« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »

「幅書店の88冊」はオススメ

 なぜ本を読むのか?

幅書店の88冊 この疑問に冒頭で答えている、いかにも幅さんらしい。「幅さん」なんて親しげに書いたが、一方的に慕っているだけでお話したことはない。ブックコーディネーターをなりわいとしており、ときどき小さな会を開く([BACH]で告知してる)。その語りを聞けばすぐに気づく、この人、ホントに本好きなんだってね。モノとしての本も含め、本屋から本を解放するのが幅さんのミッションなのだろう。

 最初の質問に対し、幅さんはなんて答えたのかというと―――

少なくとも僕にとっては、本を読むこと自体が目的ではない。その読書が、どう自らの日々に作用し、いかに面白可笑しく毎日を過ごせるかの方が重要だと思っている。言い換えると、本よりも人間や毎日の生活の方が好きなのだ。
 この姿勢は幾度も耳にする。本を読むことそのものではなく、読んだ後に何をしたかが重要なのだと。何かを読んで、誰かに話したくなって会いにいったとか、何かを料理して食べたとか、リアクションを重視する。本とは、誰かの経験や感情をテキストという言霊(ことだま)に情報化したものだという。その経験や感情を血肉化し、自分の言動に還元することが大切なのだと。

 このスタンスは好きだ。たとえば、作りたくなる読書。からだに叩き込む料理として、檀一雄の「檀流クッキング」を紹介する。分量度外視の、野蛮で偏った、涎のたれそうな料理が紹介されているという。あるいは、でかけたくなる読書。小沢健二の「うさぎ!沼の原編」では、好奇心の扉を実際にその手でノックすることを説く。クラウドに保存された思い出でなく、ダイレクトに記憶に触れる、その鍵が好奇心なのだと。日々の生活や感情への相互作用としての読書、このスタンスはいい。

毒書案内 だが、言い換えると「そういうスタンス」に沿った/合った本ばかり並ぶことになる。経験のストレッチを強要する読書や、人間の感情の限界や閾値を引き上げたり破砕するような、エゲツない読書とは無縁だ。身の丈に合わない怪物に食らいついてヒイヒイ泣きながらヘシ折られることはないだろう。そういうドMには、「人生を狂わせる毒書案内」あたりがお似合いだ。

 幅さんは極端に振れることなく、本の"効き目"にふみ込む。読書経験が血肉化し、自分の抽き出しにしまわれる。この遅効の抽き出しという考えは、3月11日を境に表に出ているように、見える。「厳密に言えば、本は誰も救ってはくれないのかもしれない」と予め断った上で、こう述べる。

だけれども、目を背けたくなるようなタフな現実からなんとか自分が持ち堪えるための耐性を、その引き出しの中にある小さな経験は授けてくれる気がする。だから僕は、本を読むと「救われはしないけれど、耐えられるかもしれない」とは言える。
終わりと始まり その盾や碇として、シンボルスカ「終わりと始まり」を紹介する。不条理に満ちた、「世界」という名の他者に、ただ言葉でもって向かい合う。イデオロギーやプロパガンダとは異なり、個から個へと語りかけてくる、翻訳されても壊れない、直接そのままの伝言だ。これは幅さんの会で知ったスゴ本で、この出会いに非常に感謝している。また、花森安治「一銭五厘の旗」を示して、「僕たちはかつての『少しだけずれてしまっていた毎日』の生活を鑑みる機会を噛み締める必要」をうったえる。救われはしないけれど、耐えられるための読書。

なぜ私だけが苦しむのか この答えには応えられない。「目を背けたくなるようなタフな現実」が何であるかは言うまでもないだろうが、わたしは目撃者でしかないから。現実は見せつけるだけでなく、身体やココロに直接触ってくる、撃ってくる、押し寄せてくるのだ。ヨブをもちだすまでもない。いまある家族や生計や身体の喪失や別離に「耐えられる」かどうかとなると……かなりアヤしい。「なぜわたしだけが苦しむのか」でさんざ予習してきてこの体たらく。

