユの「マダム・エトワルダ」から想を得たもので、耳たぶ、乳首、唇の形のマカロニだ。こいつを真っ赤なトマトソースのアラビアータでいただく。これは正解。食欲と色欲、食事と色事は、実は近いところにあるからね。

 同じく異様だったのが、COLCHETTE(コルケッテ)と題された、掬い絡め取られるもの───つまり、スプーンとフォークのマカロニを考案した中村好文。コンソメスープで煮込んだスプーンをスプーンで頂くという、シュールな朝食に脱帽する。他にも、ノアの方舟のような形をしたものとか、バベルの塔型のマカロニ(と読んでも良いのだろうか…)など、想像を絶する食が並んでいる。

 面白い「形」だらけなのだが、ちと気になったのがある。どれもこれも、「形」のユニークさを追求しており、マカロニが「食べ物」であることを忘れるほど遊んでいるのが目立った。というのも、デザイナーのコメントとして、「口の中に入れたときの食感」について言及している人がほとんどいないところ。皆さん、奇抜なフォルムに囚われすぎているのが、ちょっと可笑しい。

 さまざまなマカロニのフォルムは、「おいしい」のインタフェースなんだと思う。ちなみに、わたしにとって最高においしいインタフェースは、これだ。なんていう名か知らないが、ソースへの絡み具合といい、食感のモチモチ加減といい、(゚д゚)ウマー

17

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「千夜一夜物語」はスゴ本

 「死ぬまでに読みたい」シリーズ。

 「あたり」に出会うと、ずっと読み続けたい、終わらなければいいのに……と思うことはないか?ページを繰る手ももどかしいのに、ページが尽きるのを惜しむ、矛盾した感情。「千夜一夜物語」別名「アラビアンナイト」は、まさにその鉄板の面白さ。誰が読んでも面白いという点では、古今無類であり、読む人の心を喜ばせ、高め、慰める力を持っている。

千夜一夜物語1千夜一夜物語2千夜一夜物語3
千夜一夜物語4千夜一夜物語5千夜一夜物語6
千夜一夜物語7千夜一夜物語8千夜一夜物語9
千夜一夜物語10千夜一夜物語11

 しかも、バートン版。「千夜一夜」は多くの人が編さん・翻訳しているが、なかでも一番エロティックでロマンティックでショッキングな奴が、バートン版なのだ。淫乱で野卑で低俗だという批判もあるが、その分、意志の気高さや運命の逆転劇が、いっそう鮮やかに浮かびあがる。妖艶な表紙からして子どもに見せられないし、残虐だったりドエロだったり萌えまくる描写が山とある。これらは、人性のドロドロの濃淡・陰影をつけるための淫猥ではないかと。

 物語のバリエーションは無数。シャーラザッドの千一夜におよぶ千態万様の物語は、悲劇あり、喜劇あり、史話あり、寓話ありといったふうで、変幻万化、絢爛無比の東洋的叙事詩がくりひろげられる。献身の情熱があり、狂信の沸騰もある。哀愁さそうペーソスあり、荘重から滑稽への急転落もある。甘さ、深さ、清純さ、多彩、華麗、強靭さがちりばめられているなかに、どうしようもない厭世観が透けて見える。

 この世ならぬ美しさの王女の体の、いちばん秘密なところに隠されていた赤い宝石の話とか、魔神のたわむれから、遠く離れた国の王子と王女が恋におちて数奇な運命をたどる一大ロマン「カマル・アル・ザマンの物語」とか、妖艶な美女との官能的な恋も束の間、怪盗の手により苦境に陥った商人のスリル満点の話など、まさに夢のような物語ばかり。妻の仕打ちに耐え忍ぶ夫に身につまされならも、二転三転どんでん返しでハラハラどきどきさせっ放し「靴直しのマアルフとその女房のファティマー」なんて、物語を読む面白さとか喜びのエッセンスそのものが沁み入ってくる。

 それも、いいところ、ちょうどのところで夜明けになる。シャーラザットの語りの上手さは絶妙だ。そりゃそうだ、女性に対する不信憎悪から、毎晩新妻を娶っては殺すシャーリヤル王を相手にしているのだから。つまらなかったら即殺される。ドラマやアニメと一緒で、主人公がピンチになって「どうなるの!?」というところで「つづく」。王はジリジリしながら次の夜を待つことになろう。

