« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »

鹿目まどか@SWITCH vol.29

 ひさびさにSWITCH、もちろん、まどか☆マギカ。

switch29 ブックレビューとか作家の青田買いの特集のときは買っていたが、インタビューアーがいいよね。今回は「ソーシャルカルチャーネ申|〇〇」だそうな。2011年を象徴する神話としての「まどか☆マギカ」の虚淵玄をはじめとし、竜騎士07や今日マチ子にといった大御所への取材の集大成といったとこか。

 ニコ動クリエイター20の全員知らなかったし、他のネ申たちも知ってるほうが少ないくらい。だからといって、知らないから行って見てみたいという気分にならないのも正直なところ。観たいものしか見ないからね、「自分の観測範囲=世界」と見誤らないように気をつけよう。

 面白かったのが、見せ方。右開きなのに90度回転させて、上下開きにさせる。表紙まどかを横向きになるように。これ、読み手の便よりも、読み手込みのたたずまいを見せるための構造になっている。読みにくいけどユニークなつくりなり。

Switch

 ちょっと惹かれたトコを引用しよう。まず新房昭之監督のこれ。

キュウべえって、言ってみればマイケル・サンデルみたいなキャラクターですよね。「あなたはどちらを助けますか?」みたいな部分では。ちょうどあの本を読んでいたので、「ああ、これはわかりやすくていいな」と思ってました
 クレヨンしんちゃんで正義の相対性をやった人には"おさらい"になるだろうね→「正義の反対は悪なんかじゃない。正義の反対は『また別の正義』なんだ」。皮肉を利かせるなら、「『正義が勝つ』のは当たり前だ、勝ったほうが正義を唱えるのだから」(via Tumblr)。あと、脚本を担当した虚淵玄のコレ。「第10話のループ設定の意図は?」の質問に答えて。
プロットの段階で、主人公(鹿目まどか)に対比される、ライバルないし親友的なキャラクター(暁美ほむら)は、一ヵ所に立ち止まってグルグル回っている子にしようというのがあったので。それで逆に、足踏みしていた主人公が先に進み始めるというオチにしようという思惑は漠然とあったんです
 ループ構造ばかりに目がイっていたわたしにとって、新鮮な気づきが得られる。傍観者としてオロオロしていたまどかが、たしかに自分で前に進もうとするのは、確かに第10話だわ。このあたりをさらってから見直すと、ほむほむからまどかへの駆動が伝わってくる。ソーシャルネット的な後押しを評価していた発言も面白い。

沙耶の唄 また、虚淵作品の"容赦のなさ"は、自身のリアリズムから来ているらしい。「沙耶の唄」の、腐肉と内臓に満ちたギーガーばりの世界はアンチ・リアリスティックそのもの。だが、あれは世界の見え方の寓話。沙耶のラストは無残かもしれない。だが、どんなに陰惨であろうとも、その主観内ではリアルな「愛」が完結している。

 「ソーシャルネットワークを評価する」紙の雑誌の特集と位置づけてもいいが、わたしには「今時のソーシャルネットをクリッピングしたスクラップブック」だね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ビブリオバトル@紀伊國屋に参戦するよ

 オススメ本を紹介しあい、最も読みたくなった一冊を決める、ビブリオバトルに参戦するぞ。

 スゴ本認定した一冊をダシにして、世の常識の嘘を斬り落とそう。でもって断面図と未来予想図を描いてみようかと。題して「『最近の若者は本を読まない』の嘘」、観覧される方は新宿南店(タカシマヤタイムズスクエア)へいらっしゃい。マッタリ感覚たっぷりのスゴ本オフとは違った、熱っぽいトークをおたのしみあれ。入口は、ここ「本と出会える。人とつながる。ビブリオバトル in 紀伊國屋」

 日時 6月26日(日) 14:00~(第1ゲームに参戦)
 場所 紀伊國屋書店新宿南店4階
 内容 ビブリオバトル(書評合戦)
  1. 「本の魅力を5分で語る+質疑応答」×参戦者
  2. 参戦者と観覧者で投票して「最も読みたい一冊」を決める

ビブリオバトル案内

| | コメント (0) | トラックバック (0)

徹夜SF「戦闘妖精雪風+グッドラック」

 「オススメされなかったら読まなかった傑作」というのがある。もちろん読んだからこそ傑作と言える。タイトルだけは知っていて、なんとなく敬遠していたのを、3人に強力にプッシュされる(マヂで感謝!)

