« 料理はヒトの生存戦略「火の賜物」 | トップページ | 過去なのに今、遠いのにここにある感覚「ゴーストタウン―――チェルノブイリを走る」 »

ビブリオバトル@2011オススメ

 師走が「速い」のは、実質的に活動できる日が少ないから。

 気づいたらもう来週に迫ってるので再告知、ビブリオバトル@紀伊國屋書店に参戦しますぞ。わたしが参戦するのは、17:00開始の第2ゲーム。Ustream でも流れるので、twitter のハッシュタグ #bibliobattle をチェックすると吉。公式サイトは、ビブリオバトル in 紀伊國屋<年忘れ☆オールスター2011>をとうぞ。

   2011年12月28日 (水) 16:00~
   紀伊國屋サザンシアター(紀伊國屋書店新宿南店7F)

20111228

 画像はまみやさんより。なんだかスゴいバトルのイメージング、ありがとうございます(実際はビーム出ない)。

 ビブリオバトルとは、ずばり書評合戦。オススメを1冊、5分だけプレゼンして、観覧者と「いちばん読みたい1冊」を決める。持ってくる本の威力も当然ながら、プレゼンの熱意も結果を左右するので、とてもスリリングだ。

 今回ユニークなのは、Ustream でセッション形式のビブリオバトルがあるところ18:30開始の第3ゲームは、東京と札幌をUstで接続するんだって。Ust はタレ流し感覚だったのだが、こういう使い方もあるんやね。さらに一歩進め、Ust + twitter で発表と投票を司るシステムにすれば、リアルとネットの双方をイベント空間にできそう。

なぜ私だけが苦しむのか 予め公開しておく。わたしのエントリー本は「なぜ私だけが苦しむのか」。大きな災厄に襲われ、多くの訃報に接するのが多かりし一年。"生き延びた"わたしにも、遅かれ早かれ、苦悩は訪れる。それは、自分の病なのか、近しい人の不幸なのか分からない。

 だけど、「なぜ私だけが苦しむのか」と嘆きたくなるときに、これを知ってると知らないとでは、大きく違ってくる。いわば保険のような一冊を紹介するつもり。岩波の人気本なので手に入りにくいが、今回は会場で入手できるよう、在庫厚めにしてもらっている(前回は速攻売り切れた)。

 これは、「読むべき」ではなく「読め(命令形)」。なぜそうなのかは、会場で熱く語る。

|

« 料理はヒトの生存戦略「火の賜物」 | トップページ | 過去なのに今、遠いのにここにある感覚「ゴーストタウン―――チェルノブイリを走る」 »

コメント

If you wrote an artlice about life we'd all reach enlightenment.

投稿: Janay | 2012.01.17 09:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/53531144

この記事へのトラックバック一覧です: ビブリオバトル@2011オススメ:

« 料理はヒトの生存戦略「火の賜物」 | トップページ | 過去なのに今、遠いのにここにある感覚「ゴーストタウン―――チェルノブイリを走る」 »