« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »

紀伊國屋は売切れ御免、amazonは残り僅か「なぜ私だけが苦しむのか」

なぜ私だけが苦しむのか オススメ本をプレゼンし、読みたくなった一冊を決める「ビブリオバトル」に行ってきた。

 わたしが推したのは「なぜ私だけが苦しむのか」。付せんと傍線と書き込みで一杯の、この一冊は、死ぬまで手放すことはない。これは、「人生の保険本」だ。本を読む元気があるうちに読んでおき、いざ不幸の一撃に見舞われたときに思い出す本なのだ。「買うべし(命令形)」と猛プッシュしたお陰で、ビブリオバトル終了直後、すぐに売り切れになった。

 これ、ロングセラーなのに、置いてる本屋や図書館が少ない。Amazonでもよく品切れになる(現在11点の在庫)。この本が必要になるときは、人生のうちで必ずある。そのときは、すぐに読みたいはず。そして、「そのとき」に手に入るかどうか、分からないから。ここらは自動車保険や生命保険と同じ。「そのとき」になって直ぐに連絡できるよう、保険会社の連絡先は常に携帯している。同様に、イザというとき、この一冊にアクセスできるようにしてある。

 では、「そのとき」はどんなときか?サブタイトルがヒントになる→「現代のヨブ記」とある。旧約聖書のヨブだ。善人ヨブは、健康、家族、財産に恵まれていたが、神の試練により全てを奪われてしまう。そして、「なぜ私だけが苦しむのか」に突き当たる。ヨブだけでなく、本書では大災害や戦争、ホロコーストの犠牲者の立場から、このテーマを深堀りしている。

 世の中に、「因果応報」とか「自己責任」、あるいは「起きていることは全て正しい」といった考え方がある。これには反対の立場にいる。もちろん、ポジティブシンキングや「言葉は行動に出る」といった考えは、日常生活では大切だ。だが、これで人生を割切るのには、無理がある。

 例えば、家族や友人がガンにかかったら?事故で子どもを亡くした夫婦や、災害で家を失った人には、どんな言葉をかければいいか。いや、そうした災厄が自分自身に襲い掛かったら?「起きていることは全て正しい」という言葉がどんなに残酷に響くか。

 ドストエフスキー「カラマーゾフの兄弟」の大審問官で、同じテーマを追求している。虐待されて死んでゆく子どもがいることに、何の正義があるんだ!神さまってやつがいるとしたら、いったいどこにいるんだ!と叫ばせている。

 これは、前世や試練といった言葉では、とても受けきれない。科学的に説明できることと、納得がいくことは別だ。「自己責任」という言葉の裏には、「あなたが別の選択をしたなら、違う結果になっただろう」という「責め」が潜む。既に充分に痛みを受けている人にとって、追い打ちをかけているに等しい。

 著者は、この悲しみに、宗教はあまり役立たないという。痛みを和らげるより、神を正当化するのにやっきになっているから。だが、だからといって神を否定することもない。善ではない全能の神か、全能ではないが善なる神か、という選択の問題なのだという。

 p.63とp.93に、ある「祈り」が書いてある。ひときわ目立つように付せんしている。わたしはキリスト教徒ではないが、この「祈り」は共感できる。自分が不幸に直面したとき、どうなるか分からない。だが、この本には「応え」があることは知っている。解答の「答え」ではなく、応答の「応え」だ。

 これは、人生の保険となる本だ。買えば安心、というわけではないが、少なくとも手元にあるとないとでは、違ってくる。だから買いなされ―――

―――なんてプレゼンしたら、完売した。トップはとれなかったものの、かなりの方に「この本が読みたい!」と思ってもらえたようだ。この本に出会えたのは、finalventさんのおかげ。ありがとうございます。

 もったいないなー、と思ったのは、岩波が岩波であるが故の問題。買い取りなので、部数をそろえられなかったみたい。なので、「欲しい!」「読みたい!」と思ったのに買えなかった人が続出。新宿南口のコクーンタワーのBook1stでは一冊だけ確認しているが、重要なのに手に入らないので歯がゆい。この本を必要とする人の数からすると、少なすぎるスゴ本。下のスキマはその跡地。見つけたら買うべし。

20111010

 で、わたしが参戦した第三ゲームは、かなりレベルの高い本がそろってた。トップ取ったのは、おぎじゅんさんプレゼンの「プルーストとイカ」。これは読書という行為が脳を変えていった過程を多角的に攻めていったスゴ本。ラストのgoogle脳が「最近の若者は…」論になってるけれど、素晴らしい啓蒙書ナリ。あと、食人植物+デイズアスターSFの古典「トリフィド時代」がプッシュされてのけぞった。確かにこれは今読むべきSFの一冊かも。


| | コメント (3) | トラックバック (0)

いのちの食べかたを、こどもと一緒に学ぶ「ぶたにく」

ぶたにく  いのちの食べかたを、子どもと一緒に学ぶ。

 表紙は子豚、裏は腸詰、つまりブタがソーセージになるまでを写真でつづる。屠畜の現場もあるが、屠畜そのものを全面に押し出していない。妊娠、分娩から離乳、よちよち歩きから10ヶ月の若豚までを、その生活に寄り添って写しとる。そして屠場から肉になるまで、さらに次の誕生までを同じ流れで見せてくれる。

 これは、ありがたい。小学校低学年と高学年の二人が一緒に読むのに、ちょうどいいから。というのも、内澤旬子著「世界屠畜紀行」は早すぎるし、森達也著「いのちの食べかた」は一緒に読むには難しいから。

 屠畜をテーマにすると、どうしても「場所」の話になってしまう。だが、そこへ行くまでの長い間、子どもは「食べられるサイズになるまで」成長してきたのだ。その「時間」をきっちり見せてくれる。解体現場を克明に写すことで、「ほら見てこれが現実なんだよ」と教えることもできるが、低学年にはキツいかも。そんな配慮を見越したかのように、屠殺の現場はカットされている。おかげで怖がらずに見てくれた。

 テーマが偏ってないため、むしろ豚の生活に目が行く。わたしが驚いたのは、「豚は笑う」こと。見ているこっちまで目が細くなる、いい顔だ(赤ちゃんの笑顔)。子どもたちが可笑しがったのは、「豚の餌」。近所から残飯をもらってきて餌にするとある。明らかに学校給食の残り物らしいが、中には豚肉が混ざっているという。「豚が豚を食べるなんて!」子どもにとって、屠畜そのものよりもショッキングらしい。

 豚の種付けの写真もあったので、「これは交尾、セックスといってね…」と淡々と説明する。娘が感心したのが、「赤ちゃんはどこからやってくるのか」という謎が解けたこと。息子がうらやましがったのは、「種付けの雄は食べられない」こと。確かに種豚は「種」だから大事にされ、食っちゃ寝の交尾三昧だが……さすがわが息子、目の付け所が俺的ナリ。

 子どもにとってすれば「初めて」の画像もあったけれど、気分を害することなく最後のページに行き着いた。そして、食肉を見て、きちんと「おいしそう」と言ってくれた。そうなんだ、ぼくらは肉を、食べている。それは命を食んでいるのと一緒。「感謝して」とかはもう言わない。自分は他者の命によって生かされていることさえ自覚できれば合格かと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年10月2日 - 2011年10月8日 | トップページ | 2011年10月16日 - 2011年10月22日 »