« 愛するということは、おたがいに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ること「人間の土地」 | トップページ | 夫必読「しんきらり」 »

「香水」はスゴ本

 これは、面白い。18世紀フランスの、「匂い」の達人の物語。

香水 匂いは言葉より強い。どんな意志より説得力をもち、感情や記憶を直接ゆさぶる。人は匂いから逃れられない。目を閉じることはできる。耳をふさぐこともできる。だが、呼吸と兄弟である「匂い」は、拒むことができない。匂いはそのまま体内に取り込まれ、胸に問いかけ、即座に決まる。好悪、欲情、嫌悪、愛憎が、頭で考える前に決まっている。

 だから、匂いを支配する者は、人を支配する。

 主人公はグロテスクかつ魅力的。恐ろしく鋭敏な嗅覚をもち、あらゆる物体や場所を、匂いによって知り、識別し、記憶に刻みこむ。におい(匂い、臭い)に対し、異常なまでの執着心をもち、何万、何十万もの種類を貪欲に嗅ぎ分ける。嗅覚という、言語よりも精緻で的確で膨大な「語彙」をもつがゆえ、人とコミュニケートする「言葉」の貧弱さを低く見る(というか興味がない)。さらに、頭で匂いを組み合わせ、まったく新しい匂いを創造することができる。彼によると、世界はただ匂いで成り立っている

 そんな男が、究極の香りを持つ少女を、嗅ぎつけてしまったら?

 主役が主役なら、脇役も鼻持ちならない。銭金、名誉、欲情のために、平気で道義を踏みにじる。悪臭ふんぷんの魑魅魍魎の行く末が、これまた痛快だ(なんでかは読んでくれ)。無臭、異臭、体臭、乳臭さから、酒臭さ、きな臭さから、血腥さまで、ぜんぶの「臭い」がそろっている。そして、強烈であればあるほど儚い。著者・ジュースキントは、文字どおり雲散霧消する運命も重ねている。

 化物たちの舞台となるパリが、これまた鼻にクる。通りは汚濁まみれ、垂れ流しの下水がツンと鼻を刺す。魚や屠畜の腐臭から、鼻を背けたくなる疫病の膿んだ臭い、死体の山から漂う、目を開けてられないほどの激臭が、小便とカビと灰汁と経血の汚臭と入り混じって、何層も街を覆う。18世紀のパリは、さぞかし臭かったんだろう。

 そんな中、馥郁たる香気が、救いのように漂ってくる。「臭い」に限らず「匂い」の描写がまたスゴい。悪臭も芳香も、じつに絶妙に立ち上がってくるので、ページを繰る手をちょっと止めて、思わずくんくんしたくなる。食欲ならぬ嗅欲がわいてくるから不思議だ。

 かくいうわたしも、匂い/臭いは大好き。タバコをやめて10年来、最大の変化は嗅覚になる。近しい人の機嫌や体調を、顔色よりもにおいによって推し量る。生理中の「あの臭い」は瞭然だが、生理直前の「あの匂い」が分かるようになった。デオドラントでつけた人工的な「香り」はすぐ分かる、「香る」のではなく「匂う」のだ。それは匂いというより、「むっとした感じ」に近い。ナッツ系の微かな脂質を伴う粉っぽい「感じ」で、花の匂いからそれぞれの特徴をことごとく取り去って、残った共通項に近い(「ヴァギナ」の著者の説明が分かりよい)。

 作中のノワール感はジム・トンプソン臭、寝食忘れてイッキに読んで、めくるめくにおいの(匂いの/臭いの)饗宴に陶然となれ。


|

« 愛するということは、おたがいに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ること「人間の土地」 | トップページ | 夫必読「しんきらり」 »

コメント

ありがとうございます。これ気になってて、
そのうち読みたいなと思っていたんですが、
やっぱり面白いんですね!読んでみます。

投稿: moggy | 2011.09.02 15:54

>>moggy さん

どういたしまして!
諸手を挙げて、「面白いよ」という本はあんまりありませんが、これがソレです。

投稿: Dain | 2011.09.03 07:16

大好きな本です。
主人公の世界に一気に引き込まれますよね。
彼と一緒に香りと匂いの世界を堪能いたしました。
でも、まわりには「グロテスクすぎない?」という声が多くて・・・。
「すごい」と言ってくださる方がたくさんいて、嬉しかったです。

投稿: kumaru | 2011.09.06 07:51

>>kumaru さん

こちらこそコメントありがとうございます。
物語の奇想天外もさることながら、ツカみから伏線まで、小説としての仕掛けがよく出来ていて(出来すぎていて)、舌を巻くこと数度ありました。面白い+良い小説だと自信もってオススメできますね。
そして、これをグロいという未熟さは、ある意味幸せかもしれません。わたしが「劇薬小説」と定義する凄まじい作品群は、避け本リストとして扱っていただかないと。

投稿: Dain | 2011.09.06 22:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/18285/52625108

この記事へのトラックバック一覧です: 「香水」はスゴ本:

« 愛するということは、おたがいに顔を見あうことではなくて、いっしょに同じ方向を見ること「人間の土地」 | トップページ | 夫必読「しんきらり」 »