 それでもわたしには好ましい、「起きるに値する朝」を毎日くり返して生きていくための88冊が集められているのだから。

----------
ニュースの追記
昨日(7/30)松丸本舗でサイン本を見かけたぞ。
松丸本舗のレジそば、好位置に「幅書店の88冊」が面置きしてある。
何気に表紙を開いてみると、本体に幅さん直筆のメッセージが!
ご来店の際はぜひ、チェックあれ。
(残り2冊なのでお早めに!)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

要求の品質

 BABOKの最重要ポイントは、要求の品質にある。

 そもそも論をぶちあげて責任韜晦するなら、まだ賢いほう。ふつうの顧客は、「要求部門が違うと言うから」「書いてないことはこっちのフリーハンド」などと逆ネジを食い込ませてくる。要するに、仕様書には無いが無償(ただ)で対応しろ、という圧力だ。テストフェーズ後半か、シミュレータでもエミュレータでもなく「本当に使う人」「本当に接続するシステム」が使い出す頃に出てくる。いわゆる、宴もたけなわの頃だ。不備、誤読、漏れ抜け、ほころび、食い違いを、堂堂と「バグ」と読んではばからない。昔は殺意が湧いたが、これでかなり丸くなった[怒らないこと](とはいえ、ここでは仏教ではなくBABOKからのアプローチを続ける)。

 しかしながら、反論が困難なことも事実。「仕様書に無い」「要件定義に書いてない」「そもそも要求すらない」という反論ができるほどトレーサビリティが無いのだ。もちろん要件定義書っぽいドキュメントは存在するが、網羅性も、完全性も、一貫性も、実現可能性も、具体性もないし、正確でもなく、修正もされておらず、検証もできない有様。どっかのコンサルティングファームが書きちらしたあるべき論が延々とコピペされた代物で、そいつをもう一段ブレークダウンした「要求」が無いのだ。

 どう"あるべき"かではなく、どう"したい"のか、こいつを明確化しないままプロジェクトをムリヤリ進めた連中は先月栄転してもういない。よくプロジェクトが廻ったね? 不完全な部分や曖昧で不正確なところはどうやって明確にしたの? 分からなくなる都度に訊いたの? あたり~、SEから、プログラマから、テスタから、(ひょっとすると)移行、運用、接続先システム担当者、マニュアル作成者から、「質問」が出るたびに、メールで問い合わせる。粒度もタイミングも範囲もバラバラで飛び交わされた膨大なメールこそが、「要求」になる。さもなきゃ会議室や電話で一方的に通告される「顧客の思いつき」が「要求」と化す(みんなの心の中にある仕様やね)。

 当然の結果、やたら詳細な要求(ユーザインタフェースまわりのチェックとかボタンのデザインとか)と、曖昧なままの部分(エラー系とか接続先システムのインタフェース、あとパフォーマンスw)と濃淡が出る。互いに矛盾する動作も、もとは膨大なメールのどこかにあるそれぞれの「要求」を現実化したもの。そのうち、SEも、プログラマも、テスタも、移行も運用もマニュアル作成者も(オペレータさえ!)、「いまある動きが正しい=プログラムが仕様です」と言いだす。矛盾した要求を検証しないまま実現しようとする「ひずみ」「ねじれ」をなんとかするためのバッチジョブ、プログラムの修正、手運用、虎の巻が生まれる。

