« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »

「数量化革命」はスゴ本

 なぜ西欧が覇者なのか?これに「思考様式」から応えた一冊。

数量化革命 キモはこうだ。定性的に事物をとらえる旧来モデルに代わり、現実世界を定量的に把握する「数量化」が一般的な思考様式となった(→数量化革命)。その結果、現実とは数量的に理解するだけでなく、コントロールできる存在に変容させた(→近代科学の誕生)。

 このような視覚化・数量化のパラダイムシフトを、暦、機械時計、地図製作、記数法、絵画の遠近法、楽譜、複式簿記を例に掲げ、「現実」を見える尺度を作る試行錯誤や発明とフィードバックを綿密に描く。

  • 複式簿記・記数法:量を数に照応させることで、動的な現実を静的に「見える化」させる。あらゆる科学・哲学・テクノロジーよりも世界の「世界観」を変えた(と著者は断言する)
  • 地図製作・遠近法:メルカトル図や一点消失遠近法を例に、三次元的な広がりを二次元に幾何学的に対応させた。さらに、図画から「そこに流れている時間」を取り去り、空間を切り取られた静止物として再定義した
  • 暦法・機械時計・楽譜:時を再定義することで、時間とは一様でニュートラルなものであることを「あたりまえ」にした。定量記譜法により、「音がない」時間(=休符)すなわちゼロ時間が見いだされる
 数量化革命とは、一言でまとめると、「現実の見える化」になる。ん?現実は"見える"に決まってるじゃないか、というツッコミは、そのとおり。数量化革命「後」からすると、あたりまえのことが、革命「前」はそうではなかった。

 たとえば「時間」。もちろん時を計る単位は日や月だ。「1日」は明白な"見える"単位だから。日の出から日の出までを1日とした場合、その1日は半年前の1日と同じ「時間」にはならないし、昼や夜を等分した1単位も異なってくる(アワーとは呼んでいたが)。革命「前」の時間は、季節や地域によって伸び縮みするアコーディオンのような存在だった。

 この「1日」が、暦法により均質化する。機械化時計により等分される。体感的だった時間が、区切って記録できるものに変容する。「1日」が他の1日と、「1時間」が他の1時間と同じ長さに再定義されたのだ。そして時間に「価値」がつけられるようになる。利子や賃金を、時間で分けることができるから。もちろん「利子」という概念は以前からあったが、神の独占的な財産だった「時間」を数量化し、価格をつけられるということが「あたりまえ」となったことは革命的だろう。

 数量化革命「前」では、「時間は、その間に生じたものと同一視され、空間はそれが内包するものと同一視されていた」という指摘が面白い。年代は統治者の名で記録され、ゆで卵をゆでる時間はグレゴリオ聖歌を歌う間になる。この感覚は今でも通用する。東京ドームで量を、駅徒歩で距離を「はかる」のだ。

 計る・測る・量る―――「あたりまえじゃなかった」ものが「あたりまえ」に変容する様は、ゆっくりとだが確実に進行する。著者はそのちょうど変化の境目・ティッピングポイントへ誘ってくれる。ここが一番の読みどころで、たっぷり知的スリルを感じた。現実を再「定義」する思考の動き方が掴み取るように分かるのだ。著者のスタンスは天邪鬼的で、権威主義に頼らず、「そのとき席巻していた思考」を執拗に追いかける。

 たとえば、「簿記法の父」ルカ・パチョーリを、モンテーニュやガリレオと同列に並べて論じる。複式簿記の直接的な効用は、商取引を数字で正確に記録・配置することで、ダイナミックな経済情勢を静的に把握できるようになったことになる。思考様式としての簿記は日々実践され、適用されるにつれて強力にも広範囲にも広まっていく。取り引きは数値に抽象化され、仕分けることができる。

 著者は指摘する。デカルトやカントの著述に思いをめぐらせていた人もいただろうが、その何千何万倍もの人々が、几帳面に帳簿をつけていた。そして彼らの帳簿に適合するような形で世界を解釈し始めたのだ。現代文明の合理的特性とされるもの―――正確さ、時間の秩序、計算可能性、規格性、厳正さ、一定性、緻密な整合性、一般性―――これらを涵養したのは、「方法序説」や「純粋理性批判」よりも複式簿記の方が強力・広範だ。