 「千夜一夜物語」とはつまり夜伽話だから、一戦交えた後のピロートークである。話の糸口は、妹が「ねえお姉さま、あの話の続きを聞かせてくださらない?」なので、王様は姉妹どんぶりも堪能していたのやもしれぬ。けれども、最初の数夜はともかく、夜が進むにつれ、物語の前にシているはずのセックスなんてどうでもよくなってくる。セックスそのものが前戯と化し、夜伽話そのものがメインとなるのだ。逆説的に、一夜の"語りの長さ"がよい証拠で、1ページ半で夜明けとなる第125夜などは、さぞかしお楽しみだったろうと想像すると愉しい。

 どこかで聞いたことのある話だぞ…というネタもある。弟に財産を残すため、自分の死刑宣告に猶予を願い、奔走する話とかは、太宰治が読んでたはず(もちろん当人が走ってる間は友人が身代わりだ)。どう見てもロビンソン・クルーソーにしか見えない漂流譚とか。「天女の羽衣」そのまんまの「バッソラーのハサン」や、ユリシーズ的展開を見せるシンドバットの物語や、ヨナの鯨を髣髴とさせる巨魚が出てくる。大爆笑したのは、ヒッチコック監督の「ハリーの災難」があったこと。直に読んでいるかどうかは分からないが、翻案・翻意で"物語"が引き継がれたに違いない。

 この、「物語が物語を産む」という感覚は、読んでたわたしも同期してた。きら星のごとく挿話・逸話に溢れているから、組み合わせるだけでオリジナルになる。さらに自分の暖めていたネタを、この設定で演出させることもできる。シャーラザットに触発されて、語りたいという欲求がむくむくと湧き上がる。ネタの宝庫なのだから、わたしの記憶と反応してインスパイアされること必至。ネットで知った小話を、さも自分が体感したかのように語りなおす(騙りなおす?)ようなもの。

 この誘惑に駆られた人はいる。沢山の訳者や紹介者が、別のお話を捏造したり、混ぜ込んだりしたそうな。有名どこは、「シンドバットの七つの航海」。ホントは「千夜一夜物語」とは別ものだったにもかかわらず、アントワーヌ・ガランという編者が勝手に組み込んでしまったという。これだけ面白くで莫大な物語を訳したり編集したら、つい自分も一つ加えたくなる「出来心」が生ずるのも無理もない。ディズニー「アラジン」や手塚治虫、ルパン三世や「アイの物語」などに受け継がれ増殖していく様は、物語の母艦そのもの。千夜一夜物語は、あらゆる物語を孕んだ物語なのかもしれない。

 ちなみに、「シンドバット」の面白さレベルは、「中」なので、児童書だけで知ってる気になってたらもったいない。少なくとも、少年少女版「アラビアンナイト」では、「シンドバット」が盛大に去勢されてることが分かるだろう。好奇心旺盛な若者の冒険を描いたというより、行く先々で殺人と略奪に勤しんだ告白記と読める。特に、次から次へと落ちてくる人を石で撲殺するスプラッタなシンドバットは、おぞけをふるって読むべし。

 そして注釈は、徹底的に実証的。詳細かつ膨大な注釈は、リチャード・F.バートンの博覧強記っぷりをたっぷり見せつけてくれる。ソマリランドの黒人の陽根を測ったら6インチ(平時)だったとか、東洋では小便をする際、女は立ち、男はしゃがむものだとか(オンナの立ちションはあたりまえだった)、騎乗位はコーランでご法度な理由だとか、実にまぁよくご存知で。注の端々に著者の信条めいたものを垣間見て、微笑んだり苦くなったりする。男は多妻主義的(ポリガミック)で女は一夫主義的(モノガミック)なんだって。そして、「男は女そのものを愛するが、女の愛情は男の愛情に対するもの」と言われると、ちょっとうなだれたくなる。