 「これから読む徹夜小説」でオススメいただいたハナレさん、「スゴ本オフ(SF編)」でガチ宣言してたyuripop師、「SF好きで雪風読んでないって、アニメ好きでジブリ見てないレベル」と喝破したrokiさん、感謝・感謝です。確かに、自称SF好きなら鉄のモノサシとなる作品やね。

戦闘妖精雪風グッドラック

 主役はなんといっても「雪風」、近未来の戦術+戦闘+電子偵察機だ。いちおう主人公っぽいパイロットやら上司がいる。地球を侵略する異星体(ジャム)と戦うヒトたちだ。が、この戦闘妖精を嘗め回すような描写のデテールを見ていると、著者はこの"機"に惚れこんで書きたくて、こんな設定やらヒューマンドラマをでっちあげたんだろうなぁと思い遣る。

 論理的にありえない超絶機動を採ろうとしたり、合理的な意思を突き抜けた真摯さをかいま見せるので、読み手はいつしか雪風を人称扱いしはじめる。非情・冷徹が服着てるようなパイロットも、"彼女"を恋人扱いするので、ますますそう見えてくるかもしれない。彼にとっては雪風こそ全てで、折に触れ「人類がどうなろうと、知ったことか」と嘯くため、人格破綻者か、非人間的な第一印象を抱く。

 そんな孤独なパイロットが、戦闘を生き延びて行くにつれ、人間味のある一面を見せるようになる。反面、"女性的"に扱われていたマシンが、残忍かつ非情な選択をする瞬間も見せる。テクノロジーとヒューマンの融合、人間味と非人間性の交錯がメインテーマなのかも。けれども、その演出がニクい。先ほど使った「人間味」や「残忍」という修飾は、あくまでヒトたるわたしが外から付けた表現だ。そんな甘やいだ予想を吹き飛ばすような展開が待っている。次のセリフが示唆的だ。人とは何かをテーマにするため、いったん、ヒトを突き放して考えているところが、とてもユニーク。

戦争は人間の本性をむき出しにさせるものである。だがジャムとの戦闘は違う、ブッカー少佐はそう言っていた。ジャムは人間の本質を消し飛ばしてしまうと
 そう、戦況が膠着化するにつれて、ヒトからますます離れてゆく。テクノロジーが先鋭化するにつれ、搭乗する"ヒト"の存在が、機動性や加速性へのボトルネックになってくる。無人化・遠隔化が進むにつれて、「戦いには人間が必要なのか」という疑問が繰り返し重ねられてゆく。もちろん現代でもプレデターやモスキートなどのUAV(Unmanned Aerial Vehicles)が使われているが、あくまでも遠隔操作。打ち出すミサイルの終端には、コントローラーを持つヒトがいる。

 だが、この世界では収集・判断・実行という一連の流れがマシンに委ねられる。空、雲、傘の全てを機械に代理させることで、戦士たは戦線から排除されてゆく。これとシンクロするように、防衛組織が地球の人々から乖離してゆく。防衛組織内だけで通じる発話や語彙がどんどん進んで、地球の一般人とのコミュニケートが困難になる。さらに、厭戦気質をつのらせた地球人が、「なかったこと」にしようとする。すなわち、防衛組織や異星体との戦争をファンタジー扱いし始める。

 マシンとヒトの融合と軌を一にするように、ヒトとヒトの疎外が進んでゆく。人類の危機に直面すると、いがみあってた人々が一致団結するようなものなのに、「地球には人類がいるが、地球人というまとまった集団はない」というセリフまで吐かせる。これはおかしい……という予感は正しい。"見えない"異星体の正体、戦争の行方、疎外されたヒトがどう変化(へんげ)してゆくのかといったもろもろの疑問は、次の独白でトドメを刺される。

