« 「要約 ケインズ 雇用と利子とお金の一般理論」はスゴ本 | トップページ | この本がスゴい!2011 »

子どものために、できること「40歳の教科書」

 親業の確認のつもりで読む、だいたい合ってた。

40歳の教科書 親を見て子は育つ。だから、子の努力を望むなら、まず親が努力する。「幸せ」とは何か伝えたかったら、親がイライラするのをやめる。「英語」はツールにすぎないが、「お金」の教育は重要。学校は人間関係を学ぶところだから、失敗の練習場と思え。社会に出ると、失敗は有償だぜ。

 受験マンガ「ドラゴン桜」を本にした「16歳の教科書」、その番外編が「40歳の教科書」になる。以下の4テーマに対し、強いメッセージ性をもつ人からのインタビュー集といったところか。一問一答に「まとめ」ると、こんなん。

 英語早期教育
   「もっと早く英語の勉強をしておくんだった…」
   「小学校から英語なんて、破滅するぞ!」

 中高一貫校
   「早いうちにいい学校に入れば、あなたがラクできるのよ
   「その受験で幸せになるのは、子どもじゃなくてあんただろ!」

 お金と仕事
   「お金の話をするのは恥ずかしい」
   「お金で人生を踏み外す人がいるのに、しないでいいのか?」

 挫折と失敗
   「第一志望に行けなかった」
   「それがどうした、良かったじゃないか」

 まず母国語である日本語をマスターせよ、というのが至上命令。一番重要な科目は「国語」だと伝えてある。なぜなら、「相手の意図を間違いなく受け取る」「自分の意思を正確に伝える」は、科目に関係なく、生きていくうえで最重要だから。Thinking in English はいいけれど、日本語でちゃんと考えられないような奴は、英語でも無理。どんなに研鑽しても、英語力は日本語力を越えられない。

 だから、小学英語は適当でいい、中高は「受験英語」をちゃんとやれと言っている。もちろん、力を入れるのは、グラマーだ(後がラクだから)。受験英語は役立たないという奴に限って、ちゃんと英語やってない(ソース俺)。「最大の問題は、『親の』英語コンプレックス」とある。然り。ン十万する、ディ○○ーの幼児英語教育セットを、夫婦で話し合ったこともあったな…(遠い目)。

この世でいちばん大切なお金の話 お金について。「お金」の教育は、むずかしい。というのも、「この世でいちばん大切なカネの話」を渡せば済むという話ではなく、わが身をもって、子どもとの対話で伝えていかないと。「カネさえあれば幸せになれる」といったら異論が出るだろうが、「カネさえあればかなりの不幸を回避できる」は本当だ。カネを使って不幸を撃破しつつ、幸せに匍匐前進するのが"勝ち目"のある戦い方だろう

 「お金の教育」で西原理恵子氏のメッセージが重たい。正直、この章だけでも充分に読む価値がある。自分で読み返すため、ここにまとめる。

  • 専業主婦ってものすごくリスクが高い職業
  • 「夫が一生健康」&「夫の会社が一生安泰」&「夫が一生自分だけを愛してくれる」&「夫のことを一生愛することができる」極めて限られた条件下で、ようやく成立する職業が、専業主婦
  • 他人(夫)の感情に自分と子どもの人生を預けてしまうなんて、ほとんどギャンブルのような行為だと思いません?
  • 稼ぎ頭の夫が心身を壊したら、家族でサポートするが、稼がない専業主婦が心を壊しても「面倒くせーな」のひと言で終わる
  • このとき、いちばん被害を受けるのは子ども
  • 「自由」と「責任」って、有料なんですよ
  • お金のことを口にするのは卑しい、という考えは昭和で終わった
 「専業主婦は人生のギャンブル」―――西原氏がギャンブルに喩えると、重いなぁ。

 「やりたいこと」の選択の自由を広げるには、お金が必要。言い換えると、お金がないことは自由がないことと同義。「やりたいことが見つからない/決まらない」あいだは、お金を貯めることに徹せよ、やりたいことを見つけたときに、すぐ取りかかれるように―――と伝えるつもり。

 アルバイトは重要だけど、「バイトに明け暮れる」はダメ。ポイントは「カネ」そのものではない。知らない年上に揉まれること、知らない年下を扱うことに慣れるのが、バイト。バイトで失う最も痛いものは、時間だ。小遣いに毛が生えた程度のカネを手にするために、若い貴重な時間を使い果たすのは愚かだ(ソース俺)―――と伝えるつもり。

 そして、もっとも期待値の高い投資は、自己投資。目標像とのFIT/GAPから必要なものを一覧化→自分で自分を教育する(足りないものは外から「買う」)のだ。この「自分で自分を教育する」が教育の最終目標だ。自律して学んでいけるようになれば、職も遊びも安泰だ。これはわたしが身をもって実践しているところ。

 わたしの中で、かなり大事な位置を占めつつあるのに、本書で一切言及されていないのが、「食べたいものを食べる自由」。それはカネさえあれば代替できるというものではない。自分で作れるようにならないと。ただ空腹を紛らわすための食はむなしいことなのに、おざなりにしてきた。「食べる」は生きる基本、生きることは食べることに等しい。だから、料理をちゃんと教えよう(というより、わたし自身も学びながら、だね)。


|

« 「要約 ケインズ 雇用と利子とお金の一般理論」はスゴ本 | トップページ | この本がスゴい!2011 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/53344544

この記事へのトラックバック一覧です: 子どものために、できること「40歳の教科書」:

« 「要約 ケインズ 雇用と利子とお金の一般理論」はスゴ本 | トップページ | この本がスゴい!2011 »