 語り手はシャーラザットのはずなのに、彼女をさしおいて"ほんとうの語り部"が貌をのぞかせるときもあり、ぎょっとさせられる。そしていちいち示唆的な箴言を吐く。曰く、「女に相談せよ、そして正反対に行え」とか、「知識が分別をしのぐ者は無知ゆえに滅ぶ」とか。「げに女の狡知は大なり、まこと悪魔の邪心といえども、女の邪心にくらぶれば弱し」とか言うくせに、「喜びは三つのものにあり。すなわち肉をくらい、肉に乗り、肉を肉の中に入れることなり」とアンビバレンスな一面も。

 全11巻を一気に読む必要はない。枕元でちびちびと、シャーラザットの一夜語りをそのままに、毎夜の楽しみにしてもいい(わたしは、1年かけて惜しみ愛しみ読んだ)。千と一夜の後、シャーリヤル王に訪れた変化は有名だが、シャーラザットに起きた出来事には感無量になった。

 死ぬまでに読みたい、もとい、読まずに死ねない物語。最高の物語とは、これだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「あっかんべェ一休」はスゴ本

tumblr で見つけた問答。

───宗教嫌いな人に、こう問うてみよう。

  • この世の中に「唯一絶対なる存在(神)」が存在するだって?そんなのあるわけない
  • 「人生かくあるべし」とか「精神のレベルを上げる」とか、下らねえ。腹が減ったら食べる。眠かったら寝る。それでいいじゃん
  • この世に正義とか悪とか、そんなものねえんだよ
  • 秘法とか修行と称してなんだかわけのわからん事をして何になるというんだ?あいつらバカだね。神秘体験なんてヤクでラリってるのと同じだ
この考え方に対して、「うんうん、その通りだ」と言ならば、その人は無宗教ではない。立派な仏教徒である───(via 日本人の宗教嫌い : iwatamの個人サーバ
あっかんべェ一休
 そうか、わたしは仏教徒だったんだ、と啓かされた作品。ミサもジハードも縁がないが興味はある。手当たり次第に読み漁っているうち、共感できる/納得できない振幅が生まれる。積極的に信じる構えよりも、因って立つ場所に気づく。気風とか、迷ったときの判断の根っこにあるもの。ナントカ教徒「になる」のではなく、「である」ことに気づく感覚。

 もちろん一休宗純がモチーフだが、室町から戦国の時代背景が濃密に描きこまれている。足利将軍家の血で血を洗う抗争と、巻き込まれた民の飢饉・疫病・一揆の絶望が、わたしの目を追うように緻密に広げてある。人が人を壊す時代だ。

 最初は「一休さん」としても読めるが、彼の苦悩は俺の苦悩にオーバーラップする。生きるとは何か?わたしとは何か?こんな暗黒ドシャメシャな世に、わざわざ生きねばならぬのは何故か?悟りを開いた存在に「なり」たい。何かを「選ぶ」ということは、選ばれなかったものを捨てること(それは差別の心といわないか?)。ドストのカラ兄の大審問官まんまの問答も交わされる(養叟との対決だ)。

 欲望!欲望!欲望!欲望を断ち切りたいという思いも「欲望」だ。煩悩から逃れることができない、わたし自身が煩悩なのだ。学問に励んで、事業を興して、家を成して人の道をまッしぐらに突き進むことが、何ものかになることが、生存戦略なのか?

 ちがう、何か「になる」ことではないのだ、何か「である」ことに気づくだけ。決して何ものにもなれない「いま」「ここ」に気づくだけ。気づいたわたしが、「わたし」という者なのだ。パッとしない過去、お先真っ暗な未来を見やってもしようがない。

 運命の環は確かにある。だが、それは過去から今に至るまでで尽き、今より未来に向けて連なっている。「いま」という結節点だけはベアリングのようにくるくる自在に廻っている。過去の煩悩に焼かれても、今の気分を決めるのは今の自分。どんな未来が待っていようとも、今とはこれっぽっちも関係がない。心配事は起きてから考えよう。

 わたしは、わたしの煩悩ごと生きてみよう。600年前の苦汁と大悟がいっぺんにやってきて、まるで自分も悟ったかのような気になれる。すくなくとも次のシーンを読んだとき、目の前がぱあッと広がったのはホントだ。

 悟りを開くと何が見える?

 『今』が見える!


| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月16日 - 2011年10月22日 | トップページ | 2011年10月30日 - 2011年11月5日 »