地球を侵略すること、それから、人間社会を侵略すること、この二つは、まったく別の行為だと理解することだ。地球の支配者が人類であるというのは、外部から見れば、事実ではない。何度も言うが、それは人間の思い込みであり、思い上がりといってもいい。地球の支配者は植物だとか、海そのものだ、あるいはコンピュータ群である、という見方もできるんだ。
 ちょっとした"お遊び"もまた楽し。心理解析用のアプリケーションの名前が"MacProⅡ"だったり、哲学的ゾンビを敷衍するあまり、きわめてゾンゲリアなグロテスクシーンを持ち出したり、遊びゴコロに満ち溢れている。最初の動機は、実験的な設定を準備して、その中で思うぞんぶん"リアルな戦闘"を追求していくといったものだろう。その試みは大成功で、アニメ化された「雪風」が楽しみでならない。

転校生とブラックジャック ただ、コギトとアイデンティティの命題は食傷気味。独在性をめぐる思考は、「転校生とブラックジャック」でさんざんヤったので、いまさらその縮小コピーを見させられても飛ばしたくなる。おそらく著者は、テクノロジーとヒューマン・アイデンティティの行き先を心脳問題に着地させるつもりだろう(そっちが好みなら、「転校生と…」はスゴ本になるだろう)。ヒトでもマシンでもない存在をつくりあげ、"それら"が異星体と人類の仲立ちとなるような決着をつけるに違いない。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

暁美ほむらの慟哭「紫色のクオリア」

 「まどかマギカの種本」と教えてもらって手にする。

紫色のクオリア 本書は、真っ二つに割れている。前半は、「人間がロボットに見える少女」の話だし、後半は、「その少女の親友が彼女を救けようとあがく」話になる。なるほど、後半は、まどかマギカをホーフツとさせる設定が見え隠れする。

 特に、どうやっても救えない助けられない瀕死で微笑む手遅れ状態のまどかに向かって銃口を向けながら「う゛ーーーっ!!」と叫んだ暁美ほむらの咆哮を、確かに共有できる。後半の主人公に移入して、あの、身を揉むような絶望をシンクロする。

 ただ、誰かを助けること+「時」やり直すこと、たくさんの可能性をくり返し試し続けること……といった設定だと、湯水のように使われる設定になる。うる星とドラえもんとハルヒのゴッタ煮のなかに、アルフレッド・ベスターやシュレディンガー、哲学的ゾンビのネタが混ぜ込んである。書いた人、「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」を泣きながらプレイしたんじゃないかなぁと勘ぐって、結末が心配になってくる。ヒントのような表紙が、非常に示唆的で、前半の主人公「ゆかり」の瞳に、後半の主役「まなぶ」が映っている。つまり、まなぶがゆかりに「観測」されているんだね。

 面白いというよりも、どんどん暴走する設定を、どうやって収束させるかにハラハラしながら読む。なぜなら一人称の物語は、物語られた瞬間(=語りの末尾)、「その語り手はどうやってその『物語る場所』へたどりついたのか」という疑問に応えなければならないから。話がどんどん広がって、とうてい追いつけない遠いところへ話者が行ってしまったら、どうやって「いま」「ここ」で語ることができようかと。しかしながら、心配するなかれ、あれだけ広げた超巨大風呂敷は、キチンとたたみきっているから。

伝奇集 平行世界をループするなら、「語り手」はどこにいるのか?「聞き手」は存在しうるのか?このテのネタに触れるたびに、いつも、いつまでも思い出すのは、ボルヘスの傑作「八岐の園」になる。語り手が平行世界に気づくことは可能だが、そちらへシフトした瞬間(時間を撒き戻した瞬間)、その世界の自己を取り戻す(手に入れる)から、同じ自我でありえない。したがって、平行世界が「平行世界モノ」だと聞き手に伝わるためには、複数の語り手/聞き手を準備するか、一人の聞き手の錯誤といった形状になる。

 可能性は無数にあれど、確かめられるのは一度で一人きりなのだから。そう、読書がそうであるように。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年6月12日 - 2011年6月18日 | トップページ | 2011年6月26日 - 2011年7月2日 »