 どうしてこうなった? これは、ドキュメントの品質でもプログラムの品質でもテストの品質でもない、要求の品質が貧弱、貧弱、貧弱ゥ~だからだ。

 じゃあどうする? BABOKの6.5「要求を検証する」では、要求の品質を提唱する。ここから先はおなじみだろう。品質特性の話になる。

  1. 凝集性が高い(cohisive)
  2. 完全である(complete)
  3. 一貫性がある(consisitent)
  4. 正確である(correct)
  5. 実現可能性である(feasible)
  6. 修正が容易である(modifiable)
  7. 曖昧さがない(unambiguous)
  8. テストが容易である(testable)
 ビジネスアナリストは、適切で充分な記述によって要求が仕様化されていることを検証する。この「検証」は要求アナリシスのプロセスを通してくり返し実行される。完全性や網羅性、一貫性をチェックリストやウォークスルーといったテクニックを用いて、見える化する。なんのことはない、レビューやペアプロでさんざやってきた成果物へのツッコミを「要求」にも適用するというわけ。

 だが、BABOKは先がある。「要求」の扱いだ。BABOKは「要求」と「表明された要求」と厳密に分ける。「表明された要求」とは、分析が行われてない要求のため、検証の対象にはならない。「メールで書いた」「会議で言った」だからやれ、というのはBABOKでは受け付けないのだ。プロジェクトで定義された「要求」の形にするために、「6.3 要求の仕様化とモデリングを行う」タスクを必要とする。すなわち、「要求」をまわす仕掛けがない限り、「要求」扱いされないのだ。顧客の思いつきで押し付けられる「要求」は、「要求」ではないのだ。

要求を仕様化する技術 「表明された要求」を「要求」にすることを意識するだけで、解決のアプローチが見えてくる。「表明された要求」に番号を振って、「6.3 要求の仕様化とモデリングを行う」のタスクを通し、「要求」化する仕掛けを作ればいい。これをExcelでやったのが、「要求を仕様化する技術」だ。Excelというインフラを援用すればここまで要求管理ができますよという好例だし、ソース管理ツールとかバージョン管理システムの発番体系に、「要求」をつなげる仕掛けなら、ちょっとしたカイゼンテクニックでやったことあるでしょ? こいつをもっとアタリマエ化して有無を言わさず見せ付ける。

 わたしが始めた方法は、メールの返信タイトルに要求管理番号をつけるという小技。顧客も最初は「何これ?」と言っていた。だが、自分の要求を「先先週のチェックのアレ」とか「明後日リリースのやつ」と言わなくて済むので、「番号」で伝えるようになってきた。だけどこの「番号」、チームでレビュー済みなんだよね。番号を払い出すためには、クリアすべき条件「仕様化、期限、確認手段」が必要なの。「期限が分からないので番号が出せません」と伝えたら、要求部門とネゴシエートしてくれた。

 もし、プロジェクトの最初から関われるのなら、「表明された要求」を精査して、番号を振るところから始める(トレースできるようにね)。ポイントは、「表明されていない(でも後から必要になる)要求」を先回りして、番号を予め振っておくこと(この辺は、「6.2 要求を体系化する」が詳しい)。

 「要求」と「思いつき」を厳格に分け、「要求の品質」をくり返しレビューする。これだけでも糞システムから糞がかなり取れる。だが実は、BABOKにはもっと先がある。ここでは、要求が品質を満たしているかを検証しているだけで、その要求は妥当かどうかは、別の問題になる。ビジネスの前提条件に合っているか、やることに意義(=便益)があるのか、機会費用とKPIとリスク分析を厳密に行う、「6.6 要求を妥当性確認する」が待っている。ホラ、あるでしょ、仕様も明確、一貫性も完全性もある要求だ。だけど、「ホントにそれ、今するの? オマエの意地とか意固地じゃないの?」というツッコミを入れる。そういう"仕掛け"を準備するのだ。

Babok


| | コメント (2) | トラックバック (0)