 面白いだらけの本だが、不満もある。肝心なところは、ほとんど書いてないのだ。どのように(how)は綿密に記されているものの、なぜ(why)が見当たらない。世界の覇者となった理由は、数量化革命が起きたから。それは分かった。だが、それが、他ならぬ西欧で起きたのは、なぜなのか?この説明が薄いのだ。ソロバン、暦、地図、インド・アラビア数字、日時計、水時計は他の地域にも存在した。だが、他ならぬ西ヨーロッパ人が数量化・視覚化に気づいたのはなぜか?他の文明・地域・国家・勢力との比較がないのだ。

 著者は結果から原因を説明しており、ニワトリ卵となってしまう。この点では、ジャレ・ド・ダイアモンド「銃・病原菌・鉄」に軍配が上がる。遺伝学、分子生物学、進化生物学、地質学、行動生態学、疫学、言語学、文化人類学、技術史、文字史、政治史、生物地理学と、膨大なアプローチからこの謎に迫っている。そして、ある究極の(強力な!)結論に達している(その結論は、わたしのレビューにまとめた→Google Earth のような人類史「銃・病原菌・鉄」)。

銃・病原菌・鉄上銃・病原菌・鉄下

 それでも強いて探すなら、二つの「原因」にたどり着く。一つは、西ヨーロッパ人は周辺的な存在だったからだという。合理主義的なギリシアの思考様式と、神秘主義的なヘブライの思考様式の両方がせめぎあい、西欧社会では、両者を説明したり、調整したり、再統合する必要があったという。そのせめぎあいから数量化・視覚化が生まれたという。梅棹忠夫「文明の生態史観」を思い出すね。

 もう一つは、身もフタもないが、西ヨーロッパ人は世界で一番カネに取り憑かれたからだという。マルコ・ポーロは、黄金で満たされた東洋の国を言葉巧みに吹聴しし、コロンブスは新世界で黄金を見つけることに固執した。コルテスと部下は血塗られた両手で血眼になって金を探し求めた。ずーっと白人ドヤ顔ですごいやろ論を読まされ、この文でオチがつく。

西ヨーロッパ人ほど金貨や銀貨に心を奪われ、その重さと純度を気づかい、現金の代替物である為替手形その他の証書類について策略をめぐらせた人々は、かつて存在しなかった。西ヨーロッパ人ほど計算、計算、計算に取り憑かれた人々は、かつて地上に存在しなかったのである。
 だが、それでも不十分だろう。これらは、北米や中南米にて虐殺・略奪・征服した理由であって、そうした力を手に入れた理由ではないのだから。著者は同じテーマについて、「ヨーロッパ帝国主義の謎」を書いている。これは生物学的、生態学的なアプローチから、白い帝国主義者たちに有利に作用したプロセスを明らかにした好著だという。手にしてみるか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

生きるとは、自分を飼いならすこと「老妓抄」

老妓抄 「短篇の傑作といえば?」でオススメされたのが、岡本かの子の「鮨」。そうかぁ…と読み直したら、わたし自身について発見を得た。嬉しいやら哀しいやら。

 テクストは変わらない。だから、わたしの変化が三角測量のように見える。わたしという読み手は、自ずと「わたし」にひきつけて読む。「わたし」と同姓の、同年代のキャラクターや、発言や考えに似たものを探しながら読む。結果、「鮨」なら潔癖症の少年、「老妓抄」だと老妓に飼われる男の視線に沿う読みだった。それはそれで旨い短篇を楽しめた。舞台やキャラや語りは、さらりと読めてきちんと残る名描写だから。

 でも違ってた、やっと分かった、ある感情が隠されているのだ。それは、ファナティック。叫びだす熱狂ではない。かつてマニアックだったもののベントに失敗して、溜まった余圧に動かされている残りの人生の話なんだ。だからおかしいほどに"こだわる"。老妓が余芸にあれほどまで熱を込めるのも、「食魔」の男が料理に異常なほどの天才性を見せるのも、満たされなかったから。趣味の鬼になることで、魂を使い尽くすことで、悶々とする胸のまったきを、逸らしたいのだ。