スゴ本オフ@ジュブナイル報告

 本を介して人と会い、人を介して本と会う、それがスゴ本オフ。今回は、わたしが知らないジュブナイルを、ざくざく発掘した夜だった。

 書店のジュブナイル(ヤングアダルトは死語?)の棚なら、だいたい想像がつく。イマドキならあさのあつこ「No.6」や「ハリーポッター」、気の利いた選者なら「トランスフォーマー」(今夏公開)か「タンタンの冒険」(今冬公開)をいそいそ準備するだろう。そんな話題性よりも、みなさんの、それぞれの、「ガチ」をずらりと並べると、この世のどこにもない「ジュブナイル」棚ができあがる。まずはこの成果を見てくれ。

1

2

3

4

5

6

  • 【Dain】「シルバーチャイルド」クリフ・マクニッシュ
  • 【Dain】「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ
  • 【Dain】「イルカの島」アーサー・C・クラーク
  • 【やすゆき】「どこからも彼方にある国」ル・グゥイン
  • 【やすゆき】「ライ麦畑でつかまえて」サリンジャー
  • 【金巻ともこ】「キングダム ハーツ Re:コーデッド」金巻ともこ
  • 【金巻ともこ】「クレヨン王国の十二か月」福永令三
  • 【金巻ともこ】「クレヨン王国の新十二か月の旅」福永令三
  • 【ろき】「ペルソナ4」アトラス
  • 【ろき】「ふたつのスピカ」柳沼 行
  • 【ろき】「それいけズッコケ三人組」那須正幹
  • 【ろき】「空色勾玉」萩原規子
  • 【ろき】「トレジャー・ハンター八頭大I」菊地秀行
  • 【倉数茂】「ツバメ号とアマゾン号」アーサー・ランサム
  • 【倉数茂】「黒揚羽の夏」倉数茂
  • 【master】「エグザイルス」ロバート・ハリス
  • 【ぽかり】「銀河鉄道の夜(ますむらひろし版)」宮沢賢治
  • 【ぽかり】「星の王子さま(池澤夏樹訳)」サン=テグジュペリ
  • 【佐藤博人】「旅のラゴス」筒井康隆
  • 【佐藤博人】「ヨッパ谷への降下」筒井康隆
  • 【sako】「十二国記」小野不由美
  • 【sako】「カラワンギ・サーガラ」津守 時生
  • 【スガ】「茄子」黒田硫黄
  • 【セベ】「オオカミさんと七人の仲間たち」沖田雅
  • 【ゼムクリップ】「東京石器人戦争」さねとうあきら
  • 【林田】「銀河英雄伝説」田中芳樹
  • 【林田】「スパイダーマン」池上遼一
  • 【林田】「世界ケンカ旅」大山倍達
  • 【林田】「謎の拳法を求めて」松田隆智
  • 【でん】「はてしない物語」ミヒャエル・エンデ
  • 【でん】「池袋ウエストゲートパーク」石田衣良
  • 【とく】「氷菓」米澤穂信
  • 【とく】「愚者のエンドロール」米澤穂信
  • 【とく】「クドリャフカの順番」米澤穂信
  • 【husaosan】「ゲイルズバーグの春を愛す」ジャック・フィニイ
  • 【chibizou】「ラストソング」野沢尚
  • 【エアー】「涼宮ハルヒの憂鬱」谷川流
  • 【エアー】「MOTHER」久美沙織
  • 【永田】「だれも知らない小さな国」佐藤さとる
  • 【永田】「ハイブリッド・チャイルド」大原まり子
  • 【ズバピタ】「とらドラ!」竹宮ゆゆこ
  • 【ズバピタ】「たったひとつの冴えたやりかた」ジェイムズ・ティプトリー・Jr.