 それぞれ短篇ごとに、ファナティックな対象が面白い。鮨マニア、東海道五十三次マニア、囲われた女など、対象との過去を見せたり隠したりしながら、残余の熱気がにじみ出る。発明家のパトロンとなる老妓なら、さしずめ「男マニア」だろう。男好き、という意ではなく、「全き男」を眺めたいのだ。仕事であれ恋愛であれ、そこにファナティックな熱情を注ぎ込む様を見つめ、照らされたいのだ。

「だがね、おまえさんたち、何人男を代えてもつづまるところ、たった一人の男を求めているに過ぎないのだね。いまこうやって思い出して見て、この男、あの男と部分々々に牽かれるものの残っているところは、その求めている男の一部一部の切れはしなのだよ。だから、どれもこれも一人では永くは続かなかったのさ」
 飼ってる男が「たった一人の男」じゃないことは、もう分かってる。それでも「たった一人の男」を求め得なかったままで終わらせたくない。かなりお年を召しているようだが、求めるのをやめたとき、「夢」そのものを失うことになるから。だから飼っている男に養女が接近するのを止めだてしない。もしも二人が心底惚れ合ったなら、老妓は、まぐわいを見せろといい出すに違いない。あからさますぎて書かれることはないだろうが、その熱狂に触れてから死にたいと告げるはずだ。

 自分にとっての目標、夢、あくがれ―――をやりとおせないまま、折り返しや終点にさしかかり、期待していた轍ではない生活にどっぷり首まで漬かる。人生のどこかで忘れものをしていることは分かっているのだが、後戻りもやり直しもきかない。だましだまししながら毎日を過ごし、自分を飼いならしながら残りの人生を見遣る。

 そのとき、かつて己を突き飛ばしていた熱の余波が、いまの生活にまで沁み通っていることに気づき、思わず一緒に微笑んでしまう。この微笑は、わたし自身に向けてもいい(それぐらいトシをとったのだ)。個人的な慣習や、「習い」となっているもの、嗜好など、自分の生活を特徴づけているものは、過去の熱狂だったりするからね。

 ちなみに、わたしが推した短篇の傑作は、太宰治の「満願」。岡本かの子なら「金魚撩乱」が好きだ(ドンデン返しと翻る金魚が重なって美しい)。いずれにせよ、「鮨」は確かに傑作ナリ。ちかさん、再読の機会をいただき、ありがとうございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビブリオバトルのお誘い(残りわずか)

 本を通じて人を知り、人を通じてスゴ本と会うビブリオバトル。

ビブリオバトル

 今回も参戦するので、一緒にオススメあいましょう。発表者の募集期間は残りわずか。10/3(月)までだから、逃さないように。観覧者の方は、わたしのオススメに「それならコレは?」と打ち返してほしい、ぜひ。

 とき
    10月10日(祝)
    第1ゲーム 14:00~
    第2ゲーム 15:00~
    第3ゲーム 16:00~
    ※第3、第2の順に希望してる

 ところ
    紀伊國屋書店新宿南店

 バトルと銘打っているものの、あンまり闘いちっくでもなし。「これイイよ!」と目ぇキラッキラさせながら語れる嬉しい場だし、美しい女性をじーっと見つめててもちっとも失礼にならないひと時だ。だから、本をダシにして出会いを求めている横島君こそ、舌鋒を研いでおくといい。

 わたしのオススメは、人生の保険となる本。イザというとき、思い出してほしい。きっとあなたを支える一冊になる。もしかすると、イザというとき、手元にないかもしれない(amazonで絶版状態になることしばしば)。だから、書店で手にしてほしい。

 参加枠にない時間帯は店内をウロつきながら、プチ本屋オフをするつもり。赤いウェストバッグをナナメ掛けにしたおっさんがいたら、それはわたし。巡回中は twitter(@Dain_sugohon) にもいるかも。タイムラインでもリアルでも、一緒にオススメあいしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年10月9日 - 2011年10月15日 »