 わたしが「シルバーチャイルド」を持ってきたのは、「ジュブナイル=少年少女の成長譚」という構図を崩しているから。もちろん普通なら、成長はポジティブな意味合いを持つ。だが、親視点の「成長→変化→可愛かった子どもが別物になる」からすると、そこに一種の不気味さを伴う。これはもっと拡大させ、怪物と闘うために選ばれし子らは、それゆえにおぞましい怪物に変化する。理性に反していようと、わが子だと信じようとする・つながろうとする親があわれだし、シンクロする胸が痛い。SF+ダークファンタジーならではの空想実験だ。

 ジュブナイルの王道を持ってきたのはやすゆきさん「ライ麦畑でつかまえて」。新訳ではなく、白水のハードカバーなのが粋だね(Uブックスじゃないよ)。佐野元春のBGMとあわせると急にノスタルジックになるのは、わたしがオジサンになったせい。ぽかりさんの王道「銀河鉄道の夜」は朗読つき!岸田今日子さんの声の演じ分けに皆聞き入る。音楽もアリだが、オーディオブックという手もあったか。そして、でんさんの王道「はてしない物語」は、わたしと被ったので嬉しくなる。誰かと被るかなーと予想はしていたが、まさかでんさんとは。「子どもに読んでほしい選」に必ず入る逸品ですな。

 作家の乱入が、金巻ともこさんと倉数茂さん。どちらも鉄板ジュブナイルだから良いようなものの、ちゃっかり自著の宣伝になっている(ちなみにスゴ本オフでは宣伝歓迎)。「キングダム ハーツ Re:コーデッド」はサンプルの一冊だけだったけれど、「黒揚羽の夏」は複数冊放流されたので、争奪ジャンケン戦となる。見事勝ち抜いてゲットできたので、読むぞ。このモチーフとなったのが「ツバメ号とアマゾン号」だそうな。スティーヴンソン「宝島」に憧れているけど、もうそんなフロンティアはなくなっている1930年代が舞台。だからゴッコをするのだが…という骨組みらしい。湯本香樹実「夏の庭」かトウェイン「トム・ソーヤー」を反射的に思い出す。

 ビブリオバトルの乱入が、紀伊國屋書店のセベさんとスガさん。黒田硫黄「茄子」を持ってくるのが好事家だなーと思いきや、茄子の本質「栄養がないけど美味しい。無駄に対する愛情」と喝破する。それはまさに、ジュブナイルの本質につながる。そして「オオカミさんと七人の仲間たち」はラノベはラノベでも、ちょっとエッチで甘酸っぱいな王道学園モノだそうな。萌え属性と神話性がリンクされ文学としても面白いんだそうな。放流されてきたので読む!

 こうやって見ると、作家や編集者、書店の中の人が増えてきた。読み手どうしの出会いを作る場が、本にまつわるコミュニティに拡張されてきているのが分かる。今までのテーマは「ジャンル」だったけれど、書店しばり、出版社しばりでやっても面白そう。ホントは「編集者しばり」「編プロしばり」だと色が出てユニークだろうけれど、マニアックすぎるか(というより、黒子なので探しにくいという難もあり)。

 他に惹かれたのが、「クレヨン王国の十二か月」。12の悪癖をもつお姫様が、一つ一つ改めていくという成長モノらしいが、続編とあわせて読みたい。また、池上遼一「スパイダーマン」は必読。というより、そんな傑作があるとは知らなかった。アメコミの輸入物なのに、「よりパワーアップして濃くなっている」らしい。後半になると事件すら解決しなくなるという槍投げテイストに、よりソソられる。また、ろきさんが熱くプッシュしてたP4(ペルソナ4)はPSPで出ないかなぁ…

 やる度にゴソっと読みたい山が増えてくるスゴ本オフ。参加いただいた方、ありがとうございます。受付から発表者フォローまでありがとうございます、ともこさん。ズバピタさん、twitter実況ありがとうございます。やすゆきさん、司会ありがとうございます。そして、会場をお貸しいただき、ありがとうございます、KDDIウェブコミュニケーションズさん。

 過去のスゴ本オフは、以下からどうぞ。

書籍・雑誌 | | コメント (7) | トラックバック (3)

« 2011年7月17日 - 2011年7月23日 | トップページ | 2011年7月31日 - 2011年8月6日 »